2020年08月18日

京都の町の中で馬を想う

夏休みシーズンということで、
実家ネタを・・・

今年は帰省を控えているので写真で懐かしんでみました。

実家は京都なのですが、
町の中には馬にちなんだ地名や歴史がたくさんあります。

例えば、

Img_9933 (撮影:2019年2月)

この近くには豊臣秀吉が築いた聚楽第がありました。

住所も

Img_9940_2 (撮影:2018年)

この辺りを馬に乗った秀吉が闊歩していたのかなぁ・・・

なんて思って調べたら、関白になった秀吉は「牛車」を新調していましたsweat01

牛・・・なのね、牛なんだね。

京都の交番のマークはこんな感じhorse

4l6a3933 (撮影:2018年)

京都府警に「平安騎馬隊」があるからだそうですhorseclover

 

 shine

今年のNHKの大河ドラマは明智光秀を主役にした「麒麟がくる」。

クライマックスはここになるのでしょうか。
本能寺(能の字はヒ(火)を嫌って去が使われています)

4l6a3784_2

今現在、寺町にある本能寺は秀吉の町づくりで移築されたもの。
実際に「変」があったのは元本能寺町のこの場所。

はじめて行った時は、感慨深かった・・・。

ちなみに、織田信長は京都馬揃えという大パレードを行っていますが、
そのパレードはここを起点として、
室町通りを北上したそうです。

ここも通ったのですね。

コロナの影響で放送を休止している「麒麟がくる」も間もなく再開とのこと。

京都馬揃えがどんな風に描かれるのかも楽しみですshine

4l6a3764

京都は道路標識・地名を観るのも楽しい町。

ふと気づいたのですが、「馬」は結構地名にありますが、
「牛」は少ないような・・・

京都で有名な「牛」がつく名前といえば、やっぱり牛若丸、源義経でしょうか。

こちらは乗馬の達人だったとのこと。

いろいろ調べると、まだまだ出て来そう。
歴史好きにはたまりませんshine

 

コメントを投稿する

絵文字を挿入

コメントは管理者が公開を承認するまで反映されませんのでご了承ください。

競馬女子部 コメント投稿規約

  • (1)コメント投稿は、ご利用者ご自身の責任において行われるものとします。ご利用者がコメント投稿した情報は、ご利用者自らがその内容について責任を負うものとします。
  • (2)公益社団法人日本軽種馬協会(以下「本協会」)はご利用者に対し、コメントの掲載内容(他のご利用者が提供する情報を含みます)についていかなる保証も負わないものとします。そのため、掲載コメントによりご利用者が被害を被ったとしても、本協会はご利用者に対して賠償する義務を一切持ちません。
  • (3)コメント投稿は、本協会が選別した上で本ブログに掲載されるものとし、必ずしも投稿のすべてが掲載されるわけではなく、また掲載されるまでにはお時間をいただきます。投稿内容の一部を本協会が編集・追記・削除した上で掲載される場合があります。
  • (4)コメント投稿が実際に掲載された場合でも、ご利用者に対する本協会からの謝礼等はございませんので予めご了承ください。

以上

阿部典子

職種
ライター&フォトグラファー

詳細を見る

最新の記事

記事一覧

アーカイブ