2012年06月26日

オルフェ復活!

こんばんは!

先週の宝塚記念、
見事オルフェーブルの復活劇をテレビで見守ることができました☆

直線で、馬群中段から
前があいた瞬間に、一気のスパート。
5度目のG1制覇を、成し遂げてくれました!

前走の天皇賞(春)の悔しさを
見事宝塚記念という舞台ではらしてくれて…
競馬初心者の私でも
これは今後忘れられないレースの一つとなりそうです☆


ニュースによれば
この日に向けて、池添騎手の心中には
たくさんの不安や迷いがあったそうで…

高松宮記念でカレンチャンに鞍上した際に履いていた
競馬ズボンを履いてレースに挑んだのこと。

「絶対に」期待に応えなければならない。

そんな究極の状態に、仮にもし自分が居合わせたとしたらば
それはそれは、プレッシャーったら凄まじいものなのだろうなと。

プロとして第一線で闘う騎手のみなさんの、
心の強さ、精神力。
このレースを通じて、改めて感じずにはいられませんでした。


今年の秋は、凱旋門賞も見据えているとのことで。
海を渡り、国境を越えて。
次は、どんな感動を与えてくれるのか…
期待は膨らむばかりです^^


オルフェーヴル感動した。
生で観れなかったけど、テレビで観て涙出てきたよ。
不安要素があって、どうなることかと思ったけど
やっぱり三冠馬は強かったという証明でしたね。

ちなみに馬券的には3連単的中しました。

さぁ、次はロンシャンへ!

池添君の勝負パンツだったわけね。

デビュー前から凱旋門獲れる器と称されてきたキャメロットは強ぇーぞー!
実際、噂に違わぬ戦績だし、斤量も恵まれるわけだから。
42年ぶりの英国3冠のローテでくるのか、凱旋門ローテでくるのか注目されるが。
今年はムーアから厩舎のエースの座を奪ったオブライエンJrは、親の七光りが取れて世界のトップジョッキーの一人になったと言ってもいいくらい落ち着いた騎乗するしね。

コメントを投稿する

絵文字を挿入

コメントは管理者が公開を承認するまで反映されませんのでご了承ください。

競馬女子部 コメント投稿規約

  • (1)コメント投稿は、ご利用者ご自身の責任において行われるものとします。ご利用者がコメント投稿した情報は、ご利用者自らがその内容について責任を負うものとします。
  • (2)公益社団法人日本軽種馬協会(以下「本協会」)はご利用者に対し、コメントの掲載内容(他のご利用者が提供する情報を含みます)についていかなる保証も負わないものとします。そのため、掲載コメントによりご利用者が被害を被ったとしても、本協会はご利用者に対して賠償する義務を一切持ちません。
  • (3)コメント投稿は、本協会が選別した上で本ブログに掲載されるものとし、必ずしも投稿のすべてが掲載されるわけではなく、また掲載されるまでにはお時間をいただきます。投稿内容の一部を本協会が編集・追記・削除した上で掲載される場合があります。
  • (4)コメント投稿が実際に掲載された場合でも、ご利用者に対する本協会からの謝礼等はございませんので予めご了承ください。

以上

石井寛子

生年月日
1985/9/15
出身地
大阪府
血液型
A型

詳細を見る

最新の記事

記事一覧

注目のコンテンツ!

  • ニコニコチャンネル
  • JBIS-Searchフォトギャラリー
  •  名馬フォトギャラリー

携帯電話からも
ご覧になれます!