2014年04月08日

ケンエキジョ

今はもう散ってしまいましたが、厩舎の端にある梅の木が、綺麗な花を咲かせていましたcherryblossom

(話がリアルタイムでないデスネ・・・)

Img_7831

携帯カメラでも、結構きれいに撮れますねcamera

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 さて、今日は検疫所ですsign03

Img_7573

 

 放牧先から入厩してくる馬は、すべてここの検疫所に入ります。

 

各厩舎に入る前に、隔離された検疫所で、トレセン内に病気を持ち込まないように検査が行われたり、馬が間違っていないか個体識別などが行われます。

Img_7572

 

 左の頸にマイクロチップが埋め込まれており、専用の読み込み機で「ピッ!」とすると、番号が表示され、個体の確認ができますhorse

数年前までは、マイクロチップがなかったので、つむじや毛色、白斑などをすべて人の目で確認して個体識別していましたが、マイクロチップの導入により、格段に検疫所での待ち時間が短くなりましたhappy01

Img_7570

一頭一頭外に出して確認しますeye

Img_7571

 

厩舎内では、採血や予防接種、目の検査、聴診などが行われますhorse

Img_7567

AM10:00から馬体検査が行われ、PM3:00に検疫解放となります。

各牧場からは、AM10:00までにはトレセンに到着しなければ、馬体検査に間に合いませんdanger

厩舎関係者は、AM10:00の10分前くらいから検疫所に入り、馬の体温を計って、獣医や係の人が来るのを待ちますsweat01

Img_7568

PM3:00になると、一斉に解放となります。

入厩したての馬たちは環境の変化に入れ込んだり、テンションが上がっていてとても危ないので、検疫所から厩舎に曳いて行くのは必ず2人曳きをしますdash

 

 検疫解放はほんとに危険で、蹴られたり叩かれたりして怪我をする人もいます。。。

  

 近い厩舎は解放2~3分で厩舎に到着しますが、遠い厩舎は20分近くかかったりもしますdash

 真夏のPM3:00に、ウルサイ馬を20分近く曳いて(しかも地面は砂地)厩舎に帰るのは地獄ですよ・・・wobbly

こうして馬たちはトレセンに入厩するのでしたhorse

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

Img_7574

我が家にも2頭入厩しました(笑)

予告なしに届いた「まめ」と「シンク」happy01

私の元愛馬ですnote

Img_7651

  博子が作ってくれましたhappy01ありがとう!

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日の出来事・・・

Img_7833

 

 出張に行ったら、厩舎にお土産を買ってくるのは定番なんですが、中京帰りの人が買っきてくれたクッキーが・・・似てなすぎてツボにハマり、しばらく笑いが止まりませんでしたwwwww

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Dsc05405

 

 うちのせがれですsweat01

  また来週paper

以前馬インフルエンザが流行った事ありましたよね?検疫所通ってもそういう事起るんですか?馬インフルエンザ自体どういうものか良く分からないですけど。博子ちゃん、フエルトキィホルダー上手ですね。

検疫通ってもインフルエンザになった馬もいますね、潜伏期間があると思うので、入厩の時何ともなくて、入厩してから発症という例は…
発症したら隔離されていました。
あれ以来馬インフルエンザ出てないですね( ̄▽ ̄)

つい最近、ケンエキジョは
海外遠征前以外にも放牧から帰ってきてからなども
やることを知りました(笑)
ほぼ、半日はこれに仕事が追われるって感じですかね。

レースに出走させるだけが仕事ではなく
色んな事がトレセンで行われているんですね。

ドアラのクッキーは、
私も中京の帰りに名古屋駅で買いましたけど
あれは、ウケ狙いかも(笑)
ちなみにこのクッキーは
あまり大々的に宣伝してません。
やっぱり絵が…?(笑)

ドアラー!!私もそのクッキー欲しいですheart

検疫の空き待ちで入厩が先延ばしになるっていうケースは結構頻繁に発生するものなんですかね?
出資馬で何度かあったなぁと思って。

カオナシが馬と仲良しだとは知りませんでしたhappy02

しょうさんへ

ドアラクッキーの完成度の低さは逆に笑えますよね!!

検疫は朝の馬体検査に行って、あとは午後の解放の時に行くだけなので、半日がかりというわけではないですよ( ̄▽ ̄)

豊岡さんへ

ドアラクッキーめっちゃウケますね(笑)
名古屋駅で売ってるんですね!

虚空さんへ

検疫の枠は、あらかじめ各厩舎に与えられた枠があり、それ以上に入厩させたい場合は抽選になります。
抽選に外れると、入厩させられなくなってしまいます_| ̄|○
検疫が取れなくて入れられない!という事態は、かなり頻繁にありますよ!

昔は伝貧の検査法が今と違ったから検疫1泊で入厩した次の日の午後3時開放だったんですよね。
自分の牧場の馬運車で入厩させてた時はちょっとした待ち時間に他の馬見て歩くのが楽しみでした。
メジロアルダンが同じ厩舎にいたり隣がシラユキヒメだったこともありましたよ。

あけみさんへ

へーーそうなんだ(OvO)一泊ってのは知らなかったです_| ̄|○一泊だと検疫入れるのも効率が悪くて大変そう…

有名馬が隣にいることも時々あるよね!函館の検疫で、関西馬も一緒だから、結構有名馬いましたよー(≧∇≦)

コメントを投稿する

絵文字を挿入

コメントは管理者が公開を承認するまで反映されませんのでご了承ください。

競馬女子部 コメント投稿規約

  • (1)コメント投稿は、ご利用者ご自身の責任において行われるものとします。ご利用者がコメント投稿した情報は、ご利用者自らがその内容について責任を負うものとします。
  • (2)公益社団法人日本軽種馬協会(以下「本協会」)はご利用者に対し、コメントの掲載内容(他のご利用者が提供する情報を含みます)についていかなる保証も負わないものとします。そのため、掲載コメントによりご利用者が被害を被ったとしても、本協会はご利用者に対して賠償する義務を一切持ちません。
  • (3)コメント投稿は、本協会が選別した上で本ブログに掲載されるものとし、必ずしも投稿のすべてが掲載されるわけではなく、また掲載されるまでにはお時間をいただきます。投稿内容の一部を本協会が編集・追記・削除した上で掲載される場合があります。
  • (4)コメント投稿が実際に掲載された場合でも、ご利用者に対する本協会からの謝礼等はございませんので予めご了承ください。

以上

伊藤春菜

出身地
群馬県
職種
持ち乗り調教助手

詳細を見る

最新の記事

記事一覧