2017年04月18日

ホワイトフーガ(JRA高木登厩舎) 母が駆けた地で母の名前入りのレースを制覇。

今回は4月12日に行われた第21回マリーンカップ(JpnIII)を制した
ホワイトフーガ(JRA高木登厩舎 馬主:西森鶴様 生産:梅田牧場)の写真特集ですshine 

ホワイトフーガといえば、周囲の皆さんとのほのぼの優しいシーンも印象的flair 

今回は、ファンエリアから見えない場所でのショットを中心に、
たっぷりとホワイトフーガのHAPPYシーンをお伝えしていきますねhappy01

まずはパドック、蛯名正義騎手が騎乗した時のシーン。

4l6a7884

初めての船橋競馬場でも、落ち着いたこの表情。

きっと信頼できる皆さんが一緒だったからなのでしょうね。

高木調教師が鼻先を撫でていましたよ。

4l6a7900_2

58キロのトップハンデをもろともせず、余裕の勝利shine

4l6a7954

4l6a7982

涼しい表情で戻ってきました。

ここからがさらにカワイイんですheart04

4l6a8046

4l6a8068

口取り撮影終了後、つぶらな瞳で菅野厩務員に寄り添っていました。

4l6a8076

そして、馬場を出るときには

鼻先きゅんheart01のこの表情shine

4l6a8088_2

ホワイトフーガの母マリーンウィナーは、
船橋・川島正行厩舎に所属していました。

デビュー2戦目の船橋競馬場で初勝利。
母も駆けた地で、娘が大きなタイトルを手にしたのですね。
母の名も入っているレースでの優勝shine

ほんとに競馬ってドラマチックheart04

ホワイトフーガ関係者の皆様、優勝おめでとうございましたshine

コメントを投稿する

絵文字を挿入

コメントは管理者が公開を承認するまで反映されませんのでご了承ください。

競馬女子部 コメント投稿規約

  • (1)コメント投稿は、ご利用者ご自身の責任において行われるものとします。ご利用者がコメント投稿した情報は、ご利用者自らがその内容について責任を負うものとします。
  • (2)公益社団法人日本軽種馬協会(以下「本協会」)はご利用者に対し、コメントの掲載内容(他のご利用者が提供する情報を含みます)についていかなる保証も負わないものとします。そのため、掲載コメントによりご利用者が被害を被ったとしても、本協会はご利用者に対して賠償する義務を一切持ちません。
  • (3)コメント投稿は、本協会が選別した上で本ブログに掲載されるものとし、必ずしも投稿のすべてが掲載されるわけではなく、また掲載されるまでにはお時間をいただきます。投稿内容の一部を本協会が編集・追記・削除した上で掲載される場合があります。
  • (4)コメント投稿が実際に掲載された場合でも、ご利用者に対する本協会からの謝礼等はございませんので予めご了承ください。

以上

阿部典子

職種
ライター&フォトグラファー

詳細を見る

最新の記事

記事一覧

注目のコンテンツ!

  • ニコニコチャンネル
  • JBIS-Searchフォトギャラリー
  •  名馬フォトギャラリー

携帯電話からも
ご覧になれます!