2020年09月22日

高い場所に「縁の下の力持ち」

少し前に撮った写真ですが、なかなか目にする機会もないと思いますので、ご紹介happy01

このアングルflair

Img_5666

船橋競馬場の1コーナー付近です。

ん?高い?
スタンドはない場所だけど、目線が高い?

とお気づきの方もいらっしゃるのではないでしょうかhorse

実はここ、

Img_5679

獣医さんのお仕事場所なんです。

ここでは、馬たちの走り具合をチェック。
乱れがないか、遅れている馬には異常がないかなど、
遠い馬群は双眼鏡を使って確認しているそうです。

許可をいただいて上ったことがあるのですが、

見晴らしがいいせいか、柵が低いせいか、木が下に見えるせいか、
結構高く感じましたsweat01

Img_5683

ここにも、開催を支える縁の下の力持ちの姿がshinecloverconfident

2020年09月15日

セントライト記念の季節。

JRAで秋競馬がスタートしてセントライト記念(GII)のニュースが耳に入って来ると、
秋だな、関東近郊だけではなく、阪神や京都に行きたいな、実家にも寄りたいなと、

毎年思っていました。普段なら。

今年はなかなかそうもいかないかんじ・・・

そこで、過去の写真を発掘です。

昨年のセントライト記念での藤岡佑介騎手とエングレーバー(JRA 栗東 中内田厩舎)。
レース後の表情shine

4l6a6462

 

こちらは御神本訓史騎手とミューチャリー(船橋 矢野厩舎)。

4l6a6486


担当の森久保調教師補佐に
「輸送(の入れ込みなど)は大丈夫でしたか?」とつい習慣のように聞いてすぐ、あcoldsweats01と思いました。

「(船橋から)近いから、入れ込む前に着いちゃった(笑)」とのお返事。

そうですねcoldsweats01。20分くらいでついちゃうみたいで。

レース後の様子は全てを撮ることはできませんが、
写真を見返してみて、1頭1頭それぞれにこういうシーンがあるんだなぁ・・・と改めて。

こちらは2017年の勝ち馬ミッキースワロー(JRA 美浦 菊沢厩舎)。
横山典弘騎手を背に、華麗な返し馬shine

4l6a4528

気持ちだけでも、馬が駆けた後の芝の香りと青空が広がる初秋の競馬場へshine

2020年09月08日

夏の終わりに、札幌で小倉で。白い一族!

夏競馬の終わりに、北と南で”あの一族”の走りに「うわぁheart04」となった方も多いのではないでしょうか。

9月5日に行われた第55回札幌2歳ステークス(GIII)を
レコードタイム(1:48.2)で優勝したソダシ(栗東 須貝尚介厩舎 吉田隼人騎手騎乗)。

血統は、父クロフネ 母ブチコ(姉 ユキチャンshine

そして翌日の9月6日、第40回小倉2歳ステークス(GIII)で優勝したメイケイエール(栗東 武英智厩舎 武豊騎手騎乗)。
こちらは、父ミッキーアイル 母シロインジャー(母 ユキチャン)shine

そう、ともに白毛一族の血統です。

ソダシは白毛、メイケイエールは鹿毛の、共に2歳牝馬。

ソダシは白毛馬として初の芝の重賞制覇。
メイケイエールはミッキーアイル産駒の初重賞制覇。

すごいなぁhappy01shine

記念に2009年のクイーン賞(JpnII)優勝時のユキチャンと、
2016年のマリーンカップ(JpnIII)出走時のブチコの写真を載せておきますね。

ユキチャンは2008年のクイーン賞で2着。
この時優勝したヤマトマリオン騎乗の幸英明騎手が優勝インタビューで、
「(人気していたユキチャンだけではなく)”ミユキチャン”も応援よろしくお願いしますshine
と、いつものあのさわやかな笑顔で語り、ファンを沸かせていましたっけ。

その翌年、ユキチャン見事リベンジです。

_mg_1321

_mg_1400

    

こちらはブチコ。
この時は残念ながら除外になってしまいましたが、
こうして産駒の活躍を記せる日が来たのは素敵なことだと思います。

_mg_8131

_mg_8034

競馬はその時、その時のレースも楽しめますが、
見続けてきたことが繋がって、過去のレースを振り返ることができるのも
大きな魅力だと改めて感じましたshine

少しでも早く、競馬場でその勇姿を見られる日が来ますようにcloverhorse

2020年09月01日

ケンシンコウ(JRA小西厩舎)の母。

先日掲載されたコラム「南関フリーウェイ」でアマノミツルギ (馬主:杉野剛様)について書かせていただきました。

それにちなんで、今回は、
アマノミツルギの初仔で、
レパードステークスの勝ち馬ケンシンコウ(JRA 小西厩舎 馬主:天野克彦様)の母、
マトゥリアルカ (馬主:杉野剛様)の現役時代の表情を写真で振り返ってみようと思いますshine

2009年3月13日、桑島孝春騎手を背にデビュー勝ちしたマトゥリアルカ。

この写真は2戦目のパドック(2009年4月1日 2着)です。Dsc00622

この時、マトゥリアルカを担当していたのは大ベテランの小池厩務員。
洗い場で担当馬の背中をマッサージしている姿をよく見かけました。

535ec570f1dae2e34a14293ef8095a4f

マトゥリアルカといえば、こんな風に、少し耳を開き気味にして、
とてもチャーミングな目をしていた思い出がありますshine

2010年7月21日 4連勝で6勝目(このレースの次も勝利して5連勝しました)

本橋孝太騎手騎乗

_mg_1891

レース直後の表情。

84741bde65f6905b151e6fa1443a8ab92

 

こちらは馬房での優しい表情。
やっぱりレース後とは全然違いますね。

Photo

 

そうそう、マトゥリアルカの馬房のすぐそばでは・・・

Dscf03912
こんな風に、いつも厩舎のニャンコcatがくつろいでいましたhappy01

南関東で10勝をあげたマトゥリアルカ。
現在は静内山田牧場さんで繁殖として暮らしています。
(見学などはお控えください♪詳細は 競走馬のふるさと案内所

産駒たちの走りを観る時、
こうした時間があったことも思い出しながら応援したいと思いますnotescloverhorse

2020年08月25日

注目の2歳馬たち、とチャーミングな3歳牝馬

今回は、船橋の坂本昇厩舎のお馬さんの登場ですhorse

まずは、2歳馬、金髪が美しい栗毛のシャッタアックロイshine

 _mg_1099_2

立派なほっぺたも魅力的shine

とっても人懐こいそうです。

ご覧の通りheart04

坂本調教師のご家族と一緒にcamerashine

_mg_1085

さて、こちらも2歳 ダバイボンバーnotes

_mg_1041

祖母は南関東3冠牝馬のチャームアスリープheart04

パラボリカは、2012年の2歳新馬を取消しましたが、
1年後の2013年に見事デビュー勝ちしました。

_mg_8596 (2013年11月)

未来広がる2歳馬たちに会うと元気倍増notes

 

そして、こちらは特別出演heart043歳牝馬・セントガブリエルshine

「この馬、すっごくかわいい顔してるんだよhappy01」と、坂本調教師自ら紹介してくださいましたshine

Img_4310

「てへwinkheart04」みたいになってるセントガブリエルさん、かわいいlovely

黒々とした瞳とまつ毛のかんじ、全体のお顔立ちがとってもチャーミングshine

馬名の意味「天使」そのものshine

Img_4309

JRAから岩手を経て坂本昇厩舎の仲間入りshine

表情豊かな坂本昇厩舎のお馬さんたちshine

やっぱり馬っていいなぁnotes
馬と人が一緒にいる時間っていいなぁと思うひとときでしたshineclover

2020年08月18日

京都の町の中で馬を想う

夏休みシーズンということで、
実家ネタを・・・

今年は帰省を控えているので写真で懐かしんでみました。

実家は京都なのですが、
町の中には馬にちなんだ地名や歴史がたくさんあります。

例えば、

Img_9933 (撮影:2019年2月)

この近くには豊臣秀吉が築いた聚楽第がありました。

住所も

Img_9940_2 (撮影:2018年)

この辺りを馬に乗った秀吉が闊歩していたのかなぁ・・・

なんて思って調べたら、関白になった秀吉は「牛車」を新調していましたsweat01

牛・・・なのね、牛なんだね。

京都の交番のマークはこんな感じhorse

4l6a3933 (撮影:2018年)

京都府警に「平安騎馬隊」があるからだそうですhorseclover

 

 shine

今年のNHKの大河ドラマは明智光秀を主役にした「麒麟がくる」。

クライマックスはここになるのでしょうか。
本能寺(能の字はヒ(火)を嫌って去が使われています)

4l6a3784_2

今現在、寺町にある本能寺は秀吉の町づくりで移築されたもの。
実際に「変」があったのは元本能寺町のこの場所。

はじめて行った時は、感慨深かった・・・。

ちなみに、織田信長は京都馬揃えという大パレードを行っていますが、
そのパレードはここを起点として、
室町通りを北上したそうです。

ここも通ったのですね。

コロナの影響で放送を休止している「麒麟がくる」も間もなく再開とのこと。

京都馬揃えがどんな風に描かれるのかも楽しみですshine

4l6a3764

京都は道路標識・地名を観るのも楽しい町。

ふと気づいたのですが、「馬」は結構地名にありますが、
「牛」は少ないような・・・

京都で有名な「牛」がつく名前といえば、やっぱり牛若丸、源義経でしょうか。

こちらは乗馬の達人だったとのこと。

いろいろ調べると、まだまだ出て来そう。
歴史好きにはたまりませんshine

 

2020年08月11日

レパードSの優勝馬☆ケンシンコウ

8月9日、新潟競馬場で行われた3歳のダート重賞・第12回レパードステークス(GIII)。

このレースをレコードタイムで優勝したのは、
華やかなお顔のケンシンコウ(美浦 小西厩舎  馬主:天野克彦様)でしたshine

このケンシンコウ、母マトゥリアルカが船橋で走っていたこともあり、
取材等でお世話になっている静内山田牧場さんから当歳時に写真を送っていただいた思い出がnotes

その時の写真がこちらcamera

6ad14c471e4e73557a83dc87d2dcded7

生まれたてほやほや~shine

E17d01266f9845a725e41ad95e4c964c

22f34ed927ac5dacd39f1b7f284d1a6b

こちらはお母さん、現役時代のマトゥリアルカ。
小杉亮騎手で勝利した時のものです。

Eb69f52c47149f35c90e9d391a6d45d5

マトゥリアルカの母、アマノミツルギは現在功労馬として暮らしています。
アマノミツルギについては、またいずれお伝えできたらと思います。

当歳時のケンシンコウ。
白いまつ毛もかわいいheart04
22def31997a1dadd2af19908523d98a4

(当歳時の写真は、全て牧場の皆さんからのご厚意でお預かりしているものです。
見学などはお控えください♪ 競走馬のふるさと案内所

レパードステークスでは、牧場の皆さんも感無量の思いで声援していたとのこと。

これからのケンシンコウの走りも楽しみですcloverhorse

2020年08月04日

あの馬たちの産駒がデビュー

応援していた馬が母となり、産駒の活躍を楽しみにできるshine
というのも、競馬の醍醐味のひとつshine

この時期は特に毎週メイクデビューの出走表をチェックするのが楽しみです。

7月11日(土)のメイクデビュー福島5Rでは、
南関交流重賞でも活躍したトロワボヌール(美浦 畠山厩舎)の初仔、
トロワエスポワール(美浦 鹿戸厩舎)がデビュー。

同じレースで、南関重賞ウイナーで、真っ白の馬体と黒い瞳が愛らしかったナターレの仔、
ナヴィリオ(美浦 黒岩厩舎)がデビューしました。

トロワボヌール 2014年12月 クイーン賞優勝時_mg_4595

2016年12月 クイーン賞優勝時

4l6a0924

4l6a0957

こちらはナターレ
2013年5月 しらさぎ賞優勝時

_mg_1652

_mg_1682
口取り撮影の後、内田調教師に撫でてもらうナターレshine

南関東では、カイカヨソウの初仔・カイカセンゲンが7月31日の大井でデビュー。

見事新馬勝ちをおさめました。

_mg_1368

2013年 東京プリンセス賞優勝時

いずれも、ついこの前、取材したばかりのようなcoldsweats01

時が経つのは早いsweat01

母たちの現役時代を思い出しながら、
産駒たちの活躍を応援していきたいと思いますshinecloverhorse

2020年07月28日

馬づくし

馬づくり、ではなく、
馬づくし。

今回は馬に関する手持ちの本を・・・

他にも馬・競馬関連の小説類が本棚にありますが、
今回はこのようなかんじ。

Img_2659

読書が好きで、
外出したら必ず本屋に寄り、
旅先ではその土地の本を集めたコーナーに行くのが楽しみ。
出先でカバンの中に本が無いと、
落ち着かない、本を買ってしまう

という、もはや、活字中毒状態ですcoldsweats01

右下の「明恵 夢を生きる」は馬とは関係なく、
鳥獣戯画で知られる京都・高山寺ゆかりの明恵上人に関する本です。

明恵上人(自分が見た夢を記録し続けた)は、
お茶の木の栽培にも深く関わった方だそうで
「お茶を植える時は馬が歩いた蹄の跡に植えよ」と語ったと何かで聞いたことがあります。
(本の内容とは別件で知りました)

お茶の木と馬の歩幅・・・意外な繋がりshine

引き続き、馬づくし、馬と競馬愛で過ごして行きましょうheart04shine

今回の馬写真は、休養から戻って来たミューチャリーshine
オフタイムはこんなにかわいいお顔でリラックスshine

_mg_0801

2020年07月21日

3歳ダート王にダノンファラオ(栗東 矢作厩舎)!

7月8日、大井競馬場で行われたジャパンダートダービー(JpnI)。

このレースを制したのは、6番人気・ダノンファラオでした。

鞍上は坂井劉星騎手。

父は元騎手で大井の坂井英光調教師ですshine

4l6a0910

カメラマンの前まで来てくれましたshine

4l6a0971_2

嬉しそうな厩務員さんの笑顔も素敵shine

坂井瑠星騎手
「乗せて頂いた関係者の皆様に感謝したいです。
パドックで乗った時に、前走より状態が上がっているなと感じました。
(レース)間隔を開けて良い状態になっていました。
道中はしっかり走ってくれていましたし、
4コーナーから直線の感じでは前はかわせそうだったので、
あとは後ろから来る馬がいるかどうかだと思っていました。
まだ3歳で良くなる余地はかなりあると思います」

口取り撮影後、いっぱい褒めてもらっているダノンファラオ。
そんな様子を見守る矢作調教師の笑顔も優しかったshine

4l6a1076

本来なら、馬の正面から撮影するのですが、
新型コロナウイルス感染拡大防止対策のための取材制限でこのアングルから。

ちょっと遠かったけど、このシーンをお伝えできて良かったと思いますshine

こちらはソーシャルディスタンスでの優勝調教師インタビュー。

距離感が伝わればshine

Img_3663

今回も夕空がとてもきれいでした。

「空がきれいですね。
こっちの方が空が良く見えるから(もう一方の場所から)移動してきたんですよ」と
おっしゃるオーナーさんもいらっしゃいました。

Img_3632edited(JDDのパドック 入場シーン)

東京ダービーを取消して、このレースに臨んだブラヴール(船橋 佐藤裕太厩舎)は
上がり1番時計で4着に。

メンコのお話、ここに至るまでのことなど山口オーナーからたくさんお話を伺いました。

こちらはコラムでお伝えしたいと思います。

4l6a0873

担当の楠厩務員にタテガミを揃えてもらってサラサラshineで出走しましたhappy01

2020年07月14日

ドラマにも登場した川崎競馬場。と、3歳女王レーヌブランシュ(JRA)

6月18日からスタートした、木曜ドラマ「GB~身辺警備人~」(テレビ朝日)shine

主演は木村拓哉さん。

何気なく見ていたら・・・

川崎競馬場がしっかり登場していましたshine

見慣れた風景がドラマに出ている、しかも競馬場ってなんだか嬉しいsign03

川崎競馬場は、「流星の絆」にも登場していましたっけ。

その川崎競馬場の、馬運車の駐車場。

大型の車がいっぱいで迫力があります。

車の後ろ側の地面の部分は、馬の積み下ろしがしやすいようになっています。

Img_3050

新型コロナウイルス感染拡大防止のために通路も決められた場所を使用。

こちらはエントランスから開催本部までに行く通路から見た風景です。

普段は見ない角度からshine

Img_3054

この写真を撮影したのは6月10日、関東オークスの日。

3歳女王の座に輝いたのは、
JRA橋口慎介厩舎、松山弘平騎手騎乗のレーヌブランシュでしたshine

4l6a0138

橋口慎介調教師
「この馬の強い所を見せることができて、本当に嬉しく思います。
コースの形態を見ても、なるべく前で競馬をした方が有利だと思ったので、
前で競馬ができたらという話しはしていました。
勝負所の手応えも良かったですし、
抜け出してからの脚も速かったので、その時点で勝利を確信できました」

 

松山弘平騎手
「素直に嬉しい気持ちと、馬が頑張ってくれて感謝の気持ちです。
前回までに2勝させてもらっていますが、
最後までしっかり脚を使える馬だと思っていました。
少しズブい所があるので、
小回りだしある程度前目の位置でしっかり勝負できるように運びたいと思い、
今日は積極的にいきました。
それに馬がしっかり応えてくれて、最後までいい脚でよく頑張ってくれたと思います」

4l6a0151

レーヌブランシュの父はクロフネ

種牡馬を引退して社台SSで余生を過ごすことが伝えられたばかり。


今年で22歳なんですね。
少なくなった産駒からこうして女王を出すのはすごいことshine

以前、スタリオンで会わせていただいた時は、神々しいまでに白かったのを覚えていますshine



戻って来たレーヌブランシュ。
関係者の皆さんが何度も手を添えて労っていました。

Img_3214

さて、明日は再び川崎で牝馬重賞shine

華やかなメンバー、楽しみですnotes

2020年07月07日

取材もソーシャルディスタンス

コラム「南関フリーウェイ」でも紹介しましたが、
新型コロナウイルスの影響で取材もいろいろな規制が設けられました。

こちらは、6月3日。
東京ダービー(SI)の日の大井競馬場。

医療従事者の皆さまに敬意を表すブルーのライトshine

Img_2906

Img_2907

感染拡大防止のため、撮影はL-WINGの3階からというルール。

普段、ファンでいっぱいになるスタンドが、
マスコミの待機所として提供されました。

Img_2934

普段、プレスエリアしかいかないので、
こんなに素敵な場所だったのねshineと勉強になりました。

席も間隔をあけて座るようになっていましたよ。

Img_2935

Img_2936

歴史的な事態。

いつか振り返る日のための記録としてもこの光景を記しておきたいと思います。

「きれいだね!」「いい色になってる!」と語り合いながら撮影した夕陽shine

Img_2927

2020年06月30日

同期の絆が生んだ勝利☆

6月17日、船橋ケイバ・ハートビートナイターの1Rで、
林幻厩舎のモルフォが勝利しました。

その時の写真がコチラshine

鞍上は、笠松から期間限定騎乗中の水野翔騎手でした。

4l6a03122

モルフォはデビューから4戦目で嬉しい初勝利。

実は、このレースには、同期の絆が生んだ勝利というドラマがhappy01

勝利したモルフォを迎えたのは
林幻調教師の奥様で厩務員としても厩舎を支える美稀さんshine

キラキラした素敵なシーンでした。

4l6a03362

実は、美稀さんと水野騎手は那須の教養センター時代の同期とのこと。

道営でも一緒に競馬に携わっていたそうですが、
一度も同期コンビで勝利したことがなかったそうです。

「絶対この人馬で勝ちたかったんです。
だからすごく嬉しかった!」と美稀さんshine

この笑顔から、その気持ちが伝わりますね。

4l6a0350

ご覧の通り、とっても美人さんheart04
ふたりのお子さんのお母さんでもあり、
育児と仕事をこなすパワフルさ、
潔さ、かっこよさ、そういうものがこのシーンに集約されていたような・・・shine

モルフォの攻め馬も、美稀さんがつけているそうですshine

モルフォは門別の有限会社グッドラック・ファームの生産馬なので、
人馬みんなに「門別」が共通しているというのも、ドラマだなぁ・・・と思いました。

こちらは、開業を間近に控えた林幻厩舎にお邪魔した時の写真。
2018年11月の撮影です。

76018f81984024c4d9c36063e526c683

「たくさんの縁に恵まれるように、馬や人が集まるように」とこのポーズclover

しっかり林幻調教師を支えているのが伝わってきます。


明るくて、かわいくて、サバサバしていて、話していて気持ちいいshinesign03

ちなみに、厩舎の看板の文字も美稀さんによるものだそうですshine

2019年2月20日 林幻調教師、開業初勝利の時の写真camera(森泰斗騎手騎乗 フロイデ

3e7bfeb22be95596908ad3b84c899b08

馬と人の物語、やっぱり競馬はいいなぁhorseclover

2020年06月23日

帝王賞の思い出

明日は大井競馬場で帝王賞(JpnI)が行われますshine

・・・ということで、最近、駆使している思い出写真発掘コーナー(笑)。

10年前を振り返ると・・・

勝ち馬は、フリオーソ(船橋 川島正行厩舎)shine

え・・・あれからもう10年なのかcoldsweats02coldsweats02

と、なんだかフクザツな気持ちもします、はい。

2008年優勝から2年ぶり2回目の帝王賞制覇。

嬉しそうな波多野厩務員。
_mg_0786

オンとオフの切り替え上手だと言われていたフリオーソ。
馬房の中でボロをする場所も決まっていると、
当時、取材で教えていただきました。

ちなみに、半弟で南関重賞ウイナーのトーセンルーチェは出走準備中の洗い場でウトウト。
そして、その日に出走したメインレースで勝つsign01という究極の(笑)オンオフぶりを見せていましたwink

2011年の帝王賞の勝ち馬はスマートファルコン(栗東 小崎憲厩舎)でしたね。

_mg_7720

大歓声の中、武豊騎手を背に戻って来た姿が眩しくて・・・shine

ちなみに、この仕事に就く前、
OL時代に帝王賞観たさに有給休暇を使い、開門前に並んだことがありました。

帝王賞は私の地方競馬観戦デビューだったと記憶していますが、
初めて行ったのは仕事を終えてからだったような・・・。
ぎゅうぎゅうの人混みの中、
馬は2秒くらい、すき間から。
結局、人の頭しか見えなかった記憶もあります。
なので、勝った馬は忘れました。
でも、人と人の頭の隙間をドドドド・・・と駆けて行った馬群は思い出せます。

今年はどんなレースになるのでしょう。

ではまた来週happy01

2020年06月16日

牧場で働こう☆BOKUJOB☆

新型コロナウイルスの影響で延期となっているBOKUJOBメインフェア、関西フェア。

 

一昨年からレポートに携わらせていただいていますが、
私自身、競馬をここまで好きになった大きな要因が「牧場」だったこともあり、
馬産地に少しでも恩返しできる機会だとも考えています。

 

一昨年の東京競馬場でのメインフェア当日の様子。

芝は青く、内馬場もファンでいっぱい

_mg_0005

 

会場もにぎわっていました。

_mg_9970

ここにいる誰かが来年の今頃は牧場スタッフとして手掛けた馬を応援している・・・
手掛けた馬がファンの歓声の中でゴールする・・・

いろいろな未来がこの先に繋がっているのだと思うと、
本当にワクワクする光景でしたshine

 

過去の見学会やメインフェアのレポートはこちらからご覧いただけます

 

私自身、初めて牧場に行った頃には、
そこで働き、そこで暮らす友人の一言一言がとても新鮮でした。

 

夜飼い(晩ごはん)の時、暗い馬房で電気をつけると、
馬もまぶしくて目をしょぼしょぼする(これはすごくかわいいheart04)とか(笑)

馬も仲良しとそうでもない相手がいる

ねぼける

目で訴える

はずかしそうにする

食べ方に個性がある

馬房の使い方がきれいな馬とそうでない馬がいる

などなど・・・

今でこそ、「生きものだから当然」だと思うことも、
身近ではなかった馬という生物の、 人より少し高い体温や息の湿り気にとても感動した記憶があります。

 

そういえば、以前、新規のファン獲得を目的として、
競馬を知らない方を競馬場に招待したイベントに参加させていただいたことがありましたが、
「馬もあくびをする」と言うと、
「え?!そうなんですか!!!?coldsweats02」とびっくりした方もいらっしゃいました。

 

BOKUJOBのサイトでは、
いろいろな牧場の皆さんが、日々のことを綴っています。

現場の声が一番!

そして百聞は一見にしかず。

今の状態が終息したら、すぐに動きだせるよう、
今のうちにいろいろリサーチしておくのも良いかも知れませんね。

こうして書いているうちに、
牧場で働く友人、恩人たちに会いたくなりました。

みんな、今こうしている間にも、馬の傍らで、この先の競馬を紡いでいるのだと思います。

誰かの憧れになる馬。
誰かの胸を熱くさせる馬。

その手が触れているのは、そんな馬なのかも知れません。

Dsc00404

締めくくりに・・・

こういう出会いも、ならでは、なのかもclover

お互い「!」となりました。
牡鹿さんっhappy02

Dsc00534

 

 

2020年06月09日

第66回東京ダービー(SI)

今回は、6月3日に行われた東京ダービー(SI)の優勝馬・エメリミット(林正人厩舎)と、
見事ダービージョッキーとなった山口達弥騎手を写真で振り返りましょうshine

山口達弥騎手は2004年デビュー。

この勝利が初重賞制覇shine

4l6a9475

ゴール後、接戦を繰り広げ2着となった町田騎手が祝福の手を・・・

4l6a9484

目の前を駆け抜けていく一瞬の出来事でしたが、感動的なシーンでした。

4l6a9493_3

4l6a9495

山口達弥騎手
「出たなりで前に、と思っていました。
最後は差されそうでしたが、道中はリラックスして走れていたので、
伸びると思っていました。
初重賞制覇となったのはたまたまで、
まだ、ダービージョッキーになったという実感はないです」

 

林正人調教師(2013年 インサイドザパーク以来2度目)
「ダービーは毎年出走させたいと思っていてもなかなか出せないこともあるレース。
それを2度勝てたのは嬉しいですね。
この馬、この騎手で勝てたことも嬉しいです。
直線は早くゴールがこないかなと思いました。
次走は馬の状態を見てオーナーと相談したいと思います」

4l6a9544

4l6a9557

4l6a9650

関係者の皆さま おめでとうございました。

Img_2962

4l6a9765

 レースにつきましては、コラム・南関フリーウェイでもお届けしたいと思いますshine

2020年06月02日

佐藤賢二調教師

5月になったばかりの朝、悲しいニュースが届きました。


近年ではNARグランプリ2018で管理馬・キタサンミカヅキが年度代表馬になるなど、
数々の名馬を手掛けた船橋、佐藤賢二調教師急逝・・・
それは本当に突然で、
本当に悲しい出来事でした。

亡くなる数時間前、大井の最終レースに管理馬を出走させ、
その前日には羽田盃(SI)をブラヴールで2着。
さらにその前日には東京プリンセス賞(SI)をアクアリーブルで制し、
牝馬クラシック2冠を達成したばかり。

亡くなって1カ月以上たった今も、まだ信じられない気持ちでいます。

佐藤賢二調教師といえば、
2017年にヒガシウィルウィン、2018年にハセノパイロで東京ダービー(SI)を連覇。

森泰斗騎手、初ダービー制覇となったヒガシウィルウィンでの優勝shine

4l6a8245

雨の中、きらきらとしていたハセノパイロの優勝shine
鞍上は矢野貴之騎手

4l6a5384

_mg_6352_2

いつもビシっとおしゃれにきめていた佐藤賢二調教師ですが、
レースを離れるととてもシャイな方で、写真撮影ではいつもはにかんだ笑顔を見せてくださいました。

個人的な思い出ですが、私はいつも名前ではなく、地名で呼ばれていました。
家が遠いということで、
どこから来ているかを聞かれた時、
実際に住んでいる地名を言っても千葉在住の方には分かりづらいかなと思い、
先生もご存知の土地の〇〇〇の方から来ている、というと、その地名で呼ばれるようになり・・・。
「おい〇〇〇、何時に出て来たんだ?」
「どれくらいかかるんだ?」
「〇〇〇、元気か?今日も〇〇〇から来たのか?」と、声をかけてくださることもありました。
素朴な方言もあたたかくて。

管理棟の中にある調教師部屋でのスナップ(2017年撮影)

_mg_5013

ごらんの通り、この写真も、かなり照れながら・・・でした。

明日は東京ダービー。
本来なら、自ら管理したセレンチャームアスリープの仔・ブラヴールを送り出すはずだった佐藤賢二調教師。

その姿が競馬場にないことは寂しく、悲しいことですが、
先生が遺した軌跡がこの先へと続いていく時間になることは間違いない・・・
そんなことも思うのです。

そして、だからこそ、
夢の大舞台で、どの馬も、無事に力を発揮できますように、
いいレースだったね、と振り返ることができますように、とも・・・clover

東京ダービー、ブラヴールはその遺志を引き継いだ佐藤裕太調教師の元で出走します。

締めくくりに、佐藤賢二調教師のご冥福を心からお祈り申し上げます。

2020年05月26日

ぶちゃカワイイ♪、そしてBOKUJOB

日本ダービー目前となった今週。

府中の新緑の中での熱狂を思い出しながら、
その歴史を紡いで来た生産・育成牧場の存在を思っています。

以前、手掛けた馬が日本ダービーに出走した牧場勤務の友人たちと当日を過ごしたことがありましたが、
何年たっても、あの日の熱狂は心を去らずにいますconfident

人が多い場所に慣れていない友人の
「馬主席もどこも、人がいっぱいで座れるのはトレイだけ」という言葉も忘れられないhappy02

今年は、新型コロナウイルスの影響で、毎年春の恒例行事だったBOKUJOB見学会も中止に。
メインフェア、関西フェアは延期となりました。

そういった中でも、次の時間を繋ぐ新しい力・存在を求めて、
生産・育成牧場から日々メッセージが伝えられていますconfidentcloverhorse

BOKUJOBブログ へリンク

今回の馬写真は、BOKUJOBにも参加しているBRFでのヒトコマ。
ずいぶん前の写真ですが、かわいくて癒されるので時々眺めています。

ぶちゃカワイイお顔で迎えてくれたのは、
美浦・相沢厩舎で走っていたマイネルカルド
半妹にダリア賞を勝ったペルソナリテがいる血統。
2013年8月 1歳時の写真です。

P8125331(撮影:2013年8月)

今年の日本ダービーも、
生産・育成牧場の存在に思いを馳せながら声援を送りたいと思いますclover

2020年05月19日

新潟の空 またいつか!

今週末で新潟開催がひと段落。

新潟の町や海が好きなので、
毎年新潟開催がとても楽しみなのです。

ただ、今年はこのような状態なので・・・weep

去年の写真を眺めながら、新潟競馬場に行ける日を心待ちに・・・

Img_4057

次も去年の新潟競馬場での写真。
馬運車を見ると、なぜかうわぁheart04となりますねhappy01

私は新幹線よりも車で移動することが多いので、
高速道路などで見かけると
「誰が乗ってるのかなぁ。
えーと今日は土曜日だから、この時間だと中山で・・・」なんてちょっとワクワクします。

Img_4073

(撮影:2019年)


馬を降ろす板(?)の部分に足跡がついていたりするのを見るのも好きですlovely

今回もまた、1日も早い、終息を祈りつつ・・・clover

2020年05月12日

懐かしい写真発掘

PC内のデータを整理していたら、とっても懐かしい写真を発掘しました。

2000年のセレクトセールで3億3,600万円の高値がついて話題になったカームのゲート練習風景 shine

育成中の怪我を克服しての、3歳春の様子です。

20030404carm5

昼夜放牧中の1歳馬(牡馬)たちが並んで眺めているのもかわいかったheart04

競馬場にいるどの競走馬も、こんな風におけいこして来たんだなぁと、
改めて思いますconfidentcloverhorse

2020年05月05日

10年前の今日

今日は5月5日。

船橋競馬場ではダートグレード競走・かしわ記念(JpnI)が行われます。

ふと思い立って、10年前の勝ち馬写真を探してみました。

優勝馬はエスポワールシチー(JRA 安達昭夫厩舎)shine

_mg_7143

2着はフリオーソ(船橋 川島正行厩舎)。

前年のかしわ記念から、GI・JpnI 5勝を含む重賞6連勝での連覇達成shine
向かうところ敵無しのエスポワールシチーの当時の担当厩務員さんに
「エスポくんの弱点をあえてあげるとしたら・・・?」と聞いたら、

「うーん。


・・・

・・・

芝?(笑)」とのお返事。

あれからもう10年・・・早いです。

_mg_7165_2

そして、東日本大震災以降、初めての地元開催となった2011年5月の船橋競馬。
かしわ記念を制したのは地元・船橋のフリオーソでした。

_mg_4031

あの時、どれほど勇気づけられ、感動したことでしょうconfidentshine

この先も、馬たちは、私たちにかけがえのない時間を与えてくれるのだと思いますclover

10年後の2030年に、今日という日を笑顔で思い出せる・・・そんな1日となりますようにshineclover

 

2020年04月28日

ウタマロくん

4月15日、川崎競馬場で行われた3歳重賞・クラウンカップ(SIII)で優勝したのは、
アイルハヴアナザー産駒のウタマロ(船橋 矢野義幸厩舎)でした。

ウタマロくん、昨年9月の2歳新馬でデビューしたのですが、
デビュー戦の後の洗い場で、近くに調教仲間(お隣の坂本厩舎・ダバイジェブシカ)の姿を見つけて、
「ひひん」とないていたというホンワカエピソードもheart04

その時の洗い場(撮影:2019年8月9日)
デビュー戦は2着でした。_mg_8812

「扱いやすい馬ですよhappy01」と中野厩務員が話していましたっけ。

こちらはデビュー戦の二日前、2019年8月7日のウタマロ
カワイイnotesnote

Img_4285

栗毛の感じがお父さんのアイルハヴアナザーによく似ていますね。
お母さんの栗毛はどんなかんじかなぁ。

こちらはアイルハヴアナザーがBRFに来たばかりの夏の写真(2012年8月)。 P8141489_2

クラウンカップでのウタマロ(鞍上は酒井忍騎手)4l6a8467

勝利の後は、重賞ウイナーの「気」が出ていましたshine

4l6a8575

馬名は母馬・ウキヨエ由来。

いとこにノンコノユメ、母の近親にはハーツクライもいる血統。

これからのウタマロくんの走りも楽しみですnotes

2020年04月21日

いいお顔

少し前のことになりますが・・・

3月31日まで南関東競馬で騎乗し、
外国人騎手の短期免許期間としては最多の30勝をマークしたミカエル・ミシェル騎手。

その30勝目となったのは、
南関東重賞ウイナーとなったエミーズパラダイス(門別デビュー)の仔、
エミーズロマンスでした。

エミーズパラダイス 2012年11月 ロジータ記念優勝

715b5a899cf315dbd1bd6413542fbe21

2020年3月31日 エミーズロマンスとミカエル・ミシェル騎手

4l6a7561 

勝ったエミーズロマンスは誇らしげなとってもいいお顔をしていましたshine
「るんnotes」という気持ちが伝わってくるようなheart04

4l6a7600

とってもいいお顔shine

エミーズロマンスの母、エミーズパラダイスがデビューしたホッカイドウ競馬は先週開幕。

明日、22日、23日も開催が行われます。

競馬が開催されることを大切に過ごしていきたいと思います。

2020年04月14日

「エール」に福島競馬場の春を思う

福島県出身の作曲家・古関裕而氏の生涯を描く、NHKの朝ドラ「エール」。

録画して視聴していますが、
福島競馬から徒歩5分くらいの所に、
福島市古関裕而記念館」があることを思い出しました。

福島競馬場に行った時には、何度か立ち寄ったこともnotes

P6308923
(建物裏側からのcamera あじさいがきれいでした。2012年撮影)

展示室に入ったら、いきなり阪神タイガースの応援歌「六甲おろし」が鳴り響いて
「うわぁhappy01heart04この歌もそうなんだ!」となったのを覚えています。

4月の福島といえば、桜がとてもきれいでした。
東北自動車道を下りてすぐの河原の桜。
(2014年4月13日 助手席からの撮影です)
_mg_0819

競馬場の空もこんなに青くて。
春らしい、優しい”空色”でした。(撮影:2014年4月13日)

P4130174

少しでも早く、いつもの競馬場の風景となりますようにclover

2020年04月07日

家族のように。

レースではアスリートの表情を見せている競走馬たち。

だからこそ、馬房に戻った時の、のんびりリラックスした様子が愛しくなることも多々あります。

特に、いつも一緒に暮らしている厩舎の皆さんとの
家族のようなシーンは、何度見てもいいなとしみじみ思いますconfident

こちらはヒルノバーゼル(船橋 坂本昇厩舎)

3月10日 御神本訓史騎手を背に連勝

4l6a5813

こちらはレース翌日の様子。
「いつもはうるさいのに、取材だからネコかぶってるー!(笑)」と言われていた
かわいすぎるおすまし顔heart01(2020年3月11日撮影)

_mg_0377

でも、だんだん本領発揮heart04

_mg_0380

楽しそうnotes

青森生まれのグランコージー
岩手から転入したばかり。

坂本調教師のご家族に遊んでもらっています。(2020年3月11日撮影)

_mg_0337

_mg_0350

坂本厩舎のお馬さんたち、とっても表情豊かhappy01

こんな風に、家族のように触れ合える時間があるってステキだなぁhorseclover

見ている方もシアワセな気分になりますねlovely

今回掲載した写真は、文中にもあるように3月に撮影したもの。
現在は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、
厩舎取材は自粛しています。
取材は電車を利用して向かうので・・・。

かわいい馬たちに会える日を心待ちにしながら、
早期の終息を願う日々です。

2020年03月31日

新しい季節

春になると思い出す懐かしい風景を・・・

Dscf8223

一見、海外のお庭のようですが、
4月、八重桜が咲く川島正行厩舎です。

撮影は2008年。
今年もこの八重桜が咲くのが楽しみです。

 

3月も今日で終わり。

少しでも早くいつもの、楽しい春になればと思いますconfidentclover

 

今回の馬写真は、グッドルッキングホースで話題のケンシンコウ(JRA 小西厩舎)の
当歳時の写真heart04

生産牧場の静内山田牧場さんが提供してくださったものです。

C89t6jrvwaiyqtl
この写真を見るたび、フェルメールの名画のような雰囲気だなぁと思いますshine

2020年03月24日

夢の続き。

12月のコラム・南関フリーウェイでお伝えした、
南関東生え抜きで重賞を4つ制したセレンと、
南関東競馬唯一の3冠牝馬チャームアスリープを両親にもつ3歳牡馬ブラヴール

新馬勝ちした時、見守る力がそこにあるかのように虹が架かっていたのも
印象深いできことでした。

そのブラヴールが、3月18日に行われた京浜盃(SII)で優勝sign03shine

同じオーナー、同じ生産牧場、同じ厩舎・・・
受け継がれたもの、込められた思いなど、
まさに夢の結晶のようなできごとでした。

でも、まだ始まったばかり。
この先、ブラヴールがどんな夢の続きを見せてくれるのか、
しっかり見続けていきましょうshine

大外から一気にすごい脚を見せました。

4l6a6224

本橋孝太騎手
「前走も良い脚でしたし、(大井の)コースも経験できたので、末脚を信じて乗りました。
想像以上に馬が成長していて嬉しいです。
前に人気馬がいたので、それを見ながら道が開かないかなと思っていました。
佐藤賢二調教師からは、『直線は外に出した方がいい』という指示もありました。
これからはマークされますし、もっと厳しい競馬になると思いますが、
ここにきて馬も成長していますし、馬を信じて、ブラヴールを信じて乗るだけです」

4l6a6241

口取り撮影直後のシーン。
担当の前田厩務員の笑顔も優しかった。
素敵なシーンでした。

4l6a6337

2020年03月17日

馬着のかほり。

厩舎取材中、天日干し中の馬着の前にて。

厩舎の方から、
「匂いかいでみて♪いい匂いだから♪」と・・・

_mg_0191

「え”coldsweats01」と一瞬躊躇していると、

「大丈夫、洗濯してるからwinksign03」とのお言葉。

それなら、と嗅いでみたらnotes

やさしい柔軟剤の香りがheart04

「ほらねー!言ったでしょ。
さっき自分でもいい香りだなぁと思ったからすすめたんだよ(笑)」happy01

大きな馬着も、洗濯機で軽々お洗濯。
人の衣類と同じ洗剤や柔軟剤を使っているので、
そばに寄ると、ふわりと静かでやさしい香りがしてくるんですhappy01

最近は乾きやすい繊維になっていて、
こうして日向に干しておくとすぐにいい感じになるとのこと。

「馬に着せてあげよう」と、回収された後には・・・

浄水機能をつけた手作りのお品。
今は使っておらず、ずっと以前、少しでも馬にいいものを・・・と
思って使ってみたそうです。

_mg_0194

厩舎にはそれぞれ、いろいろな工夫があって、
そこには馬たちへの愛が込められているんだなぁと思うひとときでしたcloverhorse

2020年03月10日

ミカエル・ミシェル騎手!

1月から南関東競馬で騎乗している美しすぎる騎手と話題のミカエル・ミシェル騎手。

美しいだけではなく、連日勝ち星をあげて、
アスリートとしてもおおいにファンを魅了していますshine

2月14日 船橋競馬場 林幻厩舎 エネルギヤ

4l6a4910

ちょこっとおちゃめな雰囲気も魅力ですnotesshine

4l6a4935

今週は船橋ケイバ ハートビートナイターで騎乗shine

どんな活躍を見せてくれるのか楽しみですnotes

2020年03月03日

レース以外のお楽しみ、お得風景

3月になりましたね。

今回は、レース以外での、現地観戦ならではのお楽しみ風景をご紹介♪

船橋競馬場。
ゲートが運ばれて・・・

_mg_0209

まず馬場内に収納

_mg_0210
そこにレースを終えた馬が戻ってきました。
スタンド東側にある厩舎からは、馬場内を通って競馬の行き来をしています。

_mg_0212

今からレースに向かう馬とすれ違うこともあります。

_mg_0214

こういうシーンは次のレースの馬たちがパドックを周回している間に見られます。

この後、出走馬の本馬場入場。
ゲートが準備されて、発走となります。

コロナウイルスの影響で無観客状態が続いています。
早期の終息と、歓声いっぱいの競馬場に戻る日を祈りつつの火曜日となりましたclover

2020年02月25日

NARグランプリ2019

2月17日、都内のホテルでNARグランプリ2019の授賞式が行われました。
 

華やかな式典での楽しみのひとつに、関係者の皆さんの普段とは違う装いがあります。
いつもは勝負服姿のジョッキーも、この日はスーツshine 

殊勲騎手賞 御神本訓史騎手(大井)

「初受賞。びっくりしました。
まだまだ皆さんに認めていただくには早いかなと思っています。
昨年は内容が充実した1年でした。
ここまでJBCは2勝(2007年フジノウェーブ 2019年ブルドックボス)ですが、
記録は抜かれるもの。
自分で記録を更新できるよう頑張りたいと思います」

4l6a5294

  

殊勲騎手賞 吉原寛人騎手(金沢)

「(10場の競馬場で重賞11勝の活躍)。
毎回やりがいを感じています。
以前は移動などの段取りで精神的な疲労もありましたが、
回を重ねて精神的にも楽になってきました。
JpnI制覇(マイルチャンピオンシップ南部杯 全日本2歳優駿)の夢も叶いました」

4l6a5320  

 

最優秀勝利回数騎手賞 最優秀賞金収得騎手賞 ベストフェアプレイ賞
森泰斗騎手(船橋)

「騎手として当然のことを心掛けていた結果のベストフェアプレイ賞です。
嬉しいですね。
騎乗だけではなく、日々のことなど、騎手として気を付けていることはたくさんあります。
与えられた仕事に前向きに取り組みながら3000勝に到達したいと思います。」

 「笑顔をお願いします」のリクエストに
シャイで素敵な笑顔を向けた森泰斗騎手。

4l6a5340

皆さん、いで立ちも会話もトップジョッキーのオーラがキラキラと・・・shineshine

 

NARグランプリの詳細はコラム南関フリーウェイでお伝えしたいと思います。

2020年02月18日

大御所様と馬

先日、静岡に行って来ました。

今回は駿府!
大御所様・徳川家康にゆかりの地を周りました。

家康公といえば、将軍職を譲ってからは駿府城に住み、
亡くなった際には、遺言に従ってその日のうちに久能山に埋葬されたとのこと。

その、ゆかりの地・久能山東照宮。

元々武田氏の山城だっただけあって、めちゃめちゃ難所。
今はロープウェイがありますが、重機がない当時、
あの山に建築資材の木やら石やらいろいろ運ぶのは大変だったと思います。

家康の墓所の傍らに、愛馬のお墓もありました。

Img_8500

ちなみに、こちらは船橋法典駅から中山競馬場に向かう地下通路。
家康公の言葉がshine
駅からすぐの壁にありましたよhappy01shine

Img_8952

家康公の愛馬のお墓参りをしたばかりだったこともあり、
この言葉も身近に感じましたhappy01

久能山東照宮近く、日本平には「馬走(まばせ)」という地名もfujihorse

旅の帰路には、美浦に帰るJRAの馬運車とも遭遇。

(もちろん、助手席からの撮影ですclover

ぶ、ぶれてるcoldsweats01

Img_8821

2020年02月11日

”ジャパンCも制したあの馬”の母のデビュー戦写真

2025年の完成を目指してリニューアルされる京都競馬場。

懐かしい風景をまとめておこうと、昔の写真を整理していて見つけました。

2007年4月21日 3歳未勝利戦でのキューティゴールド

これがデビュー戦で、鞍上は武豊騎手でした。

新緑が美しい京都競馬場で、栗毛の馬体がキラキラと・・・shine

育成時代は腰の疲れや左前脚、左後脚などの具合を考慮しながら、
じっくりとデビューに向けて調整されていたというキューティゴールド。

現役時代はわずか5戦でしたが、
母となってからは
秋華賞(GI)やジャパンカップ(GI)を制したショウナンパンドラを世に送り出すなど、
その存在をしっかりと競馬史に刻んでいますshine

若葉を背にした姿が初々しいですねhappy01

Dsc05779

春の京都開催も待ち遠しいです。

2020年02月04日

厩舎ネコ歩き

厩舎エリアを歩いていると、

ネコたちに癒されることもしばしば。

見ているだけで、寒さが吹き飛びますheart04

馬たちの蹄の跡のそばにネコshine

_mg_3369

め、目が鋭くても気にしない、気にしない(笑)
ネズミ捕りのお仕事で大切な本能を感じさせます。

Img_6460

こちらにこようか、どうしようか迷っているおちびちゃん。

Img_5715

馬具を洗う洗濯機の上でのびのび。

この表情は若干ワイルドですが、
なつっこくてかわいい若いネコ。
厩務員さんがかわいがっているので、毛並みもいいかんじですshine

ネコは馬たちとも仲良し。

馬とネコの素敵なショットが撮れたら、
またお届けしますねhappy01

2020年01月28日

レース後の馬たちから感じる「冬」。

二十四節季の大寒も過ぎて、暦の上の春の訪れまであともう少し・・・となりました。

今回の写真は、レースを終えたばかりの馬たちの息から感じる「冬の寒さ」horse

 

1月の船橋ケイバ ハートビートナイターでの写真ですcamera

1月2月のハートビートナイターは寒さ対策のために、
通常より1時間繰り上げでレースが行われていて、写真の1月8日 4Rは15時30分発走shine

 

レイナプルーマ(山田信大厩舎)と矢野貴之騎手

4l6a3198

レイナプルーマの息がほわほわぁと白く伸びていました。

息のあたたかさと空気の冷たさを感じます。

 

リンクスクリスタル(宮下靖旨厩舎)と仲野光馬騎手

4l6a3205

リンクスクリスタルの両鼻から流れる白い息。
人馬ともに砂にまみれていました。

頑張ったんだなぁ・・・と思うシーンconfident

 

光の春2月まであと少しshine

四季がある日本で、冬競馬ならではの光景を愛でながら、
競馬を楽しんでいきたいと思いますwinknotes

 

2020年01月21日

京成杯(GIII)の中山競馬場

前日は小雪が舞う冬の1日となりましたが、
京成杯が行われた1月19日はあたたかだった中山競馬場shine

今まで何度も通っていながら、気づいていたような、気づいていなかったような・・・

で、今回、写真に撮ってみましたshine

船橋法典駅から競馬場に向かう通路入口付近shine

Img_8951_2

8R 2勝クラスで勝利したハルサカエ (美浦 大竹厩舎)。

口取り撮影では勝利へとエスコートしたO.マーフィー騎手が鼻をなでなでnotes

Img_8961

馬着もかわいかったheart04

この日のメインレースは3歳重賞 京成杯(GIII)shine

パドックもにぎわっていましたnotes

Img_8968

レースは新馬戦で目を見張るほどの圧勝劇を見せたスカイグルーヴ (美浦 木村厩舎)が1番人気に。

2番手からの競馬で今回も先頭ゴールか!と思った瞬間、
クリスタルブラック(美浦 高橋厩舎)が外から強襲sign03

クリスタルブラックの鞍上の吉田豊騎手は大怪我からの復帰後初重賞制覇(重賞勝ちは3年ぶり)。
笑顔いっぱいで戻って来た姿も印象的でしたshine

吉田豊騎手
「テンションが高めで道中でかかったけど、向こう正面で落ち着いてくれました。
いい感じで3、4コーナーを回りましたが、まさか届くとは」

京成杯といえば、思い出深い馬が・・・。

2009年の覇者・アーリーロブスト(出走時 栗東 本田厩舎)。
幼い頃、目を患ってしまいましたが、
牧場の方や獣医さんが諦めずに治療したそうです。

地方に転厩した頃のアーリーロブスト。
いつもこんな風にペロっと舌を出していいお顔を見せてくれました。

Acf89893e7b94c05b9aa1c1f1ba21c3f

競走馬引退後は北海道で乗馬になり、
その後、関東近郊で乗馬クラブに所属しているとのこと。

京成杯の日、彼のそばにあの日の勇姿を思い出す人がいたのかも・・・なんて思っています。

2020年01月14日

中央も地方も!懐かしいあの馬たち!

少し前のことになりますが、
昨年の11月1日、船橋競馬場にとって初めてとなる相馬野馬追甲冑競馬が開催されました。

 

元競走馬が出場することでも知られている相馬野馬追。

今回は、2012年のホープフルステークスの勝ち馬・サトノネプチューンや、
2011年のガーベラ賞の勝ち馬・レッドストラーダの姿もありました。

 

夕陽を背にしたドラマチックな写真が撮れましたhappy01shine

 

「熊野権現」の旗 サトノネプチューンshine

_mg_7825

朱地白三石(しゅじしろさんごく)の旗はダンスパフォーマー
現役時代は門別→大井で活躍しました。
2014年に大井のベガ賞を勝っていますが、
父方のおばあちゃんの馬名と同じレースを勝ったことになりますね。

_mg_7811

 

凛々しいshineレッドストラーダshine

_mg_7838

こちらは南関東重賞ウイナーのジャルディーノ
現役時代、馬場入り後に立ち止まって他馬たちを見送るような仕草でもファンに愛されました。

_mg_7907

歴史好きとしても嬉しい光景でした。_mg_7890  

 

人と馬とが文化を大切にしながら創り上げている相馬野馬追。

武者の方々の衣装の柄も、
縁起物のフクロウ(不苦労)や、
後ろに下がらず前にしか飛ばない勝ち虫トンボなどがあしらわれ、
ひとつひとつに文化や想いが灯っていることにも感動しました。

何よりも、家族そのものの馬と人の姿がconfidentclover

相馬野馬追は、2011年の東日本大震災や、
先の台風で、多くの被害を受けてしまったとのこと・・・

相馬野馬追執行委員会の公式サイトはこちらから

公式サイトを拝見したのですが、
平将門の軍事練習が起源とされているのですね!
将門は兵として集めた農民を農作業の繁忙期には家に帰すなど、
農民を大事にしたことでも知られている武将だったと、何かで知ったことがありましたconfident

今年も、レースはもちろん、競馬に息づく文化や人の想い、歴史にも
注目して勉強していきたいと思いますconfidenthorse

 

2020年01月07日

本年もよろしくお願いいたします。

2020年になりましたshine

今年はいよいよオリンピック・パラリンピック開催notesshine

今からすでにドキドキワクワクですhappy01

今年もあちこちの競馬場に行きたい・・・と思っているのですが、

京都競馬場では開設100周年(2025年)の記念事業としての改築がスタート。

また、船橋競馬場もリニューアル工事がスタートします。
こちらは2023年の完成を目指しているそうですshine

京都も船橋も、思い出の多い風景を見納めしておかなくちゃnotes

さて、このかわい子ちゃんは、
友人が勤める牧場で会った明け1歳になる牡馬。

昨年夏(当歳時)の表情heart04

年明けはやっぱり、楽しくなる写真がいいかなと思って選びましたhorseclover

4l6a4947

父はキングカメハメハです。

そして、こちらは・・・

ネズミ年もお仕事頑張るそうですflair

ネズミ担当厩舎ネコのチビさん(こう見えて、超クール)

_mg_8848

今年も馬との時間、競馬を楽しんでいきたいですね。

本年もよろしくお願いいたしますhappy01clover

2019年12月24日

メリークリスマス&よいお年を

今日はクリスマスイブxmas

厩舎でもクリスマスモードを見かけることがあります。

以前撮った写真ですが、厩舎の花壇では・・・

Pc036709

別の厩舎、馬房をよく見てみると・・・

Pc066936

壁にプチリースshine

Pc066937

クリスマスの後は、お正月飾りの出番。

厩舎は縁起を担ぐ日本の文化が息づく場所でもあるため、
日にちを選んで飾ることも多いようです。

本来、12月28日(末広がりの八が入っている)が縁起が良いとされていて、
今年の六曜は友引。

前日の27日は先勝なので、この日に飾ることもありそうですねshine

さて、2019年の競馬はまだまだ続きますが、
ひとまず火曜日は今回が今年最後の更新となりました。

本年もありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。

良いお年をお迎えくださいcloverhorseclover

2019年12月17日

明日は全日本2歳優駿(JpnI)昨年の覇者を振り返る。

明日は川崎競馬場で全日本2歳優駿(JpnI)が行われますね。

昨年の復習をしていて、勝ち馬ノーヴァレンダ(栗東 斉藤崇史厩舎)の
とってもいいお顔を発掘しました。

昨年のレース後、こちらには別のショットを1枚掲載したきりだったので、
この機会に載せておきますね。

4l6a8762

川崎競馬場の撮影では、灯りが玉ボケするのも結構好きですshine

4l6a8815

 このレースが初のJpnI(GI)制覇となった北村友一騎手とnotes

4l6a8845

明日はどんな名場面を見られるのでしょうねhappy01

2019年12月10日

競馬場の魅力

競馬場の魅力はさまざまですが、

空の広さもそのひとつなのでは・・・と思うことがあります。

取材中、美しい空に見とれてしまうことも多々。

ある日の船橋競馬場。

彩雲が出ていました。

Img_6206edited

Img_6285

こちらは東京競馬場shine

なんだか、気高いshine

Dscf2866

空を見上げると、背筋も伸びて健康的。
気分のリフレッシュにもなるそうですshine

やっぱり競馬場って楽しいnoteshappy01

2019年12月03日

そっとエールを送る場所。

10年前の写真を見ていたら、発見しました。

阪神競馬場の装鞍所の写真。

正面に写っているのは真っ白な馬体で多くのファンを魅了したホワイトベッセルです。

JRA初の白毛の優勝馬としても話題になり、京都競馬場の誘導馬となってからも
愛される存在でした。

その美しい勇姿は今も心の中に・・・。

Dscf6431

こちらは東京競馬場の装鞍所。
同じくスタンドから見える風景です。
冬は木立の葉が少なくなって見通しもいいですね。
開催は来年まで一休みですが、その時はまたこういうシーンも楽しみたいと思います。
Dscf1609

スタンドの片隅から見える風景は、

レース前の緊張感もありながら、待機馬房で鼻を撫でてもらう様子なども見えて、

そっとエールを送りたくなる場所ですclover

2019年11月26日

8年半ぶりに日本で騎乗!名手L.デットーリ騎手!

11月23日、雨の東京競馬場がアツい声援に包まれましたshine
 

世界の名手ランフランコ・デットーリ騎手がJRA短期免許を取得。

初戦の3R・2歳未勝利戦で、ヴィアメント(美浦 鹿戸厩舎)を勝利へとエスコートしました。
初戦からいきなり勝利で魅了するなんて、さすがスーパースターshine


日本での騎乗は2011年5月以来、8年半ぶり。

雨が降るパドックには、名手の登場を今か今かと楽しみにしている多くのファンの姿がありました。

 

4l6a0740_2

騎乗すると

「ナンバーワンジョッキー!」

「ワールドナンバーワン!」

など、アツい声援がshine

 

ゴール前ではライアン・ムーア騎手騎乗のヴィクターバローズとのマッチレースとなり、
1/2馬身差での勝利。

豪華な競り合いは見応え抜群でしたsign03happy01sign03

 

デットーリ騎手
「前走のビデオを見て最後はいい脚を使ってくれるのは分かっていました。
ジャンプしたようなスタートだったけど、
ミルコ(デムーロ騎手)とライアン(ムーア騎手)の馬を見ながらレースをすすめました」

 

勝ち馬ヴィアメント。
馬名には「熱烈な、猛烈な」という意味があるそうです。

4l6a0742

 

ファンの声援に応えるデットーリ騎手

4l6a0760

世界の名手の騎乗を間近で見られるなんてconfident
本当に素晴らしい時間でした。

4l6a0780

デビューから4戦目。
ヴィアメントも頑張りましたcloverhorse
キングカメハメハ産駒らしいがっしりした馬体、
ダイワズーム譲りの栗毛も魅力shine
口取り撮影の時、凛々しいお顔できりっと写真におさまってましたよhappy01

こちらのシーンは口取り撮影を終えて、ほっとひと息のお顔。

Img_7231

名手の騎乗に酔いしれ、
凛々しい2歳馬にキュンとした素晴らしい時間でしたshine

2019年11月19日

アルプスの少女ハイジのような・・・秋冬の厩舎取材あるある

子どもの頃憧れたアルプス少女ハイジの藁のベッド。

丸窓から見える星空・・・。

ふと、そんなことを思い出しました。

この風景shine

ホッカホカ、フッワフワの寝藁の中の黒ねこshine

Img_6170

まだ若いネコさんで、厩務員さんが大切にお世話しています。

小さな頃からここで暮らし、馬たちとも仲良し。

Img_6177

角度を変えてみるとこんな感じ。

左下、藁の中にいます。

陽射しに近いあたたかな場所。

馬とネコのほどよい距離感もいいなぁと思いましたhappy01cloverhorse

最近はチップを使っている厩舎も多いのですが、
あたたかく晴れた日、
干している寝藁のふくらみの中に、ネコさんを発見happy01というのも
『秋冬の厩舎取材あるある』のひとつですshine

2019年11月12日

浦和競馬場でJBCが開催されました

11月4日(月)、浦和競馬場にとっては初めてとなる、JBCが開催されました。

当日は晴天に恵まれ、日向は暑いほど。

日陰に入ると11月の風が心地よく、空の青さも爽やかshine

賑やかな1日となりました。

マスコミの数も増大ということで、取材規制もありましたが、
しっかりした控室などもあり、
スムーズに取材することができましたshine

今回は勝ち馬写真を中心にhappy01pencil
詳細は月末更新予定の、コラム「南関フリーウェイ」にてお伝えしたいと思います。

JBCレディスクラシック
勝ち馬・ヤマニンアンプリメ(栗東 長谷川厩舎)shine

鞍上は武豊騎手。

4l6a9147

4l6a9156

JBCスプリント
勝ち馬 ブルドッグボス(浦和 小久保厩舎)
鞍上は御神本訓史騎手。

4l6a9361edit

JBCクラシック
勝ち馬 チュウワウィザード(栗東 大久保厩舎)
川田将雅騎手騎乗でした。

4l6a9423 際どいゴール前でしたshine

騎手コメント取りをしているうちに、口取り撮影終了coldsweats02

勝った後の得意げないいお顔を・・・と、すでに肩掛けがはずされている姿でしたが、
撮影してみました。

4l6a9550

取材した詳細は、コラムで改めてお伝えいたしますね。

いろいろ書きたいことがあってワクワクしていますpencilhappy01

 

2019年11月05日

頑張ったからこそ!

頑張った後にぐったりsweat01

してしまうのは、人も馬も同じ。

今回は、そんな様子をお伝えしましょうconfident

以前撮った写真からcamera

普段は陽気で人懐っこい、
でもレースでは気難しい面もあったこちらのお馬さん。

勝利した翌日の様子です。
普段のやんちゃぶりがウソのようなcoldsweats01

Fbee855cc39cf9ec664c8f742e0837cb

馬栓棒にもたれて、脚(右後ろ)は休憩状態。

この姿を見た時、ホントにホントに頑張ったんだなぁ、

勝ててよかったなぁconfidentcloverと思いました。

こちらは、9月26日、園田のプリンセスカップ(重賞)を制したスティローザ

レースから帰った翌日、9月27日の様子です。

輸送は平気なタイプだそうですが、
出張馬房の環境が合わず、まさかのマイナス12キロでの出走。
それをはねのけ、1番人気に応えての勝利でした。

「よく頑張ってくれました。
疲れて今はお尻向けちゃってます」と吉田厩務員。

ずいぶん耐えて、頑張り通したのが伝わってくるこの姿。
「近寄らないで。ひとりでゆっくりさせて」
と無言のアピール。

_mg_9344

こういうシーンを見ると、もっと馬たちを応援したくなりますconfidentclover

みんな無事に、力を発揮できますようにshine

2019年10月29日

美浦・勢司厩舎 ラグビーボーイ!

台風の影響で代替開催となった10月15日の東京競馬場。

この日の3R・2歳未勝利戦の勝者はラグビーボーイ(美浦・勢司厩舎)でした。

その前々日にはラグビーワールドカップ2019で、
日本代表が名門スコットランドに勝利して4連勝shine

初の決勝トーナメント進出を決めたばかり。

素晴らしいタイミングでの勝利でした。

馬装も厩務員さんのいでたちもラグビー日本代表仕様shine
たてがみもおしゃれshine

Img_5928

_mg_9592

ラグビーへのリスペクトも感じられてとても素敵でしたshine

馬名の由来が「楕円球に恋した少年」というのもロマンティックnote
母の名前はマチカネセキガハラ なんですねsign03

ラグビーワールドカップ2019もいよいよ大詰めshine

決勝戦、そして競馬はJBC開催と11月の幕開けも賑やかになりそうshine

頭の中で、「馬と鹿」が流れます・・・notes

2019年10月22日

2019 YJKトライアルラウンド 山田敬士騎手(JRA)と埼玉新聞栄冠賞(SIII)

10月9日に行われた
2019 ヤングジョッキーズシリーズ(YJS) トライアルラウンド浦和shine

第1戦は小林凌大(JRA)騎手騎乗のウインストロベリー(浦和)が勝利。

第2戦は山田敬士(JRA)騎手騎乗のシェナフウジン(浦和)が勝利しました。

山田騎手はYJS初勝利shine

Img_5871

山田騎手
「小桧山厩舎や青木厩舎など、
お世話になっている皆さんにたくさん騎乗させていただいた経験を
活かすことができました」

ポーズのリクエストにも応えてくれました。
初々しいshineフレッシュshine

Img_5872

これからの活躍も応援したいですねhappy01

2019 ヤングジョッキーズシリーズについてはこちらからご覧いただけますshine

この日に行われた重賞・埼玉新聞栄冠賞(SIII)の勝ち馬はディアデルレイ

JRAから南関東へと転入し、8歳での嬉しい重賞初制覇となりました。

本田正重騎手
「ディアデルレイの競馬ができるよう心がけました。
後続を離しているのはわかっていたけれど、ここまで(7馬身差)とは。
強かったですね!」

4l6a7373 
栗毛の勇姿、かっこよかったですshinehappy01

2019年10月15日

祈りが灯る場所 競馬の中の「文化」

競馬の素晴らしさのひとつにに、
日本の文化に寄り添う祈りの精神があるように思います。

例えば、馬を入厩させる日は「先勝」や「大安」の日を選ぶ。

4という数字は縁起がよくないので(レースの枠番などは別)使わない。
(麦稈やニンジンを切る時は4つに切らないなど)

無事帰るようにカエルの置物を飾る。
厩舎の入り口にお守りを付ける。

取材する側として気を付けているのは、
馬の脚が切れている写真は使わない

などcloverhorse

今回は、デビュー戦に臨む2歳牝馬が厩舎を出発するシーン。

動画でお伝えします。

撮影:2019年9月27日 船橋 矢野厩舎 ロッソアモーレclover


無事を祈る塩をまとわせて、晴れ舞台へと送り出しました。

ロッソアモーレ デビュー戦に向けての洗い場


YouTube: ロッソアモーレ デビュー戦に向けての洗い場

出発シーン


YouTube: ロッソアモーレ デビュー戦に向けて出発

競馬場で走っているどの馬も迎えたデビュー戦。
それぞれに形は違っても、祈りの火が灯っていたのでしょうね。

実はこの時・・・

洗い場の真正面で、ボス猫さんが爆睡していましたcoldsweats01

Img_5744

2019年10月08日

かわいい馬名

今回は、かわいい名前の2歳馬に登場してもらいましょう。

まずは、モッチリ(美浦 伊藤伸一厩舎)

_mg_9022
お母さんの名前がヒアルロンサンなんですねhappy01

うん、納得のネーミングheart04

こちらはイチゴパフェ(美浦 星野忍厩舎)shine

_mg_9023

かわいい馬名ですが、真剣な表情で一生懸命歩いていました。
436キロの小柄な牝馬ちゃん。

さて、こちらは、寝起き(笑)早々に愛嬌を振りまいてくれたウタマロ(船橋 矢野義幸厩舎)。

Img_4276

寝起きなので、チップがついています。

この写真はデビュー前のもの。
親しみが沸く馬名は母ウキヨエからのものですねhappy01

馬名は最大9文字。
その中に込められたいろいろな思いを想像するのも楽しいですねshine

阿部典子

職種
ライター&フォトグラファー

詳細を見る

最新の記事

記事一覧

アーカイブ