2022年11月29日

あの日のクイーン賞(JpnIII)の後には・・・

明日は船橋競馬場で牝馬によるダートグレード競走・クイーン賞(JpnIII)が行われます。

クイーン賞といえば、

2011年12月、クラーベセクレタが勝利した後のシーンが思い出深いです。

Pc077566

後検を終えて厩舎に戻っていく頃には最終レースも終了。

通常は内馬場を通りますが、
もうその日のレースが終わっているので、
スタンドの目の前、馬場を通って厩舎へと戻っていきました。

その姿を目にしたファンの皆さんがカメラを向けると・・・

Pc077622_2

立ち止まり、プチ撮影会スタート。

地方競馬、あの頃の船橋競馬場ならではの
古き良き時間を感じさせます。

クラーベセクレタは繁殖入り。

もう孫もいるんですねぇ、早いなぁthinkshine

2022年11月22日

大國魂神社・酉の市。と、新たな道で頑張るあの馬の孫

少し前のことになりますが、
天皇賞が行われた日、東京競馬場に行って来ました。

久しぶりに、たくさんのファンの姿がある競馬場shine

うわぁ賑わってるなぁhappy01noteshineと思いつつ、ふと横を見ると・・・

Img_3018

Img_30192

東京競馬場に近い、
大國魂神社で行われる酉の市に関するお知らせがflair

Img_30193

今年もいよいよ残り1ヵ月ちょっとなんだなぁ・・・と思いましたconfidentclover

酉の市が行われる大國魂神社Img_3011

さて、今回の馬写真は・・・

母父はオグリキャップ

船橋競馬場で誘導馬としてお仕事をスタートさせた
ストリートキャップですshine

_mg_8230

初心者マークをつけての誘導ですが、
とってもお利口さんで上手にお仕事をこなしているそう。

この時、お鼻がぷくぅっとなっていていいお顔。

「気分が良いとお鼻がふむらみます。
誘導を楽しんでいるようですよ」とのお話でした。

_mg_8233

とてもいいお顔でしゅっと立ち、
撮影に応えてさっそうと戻って行ったストリートキャップ。

来週28日からの船橋ケイバ・ハートビートナイターでもこの勇姿が楽しみです。

2022年11月15日

明日はハイセイコー記念

明日は大井でハイセイコー記念が行われます。

ハイセイコーといえば、
BRF明和の放牧地での最晩年の姿を思い出します。

9月の終わり。
牧柵にトンボが止まっていて、
その奥で、ハイセイコーがのんびり草を食んでいました。

あの時、うわぁ、ハイセイコーだ!と思ったのですが、
今となれば、もっともっとあの姿を目に焼き付けておけばよかったなぁとも思います。

 

さて、思い出深いハイセイコー記念のシーンといえば、

2014年の優勝馬 ストゥディウム

_mg_3243

矢野義幸厩舎ゆかりの血統・ルースリンド産駒としても注目されていたストゥディウム。

平和賞から中1周で重賞2連勝。

父から受け継いだすごい末脚でゴール板を駆け抜けました。

レース後、ストゥディウムからもうもうと汗の蒸気が立ち上っていて。。。

_cr2_14144

 

ストゥディウムは種牡馬となり、
2021年には3頭の牝馬が誕生。
産駒一覧へリンク

早ければ産駒のデビューは2023年。
今からとても楽しみですshine

さて、明日はどんなレースになるのでしょう。

みんな無事に、力を発揮できますようにhorseclover

2022年11月08日

手作り、と懐かしい風景

以前撮った写真の中に、

お道具を作っているベテラン厩務員さんの姿を発見。

P2089152

棒の長さなど、
使いやすいように工夫している様子です。

厩舎の道具といえば、
水を使う洗い場では、
魚屋さん用のエプロンを使っている方の姿も。

タオルも大切なお手入れ道具として活躍。
気温が低くなると、
冷えないようにと馬の首元にバスタオルを巻いているのを
見かけたこともありました。

くるまれてるのがカワイイheart04

1a2f7ee772ecf9c0f1914f15ec8d19d8

 

今回はもう1枚。

E2eofqavcamiwt4

川島正行厩舎で飼われていたニワトリさんたち。(2013年)

大規模リニューアル工事に伴って、
この写真の右側は、現在工事現場に。

今の船橋では見かけませんが、
かつてはこうして厩舎でニワトリを飼っているところもあったとのこと。
このニワトリさんたちは、
2010年頃から登場したので、
川島正行調教師の、
懐かしい風景を再現したい、という気持ちだったのかな・・・
と思います。

猫に襲われないか、いつもハラハラしていましたが、
群れでいるので、大丈夫だったようです。

 

2022年11月01日

競馬場の中の標識

厩舎地区を歩いていると、
よく見かけるのがこちら。

_mg_9492

曲がり角や突き当りに、
ミラーが設置されていることもあります。

_mg_9493

厩舎を歩いているせいか、
普段も一旦停止や左右確認、背後確認をするようになりました。

犬の散歩をしている人と出会った時、
つい馬を引いている人をイメージしてしまい、
横に待機して道を譲ったこともcoldsweats01

厩舎の洗い場では・・・

_mg_8412

人馬とも安全第一ですねcloverhorseconfident

2022年10月25日

魅力アップ!

大規模リニューアル工事中の船橋競馬場。

今年春にオープンした新スタンドではテラスが好評。

早い時間帯にはファミリー層が楽しむ姿も多く見られるようになりました。

空も広くて、開放的。

夕方、プレスルームを出ると、

こんなに素敵な光景も見られる日も。

ファンの皆さんの目線からはきれいな夕陽が見えたのではと思います。

Img_9526

競馬場で働く車を見るのも楽しそう。

この日のハロー車は・・・


Img_0024

テラスからだと、
小さなお子様もよく見えるのではと思います。
(足元や隙間など、安全に注意してご覧くださいね)

いろいろな楽しみ方が増えて

魅力アップnotesshineですhappy01

2022年10月18日

厩舎作業 地面のお手入れ

埋め立て地に建つ船橋競馬場。

そのため、水はけがあまりよくないと聞いたことがあります。

そういったことを改善するため、
厩舎ごとに砂を入れたり、
ゴムを敷いたりと、
いろいろな工夫をしているとのこと。

_mg_9476

馬の足元を考慮して、
1枚1枚、厩務員さんが手作業で丁寧に貼り付け。

_mg_9484

厩舎でのお仕事、他にもいろいろありそうですshine

2022年10月11日

厩舎作業 また来年。

厩舎取材をしていると、
季節の区切りを感じる光景とであることがあります。

それは例えば

解体された扇風機。

ひと夏、厩舎で使ったのでほこりがたまってしまいました。
藁やチップのくず、
砂なども。

_mg_9949

厩務員さんがひとつひとつきれいに洗って、
来年の夏に備えます。

いくつもあるので、
結構大変そう。

_mg_9953

厩舎の仕事はいろいろ。

こういった作業も、
馬たちを支える大切なお仕事なのですねshine

2022年10月04日

圧巻の戸塚記念と、あの日から繋がったセントライト記念

9月15日に行われた戸塚記念(SI)の覇者は
浦和・藤原厩舎のスピーディキックshine

今回はその勇姿を堪能したいと思います。

ゴール板から離れた位置は、
ゴール後だからこその、
ジョッキーの大きなガッツポーズと笑顔を撮影できる可能性が高い場所。

今回もその場所からの撮影ですshine

山崎誠士騎手shine

4l6a6496_2

 

4l6a6493

Img_0627


4l6a6681_2

4l6a6651


誇らしく、美しくshinecrownshine

優勝の直前から、エールと祝福が競馬場全体に広がるのを感じました。

多くのファンが待ち望んでいたヒロインそのものconfidentshine

horseclover

さて、2011年の戸塚記念の勝ち馬はナターレ

(写真は 2013年 浦和 しらさぎ賞優勝時) 

_mg_1671_2

そのナターレの産駒、ガイアフォースが、
9月19日に行われたセントライト記念(GII)で優勝しました。
最後は熱い一騎打ちに。

地方も中央もshine

さらに楽しみいっぱいの秋となりそうですshine

2022年09月27日

レコードタイム

明日、9月28日は日本テレビ盃(JpnII)が行われます。

先日、ふと、船橋の番組表を見ていたら・・・

Img_0111_2

1800のレコードホルダーに
ボンネビルレコード」と「的場文男騎手」の名前がshine

平成20年(2008年)の日本テレビ盃での記録ですshine

Dsc02871

Dsc02903

競走馬引退後は誘導馬へ。
そして、今年、北海道で次の馬生を歩み始めたボンネビルレコード。

今もレコードホルダーとしてその名を残しているってすごいshine

あの日のレースを思い出しながら、
明日のレースを楽しみにしていたいと思いますshine

 

 

2022年09月20日

JRA交流での写真

少し前のことになりますが、
8月23日、船橋競馬場で行われたナティビット特別での騎手写真camera

発走時刻は17:50。

JRAではレースが終了している時間帯なので、
JRA所属のジョッキーも、普段と違った雰囲気の写真となりました。

藤田菜七子騎手 ストロングフォース(JRA 根本厩舎)

4l6a4840

レース後は砂まみれ。

ダートの迫力を感じますね。

4l6a4966

 

この夏、アイビスサマーダッシュを制して重賞騎手の仲間入りをした杉原誠人騎手 
騎乗したのはベルマリエ(JRA 伊藤厩舎)

4l6a4846




船橋ケイバの小杉亮騎手のキリっとした表情もshine

ケラウノスカズ(船橋 玉井昇厩舎)

4l6a4887

船橋競馬場といえば、リニューアル工事が進行中。

8月開催ではパドック周辺にグリーンのシートが張られて
さらに映える、明るく楽しい雰囲気になりましたshine

_mg_7867

 

2022年09月13日

夏の思い出

先日、所用で会津方面へと出かけました。

道中、何台もの新潟競馬場帰りの馬運車とすれ違いましたhorse
(助手席からの写真です)

おつかれさまcloverの気持ちを込めてcamera

Img_9659

  

Img_9795

会津 鶴ヶ城の桜ケ馬場跡地。
藩の馬の訓練所があったそうで、
開場の際、ここで人員検査が行われ、男性は猪苗代に送られたとのこと。

大河ドラマ「八重の桜」で、
人員検査通過のために八重さんが男装していたのを思い出しました。

幕末の会津藩の歴史を想う場所です。

 

鶴ヶ城。

Img_9812

  

旧白河通り(博労通り)相生町

この界隈では、
蒲生氏の時代に馬市がたっていたそうです。

Img_9692

  

旭町の旧道で偶然遭遇。
馬頭観音。

Img_9678

いにしえの人々の祈りが、今もそっと灯る場所。

短時間ながらも、
会津の歴史に触れる旅となりました。

会津の慶山焼、会津木綿のはぎれ。
草履は磐梯熱海で購入したもの。

地元の方が丁寧に作ったお品。

大切に使いたいと思います。  

Img_9944


  

2022年09月06日

8年経ちます。

明日、9月7日は川島正行調教師の命日。

リニューアル工事が進む船橋競馬場を見ると、

競馬場のためにいろいろと尽力されていた姿を思い出します。

厩舎の設備面でも、ご自身でいろいろと工夫されていました。

P2230267

川島正行調教師といえば、
ファンに楽しんでもらいたい、という強い思いを持っていたことでも知られています。

 

亡くなる1か月半前、最後の重賞制覇となった
習志野きらっとスプリントでは、
表彰式で受け取った花を、1本1本ファンに手渡す姿がありました。
当時、体調もとてもつらかったのではと思います。

 

また、マスコミも大切にし、
できる限りインタビューに応じて
競馬場のためになること、
ファンのためになること、
ファンが喜ぶ話はどんどん伝えて欲しい
そのための協力は惜しまない 
とおっしゃっていたのも川島正行調教師でした。

 

朝の洗い場。
馬の足元を見ている背中。

Dscf8351

取材の朝、
おなかすいてるだろう、ちょっと待ってなさい、と
家に入り、
しばらくしたら、パンを持って出てきて
「はい、これ、食べて」と手渡されたことも。

騎手学校時代の空腹で過ごす苦労話を聞いたことがあったので、
あの時のお心遣いはぐっとくるものがありました。

スタンドのリニューアル工事が完了したら、
まずは空を見上げてみたいと思います。

 

「魔法使いのおじさんだからね」
のおなじみの声が聞こえてきそうです。


 

 

2022年08月30日

あの日の川崎競馬場

9月7日は的場文男騎手の66歳のお誕生日shine

お誕生日当日まで1週間。
少し早いけれど、

偉業達成の日を振り返って偉大さを堪能しましょうshine

2017年5月17日

川崎マイラーズをリアライズリンクスで勝利。
地方競馬通算7000勝達成。
そして、
自身の持つ騎手の地方競馬最高齢重賞勝利記録(60歳8カ月10日)を更新した時の写真です。

4l6a7916

スタンドの熱気で、空気にもやがかかっていたように
見えたのを覚えています。

4l6a7920

  

4l6a7939

この勇姿、
やっぱり絵になりますねshineclover

 

2022年08月23日

裏方さん

今回は裏方さんのお仕事シーンcamera

レースの合間、ふと、内馬場を見ると・・・

4l6a3707

 

4l6a3708

ゲートの枠の番号入れ替え作業中。

4l6a3711

猛暑の中での作業は大変だと思います。


ちなみに、
ゲートは、その日の開催スタート前に、
きれいに洗車されているんですよconfident

競馬を支える皆さんの存在を感じるシーンでしたclover

 

2022年08月16日

バックヤード

現在、船橋競馬場はリニューアル工事中ということで、
過去に撮った写真を整理して、記録として残しておきたいなと、
いろいろ発掘しています。

その中で、近々消えてしまう風景を。

場所はパドック横、ジョッキーが待機委する建物。

出入口にある「洗い場」。
ここで、ジョッキーの皆さん自ら、
ブラシを使ってブーツについた砂を洗い流します。
Img_7581

「お願い」の紙には、
乗り継ぎ(連続して乗る)でない場合、
ゴーグルや(ゴーグル)板のお手入れは各自でお願いします、とありました。
乗り継ぎが多い場合、待機しているジョッキーがお手入れのお手伝いすることもあるそうです。
助け合って競馬が行われているのですね。

Img_7597

砂がついた勝負服は係員さんがお洗濯。

洗濯機がありますが、
こういう昔ながらの道具も活躍中。
洗濯板、頼れる存在ですshine

Img_7574

2022年08月09日

やっぱりすごい砂の闘い

ダートの迫力。

レース中はもちろんですが、
レース後の人馬の姿からもその激しさを感じることも多々。

7月の船橋開催にて。

クロガネ(川崎)と、藤江渉騎手。

4l6a4008

実は、クロガネは芦毛なんですよflair

まだ黒っぽい芦毛さんですが、
毛色がわからなくなるほどの砂。

4l6a4036

首から胸の砂は、

こんなかんじで付いたのでしょうか。

激しい・・・

ハクサンウインク(船橋)と小杉亮騎手。

4l6a3722

人馬ともに、すごいなぁconfidentcloverと思います。

2022年08月02日

元気!

7月24日、昨年の地方競馬の年度代表馬・ミューチャリーが放牧先から帰厩しました。

前走の大井記念(SI)ではまさかの大敗。

悲鳴が混じる中でのゴールとなりました。


スタンドリニューアル工事に伴う
騒音や振動によるストレスが原因で力を発揮できなかったとのこと。

今回、約2か月の放牧で心身ともにリフレッシュshine

元気な表情を見せていました。

Img_9467

Img_9470

 

  

上の写真の翌日。

_mg_7722
ご飯タイム、森久保調教師補佐が飼い葉桶をつるした瞬間の様子。

待ちきれず、口元で桶を迎えにいっていました(笑)

お隣のタンタシオンの、
「次はボク!」というわくわくな様子もほほえましかったですnotes

2022年07月26日

新しい景色を探して

大規模リニューアル工事中の船橋競馬場。

取材エリアも開催ごとに変更になることも多く、
その時々のベストな撮影位置を模索しながらの日々。



完成時には馬道になる予定の場所がプレスエリアとして使用されています。

そこからの風景は・・・

Img_8224

馬たちまで距離があり、
下からのアングルが狙える場所だったので、この角度でトライ。
空がとてもきれいでした。

Img_8239

こちらは、少し上から。
現在工事中のため、
スタンドの一部もプレスエリアとして開放されています。

背景にモニターの光を入れて撮ってみました。
いずれ馬道になる場所ということで、
ここからの撮影は期間限定、この角度からの写真も
「あの時は工事中だったね」という思いでの一枚になりそうです。

4l6a8983

工事中ならではの、
新しい景色を探すのも楽しい時間でしたshine

2022年07月19日

なごみショット

撮影して多くの方に届けたい、と思うシーン。

それは、レース後、
ジョッキーや厩舎関係者と、馬との優しい場面。

今回はそんな場面をちょこっとご紹介。

 

こちらはスタンド前なので、
覚えている方も多いのではと思います。

御神本騎手と、スピーディキック(東京プリンセス賞)

4l6a0504_2

clover

 

レースから戻って来た直後。

張田京調教師と、スティールルージュ(若潮スプリント)4l6a9482

今回は重賞レースでのシーンですが、
どんなレースでも、
こういったシーンがさりげなく行われているのだと思います。

もしかしたら、今、こうしている間にもconfidentcloverhorseshine

2022年07月12日

東京競馬場でWild Horses

7月6日、東京競馬場で行われた

東京SUGOI花火
「THE ROLLING STONES 60th ANNIVERSARY THE GREATEST FIREWORKS ~ 感激!偉大なる花火 ~」

に行ってきましたshine

ローリングストーンズの60周年をお祝いする
バンド公認の花火エンターテイメントとのこと。
ストーンズの曲とシンクロした花火が約1万4000発shine

入場の際に配られた新聞。
競馬新聞?かと思ったら、

曲の順番予想という楽しい企画shine

Img_9184

イベントは、ローリングストーンズに関する映像は撮影NG。

花火はOKというルール。

花火はダートコース付近で打ち上げているので、
音と光が同時shine
大迫力でしたsign03

Img_9119

Img_9105

この写真は、
「Wild Horses」という曲の時のものhorse

大きな花火に感動shine

Img_9136

花火のすばらしさはもちろんでしたが、
競馬好きとして「おおっ!」と思ったのは・・・

初めて観た東京競馬場の張り替え中の芝。

Img_9083

  

遠くてわかりづらいと思いますが、
ゴール板は布のようなもので保護され、
ダートも砂のメンテが行われているようでした。

Img_9084

空が広い競馬場で、
みんなで空を見上げる素敵なイベントでしたnotes


ローリングストーンズの曲では、
「Ruby Tuesday」が好きで時々聴いていますが
他の曲はあまり知らず・・・この機会にいろいろ聴いてみたくなりましたhorsenotes

2022年07月05日

クリーン大作戦復活!そして、思い出話収集。

コロナ禍・感染拡大防止・無観客開催、ということで、
中止になっていた船橋競馬場クリーン大作戦。

開催中、有志の皆さんが競馬場周辺のお掃除を実施。

より楽しく、より愛される船橋競馬場のための
愛ある活動が、6月のハートビートナイターから復活しましたshine

この船橋競馬場クリーン大作戦の発起人のおひとりで、
活動の中心メンバーにもなっているのが、
齊藤敏厩舎の大津剛調教師補佐。

そんな大津調教師補佐に、
はじめて船橋競馬場に来た時の思い出を教えていただきました。

「20歳頃、競走馬の牧場に務めていた時に来ました。
地方競馬というものをよくわかっていなかった頃ですね。
その時、まさか、ここの中で働くことになるとは思っていませんでした。

新しいスタンドはファンの方との距離感も縮まったような印象です。
パドックの構造も変わって、より一層皆さんの熱い視線、
応援してくださっている気持ちが伝わって来ているな、というかんじですね」とのこと。

_mg_7521

取材は、開催が始まる前の時間に。
大津さん、お忙しいところありがとうございました!


_mg_7488

今回、取材を通じて
いろいろな方から船橋競馬場にまつわる思い出話を聞かせていただきました。

職場や競馬が行われている場所、というだけではなく、
大切な、かけがえのない場所だということを改めて実感clover

船橋競馬場クリーン大作戦の日程や時間などは、
Twitter や、場内ポスターなどでアナウンスされるそうなので、
ご興味がある方はぜひチェックしてみてくださいねcloverhappy01

1_2

2022年06月28日

夏が近づく東京競馬場

6月26日(日)の東京競馬場shine

1か月前、日本ダービー(GI)の日にはたくさんのバラがたわわに咲いていたローズガーデンshine
この日は、葉っぱが青々。
次のシーズンに向けて、力を貯めている・・・そんな雰囲気でした。

Img_8980

この日は阪神競馬場で宝塚記念(GI)が行われました。
東京競馬場でも、
その熱戦の模様がモニターに映し出されていましたが、
ゴールの後に沸き上がった拍手を聞いた時、
ぐっとくるものがありました。

応援する気持ちを大声で伝えられない分、
あたたかく響いていてconfidentclover

Img_8985

東京競馬場といえば、
大國魂神社を経由して通うことも多いのですが、
歴史ある常夜灯を観られるのも楽しみshine

Img_8974

Img_8976

秋まで東京競馬場での競馬はしばしお休み。

次の時間、次の風景が楽しみですnotes

2022年06月21日

レース後の風景

今週の南関東競馬は船橋開催が行われています。

今回はバックヤード風景をshine

レース直後の1コーナーと2コーナー付近clover

レースを終えた馬とレースに向かう馬が行き交う光景が見られます。

おつかれさま、何着だった?

とか、

時計どうだった?

とか、

スタート上手くいったかい?

などという会話が交わされています。

_mg_6474_3

砂まみれで戻っていくのはリテラチュア(林幻厩舎)。
叔父に2013年のマイルグランプリ(SII)の優勝馬トーセンアドミラルがいる血統ですshine

_mg_6475202203231r

開催を見て、
レース後にはこんな風景があるんだなぁconfident
と、思い浮かべて楽しんでいただけたら嬉しいですshine

2022年06月14日

東京ダービー 2012-2022

6月8日、大井競馬場で東京ダービーが行われました。

一生に一度、選ばれし馬たちが臨む大舞台shine

やはりこの日は特別clover


高橋華代子さんの記事にもありますが、

そう、あの日はとてもにぎわっていて、
ダービーデーshineshineの雰囲気いっぱい。

今回は、優勝馬カイル(浦和 小久保厩舎)と本橋孝太騎手の、
煌めく勇姿を中心にお伝えしたいと思います。

パドックでのカイルshine

4l6a2286

レース後のウインニングランshine

4l6a2507

本橋騎手は東京ダービー2勝目。

ちょうど10年前、プレティオラスで初ダービー制覇を果たしています。

_mg_2597

その時の東京ダービーには武豊騎手も騎乗。

レース直後、検量室に入る本橋騎手に
「おめでとう!」と声を掛け、背中をポンとしていた武豊騎手の姿を
今でもよく覚えています。

1

武豊騎手は本橋孝太騎手の憧れのジョッキー。
当時、自宅には騎手になる前にもらったサインも飾られていると聞きました。

 4l6a2578

その憧れの人から祝福された初めてのダービー制覇から10年。

今、この姿が誰かの憧れになっているのかなぁ、なんて思うと、
競馬のドラマやロマンを感じました。

4l6a2672

熱戦の後の、こういうシーンもいいなぁconfident

2022年06月07日

明日は東京ダービー(SI)

東京ダービー(SI)目前となりました。

昨年の覇者はアランバローズ(船橋)でした。

左海誠二騎手騎乗shine

4l6a5243

4l6a5260

ふと、大井の懐かしい写真を発掘してみました。

旧スタンド。

_mg_3356

_mg_3363

多くの名場面を見つめてきたスタンド。

このスタンドでの最後の東京ダービーは、
ハッピースプリントの優勝でした。

吉原寛人騎手がスタンドのファンに向かって一礼した、あの名場面を
思い出しました。

_mg_0731

明日の東京ダービー、
どの馬も、無事にケガなく。
良いレースができますようにclover

2022年05月31日

オークスの東京競馬場

日本ダービーが終わると、
新しい時間が動き出したような気持ちにもなりますね。

でも、地方競馬はこれからがダービーシーズンshine

まだまだ目が離せませんnotes

今回は、5月22日、オークス当日の東京競馬場の様子camera

ローズガーデン、さらに輝きを増していましたshine

4l6a0860

4l6a0861

4l6a0874

オークスを制したのは、桜花賞(GI)を勝ったスターズオンアースshine

4l6a1126_2

鞍上はルメール騎手でしたcrown

「ファンがいる競馬場はいいhappy01この場(表彰式)は久しぶり。
お待たせしました」とチャーミングなコメントもnotes

2冠馬誕生shine

4l6a1252_2

芝生の緑と熱気shine

たくさんのバラ。

眩しい風景が記憶に残る1日となりました。

2022年05月24日

東京競馬場周辺歴史探訪

東京競馬場周辺で気になる場所・・・

それは、

東京競馬場の最寄り駅、府中本町駅のすぐお隣にある
「徳川家康府中御殿跡」「武蔵国府跡」

Img_8252

Img_8256

ここには、徳川家康の御殿があり、家康・秀忠・家光の3代に渡って、
鷹狩の宿泊所としても利用されたそうです。
また、家康の棺を久能山から日光に移す際、逗留と法要の場にもなったとのこと。

案内板には「厩」の場所なども書かれていました。

この場所から道路を渡ってすぐにある大國魂神社。
頼朝に合流する際、源義経も立ち寄ったと本で読んだことがありますが、

この木、当時からあったのかなぁ。

その頃はまだ若い木だったんだろうなぁと思って見上げた大ケヤキ。

Img_8261

1988年の測定では、高さ約29メートル、
幹の太さは約7.2mだそうです。

ほんとうに雄大な木。
いつまでも見上げていたいほどshine

Img_8263_2

さて、今週末はいよいよ日本ダービー(GI)shine

東京競馬場のローズガーデンも最高潮に美しいことでしょうshine

Img_8285

 

撮影は5月8日。
ローズガーデンの一角、2007年の優勝馬・ウオッカの像。
花が手向けられていました。

Img_8286

みんな無事に、それぞれの力を発揮できますようにcloverhorseshine

2022年05月17日

見慣れない風景も♪

今回は、船橋競馬場の内馬場から、
朝の調教風景を撮った写真を・・・horsecamera

馬や騎乗者がびっくりしないよう、
調教師さんに同行での撮影ですhappy01

スタンドから観ると、ちょうど向こう正面に当たる場所。

ジョッキーは黒いヘルメットが目印。

小杉亮騎手
Img_0829

 

手前は濱田達也騎手Img_0848

 

山中悠希騎手Img_0843



毎朝、こんな風にコツコツと
勝つための時間、
よりよくするための時間が紡がれているんですねclover

2022年05月10日

新緑とバラが輝く東京競馬場

NHKマイルカップ(GI)の日、東京競馬場に行ってきました。

この時期の東京競馬場といえば・・・shine

Img_8272

ローズガーデンshineshineshine

Img_8279

たくさんの方が見とれていましたlovely

コロナ禍の影響で、
この季節に東京競馬場に行ったのは2019年以来3年ぶり。

湿度が高い日本では、こういう花壇を維持するのはとても大変なのではと思います。

きれいなお花を見てほしいという気持ちを感じる風景でもありました。

競馬場のガーデンならではの「蹄鉄」もnotes

Img_8277

ローズガーデンでは、つぼみをたくさんつけたバラも多数。

5月29日の日本ダービー(GI)の時期は、
「ダービーは薔薇の祭典」ということで赤バラが見ごろになるそうで、
今からとても楽しみですshine

そういえば、ケンタッキーダービーでは勝馬に赤バラのレイが掛けられていましたね。

  

NHKマイルカップの勝ち馬・ダノンスコーピオン

「とてもリズム良くバランス良く走れていた」と川田将雅騎手。

表彰式を終え、インタビューに向かう際、
周囲の皆さんひとりひとりに声をかけている姿も印象的でしたshine

Img_8299

レースは、
3着のカワキタレブリーが、2着のマテンロウオリオン にくっついて
ぐんぐん走っていく姿に「おおおー!」となりつつ、観戦しましたshine

 

2022年05月03日

お母さんもスプリント!

今日、船橋競馬場で行われる若潮スプリント(SIII)に出走するシャインポラリス(佐藤裕太厩舎)。

担当するのは母ユーリカ(現役時:山本学厩舎)も手掛けた津乗厩務員です。


ユーリカはボール遊びが大好きでした。
現時点で、川崎900mのレコードホルダーでもありますねshine

ユーリカshine(撮影:2014年6月)P6201914



津乗厩務員によると、
シャインポラリスは右側のお顔がユーリカ似とのこと。

4l6a8410

4l6a8436

ぜひぜひ注目してみましょうhappy01shine

2022年04月26日

レース後の風景

今週の南関東競馬は浦和開催。

先月撮った写真ですが、

Img_7161

レースを終えて、戻って来た馬たち。

この後、装鞍所へ向かい終わり運動を行います。

その間、近隣の皆さんのご協力のもと、
一般道を通過する浦和ならでは光景が見られますねhappy01

Img_7163

Img_7164

浦和の親しみやすさ、魅力のひとつをお届けしましたcherryblossom

2022年04月19日

祈りが灯る場所からの皐月賞

4月17日、皐月賞が行われる中山競馬場へと出かけました。

今回は、いつもと違う道で競馬場へ。

京成西船駅に近い街道沿いには、
いにしえの人々の暮らしの名残を感じられる場所も多々。

神社やお地蔵様、馬頭観世音。

これまで数えきれないほど中山競馬場に通っているのに、
すぐそばに人々の祈りが灯る場所、
歴史を感じる風景があることを知らずにいました。



八坂神社の大銀杏、大椿、
競馬場の3コーナー付近の場外にある熊野神社。

秋にまたゆっくり歩いてみたいと思います。

その時の風景は、Twitterで紹介させていただきました。

馬頭観世音

八坂神社

さて、競馬場では・・・

Img_7736

コロナ禍の影響で久しぶりとなった中山競馬場。

パドックの青い花はネモフィラでしょうか。
大好きな花、矢車草(矢車菊)も目を惹きました。

優勝馬・ジオグリフcamera

Img_7748

Img_7749

Img_7782

ジオグリフは5代血統すべてにチャンピオンサイアーの血が入っているとのこと。

受け継がれてきたもの、思い、ここに至るまでの時間。
競馬のロマンを改めて感じました。

出口専用ゲート付近。
競馬場は八重桜がたわわに咲いていましたcherryblossom

Img_7788

秋には自由に行けるようになっているといいなぁconfidentclover

2022年04月12日

4月の思い出

データを整理していたら、
中山競馬場の懐かしい風景を発掘しました。

13年前。

2009年4月11月、湾岸ステークスの勝ち馬・ダイバーシティshine
鞍上は勝浦正樹騎手でした。

Dscf0254

改装前はこんな感じでしたね。

Dscf0256

ダイバーシティは、3歳5月のデビューでしたが、
デビュー勝ちし、2戦目でも勝利。

1番人気で臨んだ3戦目は福島のラジオ日経賞(G3)で3着。
このレース、現地にいたので、
発走直前の雷を伴う豪雨をよく覚えています。

さて、今週末は皐月賞shine

明日は船橋でダートグレード競走、マリーンカップ(JpnIII)が行われますshine

2012年の覇者はJRAのミラクルレジェンド(岩田康誠騎手)でした。

_mg_9450

どの馬も、無事に力を発揮できますようにclovershine

2022年04月05日

春眠暁を・・・

春眠暁を覚えず、といいますが、
厩舎に行くと、
ゆったりと横になって、
くつろいでいるお馬たちに出会うこともあります。

「馬は立ったまま寝る」と耳にすることも多いせいか、
競馬初心者の方にこの話をしたら、
「え?横になって寝るの?」と驚かれたこともありました。

時には、
「え?馬もあくびをするの?」とかcoldsweats01

あくび、しますheart04

Dscf9051

くつろぎモードの姿notes

Dscf8975


馬房が安全な場所だと分かっているせいか、
いびきをかいて爆睡horsesleepyということもありますものね。

こちらがそのような感じ・・・

_jpg_54820

 

寝起きのゴロゴロ2秒前wink

_jpg_54836_2

Dscf8994

ゆっくり休むのも大切ですねconfident

2022年03月29日

13年ぶり!

3月23日に行われたダイオライト記念(JpnII)。

2009年のフリオーソ以来となる、
13年ぶりの地方競馬所属馬による勝利となりましたshine

今回は優勝馬・ノーヴァレンダ(川崎 内田勝義厩舎)の
喜びいっぱいのシーンを
ただただ、愛でる回となりますshinewink

鞍上は森泰斗騎手shine

ノーヴァレンダはJRAでデビュー。
全日本2歳優駿(JpnI)で優勝するなど、
ゆくゆくの活躍が楽しみな存在となっていましたが、
2020年に屈腱炎を発症。

苦しい時期を乗り越えて、川崎へ移籍。
ダイオライト記念優勝は、待望の交流重賞制覇でしたshine

4l6a8917_2

地元船橋でのダートグレード競走優勝shine
喜びの森泰斗騎手shine

4l6a9041_2

勝ったことをわかっているかのような
得意顔のノーヴァレンダshine


4l6a9057

4l6a9066

優しいシーンが撮れましたshine

4l6a9108_2

4l6a9139

関係者の皆様、おめでとうございましたhappy01

さて、いよいよ春本番cherryblossom

新しい季節、楽しみいっぱいですshine

2022年03月22日

明日はダイオライト記念、と「さら」

大規模リニューアル工事中の船橋競馬場。
しばらく無観客開催が続いていましたが、
昨日、3月21日から5日間開催されるハートビートナイターで、
久しぶりにファンの皆さんの姿(現定数)が競馬場に戻ってきました。

先月オープンした新スタンド(グランドオープンは2024年3月予定とのこと)shine

まだちょこっとしか探訪していないのですが、
「空気感さえもきらめいているshine」と思える空間です。

そういえば、「さら」のにおいがしました。

「さら」って関西では”新しい”とか”新品”という意味で
普段何気なく使うと思うのですが(転勤族だったので関西にも住んでいました)
関東では「?」となるようで・・・

以前、高速道路で、新しくできたサービスエリアに寄った時、
近くにいたマダムたちの
「”さら”のにおいがするな」
「うん、そうやな。”さら”やな」
という会話が聞こえて来て、ちょっと懐かしかったです。

Img_69231

 

さて、明日は交流重賞のダイオライト記念が行われます。

10年前の覇者はランフォルセshine

_mg_7576

こちらを見据える目を今も時々思い出しますが、
とてもイケメンなお馬さんだったなぁと思います。

_mg_7589

この時はまだハートビートナイターではなく、昼間の開催でした。

明日、この新しい席から見える勝者は誰なのでしょうねhappy01

_mg_6633

2022年03月15日

あれは3年前

今日は3月15日。

ちょうど3年前、石崎隆之騎手の引退セレモニーが行われました。

その時の様子は当時お伝えしましたが、
未掲載の写真も含めて、
今回改めて・・・。

こちらは、2008年5月7日の写真。
この頃の、特に5月の船橋競馬場はレースから戻って来る背景に緑が多く、
個人的にとても好きな風景でした。

光を受けて光る葉がキラキラと・・・shine
Dsc07671

この馬、この時は3歳でC1クラス。
しかし、この頃からメキメキ頭角を現し、
翌年には南関東を代表する存在へと成長しました。

そう、石崎隆之騎手とのコンビで多くのファンを魅了したセレンです。

この写真、とても気に入っていますhappy01

さて、2019年3月15日の写真は・・・・

_jpg_107395

_cr2_55751

そして・・・


_cr2_55785

今回は、3年前の今日を振り返ってみました。

そろそろ競馬場の桜も気になりますねhappy01cherryblossom

2022年03月08日

フェブラリーステークス(GI)

2022年もはやくも3月8日。

桜の開花が楽しみな季節となりましたね。

今回は、冬の終わりを告げるレース。
フェブラリーステークスの優勝馬、カフェファラオの優勝を写真で振り返りましたcamera

カフェファラオは見事連覇達成shine


今年のパートナーは怪我から復帰した福永祐一騎手。
笑顔も素敵でした。

4l6a7137

コロナ禍になってから、
人馬のこういった写真を掲載できる機会も減ってしまったので、
撮れたこと、ここに掲載できることがとても嬉しいですshine

4l6a7131

ちょうど席の正面だったので
撮影することができましたcamera

カフェファラオに労いの手を添える福永騎手。

4l6a7159

 

去年の勇姿も飾られていました。

Img_6970

やっぱり現地観戦はいいな、と思う1日となりましたnoteshappy01

2022年03月01日

凛々しく誇らしく美しく!

3月になりましたねbudshine

明日は川崎競馬場で牝馬によるエンプレス杯(JpnII)が行われます。

明後日はひな祭り。

そこで、今回は、
牝馬たちの
凛々しく、誇らしく、美しい表情を写真で振り返ってみました。

まずは・・・

ノットオーソリティ(2014年2月 ユングフラウ賞優勝時)

_mg_6268 

翌月に行われた浦和の桜花賞(SI)。
優勝したのはサメのかわいいメンコを着けたシャークファングでした。

_mg_9063 

こちらは、2011年のエンプレス杯の覇者・ラヴェリータ
武豊騎手を背に、前年2着から女王の座へshine

_mg_1244 

 

2017年のエンプレス杯はワンミリオンスが勝利。4l6a5531 

2021年のエンプレス杯はマルシュロレーヌshine

4l6a2002

さて、明日はどんな凛々しく誇らしく美しい表情が観られるのでしょうねhappy01shine

2022年02月22日

大事なお仕事遂行中。

今日は2022年2月22日。

2月22日は「猫の日」だそうですが、
今年は「2」がいっぱい、2022年2月22日shine
“にゃんだふる”な「スーパーねこねこの日」としてイベントなどもあるようです。

 

そこで今回は、厩舎に無くてはならない存在。

ネコさん特集shine

ネズミ退治をして
馬たちの大切な飼料や衛生を守るというお仕事以外でも、
馬たちの気分転換に、
一役買っているようですよhappy01

2009062401

2020021002

ある冬の日・・・
ちょっとびっくりしましたcoldsweats01
中に入りたかったのね・・・

2010020201

20100420


20190218

まだまだ写真はあるのですが、キリが無いのでcoldsweats01

厩舎猫たちは厩務員さんが大切にお世話していますhappy01

2022年02月15日

久し振りに。

2月13日、久し振りに東京競馬場へと行って来ました。

取材規制が始まりまもなく2年。

久し振りの東京競馬場は、
初心を思い出す時間にもなりました。

入場者制限中ということと、
この日が小雨だったせいか、
ひとけがない場所で、ポツンとちょっぴり寂しそう・・・

Img_67452_2

結構大きいshine

Img_67462


 

閉鎖中の場所も多いけれど、
馬の気配がする場所、
そして、空からの光が差す場所はいいですね。

Img_67472

Img_67482

ジェントルマンなターフィーくん
Img_67632_2

共同通信杯のパドックImg_67651

大きな声での声援はできないけれど、

やっぱり競馬場はいいな、と思うひとときでしたshine

2022年02月08日

記録と記憶。新しい場面を紡ぐ場所へ。

大規模リニューアル工事中の船橋競馬場。

故川島正行調教師も暮らした厩舎も、取り壊し予定地となり、
工事がスタートしています。

撮影:2022年1月

_mg_6274



ちょうど10年前の1月。
川島正行調教師の後について厩舎をまわっていた時の、この厩舎での写真です。
上の写真の、右側に通路があってそこでニワトリを飼っていました。
(撮影:2012年1月)

P1240072

撮影:2022年1月_mg_6369

撮影:2009年2月Dscf8654

撮影:2010年2月
「江川(当時所属騎手)が歯を治したから写真撮ってやって。
エガワのエガオだな(笑)」と和やかな雰囲気でした。

Dsc07254

たくさんの思い出、記録と記憶が刻まれた場所。

新しい役割を担い、次の歴史を紡いでいくのですね。




2022年02月01日

明日は川崎記念(JpnI) 

明日は川崎記念(JpnI)が行われますね。

今回は、このレースを3連覇したホッコータルマエの勇姿を
写真で振り返ってみましたshine

まずは2014年
迎えた厩舎スタッフに
「ただいま!勝ったよ!」みたいなお顔heart04happy01

_mg_5020

 

2015年
正面からでも、「立派な頬」がわかる写真。
どうどうと、王者の風格shinecrown

_mg_8943

 

2016年 3連覇達成shine
その表情から、
レース後も残る、闘志の炎を感じました。

_mg_3006

こうして振り返ると、
ほんとに強かったなぁ・・・と改めて思います。


ホッコータルマエといえば、
産駒・ママママカロニ も話題shine

明日の川崎記念はどんなレースになり、
その先の未来にどんな楽しみが待っているのでしょうnoteshappy01

いい写真が撮れるといいなぁcamerashine

2022年01月25日

偉業!幸せに満ちたシーン。

昨年12月29日に行われた東京大賞典(GI)での
喜びいっぱいのシーンを振り返りましょうshine

4l6a3593

4l6a3624

4l6a3629

4l6a3753_2

4l6a3854

4l6a3917

ミルコデムーロ騎手の傍らには、
弟のクリスチャンデムーロ騎手。

2011年1月、初めて日本で騎乗したクリスチャンデムーロ騎手の傍らには、
見守る兄の姿がありました。

もう11年前。

Dscf7717_3

この先に繋がっていた、素敵な未来。

4l6a3967

幸せに満ちたシーンでしたclover

今年も、たくさん馬と人の素敵なシーンを撮っていきたいなぁhappy01

2022年01月18日

年度代表馬のデビュー戦

昨日、NARグランプリ2021の表彰馬・表彰者が発表されました。

地方競馬情報サイトへリンク

地方所属馬として初めてJBCクラシック(JpnI)を制したミューチャリーと、
川崎記念とかしわ記念のJpnI2勝をあげたカジノフォンテン


年度代表馬はどちらになるのだろう、と多くの皆さんが思っていたことでしょう。

地方所属馬として初のJBCクラシック(JpnI)優勝を評価された
ミューチャリーが受賞しましたが、
カジノフォンテン(ダートグレード競走特別賞馬を受賞)はJpnI2勝。
フリオーソ以来、10年間途絶えていた地方所属馬の川崎記念とかしわ記念優勝という
素晴らしい成績をあげました。

また、年によっては年度代表馬にも該当した
ジャパンダートダービー(JpnI)優勝のキャッスルトップ(3歳最優秀牡馬を受賞)
の存在も忘れるわけにはいきませんね。

ミューチャリーもカジノフォンテンも、そしてキャッスルトップも船橋の生え抜き馬。


こうして振り返ると、コロナ禍の中で、
馬たちはたくさんの元気をくれていたのだな、と思ったりもします。

さて、今回の写真はミューチャリー(馬主:石瀬丈太郎様 生産:芳住鉄兵様(新冠))。

2018年8月10日。
ハイビスカスデビュー2歳新馬を勝った時のものです。

ホントに芦毛?という黒っぽさ、まだかわいらしい顔つきがhappy01heart04

_cr2_49707

この後、後検に行き、そこから戻って来た時の様子は・・・

あ、来た来た!
次のレースで他馬に乗っていた御神本訓史騎手と厩務員さんが何か会話を・・・

あれ?

_cr2_49775

何か口元から出てる?

_cr2_49782

お腹がすいて、後検所の藁を「もしゃもしゃ」してしまった模様happy01

ミューチャリー、得意そうないいお顔を向けてくれました。
このシーンはミューチャリーファンにはお馴染みかも知れませんが、
今回の受賞にちなんで、掲載してみました。

_cr2_49792

ミューチャリーは現時点で、
2月26日(現地時間)、サウジアラビアで行われるサウジカップに予備登録中。


今年も活躍が楽しみですshine
(撮影:2022年1月)_mg_6242

2022年01月11日

久し振りに!

朝日杯フューチュリティステークスが行われた日。
久し振りに阪神競馬場へと出かけました。

コロナ禍での取材規制の影響もあり、
2年以上遠ざかっている阪神競馬場。
今回は観客として、ようやく、ようやく・・・。

仁川駅のお隣、小林(おばやし)駅近くのケーキ屋さんや、
パン屋さんにも行きたかったのですが、今回は断念。

逆瀬川のグラタンのお店や、
西宮北口の駅のパン屋さんも好き。

宝塚も近い阪神競馬場周辺は、
素敵なお店がたくさんありますねheart04

 
仁川駅から競馬場への通路。

Img_57892

 

場内ではターフィーくんが、
とっても可愛くおもてなししてくれましたnotes

Img_58052

Img_58072

どうもありがとうhappy01

噴水ショーも堪能shine

Img_58131

 

こちらは予約した席からの風景。
奥にレースを終えた馬たちが見えました。

Img_58151

ちょっとお得な気分shine

Img_58182

後ろ姿は、9R高砂特別で勝利したクインズメリッサですshinenotes

朝日杯フューチュリティステークスのパドック。

Img_58241

2歳馬たちのGIの晴れ舞台を祝福するかのような陽射し。
眩しく、あたたかく・・・shineclover

勝ち馬はドウデュースhorse

そして、武豊騎手にとって、
初の朝日杯フューチュリティステークス優勝shine

Img_58381

と、遠い・・・。

やっぱり競馬場はいいなぁ、と思う1日となりましたshine

宝塚市は宝塚歌劇団にちなんだスミレのお花のマンホールもかわいかったですshine

Img_57751

2022年01月04日

2022年もよろしくお願いいたします

あけましておめでとうございますshine

2022年最初の更新となりました。

今年の干支は寅。

競馬界でトラといえば、やはりshine

20090817

2022年、たくさん素敵なことがありますようにcloverhorsefuji

本年もよろしくお願いいたします。

2021年12月28日

この先も。

12月3日に船橋競馬場で行われたカトレアデビュー2歳新馬。

3鞍あった新馬戦のうち、2Rで勝利したのは、
山中尊徳厩舎のインプレシオ でした。

生産は安平町、
テンポイントフジヤマケンザンの生産牧場としても知られる名門吉田牧場です。

仁川駅から阪神競馬場正門へと続く通路のパネルshine

Img_57952

吉田牧場といえば、2020年に競走馬の生産終了を発表。

このインプレシオは母ミネサランジャにとって忘れ形見でもあります。

晴れの新馬勝ちshine

4l6a3132

私が吉田牧場にお邪魔させていただいたのは2度。

初めはずっと以前。
2度目は2019年春にアブクマポーロに会いに行った時でした。

Img_2376

調べてみたら、この写真の日の3日前にインプレシオは生まれていた模様。
この敷地のどこかで、母馬と一緒にいたのですねconfidentclover

競走馬の生産は終了しても、
吉田牧場の名の下で育まれた馬たちの走りは
この先ずっと、多くの競馬ファンの心に残り続けることでしょう。

インプレシオの活躍も楽しみですclover

このレース、砂粒が飛ぶ中、
2歳馬たちが奮闘しました。

4l6a3123

それぞれのこれからにも、たくさんのエールが届きますようにclover

今回が2021年最後の火曜日の更新となりました。
今年1年ありがとうございました。

よいお年をお迎えくださいclover

2021年12月21日

愛情ごはん

地方競馬所属馬として初めてJBCクラシックを制したミューチャリー

厩舎では、矢野義幸調教師お手製のクローバーを食べていることも
「かわいいclover
「素敵heart04」と話題になっていますねshine

 

こちらは先月末の様子。
刈りたて

_mg_5705

これは9月に種を蒔いたもの。

Img_52601

「雑草取りも大変なんだよね」と矢野調教師。

Img_52641





Img_5276

厩舎には収穫したクローバー置き場もあって、
他のお馬さんたちも満喫していますclover

愛情いっぱいのご飯、いいなぁcloverhorse

阿部典子

職種
ライター&フォトグラファー

詳細を見る

アーカイブ