2016年05月10日

旅先で貴重な厩舎見学と、GWの競馬場風景

先日、沼津御用邸記念公園へ行ってきました shinervcar

沼津の御用邸は、明治26(1893)年に大正天皇(当時は皇太子)のご静養のために造営された施設とのことで、
いわゆるリゾート施設のようなイメージだそう。

古い建築物好きとしては、
木造の窓や当時の電燈、鍵のデザインなど、時間を忘れて思わず見入ってしまいましたheart04happy01

質素な中にも背筋が伸びるような品格があって、ひとつひとつの造りがとても丁寧で美しいんですshine

_mg_6268 

施設内撮影可ということで、いろいろ撮ってきたのですが、
ここはいわゆるキッチン、台所flair 

_mg_6278

ドラマにもなった『天皇の料理番』を思い出しましたhappy01

 

敷地内には陛下の御用馬車や乗馬用の馬たちが暮らしていた木造厩舎も。

_mg_6296 

_mg_6298

_mg_6299
ここで暮らしていた馬たちの子孫がどこかにいるかもしれませんね。

_mg_6301

この厩舎は、各地にある皇族関連馬房の中で、唯一現存する明治期の貴重な建物だそうですshine 

馬が今よりずっと人の暮らしのそばにあった時代の空気を感じることができましたconfidentcloverhorse

 

旅先でリフレッシュした後は、お仕事もがんばっちゃうshine

5月4日の3歳重賞 東京湾カップ(SIII)を制したのは、
紅一点で出走したディーズプリモ(馬主:秋谷壽之様 川崎 内田勝義厩舎)でしたshine

見事な逃げ切り勝ち!

「女の仔一頭だけの出走で勝つことができてすごく嬉しいですね。
作戦とは違って、レースの流れを見ていきました。
初めての競馬場で物見をしていましたが、それが返って折り合いに繋がりましたね。
最後まで頑張ってくれと思って乗っていました。
1700の距離をこなして、次に繋がるいいレースになりました」(山崎誠士騎手)

_mg_9310
笑顔がまぶしいshine

 

かしわ記念(JpnI)はコパノリッキー(馬主:小林祥晃様 JRA村山明厩舎)が武豊騎手を背に優勝sign03

「スタートが遅れましたが、上手く2番手を取ることができました。
馬も落ち着いて走っていましたね。
最終コーナーで手ごたえがあったので、押し切れるかなと思っていました。
ここ3走、彼らしい走りができていなかったので勝てて嬉しいですね」(武豊騎手)

_mg_9843

_mg_9896

今日の締めくくりは、緑がモリモリの東京競馬場。

多摩丘陵の緑も鮮やかcloversign03でしたhappy01

_mg_7722

コメントを投稿する

絵文字を挿入

コメントは管理者が公開を承認するまで反映されませんのでご了承ください。

競馬女子部 コメント投稿規約

  • (1)コメント投稿は、ご利用者ご自身の責任において行われるものとします。ご利用者がコメント投稿した情報は、ご利用者自らがその内容について責任を負うものとします。
  • (2)公益社団法人日本軽種馬協会(以下「本協会」)はご利用者に対し、コメントの掲載内容(他のご利用者が提供する情報を含みます)についていかなる保証も負わないものとします。そのため、掲載コメントによりご利用者が被害を被ったとしても、本協会はご利用者に対して賠償する義務を一切持ちません。
  • (3)コメント投稿は、本協会が選別した上で本ブログに掲載されるものとし、必ずしも投稿のすべてが掲載されるわけではなく、また掲載されるまでにはお時間をいただきます。投稿内容の一部を本協会が編集・追記・削除した上で掲載される場合があります。
  • (4)コメント投稿が実際に掲載された場合でも、ご利用者に対する本協会からの謝礼等はございませんので予めご了承ください。

以上

阿部典子

職種
ライター&フォトグラファー

詳細を見る

注目のコンテンツ!

  • ニコニコチャンネル
  • JBIS-Searchフォトギャラリー
  •  名馬フォトギャラリー

携帯電話からも
ご覧になれます!