2016年04月04日

ひいき馬のワンツー。

「こーゆーのが見たかった!」

そう叫んだ競馬ファンは、ざっとみつもって1億人くらいはいたんじゃないかと思う昨日の産経大阪杯(G2阪神芝2000m)!菊花賞馬、皐月賞馬、秋天馬、JC馬、オークス馬と、G1馬が勢ぞろいして大盛り上がりでしたねー。阪神競馬場にお越しのお客さまは、お値段以上の素敵競馬をご覧になったことでしょうなー。

優勝したのは、2番人気のアンビシャス(父ディープインパクト)、2着にハナに立ってレースを作ったキタサンブラック(父ブラックタイド)、3着には中団から追い込んできたショウナンパンドラ(父ディープインパクト)が入った。

ひとによって、いろんな見方があると思うけど、レース自体はそれほど複雑なことはなく、いたってシンプルな決着だったと思う。

スタートのいいユタカがキタサンブラックに乗るということは、当然ハナを切るだろうし、気性の怪しいアンビシャスが、突然よい子の競馬をするわけがないので、おそらくかかる。馬なりでおなじみの優しい典さんは、そのまま行かせてあげる気がしていたが、本当にそうなってしまった。

演歌を歌う気満々だった(?)ユタカと、満を持して乗りたい馬に跨った時の典さんは何かある。

この2頭の騎手乗りかわりが、今年の大阪杯の総括である!といってもいいでしょう。

そんな中でも、私が一番怖い存在と踏んでいたのは、香港帰りのヌーヴォレコルト(父ハーツクライ)!彼女の競馬は、自分が前にいようと後ろにいようと、着実に前をとらえる自在性がある。

土曜の夜までは、2000mのスペシャリスト・ヌーヴォ女史を軸にしてもいいのかなぁーくらい思っていたが、道産子サブちゃんの顔がちらついて、ブラック軸に変更!我が家にしてはちょっといい夕飯のおかずが買えるくらいの3連複フォメが的中した。

まぁ、なんたって、好きな馬2頭がワンツーを決めてくれるこの嬉しさったらない。なんなら私がまつりを歌いましょうか?なんて言いたくなる。今年の新年度は最高のスタートになった。

競馬中継の時間、私は乗馬クラブにいて、シンガポールで活躍中の藤井勘一郎騎手夫人サオリ先生(当クラブのインストラクターです)と、イスラボニータ(父フジキセキ)ファンのTさんと観戦。

ひとりでお茶の間競馬もいいけれど、みんなでみるとやっぱり楽しい。だいのおとなが遠慮なく、大声を出してもいい時間であり、切ったハッタの感情をまき散らしても、誰もとがめる者はいない。ちょっとうるさいだけである。

「あの顔がたまらなく好き」。そう語るTさんのボニタは5着だったが、道中フワフワするところがタマニキズ。今後はそんなヒマもない1600mあたりで、ドカンとひとつお願いしますね。

さてさて、お次はいよいよ桜花賞!

メジャーエンブレム(父ダイワメジャー)のおでましです!

井崎先生が、予想で彼女の名前をあげないようにと祈る上坂でした(小声)。

--------------------

JBBAよりお知らせです。

4月26日(火)JRAブリーズアップセールライブ中継、

4月24日(日)香港・クイーンエリザベス2世カップ現地取材レポートを配信します。

今月もよろしくお願いします。

コメントを投稿する

絵文字を挿入

コメントは管理者が公開を承認するまで反映されませんのでご了承ください。

競馬女子部 コメント投稿規約

  • (1)コメント投稿は、ご利用者ご自身の責任において行われるものとします。ご利用者がコメント投稿した情報は、ご利用者自らがその内容について責任を負うものとします。
  • (2)公益社団法人日本軽種馬協会(以下「本協会」)はご利用者に対し、コメントの掲載内容(他のご利用者が提供する情報を含みます)についていかなる保証も負わないものとします。そのため、掲載コメントによりご利用者が被害を被ったとしても、本協会はご利用者に対して賠償する義務を一切持ちません。
  • (3)コメント投稿は、本協会が選別した上で本ブログに掲載されるものとし、必ずしも投稿のすべてが掲載されるわけではなく、また掲載されるまでにはお時間をいただきます。投稿内容の一部を本協会が編集・追記・削除した上で掲載される場合があります。
  • (4)コメント投稿が実際に掲載された場合でも、ご利用者に対する本協会からの謝礼等はございませんので予めご了承ください。

以上

上坂由香

出身地
北海道札幌市
職種
エッセイスト

詳細を見る

最新の記事

記事一覧

注目のコンテンツ!

  • ニコニコチャンネル
  • JBIS-Searchフォトギャラリー
  •  名馬フォトギャラリー

携帯電話からも
ご覧になれます!