2018年03月06日

NARグランプリ2017 的場文男騎手 鈴木祐騎手、エンプレス杯(JpnII)優勝馬アンジュデジール(JRA) 

2月27日、都内のホテルでNARグランプリ2017の授賞式が行われました。 

殊勲騎手賞を受賞した大井の的場文男騎手shine

 

入場するとすぐに「よろしくお願いします」と一言。

大ベテラン・大井の帝王、周囲への心遣いもさすがですshine

4l6a7039

 

「5000勝をした頃は、(佐々木)竹見さんの記録(7151勝)はずっと遠いと思っていました。
目標があるから頑張れます。

今は、もう年だし、勝鞍のペースも前よりスローペースになったけど、
(佐々木竹見さんの記録まで)あと57勝なので、
今年できるか不安もあるけど、目標にして頑張っていきたいですね。

自分ができる限りのことは、周りの方への恩返しのつもりで、
一頭一頭騎乗していきたいと思っています。
一頭一頭全力投球。
期待に応えられる騎乗をしていきたいです。

クラシックでいい馬がまわってきたら、
チャンスを活かさなければと思っています。 

東京ダービーはほとんどあきらめてますね(明るく笑って)
2着9回も記録だからね(笑)」

 

レースから戻って来る時、
鞍上から馬を讃えていることも多い的場騎手。

今年の9月で62歳を迎える大井の帝王は、
やっぱり「帝王」としての存在感抜群で、チャーミングshineshine

これからも魅力あるパワフルな騎乗で、
魅了し続けてくれるのだと思います。

 

こちらは優秀新人騎手賞を受賞した岩手の鈴木祐騎手(岩手)shine

4l6a6971_2

1995年6月生まれの22歳。 

昨年は52勝をあげ、日本プロスポーツ大賞 新人賞も受賞しました。
新人賞らしく、はきはきした元気な声での受け答えも好印象。

「素直に嬉しいです。
1年目はレースの流れについていくのにいっぱいいっぱいでしたが、
2年目は考えて騎乗することができました。
それが勝ち星に繋がったと思います。
2年目は人の騎乗を見て、良いなと思ったことはマネをしました。

日本プロスポーツ大賞では、
こういうスーパースターがいる中にいていいのかなと思っていました。

ヤングジョッキーズシリーズファイナルラウンドでは、
夢だった中央の競馬場で乗ることができて、いい経験になりました。
たくさんのファンの方がいて、緊張もしたけど、頑張ろうと思いました。

今年は去年よりも技術をあげていきたいです。
人にはない、何かを見つけたいと思います」

 

年度代表馬となったヒガシウィルウィンの関係者については、また来週お伝えしますね。

 

こちらは、2月28日に行われたエンプレス杯(JpnII)優勝馬アンジュデジール(JRA昆貢厩舎)。

4l6a7452

横山典弘騎手とのショットもまた改めてお届けしたいと思いますshine

コメントを投稿する

絵文字を挿入

コメントは管理者が公開を承認するまで反映されませんのでご了承ください。

競馬女子部 コメント投稿規約

  • (1)コメント投稿は、ご利用者ご自身の責任において行われるものとします。ご利用者がコメント投稿した情報は、ご利用者自らがその内容について責任を負うものとします。
  • (2)公益社団法人日本軽種馬協会(以下「本協会」)はご利用者に対し、コメントの掲載内容(他のご利用者が提供する情報を含みます)についていかなる保証も負わないものとします。そのため、掲載コメントによりご利用者が被害を被ったとしても、本協会はご利用者に対して賠償する義務を一切持ちません。
  • (3)コメント投稿は、本協会が選別した上で本ブログに掲載されるものとし、必ずしも投稿のすべてが掲載されるわけではなく、また掲載されるまでにはお時間をいただきます。投稿内容の一部を本協会が編集・追記・削除した上で掲載される場合があります。
  • (4)コメント投稿が実際に掲載された場合でも、ご利用者に対する本協会からの謝礼等はございませんので予めご了承ください。

以上

阿部典子

職種
ライター&フォトグラファー

詳細を見る

最新の記事

記事一覧

注目のコンテンツ!

  • ニコニコチャンネル
  • JBIS-Searchフォトギャラリー
  •  名馬フォトギャラリー

携帯電話からも
ご覧になれます!