2014年03月25日

馬もバカじゃないから覚えてるっぽい・・・

 

 

先週、日本大学馬術部へお邪魔しましたhappy01

 

  こんなところに馬場があるのsign02

という感じの住宅街の細い道を進むと、あったsweat01

 

馬運車がここを通るのかと思うとスゴイdash

学生さんたちのドラテクが試されるのであろう・・・

Image_17

厩舎内は乗馬の馬具がたくさんhorse(当然だ!)

Image_16

 

 久しぶりに見る乗馬鞍に新鮮さも感じる。。。

 昔はこれが普通だった感覚のはずなのに、もうじき競走馬歴のほうが長くなろうとしている今日この頃・・・

時々乗馬鞍に跨ると、ぴたっとフィットする鞍の安心感と、それとは真逆の、お尻がハマりすぎて自由を奪われた束縛感の不安が交差する感覚なのですcoldsweats02

競走馬の調教鞍は、競走鞍に比べたら肉厚で安定感もありますが、乗馬鞍に比べたらペラッペラsweat01

(何が言いたいのか簡潔に言うと、乗馬に乗れなくなった(元々乗れないのにさらにww)ということです・・・)

Image_15

しかし乗馬の馬具というのは、競走馬の道具より高級感というか、写真に撮っても画になってくれますね。

Image_18

 これから練習の学生さんhorse

 

  

 

Image_13

仲良しheart04

 

 

Image_10

 

私も昔これくらい飛んでたんだが・・・

 

 

Image_9

   

信頼関係のできてる馬なら、気持ちいいheart01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、私がなぜ日大馬術部へ訪問させていただいたのかというと、

Image_3

この馬に会うためでしたlovely

 

Image_4

heart01メジロアマギheart01

私が尾関厩舎で担当させてもらっていた愛馬ですheart04

Image_2

 すっかりおとなしくなり、乗馬らしくなっていましたnote

Image

 

  あいかわらず顔がデカくて、ブサかわいいhappy01

Image

 

私もちょっとだけ跨らせていただきましたheart04

 アマの背中はいつぶりだろ??

Image_8

顔でかい(笑)

 

Dsc05542

 

初めての北海道滞在もアマギと一緒だったし、初めて担当馬が障害馬になったのもアマギでしたnote

 Image_12

そしてもう一頭up 

まさかの再会となったメジロポピンズnote

Image_11

ポピンズは、私の「競馬デビュー」の馬で、担当馬ではなかったのですが、トレセン入って初めてパドックで馬を曳いたのがこの子でしたshine

奇跡の再会に、記念写真camera

 

 

Image_19

競馬を引退すると、地方競馬や繁殖に行ったりする子もいますが、ほとんどの馬は乗馬になることが多いと思いますhorse

今まで担当していた子も、どこへ行ったか分からなくなることが多い中で、こうしてまた再会できることは奇跡的でもありますlovely

会えなくなった馬たちも、こうしてどこかで可愛がられて、第二の馬生を過ごしていることを願うばかりですshine

アマギの現役時代の写真は、ほんとよく撮りました(笑)
でも、ほんと第二の馬生のんびり過ごしてて
よかったです。
由香さんも以前書いてましたけど
どの馬も第二の馬生が安心して暮らせるように
施設みたいのが増えるといいですね。

一つ教えて下さい。
乗馬用の馬具と競走用の馬具って
違うって聞きますけど、どこが決定的に違うんですか?

愛馬との再会、嬉しいですね!(^_^*)しかも覚えていてくれてるなんて嬉しい〜!!
競馬関係の方たちもやはり引退した馬の行き先がわからなくなったりするんですね(>_<)最初に乗馬になった所から移動したり、乗馬クラブなどで新しい名前付けられたりするから探せないですしね。
私も最近趣味で乗馬を始めました。乗馬する人がもっと増えて、たくさんの馬がかわいがられて過ごせるといいですよね!

4月からも、投稿楽しみにしています(^_-)☆

乗馬ってこんな高いバー跳んでるんですか!!驚きです!
ひっかかったらえらいこっちゃ・・
競馬も常に危険と隣り合わせですが、乗馬も然りなんですね!
引退したあともお馬さんたちがどこかではつらつと頑張ってると思うと頬がゆるみます^//^

二頭と久しぶりに再会できてよかったですね♪♪
とっても優しいお顔^^馬達も再会を喜んでいたでしょうね!
今まで春菜ちゃんが担当していた子達もどこかで幸せに暮らしていてほしいですねshine

しょうさんへ

しょうさんが撮ってくれた写真はたくさんありますね( ̄▽ ̄)
施設が増えても、やっぱり資金などの問題が出てくるのでしょうね…経済動物という割り切りも必要な場合もあるのかもしれませんね…

乗馬と競走馬の馬具は、まず鞍が大きく違います。
乗馬の鞍は11キロほどありますが、調教鞍は5,6キロでしょうか、競馬の鞍は数百gからあります。

あさみさんへ

乗馬を始めたんですかぁ(≧∇≦)乗馬人口が増えてくれるのはとても嬉しいですね!!
抹消されてからの行き先は、とりあえずどこに行くかくらいしかわからず、その後の行き先は不明なことが多いんですよね…
みんなどこかで可愛がられていれば良いですが、そうもいかない場合もあるのが現実かもしれません(´Д` )

ゆっきーさんへ

この障害はまだそんなに高い方ではなく、オリンピックなんかですと人の背丈ほどはゆうに超える障害を飛んでいますよ!YouTubeなどで乗馬の障害を見られますので是非見てください!!

Yさんへ

私の元担当馬や、関わっていた子がどこかの乗馬クラブで頑張っているという話を聞くと、ほっこりしますね!
すっごいうるさくて絶対乗馬になんかなれないだろうって子も、今では子供の練習馬になっていたり(≧∇≦)

家の近所にも大学の馬術部がありますが、住宅街の中にあるので車で馬場の横を通る時は思わずチラ見してしまいます^^;
家の前の道路を馬運車が通り過ぎた時も、思わず目線でずっと追いかけたり(笑)
昔、競馬で活躍した馬に乗せて頂いた事がありますが、あれだけ勝つのだから、きっと速いんだろうなあと思って跨ったら
その後、おそろしい位に重くて・・・泣きました(^_^;)
ケイツーウインにワイルドワンダー、懐かしい名前ですね。厩舎初勝利の時も南部杯も、どちらも現地応援でした(^^)
府中で毎日王冠を見てから深夜の高速を飛ばして朝の5時に現地到着。今となっては懐かしい思い出です(^^ゞ

タッキー&翼さんへ

ご近所にも馬術部があるのですね(*^o^*)

元競走馬でも、乗馬になると全然動かなくなりますよね(笑)
今まで走れ走れと言われてたので、もう走らなくてよくなると、今までの反動で逆に動かないくらいになってしまうのでしょうね(笑)

年齢の増加でおとなしくなるのもありますが、餌がまず競走馬と乗馬では違うので、そういうのも影響してくると思います( ̄▽ ̄)

まぁ、競馬は走るのに調教は全然動かない馬もたくさんいますよ( ^ω^ )


おー、盛岡まで行かれてたのですか(OvO)
応援のために全国を走り回っているファンの方々のバイタリティには脱帽ですよ(・ω・)ノ

初めまして
携帯で調べものをしていたら『うちのクラブのコにえらいにてるコだなぁ』と思ってブログを読ませていただきました!多分なのですが、間違いなくうちに居るコだと思います!!
名前はアマギというコでレッスンに出ています♪
女の子ですよね?!
確かに…顔の大きな可愛いコです
舌を出すクセがあります
昔もそうだったのでしょうか?!
こんなところで大好きなアマギに会えるなんて!とおもいきってコメントさせて頂きました

コメントを投稿する

絵文字を挿入

コメントは管理者が公開を承認するまで反映されませんのでご了承ください。

競馬女子部 コメント投稿規約

  • (1)コメント投稿は、ご利用者ご自身の責任において行われるものとします。ご利用者がコメント投稿した情報は、ご利用者自らがその内容について責任を負うものとします。
  • (2)公益社団法人日本軽種馬協会(以下「本協会」)はご利用者に対し、コメントの掲載内容(他のご利用者が提供する情報を含みます)についていかなる保証も負わないものとします。そのため、掲載コメントによりご利用者が被害を被ったとしても、本協会はご利用者に対して賠償する義務を一切持ちません。
  • (3)コメント投稿は、本協会が選別した上で本ブログに掲載されるものとし、必ずしも投稿のすべてが掲載されるわけではなく、また掲載されるまでにはお時間をいただきます。投稿内容の一部を本協会が編集・追記・削除した上で掲載される場合があります。
  • (4)コメント投稿が実際に掲載された場合でも、ご利用者に対する本協会からの謝礼等はございませんので予めご了承ください。

以上

伊藤春菜

出身地
群馬県
職種
持ち乗り調教助手

詳細を見る

最新の記事

記事一覧