2018年06月05日

安田記念(GI)の東京競馬場!

安田記念(GI)当日の東京競馬場は初夏の陽気shine

たくさんの皆さんが競馬場での時間を楽しんでいましたnotes

 「ほんもの?」

「ほんものだよね?」

「あれ?ロボット?」

「すごいsign03

という声がたくさん聞こえて来たのはこちらのイベントhappy01

第85回日本ダービーの街頭告知イベントで、
駅などに登場して多くの人をびっくりさせた「馬ロボット」shine 

この日は「安田記念馬ロボ祭」shine

乗って記念撮影できるということで、
ご覧のように順番待ちの長い列ができていましたheart04

_mg_9956  

耳や尻尾など、細かい箇所の動きもほんとにリアルで、感動ものでしたshine

 

さて、「平成」最後の回安田記念(G1)の覇者はモズアスコット(栗東 矢作厩舎)が、
先週の安土城Sからの連闘で制覇。

平成元年の1989年、バンブーメモリー以来となる29年ぶりの連闘での勝利だったそう。 

先週の時点で安田記念に出走するには賞金が少し足りず、
必勝態勢で臨んだ安土城Sでしたが、少し出遅れてしまいクビ差の2着に。

その後、安田記念出走を取りやめた馬がいたために、
順位が繰り上がっての参戦でしたが、
安土城Sで渾身の走りをした後だっただけに、連闘は厳しいのでは・・・・というのが
多くの皆さんの気持ちだったのではと思います。

私もそうでした。

それを表していたのが、
安田記念のゴール直後の場内のざわめき。

大歓声の後、一瞬静まって

ざわざわ・・・と。

しばらく続いたそのざわめきは、
モズアスコットが戻って来る姿に向けての祝福の歓声へと変わりましたshine

モズアスコットは昨年6月、3歳未勝利でデビュー。
初勝利は3戦目で、そこから4連勝shine

デビューから1年で、連闘で、長距離輸送で、すごいですhappy01shine

_mg_0003

 

クリストフ・ルメール騎手

「賢い馬ですね。
連闘でしたが、疲れはありませんでした。

勝てる自信はありました。

残り200mから激しい争いになりましたが、
モズアスコットが一番強かったと思います。
少しテンションが高いところがありますが、段々と大人しくなってくれています。
GIを勝てて嬉しいです」。

_mg_0011

関係者の皆様、おめでとうございました。 

安田記念はBOKUJOBメインフェアの取材の後、ギリギリで間に合いました。

間に合って良かったhappy01

 

BOKUJOBメインフェアについては、レポートの他、
また後日こちらでもお伝えしたいと思います。

_mg_9969edit  

関西方面のBOKUJOBメインフェアは、

阪神競馬場で、6/23,6/24(宝塚記念)の2日間開催されますshine

コメントを投稿する

絵文字を挿入

コメントは管理者が公開を承認するまで反映されませんのでご了承ください。

競馬女子部 コメント投稿規約

  • (1)コメント投稿は、ご利用者ご自身の責任において行われるものとします。ご利用者がコメント投稿した情報は、ご利用者自らがその内容について責任を負うものとします。
  • (2)公益社団法人日本軽種馬協会(以下「本協会」)はご利用者に対し、コメントの掲載内容(他のご利用者が提供する情報を含みます)についていかなる保証も負わないものとします。そのため、掲載コメントによりご利用者が被害を被ったとしても、本協会はご利用者に対して賠償する義務を一切持ちません。
  • (3)コメント投稿は、本協会が選別した上で本ブログに掲載されるものとし、必ずしも投稿のすべてが掲載されるわけではなく、また掲載されるまでにはお時間をいただきます。投稿内容の一部を本協会が編集・追記・削除した上で掲載される場合があります。
  • (4)コメント投稿が実際に掲載された場合でも、ご利用者に対する本協会からの謝礼等はございませんので予めご了承ください。

以上

阿部典子

職種
ライター&フォトグラファー

詳細を見る

最新の記事

記事一覧

注目のコンテンツ!

  • ニコニコチャンネル
  • JBIS-Searchフォトギャラリー
  •  名馬フォトギャラリー

携帯電話からも
ご覧になれます!