2015年07月21日

馬運車の中

暑い日が続いていますねsun

船橋の馬房でもエアコンと自然の風を上手く使い分けて、お馬さんの健康管理に余念がない日々flair
各厩舎、植物を植えて遮光したり、スダレを用意したりと、いろいろな工夫をしているようですよhappy01

取材時も、普段なら日焼け止めと、暑さ対策の冷え冷えグッズpenguinが欠かせない時期ですが、

船橋でもナイターが始まったおかげで、それも少し緩和されましたheart04

さて、今回はちょこっと珍しい写真を発掘したのでご紹介しちゃいますcamera

どこでしょうhappy01

P7137811

P7137813

馬運車の中ですshinehappy01

運転席の後ろはお座敷風になっていて、足を延ばしてゆっくりくつろげます。

長旅に備えて毛布も完備。
後ろにはベッドになる棚も付いていますよ。
もちろん、後部にいるお馬さんの様子も見えるようになっていますshine

馬好き、競馬好きとしては、道路で馬運車を見つけると、おおお!!と盛り上がったりもしますねheart04

どんなお馬さんが乗ってるのかなぁとか。

_mg_5044上の写真は南関東の馬が福島に遠征した時に、福島市内で撮ったもの。

福島開催時、夕方の東北自動車道では、JRAの馬運車の姿を何台も見かけますflair

P7018997

ちなみに、馬運車の前のシートで「足を投げ出しているお姿」を見かけるコトもあるかと思います。
(こちらは車のサイドミラー越しのお写真)

P7018992 

以前は「あらcoldsweats01いくらお疲れとはいえ、少々お行儀がよろしくないかんじがcoldsweats01
なんて思ってしまったりもしていましたが、
あのシートは、もともとそういう風に座る椅子なんですnotes

お行儀が悪いわけではないんですよhappy01

馬運車のお馬さん用の中はこんなかんじ。
川崎競馬場での撮影です。

Dscf2140

ちょっぴりだけ”段差”がありますが、お馬さんはとってもデリケート。
そのため、このちょっとした”段差”も要注意とのこと。
乗る時に躓いたり、ちょっとでも「怖い」経験をすると、
その後も馬運車に乗る時に嫌がったり、なかなか乗らなかったりすることもあるそう。
人間も、「怖い」経験をした場所だと用心深くなりますものね。

Img_0024

大きなレースがある時には、全国各地の個性豊かな馬運車が揃って駐車場も華やかにnotesshine

Dscf5333 (2010年 船橋ケイバ JBC開催日)

さて、こちらは洗い場のスマートジョーカー(川島正一厩舎)shine
2013年の川崎マイラーズの覇者です。
先日撮った様子。
朝のおけいこ後、小倉厩務員とのショットcamera

Img_5212s 人馬が創り出す、こういう素敵な雰囲気に出会えると、暑さをふと忘れるような気もしますhappy01notes

コメントを投稿する

絵文字を挿入

コメントは管理者が公開を承認するまで反映されませんのでご了承ください。

競馬女子部 コメント投稿規約

  • (1)コメント投稿は、ご利用者ご自身の責任において行われるものとします。ご利用者がコメント投稿した情報は、ご利用者自らがその内容について責任を負うものとします。
  • (2)公益社団法人日本軽種馬協会(以下「本協会」)はご利用者に対し、コメントの掲載内容(他のご利用者が提供する情報を含みます)についていかなる保証も負わないものとします。そのため、掲載コメントによりご利用者が被害を被ったとしても、本協会はご利用者に対して賠償する義務を一切持ちません。
  • (3)コメント投稿は、本協会が選別した上で本ブログに掲載されるものとし、必ずしも投稿のすべてが掲載されるわけではなく、また掲載されるまでにはお時間をいただきます。投稿内容の一部を本協会が編集・追記・削除した上で掲載される場合があります。
  • (4)コメント投稿が実際に掲載された場合でも、ご利用者に対する本協会からの謝礼等はございませんので予めご了承ください。

以上

阿部典子

職種
ライター&フォトグラファー

詳細を見る