2019年09月24日

セントライト記念(GII)優勝馬リオンリオンと母アゲヒバリ

9月16日、中山競馬場で行われたセントライト記念(GII)で優勝したのは
リオンリオン(栗東 松永幹夫厩舎)でしたshine

レースから戻って来たシーン。

闘志いっぱいの表情でした。

4l6a6497

横山典弘騎手
「今日はいい感じに唸っていました。久しぶりに道中抑えることができました。
まだヨタヨタしたところなど、
今後(菊花賞など)に向けて良くなってほしいところがあります。
(レース前に)雨が降りましたが、馬場もちょうど良かったかも知れませんね。
秋初戦としては言うことがありません」

4l6a6507

リオンリオンの母はアゲヒバリ

クロフネ、母トゥザヴィクトリーという超良血shine
幼い頃にケガをして、3歳の2月に南関東・船橋の川島正行厩舎からデビューしました。

当時、「すごい血統の馬が来た!」と厩舎でも話題になった記憶があります。

アゲヒバリは、2007年2月にデビュー勝ちし、南関で9戦4勝。

約1年の競走馬生活を経て、繁殖入りしました。

2007120504 (2007年2月8日 デビュー戦)

馬房やレースでは勝気な表情を見せていたのを覚えています。

Dscf6902_2 (2007年3月)

あの日から12年。
産駒の重賞勝ちを見られて、嬉しかったです。

残念ながら、アゲヒバリは今年7月に亡くなってしまったとのこと。

産駒たちに受け継がれたその血を
競馬場で応援していきたいと思いますconfidentclover

コメントを投稿する

絵文字を挿入

コメントは管理者が公開を承認するまで反映されませんのでご了承ください。

競馬女子部 コメント投稿規約

  • (1)コメント投稿は、ご利用者ご自身の責任において行われるものとします。ご利用者がコメント投稿した情報は、ご利用者自らがその内容について責任を負うものとします。
  • (2)公益社団法人日本軽種馬協会(以下「本協会」)はご利用者に対し、コメントの掲載内容(他のご利用者が提供する情報を含みます)についていかなる保証も負わないものとします。そのため、掲載コメントによりご利用者が被害を被ったとしても、本協会はご利用者に対して賠償する義務を一切持ちません。
  • (3)コメント投稿は、本協会が選別した上で本ブログに掲載されるものとし、必ずしも投稿のすべてが掲載されるわけではなく、また掲載されるまでにはお時間をいただきます。投稿内容の一部を本協会が編集・追記・削除した上で掲載される場合があります。
  • (4)コメント投稿が実際に掲載された場合でも、ご利用者に対する本協会からの謝礼等はございませんので予めご了承ください。

以上

阿部典子

職種
ライター&フォトグラファー

詳細を見る