2014年12月02日

ストレス社会に生きる

水曜日の一コマhorse

これから追い切りに向かうところです↓

Image

 

 

 

 

 さて、先週の続きですが、馬はなぜ、疝痛になりやすいのでしょうか・・・

 

 

主な理由としてはsign04

・胃が体に対して小さい

・嘔吐ができない

・神経が敏感である

・腸管が非常に長く、また長い腸間膜で吊り下げられ、自由に動くことができるため、変位しやすい。

・太い部分と細い部分があって便秘しやすく、この結果、ガスもたまりやすい。

・寄生虫により血液循環障害を起こす。

などが挙げられるかと思います。

 

 

 

 

Image_4

 

 

 

 

 

  

 spa疝痛の予防方法spa

 

 

疝痛にさせないためには、人間が注意して管理、観察しなくてはなりませんdanger

 

 

 

 

impact予防法

・発酵しやすい飼料(アルファルファ、クローバー等)の与えすぎに注意

・運動に見合った量の飼い葉を与える。休養馬では、濃厚飼料を控える。

・運動不足にならないようにする

・食後すぐ運動しない

・腹を冷やさない

・定期的な駆虫

・さく癖の防止

など。

 

 

 

 

 

 

 

 

 また、競走馬の約90%、乗馬でも60%以上が患っていると言われている胃潰瘍。。。

 

 ストレスの中で生きる彼らには、仕方ないかもしれませんが。。。

 

 

 

 症状   疝痛(突発性、再発性、軽度~重度)、不機嫌、歯ぎしり、競走、競技成績の低下、

       前進気勢の低下、毛艶の悪化など。

 

 

 

 

原因    ストレス(輸送、環境の変化、調教、競走)

       炭水化物の過給、薬物の副作用などによる胃内pHの低下、空腹。など

 

 

 

 

 

対処法   ストレスの軽減(調教の軽減、放牧)、飼料(炭水化物を減らす、給餌回数を増やす)

        制酸薬の投与。

 

 

  

 

 競走馬たちのストレスを100%なくすのは不可能と言えるでしょう・・・

 

 乗馬でも同じだと思いますが、いかに彼らのストレスをなくしてあげられるかを考えるのも、私たちの仕事ですねdash     

    

  

 

 

Image_3 

↑マンカフェ産駒の男の子up左目が白目で私好みheart04

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

Image_2

↑ディープの男の子up ご飯前でちょっと不機嫌でしたbearing

 

 

 デビューが楽しみhappy01

 

IMG_1813.MOVをダウンロード

ボブちゃんのゴロンシーンの動画を貼ってみましたwink

映像が横向き?かもしれませんsweat01ってか、再生できるかな?

馬っていろいろ病気があるんですねそれを知らないとかないと 死亡事故にもいますからね僕は馬がなくなるのが大嫌いですそれは悲しいですから今年は特に多かったですねもうこれからわ安全安心で馬を見たいです。話変わりますけど中京競馬場にくる予定はあるんでしょうか絶対に来てほしいですたぶん暇がないとおもうんですけど いろいろ しゃべりたいです僕の話以上です追伸 風邪ひかないでね インフルエンザはやってるんで

春菜さんこんにちは。疝痛という病気でも、これだけの症状や予防法があるんですね。
日頃から状態を観察していないと本当に分からない事だと思います。
競走馬のストレス解消や元気にレースをしてる姿を見れるのは調教師さんや厩務員さんの
おかげです。もちろん競走馬たちも頑張ってくれてますね!
これからもみんな健康に育ってくれる事願います。

ボブちゃんのゴロンシーン見れずに残念(。>ω<。)先週の画像可愛かったです!!

ベコニヤ賞では、タピットを応援してました!
息子は社長さんと馬主席ですが私はTVで(笑)
実は、当日まで久保田先生のところだと知らなかった
今回は、息子もJCのパドック内にも入ったようで、勉強になったって言ってました。
タピットを見かけたらよろしくお願いします。
社長さんのお気に入り馬みたいです(笑)

ウチもストレス社会の中生きてます(´・ω・`)(笑)

でも、馬はそれ以上かもしれませんね…
人間は、ストレス解消に好きなことをやったり
飲んだりして何とか出来ますけど
馬はそういう訳にはいきませんからね。

みどりのマキバオーみたいに
しゃべれる馬がいれば別ですけど(笑)

春菜さんこんばんは。疝痛は本当に恐ろしい病気なんですね。競馬の馬の九割が胃潰瘍なのは、胸が痛みます。わたしのような馬券を買ったこともない人間が、馬のためになにができるのかとも思います。美しい動物である馬に魅せられて(極限まで鍛えられた競走馬は格別)春菜さんをはじめとするblogを追っていますが、このようなことを忘れないようにしようと思います。deepの仔、お耳が面白いポジションだなと思いました。機嫌が悪いから?寒さが厳しくなってきますが、御自愛くださいね。

シゲさんへ

いつもコメントありがとうございます!
中京へは今のところ行く予定ないですねー、行きたいんですが・・・

モンモンさんへ

冬は特に冷えからくる疝痛が多くなるなるので温度管理も大変ですね、冷えないように、人間の感覚で馬服を着せると、馬にとっては暑すぎて余計な汗をかかせてしまうこともあるんですよ(`・ω・´)ノ

雋さんへ

タピット君いい馬ですよね!私は担当じゃないのでほとんど触ることはないのですが、いつも元気いっぱいぴょんぴょん跳ねてますよ!これからの活躍に期待ですね!!

しょうさんへ

マキバオーみたいな馬がいたら、どこが痛いかとか言ってもらえて助かりますね(笑)けどわがままとか言われてめんどくさいですね(笑)

馬たちにも、ストレス解消できる環境がもっとあればいいんですけどね☆

緑の指さんへ

相当なストレスを抱えながら、健気に走ってくれる馬たちには頭が下がります・・・
彼らのストレスを少しでも減らす事ができたらと思いますね。
deepの子は、ご飯の前だったのでちょっとご機嫌斜めでした(`・ω・´)ノ

コメントを投稿する

絵文字を挿入

コメントは管理者が公開を承認するまで反映されませんのでご了承ください。

競馬女子部 コメント投稿規約

  • (1)コメント投稿は、ご利用者ご自身の責任において行われるものとします。ご利用者がコメント投稿した情報は、ご利用者自らがその内容について責任を負うものとします。
  • (2)公益社団法人日本軽種馬協会(以下「本協会」)はご利用者に対し、コメントの掲載内容(他のご利用者が提供する情報を含みます)についていかなる保証も負わないものとします。そのため、掲載コメントによりご利用者が被害を被ったとしても、本協会はご利用者に対して賠償する義務を一切持ちません。
  • (3)コメント投稿は、本協会が選別した上で本ブログに掲載されるものとし、必ずしも投稿のすべてが掲載されるわけではなく、また掲載されるまでにはお時間をいただきます。投稿内容の一部を本協会が編集・追記・削除した上で掲載される場合があります。
  • (4)コメント投稿が実際に掲載された場合でも、ご利用者に対する本協会からの謝礼等はございませんので予めご了承ください。

以上

伊藤春菜

出身地
群馬県
職種
持ち乗り調教助手

詳細を見る

注目のコンテンツ!

  • ニコニコチャンネル
  • JBIS-Searchフォトギャラリー
  •  名馬フォトギャラリー

携帯電話からも
ご覧になれます!