2013年11月19日

色んな色イロイロ


馬って、草食動物だから、目は顔の横eyeですよねsign01

 

 

Dsc02649

Dsc02137


猫(肉食動物)は目が正面にありますねpaper

逃げることしかできない馬(草食動物)は、いち早く危険を察知して逃げるために、視界は350度あるとも言われていますup

 

とまぁ、ここまではよく知られた話・・・

 

 

ところで、馬って色が分かるのでしょうか???

 

馬は黄色が一番よく見えてるだとか、一番見えにくい色だとか・・・

黄色は見えるが、は見えないだとか・・・・

全部白黒だとか・・・・

 

読む本や、ネット、聞く人によっても全然答えが違うんですよねsweat02

 

馬の医学書には、青、緑、黄色は認識できるが、は認識しにくい。と書かれている。。。。

 

 

結局、馬の目線で馬の視覚で見たことある人はいないということで、馬がどのようにこの世界を見ているかはわからないというのが一番正しい答えなんじゃないですかねsign02

 

 「この仕事始める前まで馬やってましてね。。。」

という人はいませんからね(笑) 

 

 

 

 

 

 

 そんな謎だらけの馬の色彩感覚ですが、私の担当馬の青鹿毛君(仮名・青君)が、「馬は色が分かるよfuji」ということを証明?しましたflair

 

 

 

Img_4929


 実は先週もスタンディングマルタンのモデルとして登場してたんですが、起立壁がすごくて大変なんですよ・・・

最近ではだいぶ落ち着きましたが、それでも時々我慢できなくなって、ギャン鳴きからのモロ立ちsweat01

 

 

 

馬っ気だして、女の子に乗っかる・・・という馬なら時々いますが、パターンを観察していても、牝馬が前にいるからって馬っ気出すというわけでもないんですよねdash

 

 

 

Img_4939


特定の馬を、ガン見eyeして、「ンブフゥッ」とか鳴いて、突進していこうとしますsweat01danger

 

女の子でも男の子でも関係ありませんhorse

 

反応する馬の共通点horsehorse

そ  ・  れ  ・  は

 

 

 

 

青い馬装、特に青い腰当てラグをつけていて、乗り手も青いジャンバーを着ている厩舎の馬sign03

 

 

とにかく青い厩舎カラーに反応しますeye

 

 

 

結構遠くにいても、ガン見して鳴いたり、興奮したりdash

 

 

 

青が青に見えているのかは謎ですが、明らかに色を識別していることの証明になるのではないでしょうかt-shirtsign02

 

 

Img_4944

普段は可愛いんですが、青い馬を見ると◯▽×☆¥£??◆・・・・wobbly

 

 

闘牛の牛か君はsaddash

 

牝馬に近づけないように気を使って乗る馬はいても、青い馬に近づけないように乗らなきゃいけない馬は初めてでしたsweat02

 

 

 

club先週、毛色の話もしましょうかねhappy01と書いたら、毛色話してくださいというコメントなどもいただいたので、今日は少し毛色紹介paper

競走馬で登録される毛色は、鹿毛、黒鹿毛、青鹿毛、青毛、栗毛、栃栗毛、芦毛、白毛の8種類ですが、毛色の種類はもっとたくさんあるので、追々写真などが手に入ったらその都度登場させますねlovely

Dsc03098

さっきの青君は「青鹿毛」でしたが、この子は「青毛」ですup

毛色の定義というのは、教科書にはちゃんと書かれているのですが、ここでは「わかりやすく」sign01

青毛というのは、真っ黒な馬ですnewmoon

 

青鹿毛は、青毛よりも茶褐色な毛が、鼻や目のまわりなど所々に生えていて、季節によっては被毛も茶褐色な毛が生えたりします。

Dsc03173


サラブレッドで一番多い毛色note

パドックを観ていて、おそらく一番多いのがこの鹿毛です。

「よくある馬の色」って覚えておけば簡単ですねhappy01

どんな毛色でもそうですが、被毛(身体の毛)は同じ毛色でも、濃い馬もいれば薄い馬もいます・・・

鹿毛も、明るい鹿毛からやや暗めの鹿毛までいますが、どの馬も、膝から下は黒い毛、尻尾とタテガミは黒い毛sign03というのが特徴ですpaper

脚が白い子(白斑)や、尻尾に白い毛が混じっている子もいますが、それは個体の特徴なので毛色の特徴とはまた別の話ですear

 

 

ぅん~、馬のことは奥が深すぎてムズカシイsweat01ここではできるだけ簡単に説明したいのですが、伝わってますかぁsign02sign02sign02

もっと載せようと思ってたんですが、次回以降にしますsweat02


 

moon3今週のハミはこちらmoon3

Img_4820


スリーリングビット

ノーマルハミのハミ鐶に3つの小さなリングがついているもの。

 テコの原理で馬の頭を下げさせる作用が強く、どこのリングに手綱をつけるかによって、強さを調節できます。

Img_4984


またらいしゅうheart04( ↑ 栗毛 )

毛色はやはり、芦毛と栗毛が人気ですかね。パドックで一番目につくのは芦毛ですよねー笑
馬の目に見える色とかあまり気にしたことないですね^^;
少しは動物医学勉強します。。。m(_ _)m
それにしても青色厩舎狙われてるんですね(^_^;)
もしかして転厩希望!?それとも恋心!?笑
お馬さんと話しできたらわかるんですけどねー(^^ゞ

ゆーたさん

いつもコメントありがとうございます^ - ^コメントいただけると、書いてる甲斐があります(*^^*)
なぜ青が好きなのか、理由はわかりません!(◎_◎;)
転厩希望だったらどうしましょう…(゚o゚;;

芦毛と栗毛はかわいいですもんね(*^_^*)
けど担当するなら芦毛は嫌です∑(゚Д゚)
汚れるし、毛がすごい抜けるんで((((;゚Д゚)))))))

色の識別について、それだけ意見が分かれているとは意外ですね。
研究を重ねるごとに迷宮入りしてるのかなcoldsweats02
馬具の色も様々あるし、白黒で無い限りは、きっと好き嫌いはあるんだろうなぁと
勝手に想像はしますよね。
モデルの青君は、ゴール板が青色のコースなら真っ先に突っ込んでくるかな?catface

毛色のお話もまだまだ楽しみにしております。
栃栗毛の怪物もカッコイイですねsoccer

毛色の話が出てきた!!
私はダントツで栗毛がすきですね(≧∇≦)
明るすぎず落ち着いた栗色っぽい栗毛が特に(^^)

…いや、みんなかわいいですけどね♡


ほんと、青君たちお馬さんたちには、どういうふうに世界が見えているんでしょうね(^^)
犬とか猫とかもそうですが、やっぱり人間にはどう見えてるかよくわからないままなんでしょうね…(o_o)永遠の謎ですね(◎_◎;)

あと、いくら視界が広いとはいえレースで馬群の中を縫うように抜けてくる馬なんか、こわくないのかな?って思ったりしますけど…彼らは鍛えられてるからきっとよっぽどのことではない限り大丈夫なんですかね〜(u_u)!

虚空さんへ

いつもコメントありがとうございます^ - ^
そうですね、本当は研究とかでもっとハッキリわかってるのかもしれませんが、どんなに研究が進んでも、実際馬がどのように見えてるのかは誰にもわからないことですよね(O_O)
青君の青好きですが、ゴール板などの動かないものには反応しないんです…
あくまで、青い馬装の馬が好きなんですよ( ̄▽ ̄)

ななこさんへ

競走馬では8種類なんですが、他に6種類あるんですよ( ̄▽ ̄)
私は昔は栗毛派でしたが、今は青毛系の真っ黒が好きです(^∇^)
手入れをすればするほど光るので( ̄▽ ̄)

馬群を縫ってこられる子は、きっと馬社会ではリーダー的なタイプの子じゃないかなーと思います(^∇^)

競馬見てて白毛の馬ってあまりいないですよね?生まれる確率が低いのでしょうかヽ(;▽;)ノ白毛の馬が好きなのでレースで応援しちゃいます✌後、毛色の読み方って難しいので勉強します(^O^)最初に登場した(=‘x‘=)猫ちゃん、強烈ですね(゚д゚)!

春菜さん担当の青鹿毛君は、
もしかしたらステイゴールドみたいに
ゴドルフィンの青い勝負服が前に走ってたら
差し切るかもしれませんね。(笑)

ウチがもっとも好き毛色は、尾花栗毛かな。
古くはトウショウファルコ。
最近では、タイキシャトルがそうです。
たまに午前中のレースとかにも見かける馬はいますけど
一際目立ちます。
もし活躍出来なくても
将来は、誘導馬になるかなと思ったりします。

じゅんじさんへ

白毛は突然変異から誕生するみたいなので、滅多にいませんよ!シラユキヒメという白毛の馬の子供たちが、白毛の血を引き継いでいますよ(*^^*)
今の2歳世代の白毛ちゃんは、マーブルケーキという子がいるんですが、うちのニャンコと同んなじ色なので、走る時は是非見てほしいです(^∇^)

しょうさんへ

トウショウファルコ懐かしいですね(^∇^)私も中学生の時に競馬場で写真撮ったことあります(=゚ω゚)ノ
芦毛は手入れが大変なので担当はしたくないですね(;^_^A

青君の勝負服も青なんですよね( ̄Д ̄)ノ
差し切るんじゃなくて、乗っかりに行くから2着止まりかもしれません…(笑)

コメントを投稿する

絵文字を挿入

コメントは管理者が公開を承認するまで反映されませんのでご了承ください。

競馬女子部 コメント投稿規約

  • (1)コメント投稿は、ご利用者ご自身の責任において行われるものとします。ご利用者がコメント投稿した情報は、ご利用者自らがその内容について責任を負うものとします。
  • (2)公益社団法人日本軽種馬協会(以下「本協会」)はご利用者に対し、コメントの掲載内容(他のご利用者が提供する情報を含みます)についていかなる保証も負わないものとします。そのため、掲載コメントによりご利用者が被害を被ったとしても、本協会はご利用者に対して賠償する義務を一切持ちません。
  • (3)コメント投稿は、本協会が選別した上で本ブログに掲載されるものとし、必ずしも投稿のすべてが掲載されるわけではなく、また掲載されるまでにはお時間をいただきます。投稿内容の一部を本協会が編集・追記・削除した上で掲載される場合があります。
  • (4)コメント投稿が実際に掲載された場合でも、ご利用者に対する本協会からの謝礼等はございませんので予めご了承ください。

以上

伊藤春菜

出身地
群馬県
職種
持ち乗り調教助手

詳細を見る