2022年05月24日

東京競馬場周辺歴史探訪

東京競馬場周辺で気になる場所・・・

それは、

東京競馬場の最寄り駅、府中本町駅のすぐお隣にある
「徳川家康府中御殿跡」「武蔵国府跡」

Img_8252

Img_8256

ここには、徳川家康の御殿があり、家康・秀忠・家光の3代に渡って、
鷹狩の宿泊所としても利用されたそうです。
また、家康の棺を久能山から日光に移す際、逗留と法要の場にもなったとのこと。

案内板には「厩」の場所なども書かれていました。

この場所から道路を渡ってすぐにある大國魂神社。
頼朝に合流する際、源義経も立ち寄ったと本で読んだことがありますが、

この木、当時からあったのかなぁ。

その頃はまだ若い木だったんだろうなぁと思って見上げた大ケヤキ。

Img_8261

1988年の測定では、高さ約29メートル、
幹の太さは約7.2mだそうです。

ほんとうに雄大な木。
いつまでも見上げていたいほどshine

Img_8263_2

さて、今週末はいよいよ日本ダービー(GI)shine

東京競馬場のローズガーデンも最高潮に美しいことでしょうshine

Img_8285

 

撮影は5月8日。
ローズガーデンの一角、2007年の優勝馬・ウオッカの像。
花が手向けられていました。

Img_8286

みんな無事に、それぞれの力を発揮できますようにcloverhorseshine

2022年05月17日

見慣れない風景も♪

今回は、船橋競馬場の内馬場から、
朝の調教風景を撮った写真を・・・horsecamera

馬や騎乗者がびっくりしないよう、
調教師さんに同行での撮影ですhappy01

スタンドから観ると、ちょうど向こう正面に当たる場所。

ジョッキーは黒いヘルメットが目印。

小杉亮騎手
Img_0829

 

手前は濱田達也騎手Img_0848

 

山中悠希騎手Img_0843



毎朝、こんな風にコツコツと
勝つための時間、
よりよくするための時間が紡がれているんですねclover

2022年05月10日

新緑とバラが輝く東京競馬場

NHKマイルカップ(GI)の日、東京競馬場に行ってきました。

この時期の東京競馬場といえば・・・shine

Img_8272

ローズガーデンshineshineshine

Img_8279

たくさんの方が見とれていましたlovely

コロナ禍の影響で、
この季節に東京競馬場に行ったのは2019年以来3年ぶり。

湿度が高い日本では、こういう花壇を維持するのはとても大変なのではと思います。

きれいなお花を見てほしいという気持ちを感じる風景でもありました。

競馬場のガーデンならではの「蹄鉄」もnotes

Img_8277

ローズガーデンでは、つぼみをたくさんつけたバラも多数。

5月29日の日本ダービー(GI)の時期は、
「ダービーは薔薇の祭典」ということで赤バラが見ごろになるそうで、
今からとても楽しみですshine

そういえば、ケンタッキーダービーでは勝馬に赤バラのレイが掛けられていましたね。

  

NHKマイルカップの勝ち馬・ダノンスコーピオン

「とてもリズム良くバランス良く走れていた」と川田将雅騎手。

表彰式を終え、インタビューに向かう際、
周囲の皆さんひとりひとりに声をかけている姿も印象的でしたshine

Img_8299

レースは、
3着のカワキタレブリーが、2着のマテンロウオリオン にくっついて
ぐんぐん走っていく姿に「おおおー!」となりつつ、観戦しましたshine

 

2022年05月03日

お母さんもスプリント!

今日、船橋競馬場で行われる若潮スプリント(SIII)に出走するシャインポラリス(佐藤裕太厩舎)。

担当するのは母ユーリカ(現役時:山本学厩舎)も手掛けた津乗厩務員です。


ユーリカはボール遊びが大好きでした。
現時点で、川崎900mのレコードホルダーでもありますねshine

ユーリカshine(撮影:2014年6月)P6201914



津乗厩務員によると、
シャインポラリスは右側のお顔がユーリカ似とのこと。

4l6a8410

4l6a8436

ぜひぜひ注目してみましょうhappy01shine

2022年04月26日

レース後の風景

今週の南関東競馬は浦和開催。

先月撮った写真ですが、

Img_7161

レースを終えて、戻って来た馬たち。

この後、装鞍所へ向かい終わり運動を行います。

その間、近隣の皆さんのご協力のもと、
一般道を通過する浦和ならでは光景が見られますねhappy01

Img_7163

Img_7164

浦和の親しみやすさ、魅力のひとつをお届けしましたcherryblossom

2022年04月19日

祈りが灯る場所からの皐月賞

4月17日、皐月賞が行われる中山競馬場へと出かけました。

今回は、いつもと違う道で競馬場へ。

京成西船駅に近い街道沿いには、
いにしえの人々の暮らしの名残を感じられる場所も多々。

神社やお地蔵様、馬頭観世音。

これまで数えきれないほど中山競馬場に通っているのに、
すぐそばに人々の祈りが灯る場所、
歴史を感じる風景があることを知らずにいました。



八坂神社の大銀杏、大椿、
競馬場の3コーナー付近の場外にある熊野神社。

秋にまたゆっくり歩いてみたいと思います。

その時の風景は、Twitterで紹介させていただきました。

馬頭観世音

八坂神社

さて、競馬場では・・・

Img_7736

コロナ禍の影響で久しぶりとなった中山競馬場。

パドックの青い花はネモフィラでしょうか。
大好きな花、矢車草(矢車菊)も目を惹きました。

優勝馬・ジオグリフcamera

Img_7748

Img_7749

Img_7782

ジオグリフは5代血統すべてにチャンピオンサイアーの血が入っているとのこと。

受け継がれてきたもの、思い、ここに至るまでの時間。
競馬のロマンを改めて感じました。

出口専用ゲート付近。
競馬場は八重桜がたわわに咲いていましたcherryblossom

Img_7788

秋には自由に行けるようになっているといいなぁconfidentclover

2022年04月12日

4月の思い出

データを整理していたら、
中山競馬場の懐かしい風景を発掘しました。

13年前。

2009年4月11月、湾岸ステークスの勝ち馬・ダイバーシティshine
鞍上は勝浦正樹騎手でした。

Dscf0254

改装前はこんな感じでしたね。

Dscf0256

ダイバーシティは、3歳5月のデビューでしたが、
デビュー勝ちし、2戦目でも勝利。

1番人気で臨んだ3戦目は福島のラジオ日経賞(G3)で3着。
このレース、現地にいたので、
発走直前の雷を伴う豪雨をよく覚えています。

さて、今週末は皐月賞shine

明日は船橋でダートグレード競走、マリーンカップ(JpnIII)が行われますshine

2012年の覇者はJRAのミラクルレジェンド(岩田康誠騎手)でした。

_mg_9450

どの馬も、無事に力を発揮できますようにclovershine

2022年04月05日

春眠暁を・・・

春眠暁を覚えず、といいますが、
厩舎に行くと、
ゆったりと横になって、
くつろいでいるお馬たちに出会うこともあります。

「馬は立ったまま寝る」と耳にすることも多いせいか、
競馬初心者の方にこの話をしたら、
「え?横になって寝るの?」と驚かれたこともありました。

時には、
「え?馬もあくびをするの?」とかcoldsweats01

あくび、しますheart04

Dscf9051

くつろぎモードの姿notes

Dscf8975


馬房が安全な場所だと分かっているせいか、
いびきをかいて爆睡horsesleepyということもありますものね。

こちらがそのような感じ・・・

_jpg_54820

 

寝起きのゴロゴロ2秒前wink

_jpg_54836_2

Dscf8994

ゆっくり休むのも大切ですねconfident

2022年03月29日

13年ぶり!

3月23日に行われたダイオライト記念(JpnII)。

2009年のフリオーソ以来となる、
13年ぶりの地方競馬所属馬による勝利となりましたshine

今回は優勝馬・ノーヴァレンダ(川崎 内田勝義厩舎)の
喜びいっぱいのシーンを
ただただ、愛でる回となりますshinewink

鞍上は森泰斗騎手shine

ノーヴァレンダはJRAでデビュー。
全日本2歳優駿(JpnI)で優勝するなど、
ゆくゆくの活躍が楽しみな存在となっていましたが、
2020年に屈腱炎を発症。

苦しい時期を乗り越えて、川崎へ移籍。
ダイオライト記念優勝は、待望の交流重賞制覇でしたshine

4l6a8917_2

地元船橋でのダートグレード競走優勝shine
喜びの森泰斗騎手shine

4l6a9041_2

勝ったことをわかっているかのような
得意顔のノーヴァレンダshine


4l6a9057

4l6a9066

優しいシーンが撮れましたshine

4l6a9108_2

4l6a9139

関係者の皆様、おめでとうございましたhappy01

さて、いよいよ春本番cherryblossom

新しい季節、楽しみいっぱいですshine

2022年03月22日

明日はダイオライト記念、と「さら」

大規模リニューアル工事中の船橋競馬場。
しばらく無観客開催が続いていましたが、
昨日、3月21日から5日間開催されるハートビートナイターで、
久しぶりにファンの皆さんの姿(現定数)が競馬場に戻ってきました。

先月オープンした新スタンド(グランドオープンは2024年3月予定とのこと)shine

まだちょこっとしか探訪していないのですが、
「空気感さえもきらめいているshine」と思える空間です。

そういえば、「さら」のにおいがしました。

「さら」って関西では”新しい”とか”新品”という意味で
普段何気なく使うと思うのですが(転勤族だったので関西にも住んでいました)
関東では「?」となるようで・・・

以前、高速道路で、新しくできたサービスエリアに寄った時、
近くにいたマダムたちの
「”さら”のにおいがするな」
「うん、そうやな。”さら”やな」
という会話が聞こえて来て、ちょっと懐かしかったです。

Img_69231

 

さて、明日は交流重賞のダイオライト記念が行われます。

10年前の覇者はランフォルセshine

_mg_7576

こちらを見据える目を今も時々思い出しますが、
とてもイケメンなお馬さんだったなぁと思います。

_mg_7589

この時はまだハートビートナイターではなく、昼間の開催でした。

明日、この新しい席から見える勝者は誰なのでしょうねhappy01

_mg_6633

2022年03月15日

あれは3年前

今日は3月15日。

ちょうど3年前、石崎隆之騎手の引退セレモニーが行われました。

その時の様子は当時お伝えしましたが、
未掲載の写真も含めて、
今回改めて・・・。

こちらは、2008年5月7日の写真。
この頃の、特に5月の船橋競馬場はレースから戻って来る背景に緑が多く、
個人的にとても好きな風景でした。

光を受けて光る葉がキラキラと・・・shine
Dsc07671

この馬、この時は3歳でC1クラス。
しかし、この頃からメキメキ頭角を現し、
翌年には南関東を代表する存在へと成長しました。

そう、石崎隆之騎手とのコンビで多くのファンを魅了したセレンです。

この写真、とても気に入っていますhappy01

さて、2019年3月15日の写真は・・・・

_jpg_107395

_cr2_55751

そして・・・


_cr2_55785

今回は、3年前の今日を振り返ってみました。

そろそろ競馬場の桜も気になりますねhappy01cherryblossom

2022年03月08日

フェブラリーステークス(GI)

2022年もはやくも3月8日。

桜の開花が楽しみな季節となりましたね。

今回は、冬の終わりを告げるレース。
フェブラリーステークスの優勝馬、カフェファラオの優勝を写真で振り返りましたcamera

カフェファラオは見事連覇達成shine


今年のパートナーは怪我から復帰した福永祐一騎手。
笑顔も素敵でした。

4l6a7137

コロナ禍になってから、
人馬のこういった写真を掲載できる機会も減ってしまったので、
撮れたこと、ここに掲載できることがとても嬉しいですshine

4l6a7131

ちょうど席の正面だったので
撮影することができましたcamera

カフェファラオに労いの手を添える福永騎手。

4l6a7159

 

去年の勇姿も飾られていました。

Img_6970

やっぱり現地観戦はいいな、と思う1日となりましたnoteshappy01

2022年03月01日

凛々しく誇らしく美しく!

3月になりましたねbudshine

明日は川崎競馬場で牝馬によるエンプレス杯(JpnII)が行われます。

明後日はひな祭り。

そこで、今回は、
牝馬たちの
凛々しく、誇らしく、美しい表情を写真で振り返ってみました。

まずは・・・

ノットオーソリティ(2014年2月 ユングフラウ賞優勝時)

_mg_6268 

翌月に行われた浦和の桜花賞(SI)。
優勝したのはサメのかわいいメンコを着けたシャークファングでした。

_mg_9063 

こちらは、2011年のエンプレス杯の覇者・ラヴェリータ
武豊騎手を背に、前年2着から女王の座へshine

_mg_1244 

 

2017年のエンプレス杯はワンミリオンスが勝利。4l6a5531 

2021年のエンプレス杯はマルシュロレーヌshine

4l6a2002

さて、明日はどんな凛々しく誇らしく美しい表情が観られるのでしょうねhappy01shine

2022年02月22日

大事なお仕事遂行中。

今日は2022年2月22日。

2月22日は「猫の日」だそうですが、
今年は「2」がいっぱい、2022年2月22日shine
“にゃんだふる”な「スーパーねこねこの日」としてイベントなどもあるようです。

 

そこで今回は、厩舎に無くてはならない存在。

ネコさん特集shine

ネズミ退治をして
馬たちの大切な飼料や衛生を守るというお仕事以外でも、
馬たちの気分転換に、
一役買っているようですよhappy01

2009062401

2020021002

ある冬の日・・・
ちょっとびっくりしましたcoldsweats01
中に入りたかったのね・・・

2010020201

20100420


20190218

まだまだ写真はあるのですが、キリが無いのでcoldsweats01

厩舎猫たちは厩務員さんが大切にお世話していますhappy01

2022年02月15日

久し振りに。

2月13日、久し振りに東京競馬場へと行って来ました。

取材規制が始まりまもなく2年。

久し振りの東京競馬場は、
初心を思い出す時間にもなりました。

入場者制限中ということと、
この日が小雨だったせいか、
ひとけがない場所で、ポツンとちょっぴり寂しそう・・・

Img_67452_2

結構大きいshine

Img_67462


 

閉鎖中の場所も多いけれど、
馬の気配がする場所、
そして、空からの光が差す場所はいいですね。

Img_67472

Img_67482

ジェントルマンなターフィーくん
Img_67632_2

共同通信杯のパドックImg_67651

大きな声での声援はできないけれど、

やっぱり競馬場はいいな、と思うひとときでしたshine

2022年02月08日

記録と記憶。新しい場面を紡ぐ場所へ。

大規模リニューアル工事中の船橋競馬場。

故川島正行調教師も暮らした厩舎も、取り壊し予定地となり、
工事がスタートしています。

撮影:2022年1月

_mg_6274



ちょうど10年前の1月。
川島正行調教師の後について厩舎をまわっていた時の、この厩舎での写真です。
上の写真の、右側に通路があってそこでニワトリを飼っていました。
(撮影:2012年1月)

P1240072

撮影:2022年1月_mg_6369

撮影:2009年2月Dscf8654

撮影:2010年2月
「江川(当時所属騎手)が歯を治したから写真撮ってやって。
エガワのエガオだな(笑)」と和やかな雰囲気でした。

Dsc07254

たくさんの思い出、記録と記憶が刻まれた場所。

新しい役割を担い、次の歴史を紡いでいくのですね。




2022年02月01日

明日は川崎記念(JpnI) 

明日は川崎記念(JpnI)が行われますね。

今回は、このレースを3連覇したホッコータルマエの勇姿を
写真で振り返ってみましたshine

まずは2014年
迎えた厩舎スタッフに
「ただいま!勝ったよ!」みたいなお顔heart04happy01

_mg_5020

 

2015年
正面からでも、「立派な頬」がわかる写真。
どうどうと、王者の風格shinecrown

_mg_8943

 

2016年 3連覇達成shine
その表情から、
レース後も残る、闘志の炎を感じました。

_mg_3006

こうして振り返ると、
ほんとに強かったなぁ・・・と改めて思います。


ホッコータルマエといえば、
産駒・ママママカロニ も話題shine

明日の川崎記念はどんなレースになり、
その先の未来にどんな楽しみが待っているのでしょうnoteshappy01

いい写真が撮れるといいなぁcamerashine

2022年01月25日

偉業!幸せに満ちたシーン。

昨年12月29日に行われた東京大賞典(GI)での
喜びいっぱいのシーンを振り返りましょうshine

4l6a3593

4l6a3624

4l6a3629

4l6a3753_2

4l6a3854

4l6a3917

ミルコデムーロ騎手の傍らには、
弟のクリスチャンデムーロ騎手。

2011年1月、初めて日本で騎乗したクリスチャンデムーロ騎手の傍らには、
見守る兄の姿がありました。

もう11年前。

Dscf7717_3

この先に繋がっていた、素敵な未来。

4l6a3967

幸せに満ちたシーンでしたclover

今年も、たくさん馬と人の素敵なシーンを撮っていきたいなぁhappy01

2022年01月18日

年度代表馬のデビュー戦

昨日、NARグランプリ2021の表彰馬・表彰者が発表されました。

地方競馬情報サイトへリンク

地方所属馬として初めてJBCクラシック(JpnI)を制したミューチャリーと、
川崎記念とかしわ記念のJpnI2勝をあげたカジノフォンテン


年度代表馬はどちらになるのだろう、と多くの皆さんが思っていたことでしょう。

地方所属馬として初のJBCクラシック(JpnI)優勝を評価された
ミューチャリーが受賞しましたが、
カジノフォンテン(ダートグレード競走特別賞馬を受賞)はJpnI2勝。
フリオーソ以来、10年間途絶えていた地方所属馬の川崎記念とかしわ記念優勝という
素晴らしい成績をあげました。

また、年によっては年度代表馬にも該当した
ジャパンダートダービー(JpnI)優勝のキャッスルトップ(3歳最優秀牡馬を受賞)
の存在も忘れるわけにはいきませんね。

ミューチャリーもカジノフォンテンも、そしてキャッスルトップも船橋の生え抜き馬。


こうして振り返ると、コロナ禍の中で、
馬たちはたくさんの元気をくれていたのだな、と思ったりもします。

さて、今回の写真はミューチャリー(馬主:石瀬丈太郎様 生産:芳住鉄兵様(新冠))。

2018年8月10日。
ハイビスカスデビュー2歳新馬を勝った時のものです。

ホントに芦毛?という黒っぽさ、まだかわいらしい顔つきがhappy01heart04

_cr2_49707

この後、後検に行き、そこから戻って来た時の様子は・・・

あ、来た来た!
次のレースで他馬に乗っていた御神本訓史騎手と厩務員さんが何か会話を・・・

あれ?

_cr2_49775

何か口元から出てる?

_cr2_49782

お腹がすいて、後検所の藁を「もしゃもしゃ」してしまった模様happy01

ミューチャリー、得意そうないいお顔を向けてくれました。
このシーンはミューチャリーファンにはお馴染みかも知れませんが、
今回の受賞にちなんで、掲載してみました。

_cr2_49792

ミューチャリーは現時点で、
2月26日(現地時間)、サウジアラビアで行われるサウジカップに予備登録中。


今年も活躍が楽しみですshine
(撮影:2022年1月)_mg_6242

2022年01月11日

久し振りに!

朝日杯フューチュリティステークスが行われた日。
久し振りに阪神競馬場へと出かけました。

コロナ禍での取材規制の影響もあり、
2年以上遠ざかっている阪神競馬場。
今回は観客として、ようやく、ようやく・・・。

仁川駅のお隣、小林(おばやし)駅近くのケーキ屋さんや、
パン屋さんにも行きたかったのですが、今回は断念。

逆瀬川のグラタンのお店や、
西宮北口の駅のパン屋さんも好き。

宝塚も近い阪神競馬場周辺は、
素敵なお店がたくさんありますねheart04

 
仁川駅から競馬場への通路。

Img_57892

 

場内ではターフィーくんが、
とっても可愛くおもてなししてくれましたnotes

Img_58052

Img_58072

どうもありがとうhappy01

噴水ショーも堪能shine

Img_58131

 

こちらは予約した席からの風景。
奥にレースを終えた馬たちが見えました。

Img_58151

ちょっとお得な気分shine

Img_58182

後ろ姿は、9R高砂特別で勝利したクインズメリッサですshinenotes

朝日杯フューチュリティステークスのパドック。

Img_58241

2歳馬たちのGIの晴れ舞台を祝福するかのような陽射し。
眩しく、あたたかく・・・shineclover

勝ち馬はドウデュースhorse

そして、武豊騎手にとって、
初の朝日杯フューチュリティステークス優勝shine

Img_58381

と、遠い・・・。

やっぱり競馬場はいいなぁ、と思う1日となりましたshine

宝塚市は宝塚歌劇団にちなんだスミレのお花のマンホールもかわいかったですshine

Img_57751

2022年01月04日

2022年もよろしくお願いいたします

あけましておめでとうございますshine

2022年最初の更新となりました。

今年の干支は寅。

競馬界でトラといえば、やはりshine

20090817

2022年、たくさん素敵なことがありますようにcloverhorsefuji

本年もよろしくお願いいたします。

2021年12月28日

この先も。

12月3日に船橋競馬場で行われたカトレアデビュー2歳新馬。

3鞍あった新馬戦のうち、2Rで勝利したのは、
山中尊徳厩舎のインプレシオ でした。

生産は安平町、
テンポイントフジヤマケンザンの生産牧場としても知られる名門吉田牧場です。

仁川駅から阪神競馬場正門へと続く通路のパネルshine

Img_57952

吉田牧場といえば、2020年に競走馬の生産終了を発表。

このインプレシオは母ミネサランジャにとって忘れ形見でもあります。

晴れの新馬勝ちshine

4l6a3132

私が吉田牧場にお邪魔させていただいたのは2度。

初めはずっと以前。
2度目は2019年春にアブクマポーロに会いに行った時でした。

Img_2376

調べてみたら、この写真の日の3日前にインプレシオは生まれていた模様。
この敷地のどこかで、母馬と一緒にいたのですねconfidentclover

競走馬の生産は終了しても、
吉田牧場の名の下で育まれた馬たちの走りは
この先ずっと、多くの競馬ファンの心に残り続けることでしょう。

インプレシオの活躍も楽しみですclover

このレース、砂粒が飛ぶ中、
2歳馬たちが奮闘しました。

4l6a3123

それぞれのこれからにも、たくさんのエールが届きますようにclover

今回が2021年最後の火曜日の更新となりました。
今年1年ありがとうございました。

よいお年をお迎えくださいclover

2021年12月21日

愛情ごはん

地方競馬所属馬として初めてJBCクラシックを制したミューチャリー

厩舎では、矢野義幸調教師お手製のクローバーを食べていることも
「かわいいclover
「素敵heart04」と話題になっていますねshine

 

こちらは先月末の様子。
刈りたて

_mg_5705

これは9月に種を蒔いたもの。

Img_52601

「雑草取りも大変なんだよね」と矢野調教師。

Img_52641





Img_5276

厩舎には収穫したクローバー置き場もあって、
他のお馬さんたちも満喫していますclover

愛情いっぱいのご飯、いいなぁcloverhorse

2021年12月14日

心の中に残したい風景

大規模リニューアル工事中の船橋競馬場。

厩舎地区も一部取り壊しが決まっています。

ここもそのひとつ。

_mg_4652

ここは坂本昇厩舎があった場所。

2006年のオーシャンステークス(GIII)の覇者・ネイティヴハート
暮らした厩舎です。

引退が決まったネイティヴハートを囲む、やさしい風景もここでの出来事。
気性が荒かったというネイティヴハートですが、
引退が決まり、別れを惜しむ「家族」の前では
こんなにやさしい表情をしていました。
撮影日は2007年12月27日。
(写真は、2012年に船橋競馬場の関係者で開催した写真展の案内用に使用したものの一部)

5891467dcdbc2521e97aefddb5b13dc0_1

 

ここには、あの名馬も滞在していました。

それは、引退が決まった後の、アジュディミツオー

引退式はここからいつもの川島厩舎の洗い場へ移動、
セレモニーへと向かいました。

2009年11月18日

Dscf5209

こちらは坂本昇厩舎の別棟。
馬や人が引っ越して、ひっそりとした門口に、バラが一輪。
忘れないでね、と咲いているようで、ぐっときてしまいました。

_mg_5526

 

ここは矢野義幸厩舎。
取り壊しが決まっているので、
JBCクラシック優勝馬のミューチャリーもお引越しです。

かわいい猫さんも一緒にね。

_mg_5443

爪とぎ。
お気に入りのこれも、持って行けるといいね。

_mg_5418






2021年12月07日

中京競馬場は馬も歴史も

コロナ禍でここ2年ほどご無沙汰の中京競馬場。

中京競馬場といえば、

_jpg_109173

眺望抜群shine

以前撮ったものですが、こちらは誘導馬・プラチナムペスカ

_jpg_109177

中京競馬場近くには歴史を感じる町並みも。

この時は通過だけだったので、
いつかゆっくり行ってみたいclover

_mg_3485

_mg_3475

中京競馬場には車で出かけることが多いのですが、
新東名の長篠設楽原SA(下り)がすごいですsign03

長篠の合戦(織田信長・徳川家康連合軍VS武田勝頼の軍勢 織田・徳川方の勝利)で
信長が本陣を築いた場所の隣にあるサービスエリア。

Img_46382

Img_46391

撮影スポットもありますshine

Img_46411

Img_46452

地元の設楽原をまもる会の方が作っている
「かるたでつづる設楽原古戦場」という本が
地元ならではの詳しさだったので1冊購入しましたshine

ちなみに、上り・東京方面は、敗者となった武田氏の領地方面へと向かうからか
このような華やかさはなく、
落ち武者まんじゅうを、売っていましたcoldsweats01

お車でお出かけの、競馬好き歴史好きの方におすすめのSAですshine

2021年11月30日

2021年11月に振り返る”11月のあの日”

今日で2021年11月も終わり。

最近では9月になるとすぐハロウィン。
ハロウィンが終わるとすぐクリスマス、という雰囲気ですが、
木々が多い東京競馬場の11月は晩秋の美しい色彩に溢れていて、
とても好きな季節です。

_jpg_3019

今年はまったく堪能できなかったので、
過去の写真を発掘してみました。

2009年11月15日。
赤松賞に出走したクラキンコ

_mg_8867
このレースの勝ち馬は後に3冠牝馬となるアパパネでした。

 

2012年11月17日 2歳新馬
白毛のブラマンジェ

Pb175711

 

2015年11月15日
オーロカップ優勝馬 ロサギガンティア
と、
電光掲示板はエリザベス女王杯勝ち馬のマリアライト

_mg_1701
エリザベス女王杯のレースが終了してからの口取り撮影でした。
秋の空が高く、芝生に影が長く伸びていました。

 

2019年11月23日 2歳未勝利戦 優勝馬ヴィアメント
8年ぶりに来日したL.デットーリ騎手が騎乗初戦を見事勝利したレース。
小雨が降っていて、色彩は寂しい雰囲気に見えますが、
パドックでも「No1ジョッキー!」などの声援がとび、
場内は熱気に包まれていたのを覚えています。

Img_72271

 


次回東京開催には競馬場に行けるといいなぁ・・・
その際には、ぜひ、パドック裏の石垣も愛でたいと思いますhappy01

_mg_2480



2021年11月23日

11月に思い出す馬。

自分の人生に大きく関わったな、と思う馬が何頭かいます。

あの馬と出会ったから、あの人々と出会った。

あの馬と出会ったから、新しい世界への扉が開いた。

あの馬との出会いが、想像もしなかった未来へと繋がっていた。

それは誰よりも淀を愛したあの馬だったり、

牧場から出発する前日に蕁麻疹を発症。
涙を流していたという、入厩がお預けになったあの馬だったり

会えばいつも「撫でて」と顔を向けてくれたあの馬だったり。

それは、GI馬だったり未勝利馬だったり、さまざまです。

そんな中、11月になると思い出すのは、

この馬。

Bukky0301112

父タマモクロスの栗毛の牝馬shine

JRAでは新馬戦で2着でしたが、結局未勝利。

200209bukky04

200209bukky06

JRAから南関東へ移籍。
その後、岩手で9歳秋まで走りました。

父譲りの激しい気性。
馴致から大変だったそうで、
「競走馬になれないかと思った」と携わった友人が語っていました。

20031210funabashi02

Img_4285_2

この馬との出会いが、今に繋がっている。

牧場では、
イブキバレリーナの仔だから「ブッキー」と、
愛情いっぱいの名前で呼ばれていたマイネピルエット。

競走成績はけして華やかではないけれど、
私の人生にとって、とても大切な存在です。

空へと駆けて12年。
思い出すことで、また会えた気がします。

2021年11月16日

競馬場の空 ミラクルな瞬間

天高く・・・の秋も終盤ですねhorsemaple


空好きとしては、
競馬場の空の広さ、その美しさにもたびたび見入ってしまいます。

取材中にミラクルな風景に出会うこともshine

もうずいぶん前の写真ですが、

2011年夏、勝ち馬の上に虹が架かりました。

_jpg_95414

馬はツヨガリ

祖母はメイクミーレインボーズ shine

口取りのわずかな時間だけかかった虹。
血統表を見て、「うわぁsign03shine」と感動したのをよく覚えています。

   

こちらは、南関唯一の3冠牝馬チャームアスリープと、
南関重賞馬セレンの仔・ブラヴール

レースの時はそれまで降っていた雨があがり、
新馬勝ちを決めた直後のわずかな時間、故郷北海道の方角に虹が架かりました。

Img_7720

 

 

ある時はパドックに大きな虹が。

20190115001


 

下の写真は大井競馬場から見えた空。

映画「天気の子」にも登場して話題になった『かなとこ雲』

P71378142

 

空とスタンドが一緒に見える風景もいいですねshine


新潟競馬場ではここからの風景が
フジ棚の緑の下に、
馬も空もスタンドも見えて気に入っています。

Img_35411

今週末のJRAは東京・阪神・福島での開催。
東京はスタンドから見える冠雪した富士山がきれいな季節。

阪神は上空をゆく飛行機を見上げてちょっと旅気分になってみたり。

福島の空はもう冬の気配がしているのでしょうか。

競馬と共に、
空の美しさも堪能していきたいと思いますhappy01

2021年11月09日

JBCクラシック優勝 ミューチャリーのオフショット

11月3日に金沢競馬場で行われた第21回JBCクラシック(JpnI)shine

今回は、地方所属馬として初めてこのレースを制したミューチャリー(船橋 矢野義幸厩舎  馬主:石瀬丈太郎様 生産:新冠 芳住鉄兵様)の
プライベートショットを中心にお伝えしましょうshine

矢野義幸厩舎の公式サイトに携わらせていただいているいる関係で、
レースとはまた違う魅力いっぱいのミューチャリーのショットを多数保有中。

厩舎ブログで使用したものもありますが、
強く頼もしいミューチャリーのかわいい一面をお伝えできればと思います。

2歳の頃。
こうして鼻を伸ばして「ボク、ここにいまーす」と
アピールしているのをよく見かけました。

6295ea14a6635b9b2d555dbf3e620fa2

B3f403ac0680f7504557e6f6ba270436

5b557fd0c8ab28f4f3dd76d44eae796d

レースでは気性が激しいパイロの血を受け継いでいるのが伝わってきますが、
普段はこんなにフレンドリーなお顔。
 

かじり中。

5264e483cdcbdb1982f77b2547d689ab

Bffbcd44e6bb976aef0c417e5609ac28

F3dea2ef974f88db7dc81cec9674b19b

2019年2月。
雲取賞のレース後。
砂をたくさんかぶっての奮闘でした。

5fa5032ddebda87aebac91f635befff5

2021年6月 帝王賞

Ec425868fa0e590ddbe1a249f79e70b6

 

2021年10月25日。
JBCクラシック約1週間前の様子。

_mg_5460

2歳の頃からボールなどの遊び道具が常備されています。
でっぱりがあるボールをくわえて、
ブンブンふっていたことも。

ボールは馬房の外に転がっていることもあります。

馬房の前のお水のこぼれ具合が、
なんとなく、気性をかもしだしている・・・ようなheart04

以上、JpnIホースとなったミューチャリーのプライベートショットでした。

これからもケガなく、私たちを魅了する走りを応援していたいと思いますclover

2021年11月02日

明日は金沢と門別でJBC!

明日、11月3日は金沢競馬場と門別競馬場でJBCが行われますね。

金沢での開催は2013年以来2度目とのこと。

金沢といえば、金沢城。

お城好き、石垣好きとしては、
もう、ずっと見ていたい・・・shine
どんな歴史があったのか調べていたい・・・shine
と思う場所です。

2018年夏に行った時の写真。
テレビなどでも時々紹介されている、いっぱい家紋?模様?が
彫られているコーナー。

_jpg_119301

以前、あるベテラン競馬関係者の方と
「競走馬の血統は知っていても、
自分の血統はあまり知らないよねぇcoldsweats01」という話をしたこともあって、
祖父母たちの除籍謄本を取り寄せたことがありました。

以前から祖母の母系は金沢出身だと聞いていたのですが、
実際に除籍謄本を取り寄せてみたら、
先祖は加賀藩に仕えた武士だったと判明。

金沢を舞台にした「武士の家計簿」は大好きな映画ですが、
ご先祖さまもああして出仕していたのかなぁなんて思ってみたりもします。

ちなみに、どうしても5代前血統までさかのぼりたくて、いろいろ調べました(笑)

さて、10年前、2011年のJBCは大井での開催でした。

この年からJBCレディスクラシックがスタート。
第1回の覇者はミラクルレジェンド(JRA)でしたshine

_mg_5501

 

JBCスプリントはスーニ(JRA)_mg_5550

鞍上の川田将雅騎手が笑顔でスタッフと握手shine


スーニといえば、
オデコのモリっとしたところがかわいいなぁnotesと思っていました。

JBCクラシックは、スマートファルコン(JRA)

_mg_5621

この一瞬だけでも馬の強さが伝わる
美しいガッツポーズの武豊騎手shine

さて、明日はどんなレースになるのでしょう。
どの馬も、無事に、怪我無く、力を発揮できますようにcloverhorse

2021年10月26日

競馬場取材でのアウター問題。

ぽかぽかとあたたかな秋の日・・・かと思っていた埼玉新聞栄冠賞当日。

去る10月20日。

この時期の取材は服装に悩む季節です。

電車や建物の中では上着は必要ないけれど、
外に出ると肌寒い・・・

そして、夕方、さらにナイター競馬の夜は「寒いっbearing」となることも多々。

そのため、
たためる、シワにならない、

ちょっとした雨なら水滴をはじく(フード付きならなお良し)、
軽い、ポケットがある、
往復の電車移動など街で着ていても「大丈夫」
(作業着っぽくないというおしゃれ度のことですcoldsweats01

な上着の存在が大切ですshine

その埼玉新聞栄冠賞。

10歳馬・リッカルドの美しさに見入ってしまったパドックshine

4l6a03992

勝ち馬は1番人気に応えたタービランスでした。

4l6a0564

 

4l6a0621

強風が吹き、肩掛けもなびいてしまい・・・

4l6a0635

タービランスを管理する水野調教師が直してくださっていました。

そして、思いました。

砂を払いやすい素材という点も、
競馬場でのアウター選びの条件として大切なのだと・・・。

幸い、今愛用しているアウターはとても優秀で気に入っていますhappy01

2021年10月19日

内馬場でのレア写真!

データをいろいろ整理していたら、
とっても貴重な写真があることを思い出しました。

2015年3月31日 船橋競馬場の朝の調教風景。
入厩したて、2歳馬の初めての馬場入りの様子です。

Img_0816

競馬場の内馬場での調教。

この角度での調教はなかなか見られない光景だと思いますが、
さらに、
この写真、
引退当日の張田京騎手(現調教師)と、
その息子・張田昂騎手の親子ショットでもあるのですshine

Img_0785

Img_0809

手前、張田京騎手騎乗 コクスイセン


奥、張田昂騎手騎乗 レオダイナミック

撮影時、ともに岡林光浩厩舎。

ちなみに、
コクスイセンは7月のリアトリスデビュー2歳新馬で勝利。
その後JRAでも3勝をあげました。

レオダイナミックは6月のライラックデビュー2歳新馬で4着。
2戦目で勝利。
ともに張田昂騎手騎乗でした。

こちらは、内馬場から調教師部屋(調教を見る所)方向。
建物のベランダ部分に人影が見えますね。
スタンドから見ると向こう正面にあたる場所です。

Img_0823

今回は、
普段はなかなか見られない角度からの風景と、
張田親子の貴重ショットをお届けしましたcamerashine

馬場入りの写真にも写っているスタンドは現在リニューアル工事中です。

そうそう!

船橋競馬公式YouTubeで、リニューアル工事中の様子を観ることができます。
騎手会会長の川島正太郎騎手出演。
貴重な映像ですので、多くの皆さんにご覧いただければと思いますshine


YouTube: 【船橋競馬】大規模改修工事の“イマ”2021

2021年10月12日

煌きとベテランと若手と

2週間前のものですが、
1998年に日本テレビ盃(JpnII)がダートグレード競走となってから
初めての牝馬優勝を達成したサルサディオーネの写真をhappy01

4l6a0247

矢野貴之騎手や厩務員さんの喜びの中、
サルサディオーネの背景に光る街灯りがきらめきを添えて
とても素敵なシーンでした。

青森産の7歳牝馬shine

4l6a0254

2010年にフリオーソが優勝して以来、
11年ぶりの地方所属馬による日本テレビ盃制覇でした。

 

馬場での口取り風景。
背景に光が入ることを知っていたのでそれを狙っていましたが、
嬉しい偶然がshine

厩務員さんが労いの手を添える瞬間をとらえることができました。

4l6a0298  

次走はJBCを予定しているとのことhappy01shine

さて・・・

こちらは9月28日 1R。
勝ったのは
南関重賞ウイナーエミーズパラダイスの仔、エミーズミツオー(父メイショウボーラー)。

鞍上は19歳の篠谷葵騎手。
2着馬のジョッキーはMr.Pinkことベテランの内田利雄騎手。

4l6a8993

ふと調べてみたら、
2002年6月30日、内田利雄騎手はJRAのラジオたんぱ賞(GIII)をカッツミーで優勝。
その1カ月前、5月29日に生まれたのが篠谷葵騎手でした。

ベテランと若手。
人生と競馬の歴史と・・・shine

こちらも素敵なシーンでした。

2021年10月05日

食欲の秋に思い出す馬

10月最初の記事です。

早いもので今年も残り3ヵ月ですね。

あっと言う間に秋!

今回は「食欲の秋」をテーマにしてみました。

今週末から第4回新潟開催となりますが、
新潟といえばやはり

お米shine

Pa144207

こちらは、何年か前に新潟競馬場に行った時にいただいた
「枝豆おこわ」です。

Pa144205

コンビニで買ったのか、場内の売店で買ったのか、
忘れてしまいましたが、
美味しかったことはよく覚えていますhappy01

新潟競馬場へは車で出かけるのですが、
競馬場に行く前に、
漁港近くの食堂(漁師のおかみさんたちがやっているそうです)で
朝ごはんを食べるのがとても楽しみshine
今はコロナ禍でなかなか叶いませんが、
お出かけできるようになったら、
また堪能したいと思います。

Img_35091

さて、ここからはお馬さんの写真を載せていきましょうcamera
ずいぶん前の写真ですが、
忘れられない、食いしん坊がいましたshine

大根一本を2分くらいで完食coldsweats01

6316cba48f2c85d2da53cd3e44aec0b4

馬が大根を食べるところを初めて見たので、
「うわぁ、すごい食べっぷり!」と思って見たのを良く覚えています。

このお馬さんは、寝藁も食べるのでチップに変えたら、
こんどはチップも食べてしまったと聞いたことがありましたsweat01

A416280dbcf899d51e3bd08ea939f20e

厩舎スタッフの方々も「なんでも食べちゃうんだよねcoldsweats01」とsweat02

食べるのもものすごく速かったので、

0191a0b4e0505623289c626cfabcd63f

鼻で避けながら、
ゆっくり食べるようにと、
飼い葉桶にはゴルフボールが入れられていました。

食欲の秋というと、この馬を懐かしく思い出しますconfidentclover

2021年09月28日

砂まみれで掴んだ勝利

普段、JRAを中心にご覧になっている方から、
「地方競馬を観たら、騎手が砂まみれでびっくりした!すごい迫力!」と
聞いたことがあります。

どれくらい砂まみれかというと・・・

場合によっては、このような感じflair
4l6a8749
お顔の色が砂色になるほどの「砂まみれ」・・・。
人馬ともに大変です。

写真は、
雨続きの開催だった9月上旬の船橋競馬場、ハートビートナイター。
この日の馬場は「稍重」でした。

そして、上の写真の背後にちらっと写っているのは、
本橋孝太騎手。

本橋騎手が勝利へとエスコートしたのは、
2020年6月に門別で新馬勝ちし、
南関移籍6戦目で待望の2勝目をあげた3歳牝馬 オルディノ shine

戻って来た時の、
本橋騎手と、
迎えた飯田厩務員の笑顔、喜びのシーンがとても素敵でしたshine

4l6a8765

4l6a8779

今週の南関東競馬はハートビートナイターshine

明日は日本テレビ盃(JpnII)が行われますshine

2021年09月21日

明日は白山大賞典!

明日、金沢競馬場で行われる白山大賞典(JpnIII)に出走するミューチャリー(船橋)shine

最近では大井記念(SI)で優勝するなどの活躍を見せています。

こちらは最近撮影したプライベートタイムのミューチャリー。

_mg_4986

馬房の奥でのんびり。

 

ミューチャリーといえば、新馬勝ちした時のこの表情がとても印象深いです。

20180810

2018年8月・・・もう3年前なのですね!

レースではパイロ産駒らしい気性を見せるミューチャリーですが、
普段はこんなに愛らしい表情も見せています。

57e436d3d6e264c2b4a99a0e232f695e

白山大賞典は初コンビとなる吉原寛人騎手が騎乗shine

どんな走りを見せてくれるのでしょうhorseshine

どの馬もみな無事にclover
力を発揮できますようにshine

 

そういえば、ミューチャリーの馬房の後ろ側の厩舎に行ったら・・・

_mg_5008

右上からネコさんに見られていましたhappy01
ちらっと見えている馬は、ミューチャリーの隣の隣あたりの馬房かなnotes

2021年09月14日

ボールの理由は・・・

少し前の写真ですが・・・

たくさん吊るされたボール。

ツンツンとつついてちょっと楽し気な表情ですねhappy01notes

P5080674

以前、掲載したユーリカの記事 では、ボール遊びでしたが、

実は、このお馬さんの場合は、「旋回癖」防止のためのボールなんですflair

P5080685

厩務員さんが試行錯誤。
馬房を交換して環境を変えてみたり、
こうしてボールを吊るしてみたり。

後日、一番端の馬房で裏に木が生えている場所に引っ越したら、
旋回癖もおさまってきたと聞きました。

生きもの相手。
競馬の奥深さを感じますshineconfidentclover

2021年09月07日

あれから7年

9月7日。

今日は川島正行調教師の命日です。

あれから7年が経ちました。

2006年から亡くなった2014年まで、
9年間厩舎公式サイトに携わらせていただき、
また、JBIS-Searchでは、
毎月の連載、「川島ファミリーがゆく!馬道ひとすじ」を書かせていただいていました。

今振り返ってみると、本当に貴重な、
本当に大切な時間を過ごしていたんだなぁ・・・と思います。

朝の厩舎にて。

P1240071

厩舎はいつもきれいに整理整頓shine

 

P1240072

こうした移動中には、
騎手を目指していた頃に減量がつらかった話、
故郷松尾の自然の話、
「馬も、きりっと芯のあるいい顔してるのが良い」、
「のどかな風景に憧れる」というようなことをいろいろ話していらっしゃいました。

写真左側は、厩舎で飼っていたニワトリさんたちの小屋(時々敷地内で放牧)。

最後の弟子、仲野光馬騎手がジャパンダートダービーを勝ち、
JpnIジョッキーになった時には、
きっとあのお茶目な笑顔で
いつものように、
「魔法使いのおじさんだからね、ここからちゃんと観てたよ」と言っていたのでは・・・confident

7c948ebe5b022249355419d3282ca2d5

自分は特別なことはしていない。

当たりまえのことをコツコツと。

よく、そう話していた川島正行調教師。

馬道を見つめた、あの日々を思い出す1日になりそうです。

2021年08月31日

入厩の朝

過去の写真を整理していたら、
2歳馬の入厩シーンがありました。

少し前に撮ったものですが、
一般的にはあまり目にする機会もないと思いますので、
今回のテーマにしてみましたhappy01

馬運車到着の連絡を受けて、
調教師さんと厩務員さんがお迎えに。

この写真、自転車に乗っているのは船橋の矢野調教師。
馬の血統やこれまでの健康状態が書かれている「証明手帳」を見ています。

(コロナ禍以前の写真なのでマスクは着けていません。早くこういう日常が戻って欲しいですね)

P7270217

P7270218

長旅お疲れ様。
北海道からの馬運車はフェリーではなく陸路で移動します。
(フェリーを使うのは津軽海峡部分のみ)
緊急時に、できるだけ早く獣医さんに診てもらえるようにするためだそう。

 

厩舎に向かいます。
おや、足元に人参が(笑)

P7270223

まずは、お疲れさまのおやつをどうぞ。

P7270237

厩舎によって違いはあると思いますが、
馬たちの無事な活躍を祈って
入厩の日を「大安」や「先勝」などにすることもclover

競馬場にいるどの馬にも必ずあった「初めての入厩日」。

今日もきっとどこかの競馬場でconfidentcloverhorse

2021年08月24日

ある日の風景。

以前撮影したものですが、
ある日の船橋競馬場の厩舎地区の風景。

レースを終えたばかり、砂まみれで戻って来た馬。

これから厩舎に帰って、きれいにしてもらいますshine

この場所は、スタンドから見ると、ちょうど向こう正面にあたります。

木々の緑が元気にもりもりshine
オナガなどの野鳥も多いので、自然のパワーいっぱいともいえますね。

_mg_4230

すぐ近くにららぽーとやIKEA、
幹線道路が走っているなんて思えない緑の多さclover

都会の中で、何百頭も馬が暮らしているのって、実はすごいことなのでは・・・shine
Img_2419

大切にしたい場所だなぁと思いますconfidentclover

2021年08月17日

好きです札幌

JRAでは夏競馬、札幌開催が行われていますね。

過去の写真を眺めて、
その土地での楽しい時間を思い出しています。

札幌競馬場といえば、
いつもこのお店が気になっていました。
とても素敵な雰囲気shine(撮影:2016年)

_mg_0069

長い歴史を見て来たんだろうなぁ・・・と思い、
前を通るたびに、ついつい撮ってしまいます。

写真は2016年夏。
この風景にまた会いたいshine

こちらは2016年のSTV賞優勝時のウインムート

_mg_0130

この後も中央のダートのオープンクラス、
そして、ダートグレード競走でも活躍しましたねshine

背景のポプラ並木、そして空の色が「札幌」heart04

東京オリンピックのマラソン中継でも、札幌競馬場が映っていましたね。

おおー!と思いながらTV観戦していました。

そういえば、「好きです札幌」という歌がありましたっけ。

高校の修学旅行が札幌や白老、洞爺などだったのですが、
その時にバスガイドさんが歌ってくれましたnotes

あの頃はこんなにも何度も札幌に通う身になるとは思っていませんでしたhorse

札幌といえば、「北海道大学」。

このキャンパスがもう素敵でheart04(撮影:2016年)
北海道大学は東京オリンピックのマラソンコースとしても使用されましたね。
今度行った時には、コースを歩いてみたいなぁconfident

Img_3429

好きです札幌の歌がリフレイン中ですnote

2021年08月10日

歴史を見て来た壁。

今週の南関東競馬はハートビートナイター。
船橋開催が行われています。

船橋競馬場といえば、大規模リニューアル工事が着々と進められていることを
こちらでも何度か取り上げていますが、

ファンエリアからは見えづらい、
でも、とても近い場所に、
歴史を見て来た壁があるのです。

それはコチラ。

Img_2549

ゴール前付近にあるこの壁、
かつて船橋競馬場の内馬場に全国初のオートレース専用走路があった頃のなごりだそうです。
競馬場の開場が1950年(昭和25年)8月。
オートレース専用走路ができたのはその年の10月とのこと。

オートレース場は1968年に移転し、残念ながら2016年に廃止となりましたが、
ここにその名残が存在しているのですね。

オートレース移転後は、馬たちの走りを見守って来た壁でもありますshine

そのリニューアル工事はこんなかんじで、新しいスタンドの形が少しずつ見えてきました。

_mg_4406

歴史を見て来た壁と、これからの歴史を見て行く新スタンドが、
今はすぐそばで寄り添っている、2021年夏の船橋競馬場です。

あ、撮ってるのを見られてた(笑)shine

2021年08月03日

10年前の今日。

時々掲載している「10年前」シリーズ。

10年前の「今日」、2011年8月3日は
大井競馬場で行われた第32回サンタアニタトロフィーで、
カキツバタロイヤルが優勝した日でした。

_mg_9885 (2011年8月3日 撮影)

小柄な馬体で、数々の重賞を制覇。


2008年笠松でデビューし、2009年に船橋に移籍。
2016年の引退まで、70戦して15勝を挙げ、4つの重賞を制しました。

重賞初制覇は2010年7月28日 大井のサンタアニタトロフィー(SIII)shine

函館一昭調教師にとっても、
今は亡き本多正賢騎手にとっても待望の重賞初制覇でした。

そして、その1年後の2011年8月3日。

石崎駿騎手を背に、連覇となったのがこの日のレースcrown

2016年の引退時には
「長く一緒に居過ぎてね、寂しくなりますね。
7年近く一緒にいましたからね。
これから立て直そうと思えばできるけど、
ここまで良く頑張ってくれたし、
オーナーも無事なうちにという気持ちもあって引退させることにしました。
息の長い走りで無事にほんとに頑張ってくれましたね。
性格も良い馬ですから、この先も大事にしてもらえるでしょうね」
と語っていた函館調教師。

そのしみじみとした口調から、
カキツバタロイヤルと過ごした時間に込められた、
たくさんの想いが伝わってきました。

さて、この春。

種牡馬入りしていたカキツバタロイヤルに待望の仔が誕生sign03
仔は牝馬で、母はウインホイッスルだそうですshine

多くのファンに愛されているカキツバタロイヤル。

これからは産駒の成長も楽しみになりますね。

2021年07月27日

記憶と記録。

船橋競馬場では現在大規模リニューアル工事が行われています。

厩舎地区も一部が取り壊しに。

この写真は、取り壊し予定の矢野義幸厩舎から、
残ることになっている川島正一厩舎を見たところ。

_mg_3115

現在、川島正一厩舎の一部となっている写真に写る建物は、
もともとは川島正行調教師が馬たちのためのこだわりを持って建てた厩舎でした。
フリオーソアジュディミツオーマズルブラスト
クラーベセクレタナイキマドリードなどもここで暮らしました。
この先もこの場所で、名馬たちの住処なっていくのですね。

取り壊し予定の矢野義幸厩舎は、すぐ近くに移転。
ここは重賞勝ち馬・ミューチャリーウタマロも暮らしていました。

毎年5月にはたくさんの花をつける黄色のバラは、
矢野調教師自慢のバラでもあります。

移転先はここ。(元椎名厩舎)_mg_3126

 

リニューアル工事が決まってから、
記録を兼ねて写真を撮っているのですが、
青空にそびえるスタンドに、緑がもじゃもじゃしている姿も残しておきたい(笑)

_mg_3155

そういえば、最近レトロ好きの間で話題になっている
昭和型板ガラスが厩舎では健在です。
もう国内では作られていないといういろいろな模様が入っているガラス、懐かしいですねshine
歴史を紡いできた場所の、大切な風景だと思って撮りましたcamera

_mg_3558

これからも記憶と記録を大切にしていきたいなぁconfident

2021年07月20日

スプリントといえば・・・

6月15日の新設重賞・川崎スパーキングスプリント(SIII)の初代チャンピオンは、
カプリフレイバー(船橋・稲益厩舎)でした。

その時の出馬表を見て、「お!」と思ったのは、

コースレコード

51.5 2014.06.12 不良・曇
ユーリカ  牝4  脇田創  51.0

の文字。

そうか、ユーリカの記録が今もconfidentshine
取材した時のことを思い出しました。

ユーリカといえば、2015年に引退した脇田創騎手とのコンビも
記憶に鮮明ですshine

さわやか~shine

Aef176a775229a4c49c8340ac23f22a7

馬房ではボール遊びも大好きでしたheart04

093fdd6de68055bf1f0439d339aea9eb

92a02e47cb61cbb059f5d29bc208ea17

「るんnote」というような表情がかわいいshine

競走馬引退後は繁殖の道へと進んだユーリカ。

調べてみたら、この春はフリオーソの牝馬を出産したようです。

さて、明日は船橋で習志野きらっとスプリント(SI)が行われますね。
瞬きの時間も惜しんでレースを堪能したいと思いますshine

2021年07月13日

”空好き”さんにも!

競馬場に行くたび、空の広さにうっとりすることもしばしばですshine

競馬場は空が広いshine

こちらは船橋競馬場。

Img_2418

いろいろな雲が出ていました。

業務エリアからの空。

工事中でいろいろな線がありますが、空は広いshine

Img_2437  

パドックから見上げた空。

Img_2446

空を見上げると、リフレッシュにもなりそうhappy01

競馬場は空好きさんにもお勧めですnotes

この写真は、少し前に撮ったもの。
厩舎地区からの夕景。Img_2456

 

函館競馬場ではこんなシーンもshinecamera

この写真は2年前のもの。Img_4590

現在放送中の朝ドラ「おかえりモネ」も、空がたくさん出てきますね。

今は、自由に観戦できない状態ですが、
いつか、また以前のように競馬を楽しめる時が来たら、
空好きさんたちにも
競馬場の空の美しさ、そして、競馬の楽しさを知っていただければ嬉しいですねhappy01clover

2021年07月06日

2021年前半を締め括る熱戦

6月30日。
2021年の前半を締め括るこの日に、
帝王賞が行われました。

優勝したのは、JRAのテーオーケインズcrownshine

4l6a6246

松山弘平騎手を背に、2着馬に3馬身差での快勝でした。

4l6a6535_2

ファンの姿がある競馬場。

最初のスタンド前では、歓声の代わりの拍手がshine
応援する気持ちが伝わる音っていいなconfidentと思いました。

4l6a6548

この日、今年度のイメージキャラクターのお一人、
志尊淳さんがプレゼンターとして来場されていましたが、
予想やレース展開・・・競馬愛が伝わるコメントに感動しましたhappy01

「凄かったですね。
ちょっと興奮しすぎて展開とか覚えてないくらいです。
僕は本命をオメガパフューム、対抗がテーオーケインズで、
3番手がオーヴェルニュにしていました。
昔から競馬が大好きで、大井競馬場にも何十回も足を運びました。
このことは(イメージキャラクターに)就任するまで話さないと決めていたので、
こうして楽しく話せる日が来てとても嬉しいです。
名物のもつ煮も何回も食べました」とのことshine

本当に競馬が好きなんだなぁと思わせる「熱」が伝わってきましたshine

普段の競馬場の風景が戻って来た時には、
ファンの皆さんの間でもつ煮人気もさらに熱くなりそうですね。

 

さて、今回も、撮影頑張りました。

4l6a6682_2

撮影可能エリアでしゃがんで撮ったショット。

テーオーケインズさん、優勝おめでとう、目線をくれてありがとうな1枚ですconfident

2021年06月29日

すごい!帝王賞1週前追い切りVR映像!

船橋競馬をホームに話題になっている

ハートビートVRチャンネル」(公式)をご存知ですかhappy01

現役競走馬、騎手によるVR映像sign03shine

・・・と書いても、

「???」となる方もいらっしゃると思いますので、
百聞は一見に如かずshine

こちらをどうぞshine

第44回 帝王賞出走スペシャル ミューチャリー1週前追い切り調教VR


YouTube: 【船橋競馬】第44回帝王賞 出走スペシャル ミューチャリー1週前追い切り調教VR

動画を静止画にするとこんな感じ。
右側は待機所。
船橋競馬場のコースでは2コーナー付近です。

201638779_808534640030800_186327409

ミューチャリーといえば、
2歳新馬を勝った時、後検を終えて厩舎に戻る時、
藁をお口いっぱいにくわえて得意顔で歩いていましたっけ。

8bbfc9cc8db7ae5f4d1f545ca69e0fd1 (2018年8月)

ミューチャリーは普段はかわいい顔で出迎えてくれるのですが、
追い切りをし、レースが近づくと
さすがにパイロ産駒らしい激しさもshine
馬房には近づかず、遠目からでもその気配は伝わってきます。

VRでは、一緒に併せたキングガンズラング(2018年の京成盃グランドマイラーズの覇者)目線での
映像も公開されていますshine


YouTube: 【船橋競馬】第44回帝王賞 出走スペシャル キングガンズラング目線追い切り調教VR

他にもカジノフォンテンのかしわ記念の追い切りや
ジョッキー目線での迫力ある映像がいっぱいshine

ハートビートVRチャンネル

ぜひチェックしてみてくださいねhappy01

2021年06月22日

宝塚記念に登録中!

6月27日に阪神競馬場で行われる宝塚記念shine

今年の競馬の前半を締め括る大舞台に、
地方競馬出身のミスマンマミーア(栗東・寺島厩舎)が登録していますshine

道営でデビューし、南関へ。
取材させていただいた思い出の馬ですconfident

登録馬の欄にこの名前を見つけた時はとっても嬉しかったshinehappy01

2017年12月  

中山で出走した時のミスマンマミーア。
当時の所属は船橋の佐藤賢二厩舎。

このレースが道営から南関東への転入初戦でした。

E67b732d87092872b733328846386998


力があることをわかっていた故佐藤賢二調教師が、
「まじめにしっかり走ってくれていたらなぁ・・・」とレース後にコメントしてましたっけ。

ささりながら走っていたそうですが、34.4、上がり一番時計での終いの脚は見事でした。

華やかなお顔がheart04

E1c313646d48519b12290093b305911c

 

出走したら全力で応援したいshine

そして、どの馬も、力を発揮して、怪我無く無事なゴールをcloverhorseconfident

2021年06月15日

東京ダービーの写真

6月9日、大井競馬場で東京ダービー(SI)が行われました。

写真には撮れませんでしたが、
取材に行く途中、モノレールから見た夕陽がとてもきれいで感動しました。

勝ち馬・アランバローズの東京ダービーといえば、
東京らしいビルの向こうの夕空がとてもきれいな日だったな・・・と後々思い出すことでしょう。

東京ダービーのパドックが始まる頃の場内。
夏の訪れを感じさせる風が吹いていました。

_mg_2934

そのアランバローズshine

ゴール直後、左海誠二騎手がグッとガッツポーズshine

4l6a5244_2

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、取材規制が行われ、
撮影も指定の場所で。

今回はカメラ2台を持参。
ズームレンズも使えるようにしていましたが、
メイン機が単焦点レンズなので、
本来は撮りたい図が撮れる場所に移動できるのがベスト。

馬が歩く場所、ひるがえる肩掛けのレース名が見えるかどうか、
馬の表情などなど・・・

いろいろなことが運任せでしたが、今年も何とか撮れましたshine

4l6a5514_3

被写体からは少し離れている場所、前は通路にもなっているので、
関係者や従業員さんが時々通りますcoldsweats01
「前に誰もかぶりませんように~happy02」という気持ちでcamera

20210609002

東京ダービーについては、コラムでもお伝えしたいと思います。

 

こちらは10番人気で3着だったブライトフラッグ 

重賞なので馬主服着用という騎手も多数。

ブライトフラッグは本橋孝太騎手騎乗でしたshine

4l6a50792

阿部典子

職種
ライター&フォトグラファー

詳細を見る

最新の記事

記事一覧

アーカイブ