2011年10月05日

ライブリマウント

こんにちは。

石神よう子です。

先週はやりました!

カレンチャン(一着)とエーシンヴァーゴウ(三着)!!!

先週のブログ内であげた二頭が馬券に絡むという嬉しい結果lovely

寛子ちゃん、ムフフな人がここにいたわよ~catface

そして凱旋門賞でも二頭の日本馬が夢を与えてくれました。

着順も関係ないとは言えませんが、

世界の大舞台に立ち、無事にレースを終えてくれたことが誇りです。

日本に帰ってきてからも楽しみです^^

さて、タイトルになぜライブリマウントかというと…

競馬歴の長い方はご存知かと思いますが、

今年も10月10日に行われるマイルチャンピオンシップ南部杯の

優勝馬(1995年・第8回)であり、

あのドバイワールドカップに日本馬として初めて出走した

ダートのスーパーホースですhorse

今月のうまレターにも記事が載っていました。

Dsc_0537

Dsc_0536

現在は北海道の新冠にあるホロシリ乗馬クラブさんで

乗馬として第二の人生を送っています。

実は私、セレクションセールの仕事で北海道へ行った際に

ライブリマウントに乗せてもらったんですhorse

(http://www.youtube.com/watch?v=D6RpggoOJ2M)

今はすごく優しい愛らしい表情をみせてくれて、

その背中も安心感がありましたconfident

競馬歴の長い方からすると、

現役時代とはまた違った魅力がきっと感じられると思いますup

思いがけず、そんなスーパーホースの背に跨らせてもらえて

とても嬉しかったですhappy02

今年は震災の影響で、

東京競馬場のダート1600mに舞台を移しての開催。

休日の予定に是非東京競馬場へ足を運んでみてくださいhappy01

そして、最後になりますが

競馬史上初のクラシック三冠を達成し

大活躍した名馬シンボリルドルフ号が、

昨日亡くなりました。

多くの競馬ファンの人気を集め、それに応え続けたスターホース。

現役時代を見ていた方は、特に思い入れがあるかと思います。

この世とは違う場所に旅立った彼が

またそこで幸せでいてくれることを願っています。

オッ、懐かしい馬の登場ですねぇ。 石橋騎手が初めて輝きを放った馬でもあると思う。 ルドルフは残念。 日本競馬史上最強はこの馬とあげる人はたくさんいますし、当時競馬学校にいた武騎手は岡部さんの三本指に憧れたともいいます。 引退レースの有馬記念では、野平調教師が岡部さんに、 『最後だからおもいっきり走らせてちぎって勝っていいぞ』 と言って結果ミホシンザン以下をぶっち切ったのは有名な話です。 トウカイローマンが繁殖入りしていたらトウカイテイオーは世に出てなかったし、この馬のエピソードは幾つもあるから調べてみるのもいいかもね。

ライブリマウント懐かしいね~~
あの頃のダート最強は、この馬でしたね。
ライブリマウントのドバイ遠征を機に
日本馬が挑戦すること多くなったね。


シンボリルドルフ
大往生でしたね。
僕は当時小学生くらいだったので、オンタイムで知る事はなかったですけど、スターホースだということは後々知りました。
合掌

こんばんはhappy01凱旋門賞 日本horse残念でしたweep斤量も きついのかなsign02 スプリンターS惨敗でしたweep最近の牝馬は強いですねcoldsweats01恐れ入りましたcoldsweats01

ライブリマウントとは懐かしい…。まだダートのGⅠがなかった時代。当時は地方競馬のレースはなかなか映像で見られなかったので南部杯のレースの記憶はあまり無いですが、ライブリマウントの活躍(あとホクトベガも。)で地方競馬のレースや馬に興味をもったものです。それにルドルフ…。本当に昭和が遠くなっていく。

ホロシリ乗馬クラブのホーストレッキングは景色最高ですよねー。
運が野生の鹿にも会える!自分が去年行った時には会えたんですよね-。
何より重賞勝馬多数!

また行きたくなってきた。
ライブリさんはおっとりとして、
「終始寝てる感じ」ですよね(^^;

シンボリルドルフ号について
史上初の“無敗の”三冠馬でした。
お詫びして訂正致します。

ライブリマウント…懐かしい名前です。


他にも懐かしい馬は沢山いますが、シンボリルドルフなどは特に子々孫々繁栄して欲しいですね。

コメントを投稿する

絵文字を挿入

コメントは管理者が公開を承認するまで反映されませんのでご了承ください。

競馬女子部 コメント投稿規約

  • (1)コメント投稿は、ご利用者ご自身の責任において行われるものとします。ご利用者がコメント投稿した情報は、ご利用者自らがその内容について責任を負うものとします。
  • (2)公益社団法人日本軽種馬協会(以下「本協会」)はご利用者に対し、コメントの掲載内容(他のご利用者が提供する情報を含みます)についていかなる保証も負わないものとします。そのため、掲載コメントによりご利用者が被害を被ったとしても、本協会はご利用者に対して賠償する義務を一切持ちません。
  • (3)コメント投稿は、本協会が選別した上で本ブログに掲載されるものとし、必ずしも投稿のすべてが掲載されるわけではなく、また掲載されるまでにはお時間をいただきます。投稿内容の一部を本協会が編集・追記・削除した上で掲載される場合があります。
  • (4)コメント投稿が実際に掲載された場合でも、ご利用者に対する本協会からの謝礼等はございませんので予めご了承ください。

以上

石神瑤生子

生年月日
1983/4/3
出身地
千葉県
血液型
A型

詳細を見る

最新の記事

記事一覧

注目のコンテンツ!

  • ニコニコチャンネル
  • JBIS-Searchフォトギャラリー
  •  名馬フォトギャラリー

携帯電話からも
ご覧になれます!