2023年08月31日

南関東2歳重賞スタート!

 早いもので、2023年の南関東2歳重賞が始まりました。

 8月30日に浦和11Rで行われた新設重賞のルーキーズサマーカップ。

 1番人気アムクラージュが5馬身差Vを飾りました。

 騎乗した山崎誠士騎手は「直線はまだまだ遊んでいました」と言っていて、恐るべし。

 この後は10月11日の鎌倉記念(川崎)を予定しているそうです。

 アムクラージュの浦和・藤原智行厩舎と言えば、女王スピーディキックでもお馴染みです。

 今度は2歳生え抜き牡馬から楽しみな馬が出てきましたね。

 担当の末田厩務員はスピーディキックも手掛けています。

 なお、スピーディキックは9月上旬に帰厩し、10月5日レディスプレリュードを使う予定ということです。藤原厩舎も役者が増え、ますますにぎやかになりますね!

Photo

Photo_2

2023年08月30日

馬場のアルファベットの謎

horseみなさまこんにちは、河合紗希子です。

外に出るのに毎回気合が必要なほど暑いですね…。
私はそんななか、ひたすら乗馬に通っております。

もちろんこんな気温だと馬も暑さにやられてしまうので、クラブではサマータイム制度があり、暑い時間を避けてのレッスンが行われていますよ。

さてさて。
現在はライセンス3級に向けてひたすら経路を練習しています。

審査用の「経路」はこちら。

▶︎公益社団法人全国乗馬倶楽部振興協会のHPより引用させていただきました
https://www.jouba.jrao.ne.jp/wp/information/10554/

Img_8914

馬場馬術は、よく「馬のフィギュアスケート」とも表現されます。

20m×60mの馬場(アリーナ)で行われ、指示通りのルートを、指示通りの馬の歩様で辿っていく。
馬場には各地点に印(マーカー)がふられており、経路はこのマーカーを目印に指示されます。

で、ですね…。

普段お世話になっている乗馬教室は経路というものを全くやらないので、私はこの夏、3級審査を受けるにあたり初めて「マーカー」と「経路」という概念を頭に叩き込むことになったのですが…。

図をご覧ください。
マーカーはご覧のようにアルファベットでふってありますね。
でもこれ

Aから順番にふってあるわけじゃないんですよね…

いやもう、規則性が全く読めななくて初め全然覚えられなくてwobblysweat01
BがAの隣になくて左側面の真ん中にあるし、百歩譲って側面の真ん中に置いても、だとしたらEのところがDになるべきでは…え??というかDそこ??!!みたいな。

経路練習がはじまると、レッスンでも先生から
 dog「じゃあ次はMから速歩しましょう!」
 dog「Aから駈歩〜!」
というようにガシガシとマーカー基準で指示が飛んでくるようになってきまして。

わーこれじゃついていけなくて頭が溶けてしまう!と思って色々調べてみたところ、これ、単にアルファベットを割り振ったという訳ではなく、成り立ちが諸説あるくらい複雑なもののようです。

有力なのは以下の2つ。
❶ローマ帝国に征服された都市の頭文字説
❷ドイツ帝国の宮廷にある厩舎の壁に示されていた馬の所有者を示す文字説。

ちなみに❷については以下の通り。
Ausgang (Exit出口)
Kaiser (Emperor皇帝)
Fürst (Prince王子)
Pferdeknecht (Groom馬丁)
Vasall (Equerry家臣)
Edling/Ehrengast (Chieftain族長/Honoured Guest賓客)
Bannerträger (Standard Bearer旗手)
Schatzkanzler (Chancellor of the Exchequer大蔵大臣)
Ritter (Knight騎士)
Meier (Steward執事)
Hofmarschall (Lord Chancellor大法官)

だたし、中央線のA、D、L、X、I、G、Cについては言及されていないとのこと。

▶︎AtoZINBAのHPより引用させていただきました
https://www.atozinba.com/atoz/

▶︎まったり観戦・予想・回顧さまの記事から引用させていただきました
https://leisurely1.blog.jp/


……だめだ!!!

これはもう理論では覚えられん!!!


というわけで、結局地道に丸暗記をすることにしました。

ちなみに乗馬をやっているウマ友に話したところ
 capricornus「あーそれみんな通る道だよ〜」
とのこと。

…ですよねえ。


私がスイスイとマーカーで経路を理解できる日は来るのでしょうか…。
が、頑張ります!!!

ではではみなさま、今週も素敵な競馬ライフをclover



ひたすらコツコツ練習しています

Img_8907
----------------------------*

horse個人BlogやTwitterもつれづれなるままに運営ちゅうです。

Twitter … @sakkomaru
Instagram … photogreenforest
個人HP … グリーンフォレスト

2023年08月29日

嬉しい勝利!

レース直後、
馬たちが戻って来る場所では
その時にしか見られない、
さまざまな光景が繰り広げられています。

「おつかれさま」

「ありがとう」

の声があちこちから聞こえ、

「道中どうだった?」
と騎乗したジョッキーに感触を聞いたり、
ジョッキーから
馬の様子を伝えていたり。

そんな中、
今回見つけたのは、このシーン。

8月9日
優しい笑顔に迎えられた
マスタープラン (山田信大厩舎)。

4l6a3958

この勝利が嬉しい2勝目。

張田昂騎手も笑顔shine

4l6a3977


マスタープランは、JRAでデビュー。
名古屋を経て南関東へ。
半兄に マーキュリーC、白山大賞典、名古屋グランプリの勝ち馬
マスターフェンサー がいる血統です。

いいお顔happy01

4l6a4020

 

2023年08月28日

慌ただしい日々

新ひだか町から、こんにちは。

現在非常に慌ただしい毎日を過ごしています。
新ひだか町主催「うまカルフェスin新ひだか」という、馬のイベントの準備に携わっています。

チラシとポスターがやっと完成し、現在うまレターをはじめ全国の競馬場などに設置していただいています。

Umacul_flyer_front

チラシのイラストは🛴(キックボード)さんが描いてくれました!
朝から夕方まで、イベントが盛りだくさんなので賑やかな「馬の文化祭」をイメージして作成しました。

Umacul_flyer_back ゲストの方をはじめ馬たちが本当に豪華です🐴✨
このイベントを通して、さまざまな馬文化に触れていただけたら嬉しいです。

詳細はこれから順次ご紹介していきます。

Twitter:一般社団法人umanowa

Instagram:一般社団法人umanowa

Youtube:馬産地ひだかの馬房から

2023年08月25日

サマーセール!の一週間。

Img_4407初日から78%と好調な売却率でスタートしました。

夜の8時を過ぎてしまう程白熱の数日を経過しています。

Img_4417

ペイシャエス君の弟!(父、マクフィ)

オーナーの多大な計らいによって、セール上場となりました。

Img_4419

皆さんのご期待に添える結果にはなりませんでしたが、素晴らしい出会いを頂きました。

当牧場の勘違いで多くの方々からも厳しいお言葉を頂戴しました。折角のオーナーの

ご好意に充分応えられず、恐縮至極です。

種牡馬マクフィ号とはこれまでも“相性”良く、改めて“活躍”を期待しているところです。

Img_4414

翌朝のお天気も又、雲ひとつない晴天にて!

Img_4430

日中の気温が下がるのを待って、夕方からの放牧時間帯に切り替えです。horse

日高地方も一ヶ月以上の“真夏日”が続いていますが愛馬達は暑さにも負けず“逞しい”。horse

Img_4410朝日に映える“蜘蛛の巣”!
蜘蛛も頑張っていますね。eye(暑いのにご苦労様です)run

Img_4420つい!先日の「ブラックベリー」でしたが?

Img_4424

完熟「ブラックベリー」。

すぐ手の届く「庭」に実っていますが、二番牧草の収穫作業に追われて加工もできず!

お手隙の方がいらしたら?収穫して「美味しくいただいて欲しい」ですね。

せっかくの「いのち」🟰「苺のきもち」ですから〜heart03happy01

(甘くてベリーgood)です。

Img_4434

トマトも最高!のfaceで主張しています。

人々は暑い~暑い~と弱音を吐いていますが、太陽sunの恵みは最高です。

馬の堆肥だけを使った「トマト」〜とっても甘い〜循環型社会の実践good

2023年08月24日

お勧めスポット。

 24日の川崎11レースで2歳馬による初陣(ういじん)賞が行われました。準重賞から重賞に格上げされた若武者賞(9月13日、川崎)のトライアル。

 優先出走権を獲得したのが、1着アジアエクスプレス産駒のアジアミッション(内)、2着ゴールドアクター産駒のパンセ(外)でした。

 写真は最後の直線です。

 内馬場の少し高くなっているところから観戦している人たちがたくさんいると思います。ここも観戦スポットで、どなたでも見ることができるんですよ。

 川崎競馬場は、南関東4競馬場で唯一、内馬場からも観戦できます。ナイターの時間帯に、スタンドからの光をバッグに見るレースというのも、なかなかエモい(*^^*)

 いつもとは視界が変わるので、かなり新鮮に映ると思います。

 関東もかなり暑いですが、だんだんに暑さも和らぐと思うので、内馬場の芝生の上でのんびりと観戦するのもお勧めですよ!

Photo

Photo_2

2023年08月23日

乗馬にコミットする夏です

horseみなさまこんにちは、河合紗希子です。

週末、札幌競馬場では夏の大一番、札幌記念が行われました。
優勝はプログノーシス
鞍上、川田将雅騎手。

私は予想を盛大にはずして現実を直視できないまま夏の終わりを迎えそうな現在です。

ウウッ…夏競馬は相性が悪いけれど札幌記念はお祭りだからshineとウキウキしながら予想をしていた自分に伝えたい…。

札幌記念こそ夏競馬だぞ…!

なんだか夏があっという間に過ぎ去っていくような感覚ですが、いやいやこれじゃまだ終われません!!!

札幌、小倉、新潟での開催はあと2週。
夏競馬の傷は夏競馬で癒そうと思います!


horse乗馬にコミットする夏です

さてさて、この7月で乗馬を始めてから丸3年となりました。
夏はいつもお世話になっている場所がお休みなので、別の乗馬クラブにお世話になっています。

いつもお世話になっているところはライセンス取得や競技などの練習はない乗馬教室なのですが、せっかく続いているし…ということで、一昨年の夏はこの期間に乗馬ライセンス4級を取得。

そして、今年は3級を目指すことにしました!

昨夏は演技の修行でアメリカにいたので先延ばしにしていたけれど、やっぱりせっかく続けているならば3級までは挑戦したい。
…というわけで、この夏はみっっちりとお稽古に通っておりますrockshine

乗馬ライセンスは、3級試験からは乗馬というよりも馬術へと移行していき、グッと内容が本格的になっていきます。
具体的には、「経路」という事前に指定されている道順を指定された乗り方でたどる、いわゆる馬場馬術(ドレッサージュ)形式での試験。
さらに、クラブ内のみで合否を判定するのではなく、外部からもジャッジを招いての審査となります。

乗馬歴丸3年とはいうものの、私が普段お世話になっている乗馬教室はそもそも経路をやらないので、私は経路に挑戦すること自体が初めて。
まずは指定の経路を覚えるところからアタフタでしたが、コツコツ練習を重ね、ようやく少しずつサマになってきたかな…というところです。

9月の上旬に受験を決めたので、残り数回!
しっかり本番に向けて練習を重ねていきたいと思います。

初めの頃よりは「乗馬」らしくなってきたかな…coldsweats01sweat01

Img_8884

牛歩ですが、焦らずとにかくコツコツと。
頑張ります!!!


ではではみなさま、今週も素敵な競馬ライフをclover

----------------------------*

horse個人BlogやTwitterもつれづれなるままに運営ちゅうです。

Twitter … @sakkomaru
Instagram … photogreenforest
個人HP … グリーンフォレスト

2023年08月22日

明日はスパーキングサマーカップ!

明日は川崎競馬場でスパーキングサマーカップ(SIII)が行われます。 

過去のレースを振り返ると・・・

2011年 ベルモントルパン

_mg_0466

 

 

2013年 トーセンアドミラル
「仕上げてくれた厩舎スタッフ、
調教をつけている(佐藤)裕太さん(現調教師)
江川(伸幸)さん(元騎手 現教養センター教官)に感謝しています」
と川島正太郎騎手。

_mg_0649

 

川崎競馬場はとってもおしゃれな空間がいっぱいshine

細部もこだわった造りなので、
写真を撮るのも楽しい場所です。

ケンタッキーラウンジshine

Img_0283

Img_0281


少し前から
日本の暦に注目していますが、
今日は旧歴の七夕だそうです。


二十四節季は今日までが「立秋」
明日から「処暑」

暦の上では秋。
 

そろそろ秋競馬も気になる季節となりますねhappy01

2023年08月21日

たまには馬以外のことも…

新ひだか町から、こんにちは。
北海道の夏には、もうクーラーが必須なくらい寝苦しい夜が続いております。

ちなみに我が家にはもちろんクーラーなどはなく…、夜中に何度も起きてしまいます。

涼しい日高の夏はどこへ行ってしまったのでしょうか。
放牧地にいる馬たちも木陰の下にいる風景をよく目にします。

今回は馬とは全く関係のないことではございますが、1日だけ夏らしい遊びをしてきました!

Unnamed

小型船に乗って、海を満喫してきました✨
シークルーズは実は初めての経験です。

小樽マリーナから出発し、ウニなどの海産物で有名な積丹・美国方面へ行ってきました。

Unnamed_1

海から見える景色と、思った以上の船の揺れにずっと興奮しっぱなしでした。
そして、日焼け止めの塗りが足りなかったらしく、ガツンと日焼けというかヤケドをしてしまい…。
数日後から皮が剥けてきてしまいました💦
歳をとってからこんなに日焼けしてしまったことを反省。

シークルーズの後は、海水浴場に行き数年ぶりに海で泳ぎました。
子どもの頃は感じなかったのですが、海で泳ぐと体がすっきりします。
浄化されるような感覚です。

毎年海水浴をしたい!という、ささやかな目標が出来ました。
日々の仕事に追われていると、ささやかなことを実現させることが尊く大切だなと感じる今日この頃です。

Unnamed_3

Twitter:一般社団法人umanowa

Instagram:一般社団法人umanowa

Youtube:馬産地ひだかの馬房から

2023年08月18日

”モモちゃん“脱走常習犯!

また脱走horse

Img_4398つながられるのが”嫌い“なモモコは今日も自由は時間を満喫horse

Img_4395

「チコちゃん」も床屋しました〜horse

Img_4329「燦四郎」!に初乗りの”然“horse  降り方がまた素晴らしい〜gemini

この後床屋しました。

Img_4397

今年の夏は”さんちゃん“ファンvirgo千鶴さんも「イスキア」houseに来てくれて燦四郎君も”大喜び“です。

Img_4323甥っ子ちゃんと姪っ子ちゃんを連れてvirgo~ミミちゃん大活躍です。

賑やかで楽しい日々は”あっというまに“過ぎてrun

Img_4245残念ながら「スイカ」はまにあいませんでしたが?

Img_4282

竹馬に!

Img_4295

バギーバイクrunにも挑戦して!

Img_4358

最後の夜は”チーズフォンデュ&チョコレートフォンデュ“をいただきました。heart04

休みを利用して札幌、大阪、岡山函館から来てくださいました。

ゆっくり”くつろいで“いただけたでしょうか?

Img_4378ミミちゃんが帰ってしまったので、今日から「飼い葉桶洗い」が始まりました。

馬の収牧~放牧~飼い葉桶洗い~等々、とても助かりました。goodlovely

Img_4366

空港へ送る途中の軽食は”マック“fastfood
祖父母と一緒の時だけOKらしい?〜私も食べてみましたよ!good

Img_4393_2

みんなが帰ったあとから”鱗雲のcloud

2023年08月17日

黒潮盃が行われました。

 昨日、大井競馬場で3歳馬の地方交流重賞・黒潮盃が行われました。森泰斗騎手が騎乗した2番人気ヒーローコールが直線で抜け出し、重賞3勝目。

 ヒーローコールはこの世代のトップに君臨してきた実力馬です。クラシックの前哨戦・雲取賞を勝ってから、怪物ミックファイアの出現により、羽田盃と東京ダービーはいずれも2着でした。

 前走のサンタアニタトロフィーは果敢に古馬たちに挑戦。

 クラシックが始まる前の段階では、ヒーローコールがまさか無冠に終わるとは思わず。でも、またこう瞬間が待っていて、本当によかったです。

 そして、地方所属馬として初めてアメリカのG1レースに参戦したマンダリンヒーローは2着でした。ケンタッキーダービーを走った馬に会えるということで、お客様も例年以上に多かったような気がします。今回は惜しかったですが、立派な走りを見せてくれました。

 重賞初Vを目指したウインドフレイバーは3着。鞍上の的場文男騎手は66歳、来月には67歳です。国内最多勝利&最高齢騎手ですが、最高齢重賞記録は兵庫の川原正一騎手に抜かれたばかりだっただけに、惜しい結果。とは言っても、生きる伝説、本当にすごいです。

 なお、このレースは印象的な名前の馬たちも主出走していたので、お写真を掲載しておきます。賞がたっぷりという願いが込められた金沢のショウガタップリと大井のカッテニシヤガレです。

Photo

Photo_2

Photo_3

2023年08月16日

70周年、中京競馬場!④ 〜最終回〜

horseみなさまこんにちは、河合紗希子です。

中京競馬場リポート、最終回です。


サイレンススズカ広場からもう少しコーナー側に進んだところにある、こちらの広場。

Img_8559

その名もパノラマステーション

Img_8557_2

なんと、場内に電車が展示されています。

こちらの電車は名鉄7000系
電車には詳しくないのですが、調べてみると、名鉄(名古屋鉄道)のシンボル的な車両なんですね。

carouselpony名鉄7000系パノラマカー
ここに展示されている名鉄7000系車両は、昭和36年に日本初の2階運転台・1階展望客室を備えた特急電車”パノラマカー”として華々しくデビューしました。ボディカラーの鮮やかなスカーレットは、この車両で初めて登場し、以後、同社車両の標準色となっております。また、装備面でも日本初のメロディー付き警笛「ミュージックホーン」や側面連続客室窓を採用するなど、大変意欲的で画期的な設計がなされており、昭和37年には鉄道友の会から当該年度の最優秀車両に贈られるブルーリボン賞を授与されました。
デビューと同時に7000系パノラマカーは大好評を博し、始発駅では展望車の最前席を確保するため、数時間前から並ぶ人もおりました。その後も長年、名鉄の特急電車として活躍し、沿線住民の皆様に大変愛され親しまれておりますが、近年は徐々に新型車両に道を譲りつつあります。
中京競馬場では名古屋鉄道(株)のご協力を得て、この歴史的名車を子供たちに親しまれる当場のシンボルとして、末永く後世に伝えるべく保存・展示いたしております。
展示車両の先頭車2両(車番7027F・7028F)は昭和43(1968)年、中間車(車番7092F)は昭和49(1974)年にそれぞれ日本車両(株)で製造され、平成14(2002)年3月28日を最後に引退しました。その後、岡崎市の名鉄舞木検査場で整備工事を施し、同年7月31日に搬入、8月23日よりその勇姿を一般公開いたしております。


車両や運転席の中にも入ることができて、この日もたくさんの方が車両内を見学していました。
パークウインズの日は運転席のペダルを踏むとミュージックホーンを鳴らすことができるそうです。

ちなみに、JRAのレースにはそのレースにだけ使用される専用ファンファーレを持つ競走が2つあります。いわば、一年に一度しか聞けないファンファーレ。

一つは宝塚記念で、
もう一つがここ中京競馬場で行われる名鉄杯!

このミュージックホーンをアレンジした独自のファンファーレで、名鉄ブラスバンド部による生演奏が行われるんですね。

そして、なんと私が訪れたこの日はまさに名鉄杯開催の日でした。
最高の中京競馬場堪能日だったのに、モニター越しでしか聞けなかった&観戦できなかったことが悔やまれますcryingsweat01


horse東門横にある高松宮記念メモリアルガーデン

Img_8841

中京競馬場で行われる春のスプリントチャンピオン決定戦、高松宮記念
歴代の優勝馬に思いを馳せることができます。

Img_8840

私の推しウマも発見…!

Img_8842


horse同じエリアにある、縁起物の左馬

Img_8839


carouselpony左馬
古来より馬は縁起がよい動物といわれており、中でも馬の字を反転させた「左馬」は幸運のシンボルとされています。
春に神を山から田へお迎えする時は、「右馬」の絵馬を、秋に神を田から山へお見送りするときは、「左馬」の絵馬を神社へ奉納したといわれています。
「左馬」に乗って元に戻るという伝説は、元気になって我が家に戻るという縁起に発展し、今では、財運・勝負運など幸運を呼ぶ象徴として大切にされています。

解説にもあるように「左馬は縁起がいい」ということはよく耳にするのですが、どうして将棋の駒の形になっているのかちょっと気になって調べてみました。

これは「飾り駒」「置き駒」と言われるもので、起源は江戸時代末期。
現在の山形県天童市、当時の天童藩藩主が内職として将棋の駒を作り始め、その際にさまざまな飾り駒が誕生したのだそう。

天童市の観光ガイドによると、「馬」の字が逆さに書かれている「左馬」(ひだりうま)は、天童で生まれた天童独自の将棋駒で、天童では、家を新築した方や商売を始めた方への贈り物として重宝されているとのこと。

いわれもいくつかあるそうです。私、❶〜❸は初めて知りましたeyeflair

❶「うま」を逆から読むと「まう」と読めます。「まう」という音は、昔からめでたい席で踊られる「舞い」を思い起こさせるため、「左馬」は福を招く縁起のよい駒とされています。

❷「馬」の字の下の部分が財布のきんちゃくの形に似ています。きんちゃくは口がよく締まって入れたお金が逃げていかないため、古来から富のシンボルとされています。

❸馬は人がひいていくものですが、その馬が逆になっているため、普通とは逆に馬が人をひいてくる(=招き入れる)ということから商売繁盛に繋がるとされています。

❹馬は左側から乗るもので、右側から乗ると落ちてしまいます。そのようなことから、左馬を持つ人は競馬に強いといわれています。

▶︎天童市観光ガイドHPより引用させていただきました
http://www.ikechang.com/tendo.htm


縁起の良さが詰め込まれている左馬、まさにパワースポットですね。
予想前に訪れてみると、もしかしたら…?!

horse夏の思い出、中京競馬場

そんなわけで、短い時間ながらも中京競馬場を回ることができました。

思い出に残る2日間。
夏の始まりを中京競馬場で味わうことができました。

馬場内エリアに足を運べなかったので、次回改めて訪れた際の楽しみにとっておこうと思いますconfidentshine


ではではみなさま、今週も素敵な競馬ライフをclover



horseおまけ

急ぎ足でしたが、夜は名古屋グルメもちゃっかり味わいましたsmileshine

Img_8843

Img_8844


----------------------------*

horse個人BlogやTwitterもつれづれなるままに運営ちゅうです。

Twitter … @sakkomaru
Instagram … photogreenforest
個人HP … グリーンフォレスト

2023年08月15日

いつもとは違う場所から

7月29日、川崎競馬場で実施された
「川崎競馬フォトツアー」に講師として参加させていただきました。

技術面はクラブ所属馬や船橋競馬場公式Twitterのカメラマンとして
活躍中の小金井カメラマンshine

私は競馬場で写真を撮る楽しみなどをお話させていただきました。

座学の場所は川崎競馬場5Fの来賓室。 

普段ここには入ることはないので、
眺望の良さに感激shine

空が広く、遠くに羽田から離陸する飛行機も見えました。


Img_0277

この日は土曜日だったので
JRAの場外発売でも盛り上がっていました。

川崎競馬でレースがスタートしてからは
JRAと川崎の映像がビジョンに写しだされて
競馬場を楽しむ空気も満タンにshine

Img_0280

レースが始まってからは
普段は入れない業務エリア内から撮影するなど
フォトツアーならではのお楽しみも。

皆さんの楽しそうな様子に、パワーをいただく時間にもなりましたnotes

2023年08月14日

Youtube動画、是非ご覧ください

新ひだか町から、こんにちは。
毎日が暑すぎて北海道の夏とは思えないくらいの猛暑が続いております。

先日のタイトルホルダーと子ども達が対面するイベントについて、SNS上で多くの方たちからの反響が沢山あり驚きました。

3l5a7296_2

特に多かったのは、
「日高の小学生になりたい!」
という反応でした。笑

他には・・・・・・
「気持ちは小学生なのだけど」
「生まれ変わったら日高の小学生になりたい!」など、読んでいていてクスッと笑ってしまいました。(笑ってしまいゴメンナサイ)

馬産地日高で子ども達が馬について学ぶ活動が、周知されてきたなぁと感じる事が増えて嬉しい限りです。
いつも活動に協力して下さる軽種馬関係者さまをはじめ、応援して下さるファンの皆様に感謝いたします。

そのイベントの様子が弊社YoutubeとHBC競馬部Youtubeで公開されています👇


YouTube: タイトルホルダーに会いに行こう!2023.07.31

HBC競馬部さんはいつも取材に来て下さり、活動を客観的に見る事が出来て大変貴重です✨


YouTube: 【最新】タイトルホルダー情報!岡田牧雄代表「〇〇を勝ったら引退する」

イベントの様子はもちろんなのですが、向かう道中の車内での子ども達のクイズが難しくて面白いのです。
ひだかうまキッズ探検隊実施の際の車内も、いつもこのような感じです。笑

これから秋にかけて、イベントが多く忙しい時期でもあります。
毎回安全に楽しく終える事が出来るよう、準備をしっかりと行なっていきたいと思います💪

Twitter:一般社団法人umanowa

Instagram:一般社団法人umanowa

Youtube:馬産地ひだかの馬房から

2023年08月12日

“エス君”ファミリー応援!

エルムステークス(GⅢ)久しぶりの札幌競馬場入り!

Img_4258一番近い競馬場での重賞Rでしたから〜総勢12名(長男ファミリー、次女ファミリー、義父)

ビュッフェをいただいて、中庭公園で遊んで〜rvcargeminirestaurant

Img_4260

誘導馬と共に!

Img_4262

休み明けですから〜掲示板に〜horse

エス君のおかげで、ファミリーで楽しい時間を過ごしました。

長男ファミリーは先週のウルトラマンショーrunにも駆けつけたとの事。

今!子育て世代人気〜競馬場〜休日の公園もどき?

競馬場の多面的機能が嬉しいですね?(遊園地より特段の大人気?)

Img_4294

今年も“スズメ蜂”が猛威を奮っています。

Img_4296

第2号!

駆除をお願いしていますが、繁忙で十日間程度の待ちだそうです。

Img_4270東京組は様似町で夏休みの“体験学習”中であります。

謎解きイベントにチャレンジ!クリアして「宝箱」から〜物色中。eye

Img_4278

謎解き!〜結構左脳使いますね。bookthinkrun

Img_4303

11日「山の日」アポイ登山道にて!fuji登山~登山

Img_430755年ぶりに登頂体験!(上り3時間〜下り2時間半)

山頂で昼食おにぎり

Img_4300

馬の集牧も放牧も滞在中は欠かさず手伝ってくれました。

「オボンダマ」はずまないといけませんね〜dollar

2023年08月10日

キタサンミカヅキのお子様勝利!

 南関東競馬は、連続開催やリレー開催など非常にハードな日々が続いております。

 この猛暑の中、外仕事の皆さん、本当にお疲れ様です。

 さて、南関東4競馬場とも新馬戦は例年より多く組まれていて、

 個人的にはゆかりの仔たちに会うことができるのはとても楽しいです。

 先日までの船橋開催では、1日に5鞍も新馬戦が行われました。

 その中には、

 リノデスティーノが逃げ切りV。

 父が新種牡馬キタサンミカヅキ、母はラヴァンタージュという船橋にゆかり深い血統です。

 キタサンミカヅキは短距離戦線で大活躍し、2017年と18年の東京盃を連覇するなど通算タイトルは7勝。2018年のNARグランプリ年度代表など3部門を獲得しました。

 そんな偉大な馬の主戦だった森泰斗騎手が息子の手綱を取ったことも感慨深く、

 レース後に森騎手も「キタサンミカヅキ!」とうれしそうに話していました。

 父と息子はスピードのあるところが似ているそうです。

 現在、南関東に2頭いるキタサンミカヅキ産駒はどちらも勝ち上がっているのがすばらしいですね。

 見続けることで得る喜びも、競馬の醍醐味です(*^^*)

Photo

Photo_2



2023年08月09日

70周年、中京競馬場!③ 〜UMAJO SPOT〜

horseみなさまこんにちは、河合紗希子です。

前回・前々回に引き続き、中京競馬場レポート第3弾をお届けします。
今回(もし時間がなかったとしてもここだけは足を運んでおきたい…!)と思っていたのがこちら。

horseUMAJO_SPOT in CHUKYO

Img_8744

ホースショーでお世話になったイベントご担当の方にも「中京のUMAJO_SPOTとても評判なんですよ。ぜひ行ってみてください!」と伺っていたので、すごく楽しみにしていたんですhappy01shine

所在地は、ペガサススタンドのお隣、搭形の建物ツインハットスタンド

ツインハットスタンドは、ペガサスの前の姿・旧メインスタンドが1993年に大改修された際に増設された部分なのだそう。
Wikipediaによると「正門から見た形状が帽子を2つ並べたようにみえることからツインハットの愛称がついた」とのこと。

中京UMAJO_SPOTのイメージカラーは黄緑色なんですねshine

Img_8375

お出迎えしてくれる特大ぬいぐるみ。

Img_8743



そして…


こちらが中京UMAJO_SPOTからの眺めです!

Img_8741

UMAJO_SPOTはたいていコースから少し離れた場所にあるのですが、中京はこんなふうに窓からコースをのぞむことができるんですねshine

Img_8742_3

スイーツや無料ドリンクやスイーツを楽しみ、ほっと一息つきつつ窓からは競馬場を感じられる…。
個人的には最高のロケーションでした。

オリジナルスイーツコーナーはこちら!

Img_8737

さて、右手前に写っているぬいぐるみ…なんだかお分かりでしょうか?

こちらは、中京競馬場UMAJO_SPOT限定スイーツ、おウマのメロンパンアイス

Img_8738

メロンパンでアイスを挟んだひんやりスイーツ。

紅茶味とチョコレート味があるのですが、大人気で紅茶はすでに売り切れ。
チョコレートも残りわずかで、ギリギリ購入することができましたcoldsweats01sweat01

無料のワンドリンクは、心を落ち着けたくてハーブティーをチョイス。

Img_8739

ホースショー直前、スイーツと無料ドリンクを味わいながら、本番に向けて頭を整理して集中する時間をとることができましたshine

Img_8740

とても暑いいちにちだったので、メロンパンアイスの冷たさと甘さが嬉しかったですconfident


ではではみなさま、今週も素敵な競馬ライフをclover

→中京競馬場リポート、次回でラストですbookpencil


----------------------------*

horse個人BlogやTwitterもつれづれなるままに運営ちゅうです。

Twitter … @sakkomaru
Instagram … photogreenforest
個人HP … グリーンフォレスト

2023年08月08日

レジェンド!

明日、8月9日は船橋競馬場で
フリオーソレジェンドカップ(SIII)が行われます。

このレースは船橋ケイバが生んだ名馬・フリオーソの功績を称えて
2013年に創設。

今年から重賞に格上げされましたshine

フリオーソといえば、
現役時代から
鼻先きゅんのかわいい表情と
ふわふわの前髪がとてもチャーミングnotes

広報誌の表紙撮影の時の表情。
2011年のフェブラリーステークス(GI)で2着だった日から
3日後の撮影でした。

_mg_0371

2011年5月。
東日本大震災で被災した船橋競馬場。
開催取り止めや馬場やスタンドの修復を経て、
震災後初めての開催でかしわ記念(SI)優勝。

多くのファンの心を励ます勝利でした。

_mg_4031_2

_mg_4045

この後のフリオーソの様子はというと・・・

 

後検を終えて厩舎へ向かった時の写真。
早く帰ってゆっくりしたかったのか、
力が余っていたのか・・・

 

二人引きのスタッフを引きずるような脚どりで
帰っていきました。

引きずられた跡がcoldsweats01sweat01 

P5053091

 

2004年生まれのフリオーソ。
今年19歳。
これからも元気に過ごしてほしいと思いますconfidentclover

2023年08月07日

夏休みの思い出は、タイトルホルダー!

新ひだか町から、こんにちは。
先日初めて自主企画事業を実施しました。

その企画は…なんと!
「タイトルホルダーに会いに行こう!🐴」です。

Photo
初めての企画にも関わらず、豪華な内容だったのでSNSでの告知を見た方はビックリされたことと思います。
夏休みの忘れられない思い出になればと思い、岡田スタッドグループ様にご協力をお願いしました。

無事に出来るかどうか、子ども達が喜んでくれるのかどうか・・・。
新ひだか町教育委員会主催のひだかうまキッズ探検隊の時に感じる緊張とはまた少し違ったドキドキがありました。

今回は日高管内から17名の子ども達が参加。
自己紹介の際に好きな馬もしくは食べ物を教えてもらったのですが、タイトルホルダー以外にも下記の馬名が。
ディーマジェスティー
イクイノックス
フランケル
スペシャルウィーク
シュヴァルグラン など
毎週の競馬チェックはもちろん、新種牡馬のチェックなどもしていそうな子ども達もいました。笑

ノルマンディーファームに到着すると、岡田牧雄氏が出迎えて下さいました。
施設見学は坂路を駆けあがるところからスタート。
しかも、岡田牧雄氏も一緒になって走ってくれました(途中までですが)。
一生見ることが出来ない光景だなぁ…、と私は後ろから眺めていました。笑
子ども達の体力は凄まじいものがあり、坂路の途中からではありましたが頂上まで一気に駆けあがる子もいました。
気分はまさに競走馬(育成馬)です🏇✨

3l5a7156

その後、念願のタイトルホルダーとご対面。
以前撮影した際に洗い場にいると大人しかったこともあり、洗い場で見学をしました。

3l5a7224
タイトルホルダーが1歳の時から調教を担当している福井さんが、子ども達に特徴について沢山お話しして下さいました。
一昨年戻って来た時に比べると、馬自体が柔らかくなっているとのこと。特徴的な顔の模様も、子ども達は間近で観察しスケッチしました。

その後、タイトルホルダーはウォーキングやポーズも堂々と披露!
一昨年よりかなり落ち着いていたので、精神的な成長面も垣間見ることが出来ました。

3l5a7273

(軸とか色々のツッコミはご容赦願います…🙇)

最後は記念撮影📷✨
後ろに憧れのG1馬がいるとなると、気になって仕方なかったと思います。
現役のタイトルホルダーに次はいつ会えるか分からないですが、次走の応援に今まで以上に力が入るに違いありません。3l5a7296_2

実は、タイトルホルダー以外にも色々な馬に会わせていただきました。
最後に岡田スタッドに移動し、サウンドトゥルーとご対面🐴✨
弊社がどうしても子ども達に会って欲しかった馬でもあります。

3l5a7346

イベントの様子はYoutubeで公開予定ですが、サウンドトゥルーのことを話す牧雄さんの言葉が印象的でした。
人が大好きで、ちょっぴり淋しがりのサウンドトゥルー。
子ども達はしばしの間、馬とのふれあいを楽しんでいました。3l5a7402

あっという間に終わったイベントでしたが、子ども達にとって忘れられない夏休みの思い出になってくれればと思います。
そして、軽種馬産業はもちろんですが、馬自体を身近に感じ好きになるイベントをいずれは全国の子ども達向けに実施出来たらと思います。

関係機関の協力があってこそ実現できる企画です。
保護者の皆さまのご協力も感謝いたします。
そして、今回の企画をSNSで広めていただいた競馬ファンの皆さまにも感謝いたします。

猛暑が続いておりますので、夏バテや夏風邪にはお気を付けください🎐🍧

Twitter:一般社団法人umanowa

Instagram:一般社団法人umanowa

Youtube:馬産地ひだかの馬房から

2023年08月04日

空駆ける!“疾風”

ふと!思った瞬間horse

Img_4176horseが駆けているように見えた瞬間“雲の中に!”

Img_4243

暑い〜暑い〜!馬horseも人virgoも〜バテバテバテの毎日coldsweats01

庭の“ネズミ”も〜言ってます。happy01

Img_4196

「初モノ」収穫しました。

〜孫ちゃんたち〜早くおいで〜run

Img_4246朝からsun

陽射しを避けて〜木陰にて〜早く入れて〜とでも言っているのかな〜horse

Img_4250

頂き物fishと自家生産野菜(無農薬)と玄米ご飯。virgohappy01

Img_4194太陽の恵みを受けて成り立っている“昆布採取”〜浜の賑わい!sunsun

7月から9月半ばまでの短い期間しか見られない“風物詩”

家族そうでの作業です。高齢者も保育園児もそれぞれの役割があってお天気の良い日は

保育園をお休みする~と言ってお手伝いしてくれるそうです。geminigeminiheart04

Img_4213

波が高くて“昆布干しは~お休み”の日。wave

高齢者は定期通院の日として隣町の病院!通院の付き添いサポートしています。bus

Img_4245スイカも順調に育って来ました。

カラスの被害防止の為、網をまわしています。eye

Img_4179明日から〜

Img_4230“火”文字が点火されました。

Img_4249「ゴッホのひまわり」咲きました。

日曜日はrvcar札幌競馬場へrvcar数年ぶりに行って来ますね。

2023年08月03日

達城龍次騎手、重賞初V!

 8月2日に大井競馬場で行われたサンタアニタトロフィーは、達城龍次騎手が騎乗した2番人気シュアゲイトが逃げ切り勝ち。9連勝で重賞初挑戦Vを決めました。

 管理するのは坂井英光調教師。JRAの坂井瑠星騎手のお父様としても有名ですね。

 鞍上の達城騎手はデビュー28年目の44歳。

 勝ち星も多くあげている騎手ですが、重賞は記念すべき初勝利でした。

 「若くないので、どちらかというと恥ずかしいですよ。達城は初めてなんだって、みんなから言われるので、そういう部分では小っ恥ずかしいです。オーナーさんと坂井さんとみんなで勝つことができてホッとしました」と達城騎手。

 達城騎手はとても多才な騎手としても知られています。

 幼い頃に子役としてドラマや映画に出演したり、騎手になってからは通信制の高校と大学への入学。ドローンの空撮会社の代表も務めています。

 母方の祖父・下山喜万多さんは川崎競馬場で騎手と調教師をしていた方。達城騎手が幼い頃に亡くなったため、祖父が競馬界で働く記憶はほとんどないそうですが、小向トレーニングセンター(川崎所属馬がお住まいの場所)で遊んだ記憶はうっすら残っているそうです。

 騎手になってからはアメリカでの武者修行も行いました。ここまでの騎手生活は怪我との闘いもあり、50か所以上の骨折を乗り越え、不屈の精神で現役生活を続けています。

 デビューから28年目での重賞初V。本当におめでとうございます!!!

Photo

Photo_2

Photo_3

2023年08月02日

70周年、中京競馬場!② 〜名馬の足跡を辿る〜

horseみなさまこんにちは、河合紗希子です。

前回に続き、中京競馬場に訪れた時のリポートを綴っていきたいと思います。


さて、中京競馬場といえば…

サイレンススズカ!!!

Img_8547

こちらのモニュメントは、2013年に中京競馬場開設60周年を記念して実施された『思い出のベストホース大賞』で同馬が1位に選ばれた記念に設置されたもの。

サイレンススズカといえばその名を知らぬ人はいないほどの超名馬
なかでもここ中京競馬場で行われた1998年の金鯱賞(GⅡ)は、競馬史に残る「伝説的レース」としてファンに語り継がれている一戦なんですね。

1998年5月30日、武豊騎手が手綱をとったこのレース。

1分57秒8のレコードタイム、2着とは1秒8の圧倒的大差をつけての逃げ切り勝ち。
Wikipediaによると、残り800mでは後続と10馬身以上の差をつけていたため場内からは大歓声が起こり、最後の直線に差し掛かったところでは拍手で迎えられた…とのこと。

この一帯はサイレンススズカ広場と名付けられており、コース付近にはこんな記念碑も!

Img_8549

こちらの記念碑は、ゼッケンナンバーとジョッキー像が手にしている勝馬投票権からもわかりますが、金鯱賞の前レース、同じく逃げ切って勝利した小倉大賞典のもの。

一瞬(小倉のレース石碑が中京に…??)となりましたが、同年の小倉大賞典は小倉競馬場の改修に伴い、ここ中京競馬場で行われていたんですね。

中京競馬場のコースは左回り。
サイレンススズカは左回りが得意と目されていたとのこと。

ペガサススタンドにはサイレンススズカ像もshine

Img_8556_2
この馬像は人通りがそこそこある出入り口近くに設置されているので、写真は素早く撮れるとベターですconfident

中京競馬場に訪れた際には、伝説の名馬の足跡を辿ってみるのもおすすめです。
ではではみなさま、今週も素敵な競馬ライフをclover


→中京競馬場レポートは次回に続きますshine


----------------------------*

horse個人BlogやTwitterもつれづれなるままに運営ちゅうです。

Twitter … @sakkomaru
Instagram … photogreenforest
個人HP … グリーンフォレスト

2023年08月01日

真夏の空の下 メモリアル勝利!

7月25日のハートビートナイター1Rで、
笹川翼騎手(大井)が地方通算1700勝のメモリアル勝利を挙げましたshine

騎乗したのは
イロハニオエ(岡林光浩厩舎)

4l6a1903

戻って来る時の様子。
右は山中悠希騎手。
祝福ムードの笑顔shine

白砂とともに、まぶしい光景でした。

4l6a1925

下の写真で、
霞のように見えるのはレース後の白い「砂塵」。

 

真夏の太陽の光shine  

白い砂shine

4l6a1962

船橋競馬場は白砂になって初めての夏。

2023年の夏の風景を楽しんでいきましょう。

 

 

 

最新の記事

記事一覧

アーカイブ