2016年02月29日

「本当に強いで」

昨日の中山は、観衆3万人強を集めたスーパーG2中山記念!

太目残りは成長分の1番人気ドゥラメンテ(父キングカメハメハ)が、昨年の骨折から9か月のブランクをもろともせず快勝!中山記念というより「ドゥラメンテ復活記念」になりました。

2着は私の贔屓馬4番人気のアンビシャス(父ディープインパクト)で、3着に2番人気のリアルスティール(父ディープインパクト)。馬券の方は「これでオヤツ買っといで!」みたいな馬連800円まで。懐かしい遠足を思い出しましたよ。バナナはオヤツに入るのでしょうか。

ドゥラ復活劇場で久しぶりにいい競馬をみせてもらったなぁ~と、涙腺をじんわりさせていたら、悪質な競友M嬢よりLINEが…

「ちょっとー。つまりさ、デムーロを買えば当たるってことだよね」

―――そーゆー、みもふたもない言い方をしなさんな、56才にもなって(あ、言っちゃった)

「あんね、ドゥラメンテは誰が乗っても強いんだよ!」と、返す私。

―――わぁー、エラそうにゆーてもーた。Mは聞いてない。

「でね、意外とコッソリ(競馬を)やってたつもりなんだけど、単身赴任氏に小言いわれたわ」

―――コッソリやるから言われんだよ。堂々とやりな。

「キミさ、馬券当たったら、当たったって言っていいなさいよ、だってー!」

『いうわけないよねーー!』×2(瞬時に同じ文字を打つ我ら)

もうそこからは、口から泡吹いて倒れてるスタンプなどをペカペカ貼りまくって了。どうしてもMとは、競馬の感動的な話にならない。いったい何を見ているのか。ドゥラメンテが骨折を乗り越えてやって来た、最近ではなかなかいないド根性馬であることをなぜ褒めてあげないのかなー。

昨年春、ダービーが終ってから骨折が判明し、もしかしたらこのまま引退ってこともあるぞなと心配していた9か月。札幌の冬より長い時間を費やしてようやく出てきて勝ったというのに。 

ヒトの場合、骨折すると、そこの部分が治ると同時に太くなり、本来より丈夫になるというけれど、馬の場合はどうなんでしょうか?30代も後半、ミルコの長い騎手生活の中で「今までで一番強い馬」といわしめたドゥラメンテ。すでに彼の前には、世界へ通じる道が、みかんのあぶり出しのように見えてきました。馬体も大きくなり、斤量を気にしない馬っぷりのよさ。「ついに!」という悲願を達成するのは、彼らかもしれません。私が生きているうちに、世紀の一瞬がみられるかも!と思うと、この先の人生、8割方楽しくなりました。

ミルコの連勝街道をぴたりとマークしているルメール騎手。ちょいとクセのあるアンビシャスをうまくエスコートして、彼の持ち味を十二分に発揮させてくれました。着順というよりも、アンビシャスにとっては、ここ一番の競馬だったんじゃないでしょうか。

それにしても、ミルコのインタビュー。「本当によかったで」「強かったで」の「で」。もしかして関西弁?北の湖でも江川でも、あんまり強すぎると、たいていその選手が憎たらしくなるもんですが、ミルコの場合は何でしょう、まったくそういった気持ちになりません~。

さぁさぁ、今週は「ついに!」(今日は何度書いたでしょうか)弥生賞!

これまたスーパーG2になりそうな若駒揃いです。

リオンディーズにエアスピネル、マカヒキが出走予定。前走ノーステッキだったリオンとマカヒキがどうなるか。またまたミルコとルメのワンツーか。ユタカは何か考えているのか。いかにも何も考えそうもない典さんに限って、今頃どうにかしてやろうと勉強中か…。

予想。

弥生賞もミルコは「本当に強いで」と、関西弁をあやつるでしょう!

2016年02月26日

”巣立ち”多くの方々に支えられて!

先週に続きます!

2女1男の子供達!が私の”宝物”でした。長女が生まれた頃、義理の父は組合長等の役職を

持っていたので迷惑をかけないように(大人目線)!と厳しく躾(義務感)「良い子virgo」に育ちました。

次女が生まれた頃、我が家は混乱期でした。研修生の受け入れがスタートしたのもこの頃からです。

経営のバトンタッチ!等、子供に目線を置く事が許されない時間が多かったのですが「良い子virgo」に育ちました。

長男が生まれた頃、経営拡大により従業員を置き繁殖頭数も多くなりました。しかし、私の体調すぐれず

二度の開腹手術など、長期入院を余儀なくされ長男”翔”をこの手に抱くことさえ出来ませんでした。でも

みんなが支えてくれて「良い子gemini」に育ちました。  その3人目が”素敵なvirgoパートナー”に巡り合い

我が家から”独立”致しました。

020 終始”笑顔”の二人に、まわりも”happy01”つつまれvirgoちゃんのご両親の沢山の笑顔に「感謝!」です。

027 大学時代の「恩師」&同期の仲間達! 発起人としても支えて頂きました。
この写真は”バット”を持っていますが、息子はbasketballです。happy01

038 小学校1年生から中学3年までの”剣道少年団”の仲間達!&クラスメート。
高校から地元を離れた息子が帰省する度、集まって遊んでくれた同級生。gemini

 

066 こんな”言の葉”で結んだ!「子供の気持ち」。こちらこそ”幸せをありがとう”heart04
翌日、LINEに「家族がひとり増えました。よろしく」だって!(うれしいじゃないlovely

065 二人から頂いた”感謝の花束” tulip早速玄関に飾りました。
virgoちゃんのお母様もきっと?同じ事をされていらっしゃる事でしょう。

教師&養護教諭の仕事を持つ二人の新米家族!どうぞ皆様、長い目で見守って頂ければ幸いです。

若干15歳から親元を離れての息子ですが、担任の先生、部活の監督ご夫妻、仲間のご両親、

下宿のご夫妻に見守られ育てて頂きました。horseを育てる家業の為、行き届かない親に代わって

お弁当を作って下さった同級生のお母さんにも、「本当に感謝です。」そして何より”沢山の仲間”に

囲まれている息子”翔”が、時に”眩しく”そして嬉しく!安堵しています。(一生の友でいてやって下さい)

067 我が家にも沢山のお祝い!”ありがとうございました”

 

073 「優駿スタリオン」展示会。新種牡馬”カレンブラックヒル”お披露目!大勢の来場者で

なかなか近くで撮れませんcamera

071 調教師さんが”思い入れ”を熱く語って!ダイワメジャーの代表産駒をヨロシクです。

078 多頭数(22頭)の中で、敢えて”サンカルロ号”です。
愛馬”ガルボ”と共に競い合った仲間として忘れられない名前です。

お父さんのシンボリクリスエス号は(一度は付けたい!)1頭でした。weep

104 ぎりぎり!間に合いました。
(公財)中央競馬馬主社会福祉財団助成金が今年度アップ(2千600万)となりました。

16施設以上に助成など制約はありますが、”競馬産業”が成せる側面を広く社会に周知出来る

社会貢献事業!です。(老人福祉、障害者福祉、幼児教育、など)是非多くの活用を申請して頂き

たい事業です。

115 札幌競馬場、植田克己場長他5名の幹部の方々が異動されるため、場長よりご紹介です。
一昨年、リニューアルOPEN!に深く関わられた”想い”が伝わったお言葉でした。

103 

102 

101 例年、総会会場の「京王プラザH」の正面玄関には”ひなまつり”にむけての
つるし雛が飾られています。(訪れる楽しみの一つとなっているようです)

やはり!一番先に探す”馬horse”~今年もしっかり見つけましたeye

  子供がみんな”独立”した平成28年2月20日。新しい”自分”のmakuake!かなぁ~?

     ~びっくりポン!~

   

 

 

 

 

2016年02月25日

中山開催&2歳ちゃん

2月も終わりに近づき、春が迫ってきていますshine
そして冬の東京開催も終わり、今週からは中山開催sign01

こんな桜の季節までは、もう少し先ですが・・・

P1050308



毎年この時季の中山開催が始まると
一番大好きな季節である春が来る気がしてワクワクしますup

そして、今週は中山記念shine
昨年の皐月賞、ダービーを制したものの
6月に骨折が発覚し、休養していたドゥラメンテの復帰戦ともなるこのレースshinehorse

しかも、昨年の マイルチャンピオンS で1番人気に支持されたイスラボニータ
昨年のクラシックで皐月賞2着、日本ダービー4着、菊花賞2着と好走した

リアルスティールも出走予定と好メンバーnote

どんなレースになるか楽しみですねhappy02


さて、先週大井競馬場での取材中に村上厩舎を訪問すると・・・

もう、2歳ちゃんが入厩していましたsign01

Img_4586_3

Img_4588_2

4月の能力試験を目指す馬たちは
だいたいこの時季から競馬場に来るみたいですnote

毎年見ても2歳ちゃんは、顔立ちが幼くてかわいいなぁhorseheart04

2016年02月24日

目は口ほどにものをいう

horseみなさまこんにちは、河合紗希子です。

先日のこと。
お誘いいただきまして、とてもすてきな会食に参加させていただきました。

競馬を愛する方々と、競馬の話をしながらおいしいお鍋を囲むというスペシャルなひとときshine

しかも
ご一緒した方々は競馬歴も長く、なかには私の祖父が騎手として現役だった頃をご存知の方も。

貴重なお話を伺うことができ、とても良い時間を過ごさせていただきました。

私は予想は完全なるパドック派ですが
ご一緒したみなさまに伺ってみると、データ派血統派ジョッキー派…本当にさまざま。

たくさんの方にそれぞれ目のつけどころを教えていただくのは、新たな予想方法への参考になりますねcatface

horse私は、パドックでのチェックポイントはおしり(トモ)が中心です。

初めてパドックを見ながら一着の馬を予想した(年齢的にかけていませんでしたが!)いつかの有馬記念。
その時、おしりがぷりっと張って、ひときわ立派で格好よく見えた漆黒の馬。

マンハッタンカフェでした。

あのマンハッタンカフェの優勝がとても印象的で、馬の知識は全くなかったのに自分がパドックで彼のおしりにピンときたこともすごくうれしくて、以来「馬をみるときはまずおしり!」という独自ルールができました。

horse趣味で馬の写真を撮るようになってから増えたチェックポイントが、です。

昨年9月、馬産地見学ツアーに参加したときのこと。
馬の写真を朝から夕方までたくさん撮った4日間の北海道旅行で、馬の顔のちょっとした変化に気付けた(ような気がした)ときがありました。

昔、祖父があるインタビューで
「良い馬はなにがちがいますか」という質問をうけたとき
「目ですね。いい馬は目がちがいます。」と言ったことがありました。

当時子どもだった私は
じいちゃん答えられないからそれっぽいこと言っちゃったんじゃないの、と思ったのですが
馬の表情の変化を追うようになってから、あれってやっぱりほんとのことだったのかも…と思うようになりました。

撮った写真を見返して面白かったのは、その旅行の前と後で、自分の馬の撮影ポイントが全く変わっていたこと。

初めは馬体全体ばかり切り取っていたのですが、9月の旅行以降は、目だけ・顔だけ、の写真が格段に増えていました。

写真を撮るようになって気づいたことや見つけた楽しみ。
もっといろいろ増やしていきたいなと、今週もカメラを持って競馬場に向かう予定です。

horse目は口ほどにものをいう

20151004_005045


horse共同通信杯パドックのディーマジェスティ

Dsc_0717

horse同じく共同通信杯パドックのイモータル

Dsc_0731_2

あなたの、パドックこだわりチェックポイントはありますか?


ではではみなさま、今週も素敵な競馬ライフをclover


----------------------------*

carouselpony個人BlogやTwitterもつれづれなるままに運営ちゅうです。

Twitter … @sakkomaru
Instagram … photogreenforest
個人Blog … Evening proimrose

 

2016年02月23日

東京開催最終週と、成長していく姿に感動

東京開催も終了。

次は4月半ばまでお休みですね。

東京競馬場がある府中市は桜並木もとてもきれいなので、
桜の時期に開催がないのがちょっぴり残念ですが、
中山競馬場とその周辺の桜も楽しみですcherryblossom

こちらは20日(土)の東京6R、3歳の500万条件に出走していたスターオブペルシャ(父ダイワメジャー 美浦 藤沢厩舎)shine
兄に2014年のスプリングステークス(G2)、昨年末の阪神カップ(G2)の勝ち馬・ロサギガンティア(父フジキセキ)がいる血統ですshine
 

_mg_5683

真っ黒な馬体でいつも一生懸命なお兄さんも凛々しくて素敵ですが、
栗毛の弟もとても美しくて大好きheart04
今回は最後わずかに届かずハナ差の2着でした。

初コンビとなった杉原騎手によると、
「レース中は周囲を気にしているような走りだったので、最後は外に出しました。
外に出して広くなってからは良い脚を使ってくれました」とのこと。
今回のレースぶりは次走が楽しみになる内容shine
中央も地方も、クラシックに向けて3歳馬たちの走りから目が離せませんね。
 
コチラは関係者用の自転車置場flair

_mg_5687

shine

さて、馬の成長を見ていけるのも競馬の楽しみのひとつshine
母の代からのお付き合いとなるとまた格別ですshine 

2月18日の駿麗賞を快勝したレガルスイ(父エイシンサンディ 5歳牡馬 矢野義幸厩舎)は

まさにそんな存在shine

ピンクキューティも矢野厩舎所属で、

繁殖入りしてからは何度か牧場にも会いに行きました。

2010年夏。

このお腹に入っていて、

5

2011年2月28日に誕生したのがレガルスイnote 

生まれたてホヤホヤ、下の2枚は静内山田牧場さんが送ってくださった貴重なショットですcamera

2_4

3

キューちゃんのお母さんらしい仕草にも感動happy02

2011年8月、ピンクキューティのお腹の下からこそぉっと覗いていたのが

ついこの前のことのよう・・・confident

_mg_0088 

立派に成長、A2クラスまで上がってきました。
昨年秋には、北海道からはるばるやって来た故郷の皆さんの前で勝利するなど、
なかなかのデキる男でもあります。
あの日、お休みが取りづらい牧場の皆さんの前で勝った姿には思わずうるっと(笑)
4ヶ月近くたった今でも思い出すとぐっときます。

ムキになりやすい性格のようでパドックではいつも一生懸命気合い十分up

_mg_4744

_mg_4780

重賞で強い相手との競馬を経験してからぐっと成長したそうですよshine

負けん気をバネにしたんですね。

普段はこんなにカワイイのですnotes

_mg_5614

もう、なんというか、親戚のコの成長を見るような、そんなかんじかもcoldsweats01

今頃は馬産地にもかわいい当歳がたくさん生まれてきていることでしょう。

レガルスイのように、いつか競馬場で出会える日が楽しみですclover

今回の締めくくりはキラメク新宿の風景。

夕暮れの時間も少しずつ遅くなって、空の色にも春を感じますね。

_mg_5324

 

2016年02月22日

満期のお知らせ?

昨日、東京競馬場で行われた今年1発目のG1レースはフェブラリーステークス(ダート1600m)!

3連覇がかかるコパノリッキー、1番人気の神風が吹くノンコノユメ、TCK女王ホワイトフーガなどなど、いきなりどんなけ熱い砂の上なんだ!と思わせる豪華なメンバーが勢ぞろい。

さてさてまじめに馬券を考えましょうか?って段階で、競友である埼玉の天上人(仮名)氏が、メインのちょっと前に100円で30万馬券を的中させるという、特大の刺激物を見せつけられ昇天!劇薬の香りが寝た子を起こして、尻に火まで付けていくからたまりません。

「いつもの馬連、1頭軸たっぷり流しを封印して、3連複で勝負したい。させてくれ」

…色気もないのに、イヤラシイ考えがとまらなくなってしまいました。

イヤラシついでに、その日の東京の出目まで確認する念の入れようで、

まずはピンク色のモーニン(父ヘニーヒューズ)というか、問答無用にミルコを投入してから、牡馬たちの中でも落ち着き払ったホワイトフーガ(父クロフネ)、3連覇とかいうメモリアルな感じはユタカの得意舞台とみてコパノリッキー(父ゴールドアリュール)、黄色と黒の縦縞を着せれば本気モード全開の典さんロワジャルダン(父キングカメハメハ)、砂といえば戸崎!のベストウォーリア(父マジェスティックウォリアー)、そしてもちろんノンコノユメ(父トワイニング)の各馬を、イイ~感じにフォーメーション!

これで本日ついに私にも、JRAさんから満期のお知らせが届くんだな~なんて思っていたら!

今日じゃなくて「明日か?」のロマン(父アグネスデジタル)が3着ってーーー!

そんなこんなで相変わらず、馬券に恵まれないかわいそうな私ですが、モーニンは強かった!

スタートが命のリッキーは3番手で行きあぐね、コーリンベリー(父サウスヴィグラス)がキュンと小気味よくひっぱる展開。モーニンはスルスルと前目につけて(無理に抑えないのがミルコ)、ノンコは後方から。残り400あたりで白っぽいフーガちゃんを見失い、そのほかの馬も、泥をかぶって何だかわからなくなっていたら、来ました!ノールック騎乗のミルコ!前をまったく見ないで追うのに、馬はどんどん加速するという例のアレ!

後ろからルメールノンコも強襲。アスカ、ベスト、ロワの7-4-5-6が、きれいな斜めの壁になり、1馬身前にいるモーニンを、そのまま押し上げる追い風のようになって、なだれ込み決着。勝ったモーニンはたった6戦の戦歴で、しかもレコードでG1馬になるという素敵なおまけつきでした。

それにしても、何か強いみたいだよー?とまでは聞いていた4歳モーニンが、ノンコやリッキーをここまで子ども扱いするとは。展開のアヤやら、脚抜けのいい重馬場だったからだとか、ミルコだからだとか、終わってみればいろいろあるけれど、今後、同期のノンコノユメとよきライバルとしてダート界を盛り上げてくれること間違いなし。楽しみですね!

父ヘニーヒューズ。よく見たら、我々の大好きなストームキャットまで入っちゃってる信頼のラベルでした。世代交代とまではまだわからないけれど、それに限りなく近い4歳馬が出現したことは間違いないですね。確か今日は、優駿SSの展示会日。ヘニー父ちゃんに、たくさんのお祝いの言葉が集まることでしょう。行きたかったなー。

Received_458502074357016ks

北海道から応援に駆け付けたミスターK氏よりお写真をいただきました。

モーニンの馬体はとても素晴らしかったそうです。

勝利ジョッキーインタビューの中でも語っていた

「乗りたかった馬」に乗れた喜びでしょうか。

ミルコの笑顔は、パドックからふんわりと咲いていましたね。

さてさて、満期のお知らせは来週に持ち越しとなり(?)、いよいよ2冠馬ドゥラメンテ(父キングカメハメハ)始動の中山記念。休み明けだろうが何だろうが、思いっきりぶちかましてほしいですね。私期待のアンビシャス(父ディープインパクト)も出走予定です!

2016年02月19日

“仲良きことは美しき哉”

立春過ぎて”春待ち?”と思いきや!

029 snowsnowう~~ん?これだけ降られると?

023 この方(タイヤショベル)に出動願うしかありません。

 

028 降るsnowに”身を寄せ合って”からの~食べる干し草も分け合って~
  いいhorseたち!でしょう?

019_2 明るくなるにつれ、じょじょに離れながら別々の行動をスタート!

077 ”ももこ”のおなかが少しづつふくらんできました。
分け合って食べていた餌も今!は「ももこ強し」で一人占め傾向angry

最近はこうして別々に上げないと”はじめくん”は餌にありつけません!sad=母なる”ももこ”強し。

(はじめくんは長男なので基本優しいんです。)この後、ももこは自分の餌を平らげて、はじめくんの

餌を取りに行きます。=お母さんの食欲には”後ずさり!”horse

017 歯医者さんに来ています。
我が家は”青色申告”ですので確定申告の時期に1年間の「税金の申告」をします。

夜な夜な”おやつ”(ヤーコンの干し芋=自作)を食べながらの書類作成中!に、歯が欠けて

しまい”応急処置”をお願いしました。

ガーベラが見事に生けられてcamera

015 第2段

016 第3段

0052月15日(月)。JBBAの種牡馬展示会からの~次なるアロースタッドの展示会です。
新種牡馬”ガルボ”お披露目に駆けつけました。オーナーの”シュウジデイF”の石川さんも

来られて”ガルボ”幸せです。heart04

漆黒の馬体horseは今日もバツグン!(virgoは今日に限ってcamera

忘れてしまいカタログのお披露目となりゴメンナサイ!)どうか?すばらしい出会い!に恵まれますようにheart02

001 

002 明日、息子”翔”の結婚式!の為、札幌へ向かいます。素敵なパートナーとの出会いvirgo
ヘルパー制度(牧場の留守を守って下さるヘルパーさん)を活用させて頂きます。

現在は、お一人しかいらっしゃいませんので予約は大変ですが、大変ありがたい制度です。

もう少し充実させたい!と試行錯誤なのですが?

  珍しく早朝アップは~こんな理由ありでした。~   行ってまいりま~す!virgo

    なかよきことは”うつくしきかな!

2016年02月18日

珍しい流星!

先週末は、春のような暖かさの中、

サッカーを見に行きましたsoccer

Img_4535

今回はジェフユナイテッド市原・千葉と柏レイソルの試合だったのですが、
J1の柏レイソル相手に、J2のジェフが3点を取って圧勝flair

Img_4538

一緒に見に行った方の同級生が、ジェフの選手で試合にも出ていて
もう少しでゴールも決めれそうなシーンもあり、応援にも熱が入りましたhappy02


さて、船橋開催の取材中に矢野厩舎の馬房を除くと・・・

珍しい流星の仔を発見sign03

Img_4492

マテリアメディカですhorse


牝馬ですが、毛色も黒鹿毛で可愛いよりもかっこいいsign01って感じshine

Img_4494

こちらは、川島正一厩舎のタイムズアローhorse
昨日行われた報知グランプリCの前取材で撮らせていただいたのですが、

担当の松崎厩務員が扉を開けると、近づいてきてくれて

Img_4484


チラッ

Img_4487


そして、顔を出してくれましたnote

Img_4490

締めは、キリッとした顔がかっこいいモンサンカノープスhorse

Img_4501

2016年02月17日

なんとフラグでした…orz の巻

horseみなさまこんにちは、河合紗希子です。

あたたかくなったり寒くなったり。
なんとも着る服に迷ってしまう一週間でしたね。

しばらく競馬はお家観戦ばかりでしたが
ぽかぽか陽気だった日曜日。
久しぶりにカメラを持って東京競馬場に遊びに行きましたhappy01shine

お昼過ぎにぶらりと出かけ、まずは場内を散策。
心地よく響く実況を聞きながらソフトクリームを食べて、久しぶりの東京競馬場に相変わらずのウキウキ気分up

このとき私はまだ知りませんでした…
数分後に自分が悲惨な顔をして同じ場所をダッシュするということを…!!

horseこの日の東京メインレースは共同通信杯

ベスポジとまではいかなかったものの、そこそこの位置取りでパドック写真を撮ることができ、さてそろそろ予想モードに…と携帯を取り出しました。

このBlogでも
度々申しておりますが
わたくし、勝馬投票はPAT派です。

パドックではなるべくギリギリまで写真を撮っていたいし、レースでは早めに移動をしてできるだけいい場所を確保したいので、写真を撮っている少しの合間に手元操作で投票ができるPATを重宝しているのです。

この日もいつもと同じように、写真を撮りながらほぼ気になる馬を絞り込んで、さあ携帯を取り出しあああああああーっっっ!!!



そうだ私!!!
先週、携帯の機種変をしたんだった!!!

前の携帯に保存してたIDとパスワード
わからないじゃーーーん!!!!!




パドックで携帯を握りしめ、頭が真っ白になることしばし。
うそでしょまさか先週の記事がフラグになってしまうような超お約束な出来事が起こるなんてー!!!
ここで頭に二つの選択肢が生まれます。

 ①今日は投票を諦めて撮りウマに専念する
 ②ダッシュしてマークシートを塗りに行く

先週サトノダイヤモンドの走りに感動し、この一戦に向けて膨らましてきた”予想する楽しみ”への思いは非常に大きい。
しかし競馬場に来るのは3週間ぶりなうえ、次週はここに来られないことが確定している自分にとって今日はとても貴重な1日。

(…よ…予想は投票しなくても楽しめるし……)

心の中でそう言い聞かせ、カメラを持つ手を握りなおして撮りウマを続けようとしたまさにその時!
周りの方々がぞろぞろとパドック周りから移動を始めるではありませんか!!!

ひとり、またひとり…。


残された自分の心にさざ波のように押し寄せてくるなかまはずれ感。
迷いが生まれ、シャッターを持つ手にも汗が。



その瞬間
私は走り出していました。


Why don't you do your best !!!
なぜベストをつくさないのか!!!

やっちまった後悔は年々小さくなるけれどやらなかった後悔は年々大きくなる!
ベストをつくさずしてなぜ人生を楽しんだといえるのか!

スタンドに入り、人をかきわけてマークシートを手に。
焦りと戦いながら慣れない手つきでぬりつぶす。
そして機械にすべり込ませて発券する!!!

表示されるエラー!!!

これまでPATばかり使っていたためほとんど手にしていなかったマークシートを焦りとあいまって間違えてぬりつぶしたらしいのですorz

発券機の前で呆然と立ちつくす私。

すると
機械の横の扉がガチャリとあいて、そこから係の女性が。

「あのぅ〜お客様〜、こちらの口頭窓口にいらして、口頭で発券されてはいかがでしょうか…」

気まずそうな私と目が合い、いろいろと察したのでしょう。

何も言わずに口頭窓口に向かい
そこで気になる馬を5頭分複勝で発券してもらいました。

この苦労して発券した勝馬投票券がかすりもしなかったのはいうまでもありません。
予想の前に勝負に負けていたのですね…。

というか

レースの結果も予想していませんでしたが
こんな未来はもっと予想していませんでしたよ!!!!!


Dsc_0009

うちひしがれたこころにミルコジョッキーの笑顔とUMAJOSPOTのフリードリンクがやさしかったです。

Img_20160214_230337

携帯の機種変は計画的にー!!!!


----------------------------*

carouselpony個人BlogやTwitterもつれづれなるままに運営ちゅうです。

Twitter … @sakkomaru
Instagram … photogreenforest
個人Blog … Evening proimrose

2016年02月16日

ほのぼの→重賞制覇!

2月10日に行われた金盃(SII)を制したのはジャルディーノ(7歳牡馬 父ワイルドラッシュ 大井・荒山厩舎 馬主:吉田正志様)でしたshine

馬場入場時に立ち止まって、他のお馬さんたちの返し馬を見守る姿も話題ですhappy01

金盃(SII)でも・・・

みんな行くねーflair

_mg_3589

いい走りだねーnotes

_mg_3585

ジャルディーノが走りだす気持ちになるまで、
真島大輔騎手が首や耳を撫でてリラックスさせていましたよshine

_mg_3582

そんな姿にみんなでほのぼのheart04していたら

_mg_3633

勝っちゃいましたshineshinesign01

すごいですshine

ギャップ萌えとはこのことですねhappy01

さて、今週は船橋ケイバ開催中up

ハートビートナイターは4月までお休み。

1月から3月までは昼間の開催となりますsun

 

開催中は、厩舎取材の合間にレースに向かうお馬さんと遭遇することもhorse
ケガなく力を発揮してねclover

_mg_4969


冬の陽射の下、
パドックを歩くお馬さんたちの影が創りだす風景も素敵ですよhappy01

_mg_4866

 

 

2016年02月15日

社台スタリオンパレード。

2月9日火曜日。社台スタリオンパレードに行ってまいりました。

今年の目玉は何といっても新種牡馬キズナでしょうかねー!

―――勝利から遠のき、苦悩する天才ユタカを復活をさせた青鹿毛の輝き。種付け料は250万ですでに満口という人気の高さです。大勢のひとに囲まれても気が高ぶることもなく、おとなしい様子。電撃引退から展示会まで日数がたっぷりあったせいか、すでに種牡馬らしい馬体にみえました。

Kiz1 手綱をひくひとも絆ジャンパー。

Kiz2 佐々木先生も駆けつけてアナウンス。貫禄も十分。

Kiz4 視線の先にユタカの姿を見つけたキズナ。嬉しいのか、おめめがいっそう大きく。

Epipha3

そのキズナと同じ時代を戦ったエピファネイアは、瞳が魅力的でとても美しい馬でした。種付け料はこちらも250万の満口。

Epipha4 いかにも優等生な賢い表情。角居先生も久しぶりの再会に目を細めていました。

Justa2 そして今年初産駒誕生のジャスタウェイ。なぜかこの日はギラギラしていました。

Justa3 突然、立ち上がって周囲を驚かせましたが、お父ちゃんらしくなった証拠ですね。種付け料は350万。ドバイでレコード勝ちをしたジャスタの血で世界へ!の夢がまた膨らみました。

Hearts1 そしてハーツクライ。堂々とした風格は息子ジャスタウェイに負けないくらいの若々しさ。

Hearts3種付け料は800万とディープインパクトの次に高額ですが、堅実に走り、しっかりと成績を残す産駒を出し続けているだけあって、今年も人気を集めそうです。

Orfe3 私の大好きなオルフェーヴル。相変わらず美しい馬体で、今走っても、札幌記念くらいは余裕で逃げ切り勝ちしそうなトモの張りです。種付け料は600万で満口。来年産駒がデビューします。

Orfe2サラッサラで美しいタテガミはどんなシャンプーを使っているのでしょうか。あなたとまるっきり同じ能力と性格をした牝馬が出て、嫌だといっても池添さんに乗ってもらうのが私の夢ですw

Dream1 初年度産駒3才の父ドリームジャーニー。産駒勝ち上がり率は41%以上と立派なお父ちゃんぶりです。父ステイゴールド、母オリエンタルアートという両親亡き今、全弟オルフェと一緒に頑張ってほしいですね。

Dream3 種付け料150万。私のように大きめのママから人気を集めそうなコンパクト馬体。この馬体こそ、彼の末脚を最大限に生かす武器なのだと思っています。

Deepi1 種付け料3000万でも満口になったディープインパクト。産駒成績はもはや説明がいらないほどの大活躍で、姿かたちが似ていても、似てなくても中身はディープという産駒を出し続けている超一級種牡馬。「エイシンヒカリは本当に俺の子か?」…。はじめの頃はトーセンラーなどのお父さん似の活躍馬がよく出ましたが、最近ではまったく似ていない怪物級の競走馬も続々。

Deepi3 何年経っても、ビシッ!と締まっている馬体。お腹も出ていませんね。体調がすこぶるいいですよ~の模様も出ています。これから大変なシーズンですが、からだに気をつけてくださいね。

Casino1 「オルフェじゃないもんねー!」カジノドライヴ。

写真撮影:長谷川さゆり氏

2016年02月13日

”えん(縁!塩?)むすび”!ジ(the)オムスビ!終わる。

明子さん

ありがとうございます。8日もレース観戦は出来ませんでした。しかもオーズ号も愛馬の

1頭でした。(繁殖馬は今は我が家に居ませんが?)

そして翌日、8レースはデロニクスレギア号の出走!勝ち馬名乗りうれしい限りでした。

昨年中央でのブリーダーランキング200位に入れず、地方競馬で76位くらいでしたでしょうか?

連日の勝ち名乗り!朗報いただきました。lovely

033 (公財)北海道女性協会の事業”プロジェクトパートナー”都市と農村をむすぶ”
企画書が認められ事業採択されたのが12月の中旬でした。

様似町にある”安心、安全な食材”特別栽培米、ドライトマト(私の作品)、自然放牧牛のコンビーフ

昆布、山漬け(山のように高く積み上げた鮭の塩漬け)だけを使った「おむすび」riceballを作り、「ご縁」も

むすびましょう?の思いで企画。講師は、長い間女性農業者ネットワークで役員として一緒に働いて

頂いた友人「高倉氏」でした。(水田農家&栄養農業士)40代から大学に進み卒業後、「塩(えん)むすび」を

販売しています。(蓋付き鍋があれば”美味しいご飯”が炊ける!)

045 今日も”お鍋”でご飯を炊きます。

051 これが「ドライトマトのおむすび」riceball絶賛!でした。

055 バーナーで焼き目をつける”昆布入りおむすびにゆずみそ”riceball

063 ”あんこ”のおむすび!もあります。

064 定員50名(最初は15人~20人?)先着申し込みが57名まで受け入れました。当日、インフルエンザ等々

有り49名参加で開始できました。日高振興局”地域振興部長、農務課長、町長、農業改良普及センター

など、男性も沢山参加して頂きました。

 

073 小さな人間の小さな企画でしたが、沢山の身に余る応援を頂きました。稲作振興会より
お米の寄付(自分達のお米を使ってくれるのだから、と)、JAひだか東から助成金、横幕つくり、

ポスター作りetc.。迷いながらのスタートでしたが、こんなに多くの応援を頂き

”やってよかった“充実感でいっぱいです。参加して下さった方々、お手伝い下さったに

感謝!の気持ちでいっぱいになりました。

082 本日、イーストスタッド(種馬所)展示会でした。現在日高東部にはここ1か所しかスタリオンは
ありません。horse沢山の来場者です。

080 初産駒誕生!を心待ちしている”トウザグローリー”horse

081 今年度産駒デビューします。”オウケンブルースリー”女性ファンの人気№1

085 相変わらず”やんちゃなサムソン君”

084 ディープ????はディープでも”ディープスカイ”horse

さて!来週月曜日はいよいよ「ガルボ」です。

                    ~びっくりぽん!~

 

 

 

2016年02月11日

トンネルの先には

先週大井開催前に取材していたところ、
日向ぼっこをしている猫を発見cat

Img_4414


可愛くて思わず撮ってしまいましたheart04

こちらは、わが家でゴロゴロしている皐月と

 

Img_4430


そらdog

 

Img_4432


さて、来週は船橋開催ですhorse


ということで、今朝は会社に出勤する前に競馬場に寄ってきましたsign01

Img_4455

船橋競馬場の厩舎地区は、
本厩、海岸、習志野の3つのエリアに分かれているのですが、
習志野地区に行く時には、このようなトンネルを潜りますflair

Img_4457

もちろん人間だけでなく、
習志野に住んでいる馬が調教やレースで馬場に行く時にも
このトンネルを通るのですsign01

Img_4458

逆に競馬場側からトンネルを抜けると

習志野の運動場に出ますsign03

Img_4459

もう慣れてしまいましたが、
初めて見た時は競馬場の施設内にトンネルがあることに驚きましたeye

2016年02月10日

身を乗り出してしまうようなウマのこと

horseみなさまこんにちは、河合紗希子です。

先日スマホの機種変をしてきました。
2年ぶりに携帯コーナーをじっくりまわって、通信機器はすごいスピードで進化しているんだなぁと思いました。

この間の飲みの席でも、ご一緒した方が噂のアップルウォッチをつけており、性能をちょっと見せてもらった時の「ウワッ時代はここまできたのか!」感。

しかもauでは3月下旬にキッズ向けの話せる時計型ケータイが発売されるとのことで、このニュースを見た時の衝撃たるや
「ウワッ通信機だ!アニメとか特撮で主人公が絶対持っていた時計型通信機だ!」
みたいな感じでした。

そうか、昔こころをときめかせた「未来の通信機」って電話の進化型だったのかーとしみじみ。
ちょっと誤算があるならばニョキッと伸びるアンテナがないことくらいでしょうか。
(あっ年がばれ…ごにょごにょ)

勝馬投票券はPAT派の私ですが、焦っている時など、たまに誤操作でミス選択をすることがありますorz
このままドンドン携帯や通信の世界が進化していって、いつか通信機器が「アナタは昨日◯◯を本命にしていましたが本当に投票しますか?」みたいな確認をしてくれる日が…来たりするのでしょうか…。

ちなみにわたくし、新しい携帯に機種変したものの、使い方がまだなんとな〜く手に馴染んでおらずこころもとないので結局まだ古いものも同時に持ち歩いています。
うーん、通信機器が進化していっても扱いきれない可能性も大ですネcoldsweats01

horse閑話休題!

先週の競馬もおうち観戦だった私ですが、思わずテレビ前で前のめりになったレースがありました。

そう、京都11Rきさらぎ賞!!!

サトノダイヤモンドのあの走り。
シビれましたねー!!!

とは言え
恥ずかしながらサトノダイヤモンドvsロイカバードの5億円対決が面白そうだと話題になっていたものの、前日までお金のことと馬のことがそこまで頭の中で繋がらずピンときていませんでした。

むしろ一番気になっていたのはモウカッテル
単勝オッズ1.2まで行っちゃう人気の馬に賭けるのはなんだか面白くないし〜、だったら縁起のいい名前でちょっと面白そうなこの馬に夢を託してみよっかな!という軽いノリ。

それが「アッ!」となったのはパドック映像。

ひと目でわかるくらいの、他とちょっと違った風格。
ぷりぷりのおしり、そしてバランスの整った美しい馬体!
思わず身を乗り出した瞬間でした。

私たち声優は、役を得るためにオーディションを受けることが多くあります。

オーディションは、ブースに入れ替わり立ち代りで声優が一人ずつ入り、事前に渡されている決められた短いセリフをマイクに向かって演じる、というのが一般的なかたちです。
それを調整室にいらっしゃる方々が聞いているのですが、オーディションを「する側」である音響監督の方が、以前話してくださったことがあります。

『朝から夜まで何人分も同じセリフをずっと聞いていると、どれも同じように聞こえてくるもの。でも、確実にその中で、思わずこっちが息をのむような芝居をする奴がいるんだよ。そういう奴が来ると、一声きいただけで本当にこっちはみんな身を乗り出すんだよ。』

パドック映像でサトノダイヤモンドの馬体を見た時、音響監督さんがおっしゃったこの話が強烈に思い出されたのでした。
競馬を愛する方ならばきっとお分かりになるでしょう…このニュアンス。
そしてあの時迷わず単勝をポチリした私の気持ちと、ゴールした時にソファから立ち上がった私の気持ちも。

今後は、パドックでサトノダイヤモンドを撮るという新しい楽しみもできました。
関東のレースに出走する日が待ち遠しいですheart04

horseところで…。

この日のパドックをでもう一つ私のどぎもをぬいた出来事があります。

あっ!???
も…モウカッテルって…


「儲かってる」じゃないんだ!!!!
「もう勝ってる」なんだーーーーー!!!


私と同じように、なんだかいやしんぼな性格を露呈させてしまったような恥ずかしい気持ちになった方はどのくらいいらしたでしょうか…

スマホや通信機器が進化したら、いつか馬名が音声で確認できるサービスもできるといいですね!!!

ではではみなさま、今週も素敵な競馬ライフをclover

----------------------------*

carouselpony個人BlogやTwitterもつれづれなるままに運営ちゅうです。

Twitter … @sakkomaru
Instagram … photogreenforest
個人Blog … Evening proimrose

2016年02月09日

NARグランプリ2015 森泰斗騎手

先週、都内でNARグランプリ2015の授賞式が行われました。

_mg_3369

こちらの写真は、船橋競馬場所属・森泰斗騎手。_mg_5107
全国リーディング”最優秀勝利回数騎手賞”と、“最優秀賞金収得騎手賞”のダブル受賞です。

いつも取材に丁寧に答えてくれる森泰斗騎手shine

真面目で、じっくり考えながら物事に向き合うイメージがありますが、
中でも、昨年末、ブルーチッパー(大井 荒山厩舎)で第9回 東京シンデレラマイル(SIII)を制した際のコメントが印象的でした。

「自分自身、全国リーディングを絶対獲るんだという気持ちで乗っていました。
勝たなきゃ、勝たなきゃという気持ちですごく苦しい1年でしたが、
頑張っていれば、最後にこうしていいこともあるんだなと思ってすごく嬉しいです」。

トップを維持すること、勝利への責任感。

ほんとに、ほんとに大変だったんだろうなぁ・・・としみじみconfident

 
「地方競馬のエースになったとは思っておらず、
まだ未熟で、技術も磨いていかなければいけないと思っています。

今回の受賞は良い馬、勝てる馬に乗せて頂いた結果なので、
関係者の皆さんに感謝の気持ちいっぱいです。

トップを維持するために心掛けていたことは、
体力的にも精神的にもきつくなることが多いので、まずは健康管理。
他には、関係者の皆さんとのコミュニケーションを欠かさないこと。
他にもたくさんありますよ。

今年の目標は、年間300勝達成(昨年297勝)と、全国リーディング。
そして、東京ダービーを勝ちたいですね。

ここまで、いろんな人に応援してもらって来ました。

春からまた船橋でナイターも再開されますし、
船橋の騎手みんなで頑張っていきますので、
応援よろしくお願いします!」

祝賀会でインタビューに答える表情がキラキラshine

_mg_5110 

今年の活躍も応援していきたいですねshine


立春も過ぎて、春の気配を少しずつ感じる季節になりました。

こちらは浦和競馬場のパドックから馬場への通路にあるほのぼの風景。

工事の合間に、ネコちゃんが通ったのでしょうnotes

梅の花みたいな肉球の跡がカワイイheart04happy01

Fullsizerender

そして、こちらは東京競馬場で発見。
関係者エリアのお宝グッズup

Img_9866


今回の締めくくりは、ちょっぴり早めのバレンタインデーshine

ショコラシュクレ(船橋 佐藤裕太厩舎)horsenote

馬名に合わせて裕太調教師が用意したかわいいメンコを着けてのデビュー戦でした。

_mg_2234_2

2016年02月08日

歴史はめぐる。

昨日の京都、きさらぎ賞G3(芝1800m)をみて、何か大切なお宝を鑑定したひとも多いと思う。

「このダイヤ、本物でござんす」

サトノダイヤモンドの危なげない重賞初制覇は、鞍上のルメール騎手もよほど乗りやすかったのか、何もしなくても勝っちゃった!みたいな「ライバルはいない」発言でにこやかだった。それを聞いて、静かに蹄を磨いていた有力3歳馬たちが黙っているはずがない。頭に血がのぼって、装蹄師のむこうずねを蹴飛ばした馬だっているだろう(いけません)。ここで整理するのはまだ早すぎるけれど、何となく駒がそろってきたような気になっている。

朝日フューチュリティG1馬リオンディーズ(父キングカメハメハ、母は説明のいらないシーザリオ)を筆頭に、きさらぎG3馬サトノダイヤモンド(父ディープインパクト、母はアルゼンチンで5勝マルペンサ)、今週の共同通信杯で、よりによって典さんに乗り替わったホープフルG2馬ハートレー(父ディープインパクト、母はアメリカG1馬ウィキットリーパーフェクト)となると…。

お久しぶりですTTGのごとく、歴史はめぐる。いろんなご意見はあるでしょうが、弥生を待たずしてこの3頭の三つ巴クラシックと私はみた!

さらに彼らを脅かす有力馬のマカヒキや、ロードクエストなども目が離せない。近年、近いところでいうとドゥラメンテのような単独飛行が続いていたので、こんな風にガッチリとしたライバル対決をみるのはとても新鮮でワクワクしますね。

いずれにしても、今年は3歳牡馬がめっぽう熱い!この勢いで、札幌の雪もイッキに解かしてドロッドロにしてもらおうじゃないか(雪まつりの皆さまスミマセン)。

たまたまなのか意図的か。強い3歳が皐月賞にこだわらないような流れもチラホラ。着順欄に1が並び続ける愛馬に、2という数字は辞書にないのが親心だ。アンタそこ出るなら俺こっちみたいな陣営の操作も相当な事になるなこりゃ。わーわーいったあとの最終決戦は日本ダービーであることから、今年の府中はとんでもないことが起きそうで、背筋がゾクゾクッ!としますね。

まずは皆さん、ケガのないようにじっくりと成長してもらいましょう。

ケガといえば、東京競馬場で行われた東京新聞杯(芝1600m)。

出先で競馬中継が見られない私に、競友からLINEが入った。

「浜中が飛んだー!」ととと、飛んだって何よ!

浜中といえば私の軸馬ダッシングブレイズ!(父キトゥンズジョイ)ひょっとして、ディープインパクトのように、ユタカがいった「まるで飛んでいるような」走りを見せたのか!ダッシング軸に、ダノンプラチナ(父ディープインパクト)、ダイワリベラル(父ダイワメジャー)、紅一点スマートレイヤー(父ディープインパクト)、トーセンスターダム(父ディープインパクト)、テイエムタイホー(父ニューイングランド)と、ここまで書いて、ディープインパクトと打つのも面倒になるくらい、手厚く流したんですよアタシはーーー!

・・・飛んだのは本当に浜中騎手だった。

最後の直線、インにスペースを見つけた浜中は、そこにダッシングを誘導してみたものの、馬体のどこかがラチに触れた瞬間、馬はバランスを崩して騎手は落馬。それもラチに激突して4か所骨折するという大けがを負ってしまった。そんな無理しちゃいけませんと過怠金を科せられてしまう。

一方、ダッシングはどうだろう。ケガはなかったようだけど、精神的なダメージがトラウマにならないか心配になった。

勝ったのは、真ん中枠でスタートもすーっとなめらかにハナに立ったスマートレイヤー女史(6歳)。強い強い逃げ切り勝ち。2着のエキストラエンドに2馬身離して優勝は立派です。

力のいる東京のマイルを逃げ切るなんて、すごいじゃないですか。

さらに私が目を見張ったのは、吉田隼人騎手の姿。

スタートした直後の、豆のように小さくコンパクトに折りたたんだ、これぞモンキーの見本市。

その後もずーっとちぃーちゃくなってお尻がまったく上がらない。空気抵抗のこともあるので、騎手はなるべく尻をあげない方がよいと思っている私好みの騎乗スタイルですよ。昨年の有馬記念ゴールドアクターから、薄皮1枚むけたいい感じに乗っていて、本当に頼もしくなりました。

こーゆーことがあるとつい、浮気の癖がにょっきり。春ですね~。

そろそろ『ある人物』から、隼人に乗り換えようかしら?

2016年02月06日

”ガルボ”参上!

知彦様

ありがたい応援、お言葉嬉しいです。

非常にレベルの高い”北海道競馬”でありますが、なるべく「新馬」の入厩を心かけています。

調教師、厩舎関係者の意欲、意識を大切にしながら”産地競馬”の意義を多くの方々に

ご理解頂く為に!

034 馬事通信2月1日号。”ガルボ”参上!の記事。
昨年、ブリーダーランキング!中央ではランキング入り出来ず残念でした、が地方では74位に

ランキング出来ました。チョット”ホッcoldsweats01”としながらページをめくっていると?「愛馬の姿」ガルボhorse

マンハッタンカフェ産駒としては重賞最多勝とお褒めの言葉を頂いています。良い巡り合い!に

期待しています。heart04

011 ”日高王国”(道外高校生修学旅行生受け入れ事業)研修会&交流会。

ストラップ作り!の研修です。地元にある”貝&小石”を針金で固定しビーズでアクセント!

私の作品!高校生の宿泊体験を目的とした受け入れですが、悪天候で作業体験出来ない時の

裏メニュー!ヒントとさせていただきます。(因みに真ん中のリングは、ある男性参加者からのプレゼントring

006 上記作品を制作中の私と”自然放牧牛(ジビーフ)を生業”の奈緒ちゃんですvirgo
アクティブウーマンコンビ!です。(年齢差はすこしありますが?)

013_2 ”豪華”夕食をいただいた(我が家の夕食とは大違いeye)からなのか?

014 「名前でビンゴゲーム」見事!1位で賞品GETTO!(中味はナイショ?present

016 次なるゲームは”チーム対抗”同点による「ジャンケン対決」またまたコンビ(妹分)rockと対決する事に!
年の功?paper(お弁当効果?)我がチームに勝利の貢献が出来ました。(たのしかった~happy01

019 尊敬する「佐藤初女さん」ご逝去!
”食べる事は食材の(命)を頂く事”たった一つのおむすびでも心に希望の灯をともすこともある。

岩木山の麓で「森のイスキア」を主宰されていた。”ガイアシンフォニー(地球交響曲)”にも出演。

初女さんとの”出会い”私も若かった(上の写真のブルーの洋服)時代!何故か初女さんは、私に

手招きをされ「あなたは私の傍に座りなさい!」と言って下さった。

隣の浦河町へも(べてるの家というハンデキャップを持つ方々の作業所)高齢になられてからも

来て下さった。(長い時間!沢山お話させていただいた)ear

昨年、自分が代表を務める団体(札幌)で初女さんを招へいする予定でした。(そろそろ遠出も難しくなると)

秋口になってtelephoneが入り、体調すぐれずキャンセルしたい旨。間もなく入院された事を知った。

2月1日94歳の一生を閉じられた。私が企画した「えんむすび!おにぎり講習会」開催予定の丁度

10日前だった。現在講習会への参加申し込みが”募集定員”を超える程の”うれしい悲鳴!”good

032 日高振興局に於。昨日ニュージーランドで12カ国が署名。(清原氏の問題がクローズアップ、川崎市
少年いじめの裁判)にeyeearを奪われている時tv

TPP関連政策大綱説明会。国内批准まで2年と60日です、その間に”攻めの農業へ転換”体力強化!

030 後ろ姿も”不安?”関係者。残念ながら”軽種馬生産業とTPP対策”は全くありませんでした。
畜産、酪農、果樹、野菜、水田、畑作、林業、水産、と国が対策していますが、”軽種馬”だけ

国の対策がありません?何故かなあ~sign02

025 出産まで、あと1ヶ月と少しです。お腹もだいぶ大きくなりました。
立春が過ぎ、昨夜からの雪snowが今朝まで降っていましたsnowが気温は若干上がって

朝仕事も楽でした。sun

027 ”私も撮ってcameraよ~!”と、(はな)れないので(はな)から撮ってさしあげましたから~lovely

    今週もたくさんの”ビックリポン”でした。  ~ご自愛のほど~

2016年02月04日

NARグランプリ!2015

今日は目黒雅叙園で、2015年NARグランプリの表彰式が行われましたsign01

私は内勤と重なったため、表彰式には間に合わず

最優秀勝利回数騎手賞(297勝)と

最優秀賞金獲得騎手賞(7億4千万円余り)をダブル受賞した船橋の森泰斗騎手と、

2年連続2回目の最優秀賞金獲得調教師賞(5億4千万円を超える賞金)を

受賞した小久保智調教師の共同会見から参加しました。


会見の中で、「馬とのコミュニケーションを取って、リズム良く走らせるようにしています」と森騎手。

また、目標について聞かれると「東京ダービー制覇です」と

より一層の活躍を期待させてくれました。

P1060209


小久保師は、「昨年以上の成績を出したい」と今年の目標を掲げ、

2歳最優秀牡馬を受賞した管理するアンサンブルライフについて

「体の割に成長途上だけど、筋肉の反発力がある。

ニューイヤーCを反省しながら、ダービーに向かっていきたい」と語っていました。

P1060216

こちらは会見のあとに行われた、祝賀会の様子happy01

P1060219

2016年は、どのような競馬のドラマと感動が生まれるのでしょうかsign02
昨日のユングフラウ賞を制したモダンウーマンは、

今年の南関東をわかせてくれそうですねhorse

転入初戦で2着となったポットガゼールも今後が楽しみですsign01

Img_4295

2016年02月03日

ひとの思いがつくるもの

horseみなさまこんにちは、河合紗希子です。

2月になりました!
私の隠れ趣味に「デパ地下スイーツコーナーめぐり」があります。
様々な趣向を凝らした洋菓子や和菓子を物色するのも大好きですが、それらが華やかなギフトボックスに入り、美しいリボンをかけられてお客様の手に渡って行くさまを眺めるのが好きなんですshine

2月は一年のうちでこれが最も楽しい月なのですよね〜!

バレンタイン前のこの時期はラッピングがピンク色に染まるのも素敵だし、チョコレートを買い求める女の子の嬉しそうな表情、真剣な眼差し、いろいろな感情が渦巻いているデパ地下の空気全体が、お祭り前の独特なそれとよく似ていてたまらない気持ちになります。

horseこのお祭り前・お祭りの時そのもののようなワクワク感

いつも競馬場に出かけて門をくぐった瞬間に感じるものと同じなんですよね。

競馬場に行く時は、最寄り駅に着くとすでに早足。
実況や人の歓声がだんだん大きくなっていって、スタンドをぬけてパッと視界が開けた瞬間一気にはじけるようなあの感動…たまりません。

昨年終わりから、中山競馬場にも足を運ぶ機会が増えました。

中山競馬場に行く時は船橋法典駅を利用していますが、この冬は駅からの専用地下通路(ナッキーモール)に有馬記念60周年を記念して歴代優勝馬の装飾が施されており、たまらない気持ちがさらに倍増!

祖父の姿が見つけられると、さらにさらに倍増です。
ウマ友がパチリしてくれた一枚♪

Img_y6shgs

1957年、第二回優勝馬ハクチカラと祖父。


有馬記念の時はまだなかった第60回優勝馬・ゴールドアクターも!

Dsc_0292_2

あの日の感動、思い出しました。

horse先日このブログで、初めてパークウインズで楽しんだ日のことを書きました。

それまで、私のこの気持ちや高揚感を作っているのは、競馬場という、いつもとちょっと違う「場所」そのものだと思っていました。

でも、パークウインズの日に感じたものは少し違っていて。

あの時初めて、競馬場にいつも流れている独特な空気は「人」がそれぞれ抱いている気持ちや熱気が何万人分も集まって巨大な集合体になったものだったのだなと思いました。

人の思いって「空気」を作るのですよね。
すごいなあ。

horseナッキーモールの装飾は一頭一頭写真を撮りたいくらいの感動でしたが、さすがにそれもできないので、中山開催が終わる日はじっくり見ながら帰路に。

そんな時、友人がくれたのがこれです!!!

Img_20160203_203944

なんとなんと、数量限定で配られていた有馬記念トランプ!!!

ナッキーモールに飾られていたのと同じ歴代優勝の写真がトランプになっているんですよ。

祖父が騎手として乗った、第2回優勝馬ハクチカラ・第11回優勝馬コレヒデ、そして、祖父が調教師として管理した第21回優勝馬トウショウボーイも!!

Img_20160203_203844

嬉しさのあまり帰りの電車の中で写真を撮って母に報告してしまったくらいでした。
ナッキーモールを歩いた時に感じたワクワク、このトランプを見るたびに思い出しそうですheart04
Nさーーーん、ありがとうございます!!!

ではではみなさま、今週もワクワクの競馬ライフをclover

----------------------------*

carouselpony個人BlogやTwitterもつれづれなるままに運営ちゅうです。

Twitter … @sakkomaru
Instagram … photogreenforest
個人Blog … Evening proimrose

2016年02月02日

東京開催スタート!と川崎記念(JpnI)

雪の影響が心配された先週末でしたが、土日の競馬も無事に開催。

今年最初の東京開催、土曜日の2R・3歳新馬戦では、タケノハーモニーの産駒ニガオエ(美浦 小桧山悟厩舎 父アドマイヤオーラ)がデビューしました。

タケノハーモニーといえば、往年?ファンには懐かしい1992年のエリザベス女王杯を制したタケノベルベットの初仔です。

2013年の夏、静内坂本牧場さんで、タケノハーモニーと当歳時のニガオエの取材をさせていただいていましたshine

その時の写真がこちらcamera

_mg_0346

このおちびちゃんが競走馬としてデビューしたんですねぇhappy01 

生まれてから離乳するまではタケノハーモニーお母さんにべったりの甘えん坊さんだったとのこと。
離乳してからは、大井所属のビジュレーヌ(父タイムパラドックス 母ベルモントナウシカ)と一緒に仲良く遊んでいたそうです。

ビジュレーヌの当歳時の写真はこちらshine_mg_0366

競馬場には生まれた時からニガオエを見守り続けている皆さんの姿も。

そんな皆さんのあたたかい思いを受けての晴れのデビュー戦。

せっかくなら、そんな皆さんが大切に撮ったものを・・・と思い、
愛情いっぱいの写真をお借りしました。

撮影:岡本義徳さんN2

撮影:原田祐一さん
N 

岡本さん、原田さん、ありがとうございましたshine

静内坂本牧場さんといえば、2002年の日刊スポーツ賞中山金杯(G3)を制し、
その後金沢で活躍したビッグゴールド(父ブライアンズタイム)が引退後の時間を過ごしていることでも知られています。

ビッグゴールドサポータズクラブのHPはこちら

1月からはサカモトホースファミリーが、サポートホースの会としてスタートしたそうhappy01

まずは31歳のアンバーネックレスから、
続いては繁殖を引退したタケノハーモニーへ続いて行く予定だそうです。

アンバーさん、とっても品のいいおばあちゃまですよーheart04

_mg_0344

それぞれの立場で馬たちのためにできることをしていくのも競馬shineclover

こういった馬との時間の紡ぎ方もあるということを、
より多くの皆さんに知っていただければ嬉しいですhappy01

shine

さて、1月27日に行われた第65回 川崎記念(JpnI)を制したのはホッコータルマエ(JRA 西浦勝一厩舎)shine

このレース3連覇、史上初のGI 10勝という偉業を達成しましたshineshineshine

「丈夫な馬で、全てにおいて高いレベルを持っている馬」と幸騎手。

普段はしないというウイニングランですが、
この日は「テンションが上がったhappy01」そうで
さわやかな笑顔とタルマエを気遣うようなソフトな走りで、
スタンド前を駆け、ファンにその勇姿を披露しました。

_mg_2942(ウイニングラン)

ダート王者の座を不動のものとしたホッコータルマエですが
パドックではかわいい表情を見せるシーンも。

そんな親しみやすさも人気のヒミツなのかも知れませんねhappy01

_mg_2814

厩務員さんのネクタイとメンコは“お揃い”ですshine

今後はドバイでのリベンジを目指していきたいと西浦調教師。

ダート王の走りが楽しみですshine

_mg_2963

_mg_2977

shine

そして、そんな川崎競馬場で、あのお馬さんが川崎記念当日に誘導馬デビューshine

2012年、森泰斗騎手を背に京浜盃(SII)を制したパンタレイ(父フィガロ 現役時:川崎・林隆之厩舎)ですhappy01

_mg_2835

京浜盃(SII)

_mg_8516

Abba16fd0bcb3ccae98970c0807d11c1

パンタレイが誘導馬になったことは、お仕事仲間さんに教えていただいて知ったのですが、
競馬場ゆかりの元競走馬がこうして戻って来て、次の競馬を繋ぐお仕事をしている姿は
見ていて嬉しくなりますね。

誘導馬として初仕事を終えた洗い場にてheart04shine

Fullsizerender 

さて、「光の春」2月になって少しずつ春の到来が近付いてきました。

明日は浦和、ユングフラウ賞(SII)。

花咲く春へ向けての駆ける3歳の乙女たちの走りにエールを送りましょうshinecherryblossom

2016年02月01日

キングリー、ごめんね。

昨夜のうちにカレンダーをめくって、あー2月だ、もう2月だ!挙句の果てに「来月は3月だ!」と、口を割ってかかりまくっていた。そのためか、ゆうべは出て来てはいけないひとが夢に出てきて、今朝は変な気持ちでいる。こんなに晴れているのにーー。

1月30日。オレハマッテルゼエガオヲミセテの母カーリーエンジェルを引き取ったHさんと一緒に、ホーストラスト北海道に行ってきた。

冬期間は雪道の峠越えがあるため、なかなか行けずにいたが、この牧場にカーリーを預けているHさんのお誘いが嬉しく、肉付きのいい、でかくて重た~い腰がひょいとあがった。

トラストオーナーをしているアドマイヤチャンプに会いたいのはもちろん、昨年の11月に千葉県からやってきたヤマニンキングリー(父アグネスデジタル)が気になってしかたがない。私はキングリーに会って、ひとこと謝りたいなと思っていた。

2009年札幌記念の日。まだ古い建物の札幌競馬場は、異様な熱気に包まれていた。

―――ここを勝って、華々しく凱旋門賞に行くブエナビスタがみたい。

我々札幌市民を含めた競馬ファンは、この地からブエナをフランスに送り出すのだ!という誇りに満ちた思いで駆けつけていたに違いなかった。

ところが、そのブエナ。いつものように後方から追い込みを開始するも、彼女にとって札幌競馬場の最後の直線は短すぎた。早めに抜け出していたヤマニンキングリーをとらえることができず、クビ差の2着。頭をかかえ絶望した私は、競馬に両足を突っ込んでから初めて「野次」というものを飛ばしてしまった。「しばやまー!このヤロー!」…。

大好きだったブエナを負かした馬は忘れられないが、特に、凱旋門賞行きがかかった時のキングリーと、そんなんで降着にするんじゃないよ!と思った2010年のジャパンカップ、ローズキングダムは強くインプットされている。競馬というものを、まるでわかっていない頃の話なのでお許しいただきたい。

そのヤマニンキングリーが、ひどくやせ細ってホーストラスト北海道にたどり着いたという知らせが届いた。

現役時代のキングリーは、闘いの場を慣れ親しんだ芝から砂に移し、2011年にはユタカを乗せて阪神シリウスステークスを優勝。2013年に中京の芝に戻ったのを最後に、2014年からは川崎競馬に移籍。名古屋のレース中にケガをして引退。乗馬になっていたという。

けれどそのケガは思いのほか重症だったようで、ひとを乗せるのは無理とみた乗馬クラブは、キングリーの生きる道を余生牧場に託した。

ホーストラスト北海道の酒井代表が「馬運車から降りて来た時は、本当にびっくりしました」と語るくらい、キングリーは痩せていたが、その後手厚いケアをして、ひと月もすると、他の馬たちと変わらないくらい馬体は回復したという。今では、冬毛が伸びたこともあってか、見違えるほどふっくらとして毛艶もよく、明るく輝く瞳の中に、目の前にそびえる岩内岳を写し込んでいた。

「キングリー、ヤジってごめんね」

何か勝手に舞い上がってバカなことばかりいってしまったけれど、キングリーがあの日「とても強かった」から、ブエナは負けただけのことに過ぎない。あの頃は、凱旋門賞がとてつもなく特別なものに感じていたけれど、今はそうでもなくなった。

国内で、みんなの前でレースをしてくれることが一番素敵なことだと思えるようになったからだ。

なにはともあれ、よくぞここに来てくれたと、キングリーにニンジンを食べさせ、その後は顔やら首やらをしつこいくらいに撫でくりまわし、ええこやな~とお腹のあたりを触った途端、

「そこはアカン!」…。思いっ切り睨まれました。面倒くさい男だな。

酒井代表は「どっちかというとウルサイ馬みたいですよ。腹のあたりは嫌がりますね」

キングリーはまず、放牧地のボスであるエイシンキャメロンの洗礼を受けた方がいいんじゃない?というと、酒井代表とスタッフの土舘さんは「2頭で蹴りあいになるかもしれません」といいながらも爆笑。やっぱり男って面倒くさいな。ははは。

馬体も回復し、元気いっぱいになったキングリーは、少しずつ他の馬と一緒に放牧できるように慣れさせて行くそうで、キャメロンとの意地の張り合いも含めて、楽しみがまたひとつ増えることになった。案外、いい友だちになってたりして。

2016130

ホーストラスト北海道の公式HPはコチラ→http://www.horse-trust.jp/hokkaido.html

注目のコンテンツ!

  • ニコニコチャンネル
  • JBIS-Searchフォトギャラリー
  •  名馬フォトギャラリー

携帯電話からも
ご覧になれます!