2013年08月19日

お勉強の成果?

札幌記念が行われる前夜。

恋の街さっぽろにある競馬Barエルコンさんで、競馬予想家である半笑い先生の馬券講座がありました。

「お馬好きの馬券ヘタ」で有名な私も、満を持しての参加です(笑)

半笑い先生独自に開発した攻略法は、まるで数学のお勉強のようでしたが、とにかく競馬で勝つためには生半可な一夜漬けは通用しないということと、その日の馬場状態がかなりの割り合いで馬券を難解にしてしまう恐ろしさを学びました!

他にもいろいろとためになるお話をしてくれましたが、

詳しいことは、半笑い先生の著書に思いっ切り書いてあり、ここでぶちまけてしまうと営業妨害になりそうなので割愛します。

馬券講座時は、私も真剣に聞いていたのでうっかりしていましたが、講座が引けた後、残ったひとたちで2次会マッタリモードのお写真はコチラ。

Dscf1134

 

 

Dscf1135

エルコンのマスター長坂氏。

で、お勉強の成果ですが~~

 

本気で当てにいった私の極上予想は

 

◎トウケイヘイローから、パワー系と見込んだ牝馬流し!

レインボーダリア、アイムユアーズを選抜しました。

 

この日、函館のユタカは、メインレース前のウォーミングアップとばかりに勝ち鞍を並べてご満悦!

 

2度あることは3度あるといいますね?

 

トウケイヘイローは、前走の函館記念と同じコースで、斤量は0、5キロ減。洋芝適性バッチリで、スタートしてから逃げ残りも十分にありとみて強きの印。

 

一方、皐月賞馬のロゴタイプは、実力は抜けているものの、函館名物特殊洋芝と重馬場に経験値や可能性を見いだせず、評価はゼロとみて消し!

 

トウケイヘイロー先頭で、レインボーダリアあたりが突っ込んでくると予想!半笑い先生も「牝馬で来そうなのは~~」の中に彼女がおりました~♪クイーンSで勝ったアイムユアーズにも期待です。

 

いろんな買い方で馬券を購入しようとしましたが、PATの残金が少しになってしまったため、トウケイヘイローの単勝1000円の応援馬券、レインボーとユアーズの複勝100円だけになり、かなり湿り気味(笑)

 

そして結果はwwww\(^o^)/

 

半笑い先生の予想通り、トウケイヘイローが勝ちました~~(祝)ヤッター!

 

アイムユアーズが猛追して、あとちょっとというところ。惜しかったなぁ~。

 

結局、函館記念の連帯組で決着という洋芝適性チームが掲示板に並びました。

 

ホント、函館の馬場って、もしかして札幌の洋芝よりしぶとい感じ?馬たちが前のめりで走っている様子をみて、転ばないかとハラハラしました。ケガがなくてよかった~。

 

私のようなへなちょこに消されたロゴタイプは5着。秋天に進むのでしょうかね。

 

 

秋天と言えば…ペルーサ!!!!!

どこ行ったーーーーーーーーーーーーーーーーーー!

でてこいや~~~~~~~!(高田)

 

 

ユタカが元気になって、競馬の人気が上昇気流に乗り始めました。

 

ここらで話題性の高い馬の登場がほしいですね。

「ちゃんと走ればものすごく強い」ペルーサの1日も早い復帰を希望します!

ペルーサ、ほんと
どこにいってしまったんでしょうね。(´・ω・`)
トウケイヘイロー、ほんと強かったですね。
これで、豊さんとのコンビで逃げが開花して3連勝。
サイレンススズカ思い出します。

トウケイヘイローも無理せず
自分のピッチで逃げれる事が出来る部分は、
スズカと一緒でしょう。今度は、いよいよ秋盾。
スズカの時に見ることが出来なかった
4角からの続きを見たいです。

コメントを投稿する

絵文字を挿入

コメントは管理者が公開を承認するまで反映されませんのでご了承ください。

競馬女子部 コメント投稿規約

  • (1)コメント投稿は、ご利用者ご自身の責任において行われるものとします。ご利用者がコメント投稿した情報は、ご利用者自らがその内容について責任を負うものとします。
  • (2)公益社団法人日本軽種馬協会(以下「本協会」)はご利用者に対し、コメントの掲載内容(他のご利用者が提供する情報を含みます)についていかなる保証も負わないものとします。そのため、掲載コメントによりご利用者が被害を被ったとしても、本協会はご利用者に対して賠償する義務を一切持ちません。
  • (3)コメント投稿は、本協会が選別した上で本ブログに掲載されるものとし、必ずしも投稿のすべてが掲載されるわけではなく、また掲載されるまでにはお時間をいただきます。投稿内容の一部を本協会が編集・追記・削除した上で掲載される場合があります。
  • (4)コメント投稿が実際に掲載された場合でも、ご利用者に対する本協会からの謝礼等はございませんので予めご了承ください。

以上

アーカイブ