2017年04月11日

春はキラキラ!

景色がキラキラしてるshine

桜も咲いてそんなことを実感できる季節になりましたshine
小鳥たちのさえずりもゴキゲンモードchick
庭では昨年秋にせっせと植えた球根が花を咲かせ、
庭の狩人・カマキリのタマゴも孵化目前notes

もう少ししたら、草花のしゅっと伸びた先に、
夕方から翌朝までアゲハ蝶が「お泊り」するので、
雨戸やら窓やらを開閉する時は、
そおっと、そおっと・・・を心がけなくてはconfidentshine 

そんなわけで
庭仕事、ほどほどな東京の田舎暮らしもどっぷり満喫したい季節ではありますが、


この時期は入厩したての2歳馬たちや、
クラシック戦線を目指す3歳馬たちの存在で賑やかになる
厩舎・競馬場での取材も楽しさが増してきますhappy01

懐かしい写真を発掘camera

ちょうど3年前。

2014年4月、厩舎に入って来た頃のストゥディウム(矢野義幸厩舎 父ルースリンド)。

P4220304

当時2歳、洗い場での表情がほんとにかわいらしかったshine

キラキラした未来がたくさん抱え込まれたようなシーンだったと、
今でもこの写真はとても好きな1枚です。

ストゥディウムはこの年の秋、
2歳重賞平和賞(SIII)とハイセイコー記念(SII)を制し、
翌年、3歳クラシック・羽田盃(SI)の覇者にshine

 

こちらは2011年4月のクラーベセクレタ(川島正行厩舎 父ワイルドラッシュshine

震災の影響で桜花賞(SI)が中止となり、牡馬路線へチャレンジが決まった頃。

P4192228 

ふとした表情がまだ幼い雰囲気でしたが、
この後、京浜盃(SII)、羽田盃(SI)、東京ダービー(SI)を制覇。

ダートグレード競走を含めて、数々の南関重賞を制したのも記憶に新しいですねnotes

 

川島正行厩舎といえば、八重桜がとってもきれいでした。

以前撮ったものですが、こんな感じ。

P4192101

P4192246 

この木のそばの馬道を馬たちが歩く風景、
桜が咲く季節は格別cherryblossomshine 

この八重桜は、今もこの地で川島正一厩舎の馬たちを見守っています。

 

近所の公園の桜も開花notes

4l6a7150

都心よりも数日遅い開花です。 

ナズナも咲いてるhappy01

4l6a7208

もう少ししたら、日高地方では透明な青が美しいエゾエンゴサクが咲くのでしょうね。
初めてあの花を見た時は感動しましたshine

北海道の牧場に咲いていたゴサクさんnote99101378 

今回の締めくくりは、この写真。

2012年夏、1歳時のロサギガンティア(JRA 藤沢和雄厩舎)。
今では546キロ(前走 阪急杯の馬体重)の雄大な馬体の持ち主ですが、
こんなにあどけなくてカワイイ時期もあったんだなぁ・・・heart04

あ、この頃はまだおでこがもりもりに割れてないですね(笑)

P8121077

次走は東京競馬場、5月13日(土)の京王杯スプリングカップ(G2)を予定しているそうですshine

コメントを投稿する

絵文字を挿入

コメントは管理者が公開を承認するまで反映されませんのでご了承ください。

競馬女子部 コメント投稿規約

  • (1)コメント投稿は、ご利用者ご自身の責任において行われるものとします。ご利用者がコメント投稿した情報は、ご利用者自らがその内容について責任を負うものとします。
  • (2)公益社団法人日本軽種馬協会(以下「本協会」)はご利用者に対し、コメントの掲載内容(他のご利用者が提供する情報を含みます)についていかなる保証も負わないものとします。そのため、掲載コメントによりご利用者が被害を被ったとしても、本協会はご利用者に対して賠償する義務を一切持ちません。
  • (3)コメント投稿は、本協会が選別した上で本ブログに掲載されるものとし、必ずしも投稿のすべてが掲載されるわけではなく、また掲載されるまでにはお時間をいただきます。投稿内容の一部を本協会が編集・追記・削除した上で掲載される場合があります。
  • (4)コメント投稿が実際に掲載された場合でも、ご利用者に対する本協会からの謝礼等はございませんので予めご了承ください。

以上

阿部典子

職種
ライター&フォトグラファー

詳細を見る

最新の記事

記事一覧

注目のコンテンツ!

  • ニコニコチャンネル
  • JBIS-Searchフォトギャラリー
  •  名馬フォトギャラリー

携帯電話からも
ご覧になれます!