2014年05月12日

根性のラスト100m!

昨日行われたNHKマイルカップ。

皆さんのかわいい馬券の行方はどうだったでしょうか?

…と、いきなり馬券の話も何なので、ここはひとつミッキーアイルの素晴らしさから!

実は私、アイルには申し訳ないのですが、思いっきり軽視していました。

なんたって府中のマイルに休み明け。逃げ切り上等!のアイルでも、まさかこのG1の舞台で、それをやすやすとやってのけるはずがない、おそらくいい感じに逃げても、最後の最後でロサギガンティアあたりにさされるんじゃないかと(小声)

それでもはじめから不動の1番人気。びんびんに磨かれた競馬ファンの眼に狂いはナイ!とふんで、私もアイル軸でちゃっかり同調~。パドックも悠々と歩き、一番落ち着いていましたね。

「ディープインパクト産駒の逃げ戦法」というシチュエーションに、履き慣れていないスニーカーが「いずい(北海道弁で、どうもしっくりこない違和感)」ような変な感じもあったり、「ひょっとして、この期に及んで逃げないかも?」なんて思ったりして。

そろそろ馬券の話をしますと、私の買い目はミッキーアイルからロサギガンティア、サトノルパン、ショウナンワダチで、手堅く馬連で臨んだのですが~(ホッケを用意せよ!w)

結果は2着に17番人気のダガノブルグ、3着は12番人気のキングズオブザサンと、私の貧相な想像を超える684,020円という大きな配当を生み出しました。

競馬というものは不思議なもので、このように大きな馬券になると、自分にはまったく関係ないことなのになぜだか嬉しい気分になってしまいます。たった1枚の銀色コインから60万円強!しばらくのん気に暮らせる金額です。いったい誰が当たったのでしょうか…。

競馬って、本当に夢のあるスポーツですね!(かなりの負け惜しみ)

それにしても、ミッキーアイルの最後の100mは本当に唸りました。馬に根性があるとあらためて思い知りましたね。

「殺(やる)か、やられるか…どっち!」

彼の粘りをみて、偉大な名牝がプレイバック。

ダイワスカーレット!!

アイルはこれから大きな将来を見据え、距離を伸ばすレースにチャレンジすると思いますが、ダイワスカーレットのように、秋天でも逃げ切り勝ちがあることも含め、有馬の2500mも夢ではないはずです。

母父であるロックオブジブラルタルは、優れた先行力を生かし、スタミナとパワー、そしてスピードを持続力する能力がずば抜けて優れているとウィキに書いてありました。あら、アイルくん、もしかして爺ちゃん似?\(^o^)/

偉大な父の血もさることながら、母の血もそれを上回る爆発を見せた時、超競走馬になってゆくのでしょうね。

「女の運命は一緒になる(いる)男で決まる」

恋のまち札幌の繁華街ススキノの街角で耳にした言葉です。

競走馬の世界でも、男と女がいる以上、同じような物語が始まると思っています。

アイルランド生まれの母馬の前に現れたのは、運命の男サンデーサイレンスでした。

「私もまさか、こんな小さな国ニッポンで、彼にめぐりあえるとは思っていなかったわ」

10250048_1504929733060085_342395279

北海道安平町ノーザンホースパークで暮らす

英雄ディープインパクトの母ウインドインハーヘア。

ママが7番目に生んだおチビさんは、日本の近代競馬の結晶といわれるほどの大活躍をして、やがて競馬界にはなくてなならない偉大な父になりました。

ミッキーアイルの母スターアイルも、ディープインパクトと出会い、みごとG1ホースの母になりましたね。強い男と出会った女は、金色の巨大艦隊に乗った気分で、迷いなく突き進んでゆくことでしょう。

◇JBBAさんからのお知らせです◇

5月13日(火)に函館競馬場で

北海道トレーニングセールが行われます。

馬産地からたくさんの若駒たちが集まりますよ~♪

未来のダービー馬が、ここから出てくるかもしれません!

楽しみですね!

ライブ配信は、下記のアドレスからご覧ください。

よろしくお願いします。

http://live.jbis.or.jp/

@写真撮影:唐嶋田貴子

由香さんこんばんは。
ミッキーアイルがよくなるのは、
まだまだ先のように感じました。
直線でもフラフラしながら走ってましたし
それでもあれだけの強い内容ですから。
母父のロックオブジブラルタルは、
欧州のベストマイラーでしたね。その血ですかね。

血といえば、キングオブザサン。
仲間達と
【まさかここで、府中巧者のスティンガーの血が】
なんて冗談半分で言ってたら、3着に。

競馬は、血統のロマンですね。

しょうさん、おはようございます!
アイルは逃げ馬という、いわばダンゼン不利の状態で、そこまで粘り腰をみせてくれたというのは、本当に根性のある馬ですよね!
ディープ産駒はさまざまな血を試されている過程ですから、これからもバラエティーあふれる競走馬が出てくると思います。
すでに父サンデーサイレンスを越えるディープ産駒、ミッキーアイルのこれからの成長に期待ですね!

コメントを投稿する

絵文字を挿入

コメントは管理者が公開を承認するまで反映されませんのでご了承ください。

競馬女子部 コメント投稿規約

  • (1)コメント投稿は、ご利用者ご自身の責任において行われるものとします。ご利用者がコメント投稿した情報は、ご利用者自らがその内容について責任を負うものとします。
  • (2)公益社団法人日本軽種馬協会(以下「本協会」)はご利用者に対し、コメントの掲載内容(他のご利用者が提供する情報を含みます)についていかなる保証も負わないものとします。そのため、掲載コメントによりご利用者が被害を被ったとしても、本協会はご利用者に対して賠償する義務を一切持ちません。
  • (3)コメント投稿は、本協会が選別した上で本ブログに掲載されるものとし、必ずしも投稿のすべてが掲載されるわけではなく、また掲載されるまでにはお時間をいただきます。投稿内容の一部を本協会が編集・追記・削除した上で掲載される場合があります。
  • (4)コメント投稿が実際に掲載された場合でも、ご利用者に対する本協会からの謝礼等はございませんので予めご了承ください。

以上

最新の記事

記事一覧

アーカイブ