2013年07月08日

セレクトセールへ行ってきました。

 
仔馬を見ながら全力で妄想する日がやってまいりました!

セレクトセール。1年に1度。今日から2日間、安平町ノーザンホースパークで行われる日本最大の競走馬のセリは、毎年とんでもない高額馬が出たり、競馬界の関係各位が一挙に集結して、その一部始終を見逃すまいとする特別な日です。

「北海道なのに暑いじゃないですか!」とラジオNIKKEIのSさんに笑顔でお叱りを受けるほどの炎天下の中、本日は昨年生まれた1歳馬のセール。

およそ260頭の仔馬たちが、自分たちの「これから」をハンマーの音に重ねる時がきました。

Dscf1089

 ブルーの背もたれは馬主席。アベノミクス効果は馬主さんの懐から?私がお金持ちの方々を心から応援する日は、この時だけです。景気よくいっちゃってください!

Dscf1090

 13番スカーレットベルの2012。父はキングカメハメハ。ディーラーの軽快で高らかな声が、購買意欲をザワザワとかきたてます。この仔は最終的に7400万で落札されました。毎年キンカメとサンデーの配合は安定した人気を誇っていますね。仔馬たちのお値段がまずまずであるのは、今まさに現役で走る兄や姉の活躍があってこそ。『絆』糸へんに半分と書くこの1文字を思い出す瞬間です。血を分かち合って離れ離れになっても、見えない糸でちゃんとつながっている…こじつけました。

Dscf1091

この日「もしも私が馬主だったら」の主役スイープトウショウの2012。父はディープインパクト。宝塚記念で一緒に走ったふたりの愛の結晶です。以前より、この両親からの仔を待ち望んでいた私には、夢が現実となって、目の前に立っていてくれる幸せ気分。コンパクトで小さめの馬体は父。長くて美しい流星は母。セリの前、担当の方に話をきくと「今のところ穏やかでいいこですよ」調教嫌いの母に似ませんようにと願いを込めて、かわいい鼻先を思いっ切りなでなでしてきました。

Dscf1101

いよいよ本番!注目度の高さに強気の設定8000万からのリザーブ!じわじわと声がかかります。何だか変な静けさも。会場全体がこの仔の可能性を大台に乗せたくてしかたがないという雰囲気!ざっくりとですが、二人の馬主さん方で競り合っているようにみえました。

そして、切れ味よくぴったり1億円で落札したのは、アート引越センターでおなじみのアートコーポレーション寺田千代乃氏です。

Dscf1104

Dscf1098

セリの後は仔馬の撮影。取材陣営でごった返し。囲み取材もありました。

「ちょうどいい値段だと思ったので」 ハイ、私もそう思います!

私は寺田氏の横に立ち、ふむふむとそれらしい顔でお話を聞きながら、こころの中で2度頭を下げてきました。(この仔をよろしくお願いします…)と。

そのほか、この日はシーズオールエルティッシュの2012の1億8000万円が最高価格。アドマイヤの冠名でおなじみの近藤利一氏が落札。

1億円以上の馬については昨年の5頭に対して今年は8頭出るなど、全体的には高値を記録して、平均購買価格も昨年よりUP!!アベノミクス効果を「初めて」体感する日となりました。

ディープインパクト産駒については上場された12頭が全て売却され、そのうち6頭が1億円超えというディープ祭りに。これは完全に今年のダービー馬キズナ効果でしょう。

そうそう。今年はユタカも来場してましたよ~。お話はできませんでしたが、匂いだけこっそり吸引!怪しまれないようにちゃっかり拝借してまいりました。会場内でテレビの収録があったそうですが、毎年来てくださいね!

明日は今年生まれた当歳のセリがあります。

私の注目馬は338番アゼリの2013です。母アゼリはアメリカ年度代表馬になった古牝馬チャンピオン。ディープインパクトとの配合でこの母系の底力が引きあがるかどうか。

いろんなところに書きまくっていますが、私にとって競馬とは、生産、育成、競走、そして引退後のすべてです。セレクトセールは、競馬の基礎となる大きな役目を担い、少し過剰に盛ったくらいの勢いで成功してくれるのが理想ですね!

 

 

 

 

 

 

 

お目当ての馬の購入は、出来ましたか?(笑)

ディープ-スイープ。夢のある血統ですよね。
父母の瞬発力を存分に受け継いだら
どんな馬に成長するのでしょうか。
鞍上には、豊さん?池添くん?
どちらが乗っても夢が見れますね。

当歳セールスのレポートも待ってます。

今日2013のセレクトセールをグリーンチャンネルで観ました。じっくり観たのは始めてでお母さんと出てくる仔馬の可愛いさに感動し、何分素人なのでみんな走る仔にしか見えず、やっぱりディープの仔は凄いとかスティの仔はあの年齢でも自己主張はさすがと思ったりでした。
雑誌でしか見たことのないマサコちゃんの文字ずっと気になっていたら出たんです!マサコちゃんの2013がお母さんに会えて嬉しかった(^-^)
素敵な栗毛で美人さん、仔馬も可愛くて立派な競争馬になって又北海道に戻てきてね。再来年ターフで会える事を祈りながら…お馬さん最高です。

しょうさん>この仔はユタカに乗ってほしいですが、池添さんくさいですね(笑)今のところ、とても温厚な性格ですし、胴が詰まってスプリンター向けのような気がしました♪

てるみさん>現役の時に活躍した贔屓のお馬が母になった時の感慨深さは計り知れませんね!私も血のドラマ、託された子どもたちの動向を追うのが大好きなんですよ♪

コメントを投稿する

絵文字を挿入

コメントは管理者が公開を承認するまで反映されませんのでご了承ください。

競馬女子部 コメント投稿規約

  • (1)コメント投稿は、ご利用者ご自身の責任において行われるものとします。ご利用者がコメント投稿した情報は、ご利用者自らがその内容について責任を負うものとします。
  • (2)公益社団法人日本軽種馬協会(以下「本協会」)はご利用者に対し、コメントの掲載内容(他のご利用者が提供する情報を含みます)についていかなる保証も負わないものとします。そのため、掲載コメントによりご利用者が被害を被ったとしても、本協会はご利用者に対して賠償する義務を一切持ちません。
  • (3)コメント投稿は、本協会が選別した上で本ブログに掲載されるものとし、必ずしも投稿のすべてが掲載されるわけではなく、また掲載されるまでにはお時間をいただきます。投稿内容の一部を本協会が編集・追記・削除した上で掲載される場合があります。
  • (4)コメント投稿が実際に掲載された場合でも、ご利用者に対する本協会からの謝礼等はございませんので予めご了承ください。

以上

上坂由香

出身地
北海道札幌市
職種
エッセイスト

詳細を見る

最新の記事

記事一覧