2014年09月01日

競馬の定説。

昨日は札幌でキーンランドカップがあったが、この夏、体調を崩した老犬がいるため現場は欠席。昨年の函館開催を除いてわりと皆勤賞だったこのレースは、のんきなお茶の間競馬になった。

キーンランドといえばパドトロワというくらい、私には強烈な印象のある馬がまた走る。

2012年の優勝馬パドトロワのパドックに度胆を抜かれた回想をしよう。

その日、札幌にしてはとても暑かったことは間違いないが、1頭だけバケツ10杯くらい水をかぶったように猛烈に発汗していたパドトロワ。「ダメダメ、あんなに汗かいちゃ。パドックで体力を消耗している証しだから消し!」なんて言ってたら思いっ切り来る!という快挙達成。しかもレコード勝ちのオマケつき。競馬定説あるあるが「ないない」になって、「ないない」と言いながら、一緒に力尽きた連れのマダムたちとオケラ街道を命からがら帰った。

そのパドトロワ。どうしたんだ!私たちを裏切ったバケツ発汗はない。

「いやいや、今年はそうきたか。もう騙されないぞ…」

11番人気と評価を下げた男に印を打つ。黒三角。外国人騎手なのに全然勝ててない鞍上が気になったが、あっという間に終わる1200mだ。いい加減なんとかしてくれるだろう。8歳になったサンカルロ先生は最高斤量背負って走るんだし、パド、アンタも男。ここらで頑張らなきゃ本気でヤバイぞ。

もちろん、夏は牝馬が強いという定説も忘れちゃいない。洋芝適性定説もある。

函館での好成績とアイビスサマーダッシュ2着の悔しさ手土産にやってきたフクノドリーム。シャキシャキの短距離娘。前走2着は次に来る!と思い込んで6番人気の彼女に心の中で二重丸を打った。あとはフクちゃんと同じ雰囲気で函館からやって来たローブティサージュなどを練り込んで馬券は完成。とってもイヤラシイ馬連ができあがった。さぁさぁ、走ってもらおうじゃないの。

0001126656_1

こういっちゃなんだけど、スタートしてから少し経って、骨折から復帰したユタカのオーラが感じられなかった。彼は、勝つ時の道中、ものすごく目立つ。身体が皆より大きいことや騎乗が日本一美しいということもあるけれど、このレースでははっきりいってどこにいるのかわからなかった。

まあよい、カズオ!アンタも父ちゃんに全然似てない大きめ騎手だ、フクちゃんガンバレー!

ゴール前は大接戦だったが、結果は1着ローブティサージュ、2着レッドオーヴァル、3着マジンプロスパー。れれれー!マジン!馬体重14kg減で「10kg以上減ったらダメよダメダメぇ~」じゃないんですかー!!

この瞬間、競馬の定説とともに、私の馬券も総崩れ。競馬に絶対はないというが、定説くらいはキッチリ定まっておいてくれないと、何を目安に、何を希望にして馬券を買えと言うのか(涙)

競馬を好きになってからたくさんの仲間ができて、いろんな情報や説を伝授される。その中には独創性の高いものも含まれているため、全部が全部いい感じにキマルわけではないとわかっていても、私のようなへなちょこファンはオール他力本願がモットー。ローブにおいては、前走の函館で1200mを2着という段階で「あら~、マイラーだと思ってたのに」。頭の上にハテナ印が浮いたままだったけれど…。

むむ!気がついた。

「前走2着の馬って、次に来るよね」と思い込んでる私説が急浮上して息継ぎをしたが、たとえ瀕死の状態でも、勝ち馬が決まってから何とでもうまいことを言えるのが競馬でもある。そもそも競馬は仮説が実現した時に喜びがある。STAP細胞はあるんでしょうか。なさそうですね(あ!言っちゃったw)

すみやかに冷凍庫を開けてホッケを探したが、満を持して見当たらない。最近、馬券の調子がよくてホッケどころの騒ぎではなかったことを思い出した。

自力でものが食べられなくなった犬に毎日介護食を作っている。ミキサーの爆音で犬は逃げていくが、追い込み系の私は必ず捕らえてハナ差で勝たなければならない。嫌がる犬の口をあけて、スプーンで流し込む。いつまでこれが続くのかわからないが「食べたらお散歩に行こうね」と、犬の鼻先にニンジンをぶら下げて頑張っている最中だ。

犬用にストックしている冷凍のササミが大量にある。脂っけのないバッサバサのササミ。何がそんなにうまいのかわからないが犬は好きなようだ。

もうお気づきだろうが、昨夜の夕食はヒトも犬もササミを食べることに(T^T)

赤とんぼが群れを成して飛んでいる。今週で札幌開催が終わってしまうが、北海道の夏と同様、本当にあっという間だった。まずいササミはこれ以上勘弁してほしいが、札幌フィナーレも、犬どもと一緒にお茶の間競馬を楽しもうと思う。

こんにちわ~
今日はこちらに書かせてもらいますね。
ささみ、りんご酢に一晩漬けてから焼いてあげるともっと食べてくれると思います。
私も、むかしは馬券に一喜一憂(笑)
当てるの難しいですよね。
昨日も12R応援していたプラチナジュエリーは未勝利、二階級格上げ挑戦。
ブービー人気、おまけに連闘。
そんな子が頑張って2着に来る。
だから、競馬はひとを、と、言うより馬は人間を感動させてくれるんですね。

インディーちゃんの穏やかな日々を心から願っています(^_-)-☆

tomotomoさん、こんにちは!
いつもありがとうございます♪
インディは今朝もどろどろの介護食をスプーンで食べました。
無理やりなんですが、食べさせてから少しずつ元気になり
お散歩も上手に歩けるようになりました。
競馬場に行ってわーわー叫ぶのが私のスタイルなんですが
それはお茶の間競馬でもおなじこと(笑)
わーわー言って応援していますよ♪
今は贔屓の馬もいなく
追っかけ命だった時とは違いますが
馬を好きな気持ちはくすむことなく
今日もチビチビ書いています♪

コメントを投稿する

絵文字を挿入

コメントは管理者が公開を承認するまで反映されませんのでご了承ください。

競馬女子部 コメント投稿規約

  • (1)コメント投稿は、ご利用者ご自身の責任において行われるものとします。ご利用者がコメント投稿した情報は、ご利用者自らがその内容について責任を負うものとします。
  • (2)公益社団法人日本軽種馬協会(以下「本協会」)はご利用者に対し、コメントの掲載内容(他のご利用者が提供する情報を含みます)についていかなる保証も負わないものとします。そのため、掲載コメントによりご利用者が被害を被ったとしても、本協会はご利用者に対して賠償する義務を一切持ちません。
  • (3)コメント投稿は、本協会が選別した上で本ブログに掲載されるものとし、必ずしも投稿のすべてが掲載されるわけではなく、また掲載されるまでにはお時間をいただきます。投稿内容の一部を本協会が編集・追記・削除した上で掲載される場合があります。
  • (4)コメント投稿が実際に掲載された場合でも、ご利用者に対する本協会からの謝礼等はございませんので予めご了承ください。

以上

上坂由香

出身地
北海道札幌市
職種
エッセイスト

詳細を見る

最新の記事

記事一覧