2016年07月18日

世界が「近い」馬主さんたち。

北海道の夏らしく、からりと気持ちのいい7月の風の中。ノーザンホースパークで行われた、国内最大の競走馬セリ市『セレクトセール』へ行ってきた。

事前にセレクトセールに行くと宣言すれば、友人から「いい馬買ってこい」とベタなジョークが返って来て面倒くさいが、もう何も書けません…と言いながら襟裳岬からダイブしたり、あとの借金は任せた…と一筆したためて軒先で首を吊っても、私の生命保険内では到底買えない馬たちがズラリ!夢の中で、こども銀行のお札を24時間体制で手書きしても間に合いませんなぁーと昇天しながら、会場の動向を見守っていた。

すでに関係各位の報道で、どえらい数字が叩きだされているが、2日間の合計落札額は、史上最高の161億3746万円(税込)!!!昨年の141億2738万円を大幅に上回る、素晴らしい売り上げになった。消費税だけみても、ものすごい金額が我が国全体を潤す結果に。低層で生きる庶民を代表してここに御礼申し上げます。

1歳馬の最高価格は、オーサムフェザーの2015(牡・鹿毛)で2億8000万円(税抜。以下同)。もちろんディープインパクト産駒。KTレーシングさんでみごとなビットだった。

当馬は、こちらもディープインパクト産駒のイルーシヴウェーヴの2016(牡・鹿毛)で、2億8000万円で落札。母はフランス1000ギニーなど5勝しているそうで、日本ダービー制覇まであと1完歩か!の里見オーナーが競り落とした。

Wave4 イルーシヴウェーヴの2016

今年のセールの目玉はなんといっても当歳。これが初年度産駒になる世界を制したジャスタウェイ(父ハーツクライ)の子どもたちに注目が集まっていた。

そのジャスタウェイが親孝行息子という大和屋暁オーナーは、初孫(?)になるレイズアンドコールの2016を4,700万円で、アドマイヤの冠名でおなじみの近藤利一オーナーも、ジャスタウェイ産駒を生み落した愛馬アドマイヤテレサ(豪州コーフィールドカップを優勝したアドマイヤラクティの母)の当歳を1億4000万円で落札。それぞれの馬主さんたちに縁の深い「生まれいずる理由」も含め、キミこそ我がファミリーである!といった仔馬に、大いなる愛と夢を託した形になった。

アツアツに熱せられた大金が、火の玉のように右から左へ行ったり来たりするセリの中で、人情味あふれる背景を感じると、こうみえても母のハシクレ、1頭しか産駒を残せなかった私でさえ、胸がきゅんとして感動してしまった。

「どこ仔もみんな、ええこに見える」私が特に注目していたのは、まず、ホエールキャプチャの2016。父はオルフェーヴルという、もはや説明のいらないこの同級生夫婦の愛の結晶ちゃん。

Capture2 ホエールキャプチャの2016

馬体は芦毛だというが、まだふくらみきれてない蕾のような淡い栗毛だった。芦毛のオルフェって…。何かの間違いでゴルシ風味にならないように、渾身の念力を送っておいた。

私自身もそうだったが、初めて生む子が男の子の場合、とにかく「でかした!」と大げさにもてはやされ、一族総出で大宴会になることもしばしば。キャプチャもきっと産褥の頃は、よかったよかったと、何度もお祝いされたことだろう。そのかわいい仔馬は、誰よりも熱い闘志をみなぎらせた岡田総帥が落札。1億7000万円という情熱価格に、母キャプチャも心の中で、ガッツポーズをしたでしょうなぁ~。

そしてもう一頭。ステイゴールド最後の一粒種、エレインの2016。

Elaine3 エレインの2016

随分と前に「ステイは死なない馬だと思っていた」と書いたことがあるが、そのステイの命の灯が消える直前に宿った大切な仔馬も、レインボーライン(父ステイゴールド)の三田昌宏オーナーが1,400万円で落札。陽に照らされ、ポカポカとあたたかい大地で眠るステイが、むくりと起き上がるようなビットの音がした。いかにもヤンチャな顔つきが、ステイの忘れ形見感を、最大限にかもしだしているようだった。

今回、写真撮影をお願いした長谷川さゆり氏イチオシのマルペンサの2016(父ディープインパクト)の可愛らしさったらない!お値段以上のめんこちゃんである。無事に里見さんチの仔になりました。

Malpensa1 マルペンサの2016

マンデラの2016(父ディープインパクト)は、大塚亮一オーナーがみごとに落札。まだあどけない眼差しは、その先にある「世界」が見えているかのようにキラキラと輝いていた。

Mandela3 マンデラの2016

セレクトセールは馬のセリなので、当然馬が主役でもありながら、会場内は馬主さんを中心に、騎手や調教師、牧場関係者、血統アドバイザー、報道関係各位が集結して、競馬界の一大社交場となってとても華やか。あちらこちらで、世界を見据えた馬談義が聞こえてきた。会場に飾ってあるマセラッティ(2,600万円)が軽自動車に見えてしまうくらいのスケールといったらわかってもらえるだろうか?

さらに、年々増えている外国からお越しの馬主さんが目立つ。スマホ片手に何やら連絡を取りながら、さりげなく手をあげてセリに挑む姿を隣で見ていた私は、その白い小指に、赤いおリボンでも結びましょうか?と、無言のチャチャを入れながら、白熱する日米ガチンコ対決を静観していた。今の時点でこうならば、いつか日本も外国からの輸入ではなく、馬を輸出するのが普通になる時代が来るのかも…。

私のようなものは、いつまでたっても世界が遠く、背伸びをしたって海しか見えないけれど、馬主さん方は、ドアを開ければすぐそこに世界があるんだなぁ、日本競馬ってあらためてすごいなぁと度胆を抜かれることばかり。いろんな意味で破格のセレクトセールでした!

掲載写真・撮影・提供:長谷川さゆり氏

コメントを投稿する

絵文字を挿入

コメントは管理者が公開を承認するまで反映されませんのでご了承ください。

競馬女子部 コメント投稿規約

  • (1)コメント投稿は、ご利用者ご自身の責任において行われるものとします。ご利用者がコメント投稿した情報は、ご利用者自らがその内容について責任を負うものとします。
  • (2)公益社団法人日本軽種馬協会(以下「本協会」)はご利用者に対し、コメントの掲載内容(他のご利用者が提供する情報を含みます)についていかなる保証も負わないものとします。そのため、掲載コメントによりご利用者が被害を被ったとしても、本協会はご利用者に対して賠償する義務を一切持ちません。
  • (3)コメント投稿は、本協会が選別した上で本ブログに掲載されるものとし、必ずしも投稿のすべてが掲載されるわけではなく、また掲載されるまでにはお時間をいただきます。投稿内容の一部を本協会が編集・追記・削除した上で掲載される場合があります。
  • (4)コメント投稿が実際に掲載された場合でも、ご利用者に対する本協会からの謝礼等はございませんので予めご了承ください。

以上

上坂由香

出身地
北海道札幌市
職種
エッセイスト

詳細を見る

最新の記事

記事一覧

注目のコンテンツ!

  • ニコニコチャンネル
  • JBIS-Searchフォトギャラリー
  •  名馬フォトギャラリー

携帯電話からも
ご覧になれます!