2020年10月29日

JBC開催までもう少し。

 11月3日のJBC開催までもう少し。

 今年はJBC初の2場開催。

 大井競馬場と門別競馬場で実施されます。

 10月28日の朝、浦和競馬場へ行きました。

 JBC連覇を狙うブルドッグボス、

 昨年のJBCクラシック3着馬センチュリオン、

 オーバルスプリント連覇のノブワイルド、

 3頭がそれぞれ追い切りを行いました。

 こちらは、ブルドッグボス(外)とセンチュリオン(内)の豪華な併せ馬。↓

Photo_4

動画は、南関東競馬のブログなどでご覧頂きたいのですが、

それぞれ迫力たっぷりの走りをしていました。さすが!

ブルドッグボスと調教パートナーの橋本直哉騎手↓Photo_5

センチュリオンと元騎手の橋尚也厩務員↓Photo_6

ノブワイルドとこちらも調教パートナーの橋厩務員↓Photo_7

ワイルドは、別の大井開催を使う馬と併せましたが、

こちらもスピードあふれる走りを見せました。

今年のJBCは新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、

入場については、人数制限付きの事前抽選制として実施されます。

お家などでテレビやネット観戦する方も多いと思います。

それぞれの楽しみ方で、JBCを満喫したいですね。

私も取材を頑張りたいと思います!

コメントを投稿する

絵文字を挿入

コメントは管理者が公開を承認するまで反映されませんのでご了承ください。

競馬女子部 コメント投稿規約

  • (1)コメント投稿は、ご利用者ご自身の責任において行われるものとします。ご利用者がコメント投稿した情報は、ご利用者自らがその内容について責任を負うものとします。
  • (2)公益社団法人日本軽種馬協会(以下「本協会」)はご利用者に対し、コメントの掲載内容(他のご利用者が提供する情報を含みます)についていかなる保証も負わないものとします。そのため、掲載コメントによりご利用者が被害を被ったとしても、本協会はご利用者に対して賠償する義務を一切持ちません。
  • (3)コメント投稿は、本協会が選別した上で本ブログに掲載されるものとし、必ずしも投稿のすべてが掲載されるわけではなく、また掲載されるまでにはお時間をいただきます。投稿内容の一部を本協会が編集・追記・削除した上で掲載される場合があります。
  • (4)コメント投稿が実際に掲載された場合でも、ご利用者に対する本協会からの謝礼等はございませんので予めご了承ください。

以上

高橋華代子

職種
南関東競馬リポーター

詳細を見る

最新の記事

記事一覧

アーカイブ