2010年11月20日

バックヤードツアーへようこそ

前回お届けできなかった

福島競馬場のバックヤードツアー。

前回に続き、様々な写真で様子が伝わるといいな。

まず、向かったのはパドック!

Padoc

誰もいないパドックってすごく新鮮。

ちょうどこの時は清掃中でした。

右にちっちゃく見えている赤いのが掃除機。

何周も何周もぐるぐる。

スタッフさんも馬と同じ動きで、お掃除です。

これはスターターさんが乗る車。

Car

こんなに間近で見れるなんてー!

スターター、一度はやってみたいなぁ。なんて思ってたけど

実は、選ばれし方しかなれないとのこと。

それは、獣医さん、乗馬のプロ。

ただフラッグを振るだけではなく

ゲート入りを促したり、馬の癖を把握したりと

馬についての知識がないとできないんだって。

確かに、納得!!

この大きな車、2台用意されているんです。

万が一故障した場合でも、きちんと対応できるように配慮したもの。

さすが、念には念を。

そして、今回は特別に・・・

本馬場に入れさせていただきました☆

Camera

きゃーー!ふかふかっ。

思わず走りだしたくなっちゃいますが

馬場を痛めないために

抜き足。差し足。忍び足。

これは、またとないシャッターチャンス。

カメラ女子の血が騒ぎます。

_mg_2276

下からあおって撮ったら、その広さ、伝わるかな??

_mg_2273

スタンドも、実はコースから見るとこーんなに大きかったのネ。

参加された学生さんも

たくさん撮影されていました!

贅沢な体験っ。

その後はウィナーズサークルにて

馬具のレクチャー。

Setumei

手にとったり、身につけたり・・・

その中で競馬女子部のツボだったのが

Kutu

騎手さんが履く、ブーツの小ささ。

ほら、ワタシのほうが足が大きい(笑)

こんな小さな足で競争馬にまたがるなんて

鍛えられたバランス感覚があってからこそ。

あ、面白いことやってる!!

Gakuseisan

心もお馬さんキブン。ね♪

普段見ることのできない、競馬場の裏側。

「初めて」がいっぱい。

これぞ競馬版、社会科見学!!

Honbaba 

競馬女子部、またひとつ、お勉強になりました。

ついに明日は

府中競馬場いってきます!!

久々の府中に わくわく。ドキドキ。

毎年秋の福島は開幕週を除くと荒れ地のような馬場になるんですけど、今年は最後まで良いんですよね。

スターターの話しは聞いたことありますね、体験だけなら東京競馬場の競馬博物館で出来たような気がします。

なんにせよ、明日は良い1日を!

誰もいないパドック、芝の本馬場に大勢いる私服人々…見たことない新鮮さ。
僕も寛子さんのこのブログで勉強になりました。
明日の東京競馬場の果報を待ってまーす☆

自分の愛馬がメインレースに勝つと、本馬場の芝の上で表彰式をやってもらえます。あれは気分がいいですよ〜!
明日は府中ですか?一緒に行ける馬友達が羨ましいですね。それとも、競馬場に1人で行くという“課題”の達成が目的ですか?また競馬女子部で、様子を報告して下さい。儲かりますように!

コメントを投稿する

絵文字を挿入

コメントは管理者が公開を承認するまで反映されませんのでご了承ください。

競馬女子部 コメント投稿規約

  • (1)コメント投稿は、ご利用者ご自身の責任において行われるものとします。ご利用者がコメント投稿した情報は、ご利用者自らがその内容について責任を負うものとします。
  • (2)公益社団法人日本軽種馬協会(以下「本協会」)はご利用者に対し、コメントの掲載内容(他のご利用者が提供する情報を含みます)についていかなる保証も負わないものとします。そのため、掲載コメントによりご利用者が被害を被ったとしても、本協会はご利用者に対して賠償する義務を一切持ちません。
  • (3)コメント投稿は、本協会が選別した上で本ブログに掲載されるものとし、必ずしも投稿のすべてが掲載されるわけではなく、また掲載されるまでにはお時間をいただきます。投稿内容の一部を本協会が編集・追記・削除した上で掲載される場合があります。
  • (4)コメント投稿が実際に掲載された場合でも、ご利用者に対する本協会からの謝礼等はございませんので予めご了承ください。

以上

石井寛子

生年月日
1985/9/15
出身地
大阪府
血液型
A型

詳細を見る