2016年03月14日

女の子は伏兵に注目。

昨日の阪神競馬場。桜花賞トライアルのG2フィリーズレビュー(芝1400m)は、先頭を走るキャンディバローズ(父ディープインパクト)をソルヴェイグ(父ダイワメジャー)がぴったりとマークする形で直線に入り、馬群の中ほどにいた1番人気のアットザシーサイド(父キングカメハメハ)の強襲をまともに受ける前に、ソルヴェイグが先に抜け出して優勝!

積極的に前目で馬を走らせる川田騎手と、馬の脚を余しがちな福永騎手(スミマセン)、ハナを主張しても最後にあっさりかわされるユタカという「なぜだかいつもこんな感じがする」レースだった。

3着までが桜花賞の切符を掴んだので、今後のためにもここで整理してみよう~。

まずは、ジュベナイル優勝の最優秀2歳牝馬メジャーエンブレム。ここはテッパンでしょう。

チューリップ組からは、シンハライト、ジュエラー、ラベンダーヴァレイ、そして昨日のフィリーズからソルヴェイグ、アットザシーサイド、キャンディバローズ。

あとは…。フランボヌールは前走どうしちゃったのかなぁ。

すでに何馬身か突き離した位置にメジャーエンブレムがいる気がするけれど、ここにきて、アットザシーサイドが存在感をあらわしてきた。2着とはいえ、いい~脚だった。

だいたいね、フィリーズレビューが桜花賞トライアルなのに1400mという微妙な感じなので困りますねー。何とかならないのでしょうか!

困ったといえば、中山牝馬ステークスG3(芝1800m)。

お久しぶりでも1番人気ルージュバック(父マンハッタンカフェ)が落鉄とは。最後の伸びがなかったのは、このせいもあるでしょうね。写真でみたら、釘1本でつながってるような激しい外れ方。大きなケガにつながらなくてよかったです。

さぁて、困ったことついでにいうと、私の馬券も当たらな過ぎて、迂闊に馬の名前を前もって言えなくなっていますよ。このままいくと、

「あんたがいうと来ないからやめてくれ」みたいな、昔いた女性タレントのような事態にもなりかねない。

ほんとここらでどうにかしたいのに、実は世にも恐ろしい「4着病」に悩まされている。

昨日のフィリーズレビューも、目をつけたのはダイアナヘイローだった!

そんなことに陥ってしまう原因ははっきりしている。

私は最近、パドックをちゃんと見ていない!忙しさにかまけて、朝のうちにメインの馬券を買っていたり、あれだけイタイメにあっているスポ紙を眺めてはデータを集めて当たった気になってしまっている。競馬を始めた頃のパドックで「あのお馬さん、いい顔してた!」みたいな初々しさのカケラもなくなってしまった。ダメだなぁ。

次回からは、パドックがみられない時は馬券を買わないくらいのこだわりを持ってみようと思う!

さて、中央競馬は一休みだけど、今年の地方競馬は熱い!明日の15日は高知競馬場で藤田七菜子騎手が騎乗します。

先日の川崎競馬同様、高知もどえらいことになるのでは?七菜子騎手の初勝利を熱望するファンで埋め尽くされるでしょうね!ここでも「伏兵キター!」ってなことになるよう、お祈り申し上げます!

コメントを投稿する

絵文字を挿入

コメントは管理者が公開を承認するまで反映されませんのでご了承ください。

競馬女子部 コメント投稿規約

  • (1)コメント投稿は、ご利用者ご自身の責任において行われるものとします。ご利用者がコメント投稿した情報は、ご利用者自らがその内容について責任を負うものとします。
  • (2)公益社団法人日本軽種馬協会(以下「本協会」)はご利用者に対し、コメントの掲載内容(他のご利用者が提供する情報を含みます)についていかなる保証も負わないものとします。そのため、掲載コメントによりご利用者が被害を被ったとしても、本協会はご利用者に対して賠償する義務を一切持ちません。
  • (3)コメント投稿は、本協会が選別した上で本ブログに掲載されるものとし、必ずしも投稿のすべてが掲載されるわけではなく、また掲載されるまでにはお時間をいただきます。投稿内容の一部を本協会が編集・追記・削除した上で掲載される場合があります。
  • (4)コメント投稿が実際に掲載された場合でも、ご利用者に対する本協会からの謝礼等はございませんので予めご了承ください。

以上

上坂由香

出身地
北海道札幌市
職種
エッセイスト

詳細を見る

注目のコンテンツ!

  • ニコニコチャンネル
  • JBIS-Searchフォトギャラリー
  •  名馬フォトギャラリー

携帯電話からも
ご覧になれます!