2014年10月27日

淀に咲いた野菊。

「あー!やっぱりジャッカル来たかー!」

国内にいるおよそ1億人(盛りました)ほどの競馬ファン誰しもが、同じようなタイミングで発したと思われる心の叫びを総括すると、こんな感じでしょうか。

今年の菊花賞は、金曜日の夜に『菊花賞検討会』をこじんまりと催して、前走差のない負けをしてダービー馬を脅かしたトーホウジャッカルを入れようという結論!

「でも、軸じゃないよね?」みたいな、伏兵感が拭い去れないまま買い目が決定。

本命は素直にワンアンドオンリーとトゥザワールドの2頭軸。

そこからヒモでトーホウジャッカル、サウンズオブアース、トーセンスターダム、ハギノハイブリッドで馬連と、いち早く万馬券を当てて顔のシミ取り美容をしたいばっかりに作ったヴォルシェーブ入りのお色気3連複も忍ばせて、

頼むー!そろそろ顔が限界ですよー!と熱烈応援したものの、結果は肝心の軸が根元からボッキリ折れて、1着はトーホウジャッカル!

菊花賞のゴール前とは思えないような、疲れ知らずの伸びがレコードを作り上げ、拝啓お元気ですか?のスペシャルウィーク産駒だわで大騒ぎ。のちに東日本大震災の日に生まれただなんて、超ドラマティックなおまけまでつきです。

イスラボニータが皐月賞を勝ってから「ひょっとして今年は冠を仲良くわける年になるかも」と思った方も多いはず。日本ダービーはワンアンドオンリー、菊花賞はトーホウジャッカルと、それぞれ個性豊かな馬たちが揃いました。またあらためて、3冠馬になるってホントにすごいんだなーとしみじみ感じますね。

その年その年で、怪物級の馬が現れたり、それが複数頭いる年もあったりと、『今年の馬のレベル』を問いがちですが、そんなに毎年毎年、バケモノみたい馬が出たって、こっちの身が持ちませんよと思うのです。急速な進化によって生み出された産物には、どこか危ういところだってあるでしょうし、何かもうひとつ「追いつかない」感から変な胃もたれも。生き物をベースに成り立っている競馬ならではのジレンマでしょうか。

これからは70年代のTTGみたいに、この3頭でターフを彩ってほしいですね。

有馬記念あたりで3頭ガチンコ対決はいかがでしょうか。あー、やっぱり私にはワンアンドオンリーしか見えない!好き好き馬券は今後も懲りずに続くようです。

まぁなんたって、スペシャル父ちゃんからは尾花栗毛がよく出ます。昔好きだった菊花賞2着で今は中京競馬場の誘導馬になっているフローテーション。彼も本当に美しいステイヤーでした。

今年のクラシックはディープ産駒からはハープスターしか出なかったという意外なことになりながらも、フジキセキやスペシャルウィークなどのさまざまな父ちゃんから出現するという楽しさも味わえました。そのスペシャルウィーク、今は静内のレックススタッドにいるんですよ~。あら、お祝いがてら会いに行こうかしら。

お父ちゃんの能力がおおよそ過去の記録として決まっている以上、あとはお母ちゃんのチカラのみせどころでもあります。

トーホウジャッカルは日高町の竹島幸治牧場生まれ。今日の北海道新聞には、歓喜に沸く牧場の関係者の方々の写真が掲載されていました。2歳の頃はお腹の病気をして生死をさまよったり、競走馬としてどうなのかという心配を思いっ切りかけてきた美しすぎる息子は、淀の舞台に大きく咲いてこれ以上ない親孝行をしましたね。

今のところ青色のメンコをつけていますが、いつか素顔で走ってくれるかもしれません。強さと美しさを兼ね備えた名馬になって、馬産地を盛り上げていってほしいですね。

0000293624_1 父ちゃん、まだまだ頑張って!

日高の馬がクラシック勝って良かったです。
鞍上も新潟県競馬の血が流れる酒井学。兄、忍さんは東京ダービーJだし中央、地方はあれ兄弟クラシック制覇嬉しいですね。

今晩dog
スペシャル産駒牡馬クラシック初ですよね?
3強の中では.牡馬牝馬クラシック出しましたね
グラスワンダーファンには羨ましいです。

2週間前位に.TBSテレビ(金)放送の
一人農業〜〜番組の終わりの方です
浦河のふれあいファームが紹介されました。
去年ご夫婦で牧場をたたもうとしいた
所に東京の女性社長さんから
馬の養老牧場を作りとお話しがあり
そのご夫婦が.引退したお馬ちゃんを引き取っていました。
ただ寄付だけでは.大変なので.ニンニクを作りながら.運営していくと言ってました。
すべてお馬ちゃんが・・・ふれあいファームのような牧場があるは嬉しいですね

はまのさん、こんにちは♪
日高の万歳が札幌まで伝わってきましたよ♪
来年もまたママにスペシャル父ちゃんかもしれませんね!
馬産地の元気は競馬界の元気につながります。
期待していますよ~\(^o^)/
酒井学騎手、イケメンさんですよね!
ハクサンムーンもそうですが
話題性のある馬の騎乗が多くて魅力的です!

graさん、こんにちは♪
そうなんですよね、意外なことになっています。
スペシャル父ちゃんからのブエナビスタは別格の最強牝馬だったんですねー!スクリーンヒーローもグラスの後継者として頑張っていますが、グラス父ちゃんもまだまだ頑張ってほしいですよ~。
最近は生産牧場から余生牧場へシフトする流れがあります。
生産と余生のバランスが保たれていくのではないでしょうか。
私も余生牧場を作りたいひとりですが札幌ではなかなか難しいです。
ふれあいファームが余生牧場のモデルケースになってほしいですね!

コメントを投稿する

絵文字を挿入

コメントは管理者が公開を承認するまで反映されませんのでご了承ください。

競馬女子部 コメント投稿規約

  • (1)コメント投稿は、ご利用者ご自身の責任において行われるものとします。ご利用者がコメント投稿した情報は、ご利用者自らがその内容について責任を負うものとします。
  • (2)公益社団法人日本軽種馬協会(以下「本協会」)はご利用者に対し、コメントの掲載内容(他のご利用者が提供する情報を含みます)についていかなる保証も負わないものとします。そのため、掲載コメントによりご利用者が被害を被ったとしても、本協会はご利用者に対して賠償する義務を一切持ちません。
  • (3)コメント投稿は、本協会が選別した上で本ブログに掲載されるものとし、必ずしも投稿のすべてが掲載されるわけではなく、また掲載されるまでにはお時間をいただきます。投稿内容の一部を本協会が編集・追記・削除した上で掲載される場合があります。
  • (4)コメント投稿が実際に掲載された場合でも、ご利用者に対する本協会からの謝礼等はございませんので予めご了承ください。

以上

上坂由香

出身地
北海道札幌市
職種
エッセイスト

詳細を見る

最新の記事

記事一覧