2020年01月23日

タイキフォーチュンが引退馬協会さんのフォスターホースに!

 1996年NHKマイルカップ初代チャンピオンのタイキフォーチュン。

 現役引退後はず~っとイーストスタッドさんで過ごしてきましたが、

 先日、三石の本桐牧場さんにお引越ししたそうです。

 引退馬協会さんから、フォスターホースの仲間入りしたことが発表されています。

 引退馬協会さんのホームページはこちら

 会員さんやご寄付などを募集しているそうです。

 ブログもあり、フォーチュンの近況を教えて頂けるのはとてもありがたいです。

 わたしはフォーチュンがきっかけで競馬の世界を知り、

 競馬の仕事に就きたいと勢いで東北から上京して今に至ります。

 そんな訳で、今の南関のお馬さんたちに出会えたのは、

 フォーチュンのお陰です(*^-^*)

 そんなフォーチュンも今年27歳。

 時間が経つのは早いなぁとしみじみ思います。

 これからも、元気に健康で、

 穏やかな時間が過ぎていきますように。

Photo

 

2020年01月16日

グリーンロード、めちゃめちゃ強かった!

 1月15日に浦和競馬場で実施された3歳重賞ニューイヤーカップ。

 森泰斗騎手が騎乗した1番人気グリーンロード(川崎・高月厩舎)が、

 2着のマンガンに2秒差をつける大差勝ち。

 1600mの勝ちタイムは1分40秒0(重)で、レースレコードを更新。

 31年前に女傑ロジータが持っていた1分41秒1を1秒1も上回りました。

Photo

Photo_5

 楽しみな馬が、またまた出てきました!

 この後は南関クラシックの前哨戦、京浜盃に進む予定ということです。

 クラシックは、まだまだ先のことだと思っていましたが、

 どんどん近づいてきますね。

 同厩の全日本2歳優駿ウイナー、ヴァケーションとの直接対決も楽しみです。

 

Photo_6

 とある日のグリーンロードのスッピン顏、めちゃかわいい!
 

 でも、レースであんなに強いんだぁ(≧◇≦)

2020年01月09日

2020年の目標は。

 2020年もあっという間に10日が過ぎようとしています。

 今年、皆さんはどんなことを目標に掲げましたか???

 わたしは毎年一緒なのですが、

 南関の人馬が大舞台で頂点に立ちますように。

 人馬が無事に健康でありますように。

 楽天イーグルスの優勝(笑)。

 去年はダートグレード競走で南関所属馬が多く活躍し、

 南関ファンとしても非常に楽しい時間になりました。

 今年もそんな熱いシーンをいっぱい魅せて欲しいです。

 とある日、オニパンダがお顔も上げずにモリモリモグモグとお食事中でした。

Photo

 とっても美味しそうに食べていて、

 そんなお食事光景を思い出していたら、

 こんな時間にお腹が空いてきました。

 どうしましょ。

 今年はもっと絞りたいのですが(^-^;

 

2019年12月26日

ブルドッグボス、中央でも頑張ってね!

 今年のJBCスプリントの覇者ブルドッグボス(浦和・小久保厩舎)が、先日行われたゴールドカップで御神本訓史騎手を背に優勝。

 逃げていた同厩ノブワイルドの勝ちパターンかと思いきや、ゴール板でしっかり交わし切りました。さすがはJpnⅠ馬の走りです。

 そんなブルドッグボスが、中央の加用正厩舎へ移籍し、フェブラリーSなどに挑戦することが発表されました。

 古巣・中央競馬へ戻ることになりましたが(厩舎は違います)。最近の走りはものすごいものがあり、このまま中央の舞台で頂点を目指して欲しいです。

 浦和所属馬たちがお住いの野田トレセンにいる時のとある日のブルドッグボス。橋本厩務員を背にして、午後のお散歩は日課です。

Photo_2

Photo_3

厩舎に帰ってくると。ちょうど目の前で橋本厩務員がブルドッグボスのご飯を作っているので、

ボスもソワソワムードです。

本当はもっとイケメン君なのでご了承ください。

Photo_4

ボス、中央でも無事に頑張ってね!

2019年12月19日

全日本2歳優駿、南関生え抜きヴァケーション優勝!

 阿部典子さんのどんな名場面が見られるでしょうかね……から引き継ぎまして(*^-^*)

 昨日、川崎競馬場で行われた全日本2歳優駿は、

 吉原寛人騎手騎乗の南関生え抜きヴァケーション(川崎・高月賢一厩舎)が優勝しました。

 全日本2歳優駿がダートグレード競走になってから、

 南関所属馬が制したのは、トーシンブリザードとフリオーソの2頭だけ。

 それだけ優勝するのは本当に大変なレースだったのですが、

 ヴァケーションがその大仕事をやってのけました。

 南関勢の優勝は13年ぶりです。

 また、こういうシーンが見られたことに感動( ;∀;)

Photo

Photo_2

レースではあんなに強かったですが、

馬房ではとてもかわいらしい男の子。

Photo_3

関わってきたすべての皆様、本当におめでとうございました!

南関2歳勢、これからがとっても楽しみです!

2019年12月12日

ブルドッグボスとノブワイルド

 写真を振り返っていて、JBC浦和に向けた最終追い切り日のものが出てきました。

 ブルドッグボスと調教パートナーの橋本直哉騎手、担当は橋本厩務員↓

11

12

ノブワイルドと調教パートナーの橋尚也厩務員@元騎手、担当は小久保厩舎のマドンナ・池田厩務員↓

13

14

 この後、ブルドッグボスはJBCスプリントの覇者となり、

 地方馬3頭目のJBCの称号を手にしました。

 ノブワイルドはJBCスプリント5着になりましたが、

 あんなに厳しい競馬でも渋太く粘って力をつけているところを示しました。

 そんな2頭が、今度は12月25日のゴールドカップで再び激突予定ですよ。

 今から待ち遠しい♪

2019年12月05日

ブリーズフレイバーの子供たち

 競馬はいろ~んな楽しみ方ができるのも魅力ですよね。

 大井・南関東生え抜き種牡馬ブリーズフレイバーの子供マルタフレイバーが、

 12月2日の大井5レースに組まれた新馬戦で、

 矢野貴之騎手とのコンビで優勝しました。

 ブリーズフレイバー産駒、記念すべき初勝利です!!!

 現役時代のブリーズフレイバーは惜しくも重賞勝ちがないものの、

 持ち前のスピードを生かして短距離戦で活躍。

 2010年のJBCスプリントは上がり馬として参戦し、

 4番人気に推されたこともあった期待馬でした。

 そんなブリーズフレイバーが種牡馬入りをして去年から産駒を送り出し、

 現在は3頭の産駒がデビュー。

 数少ないチャンスからも、

 産駒初勝利が新馬戦というのもすばらしいです。

 お父さんのブリーズフレイバーも、

 娘のマルタフレイバーも、息子のポルトフレイバーも、

 大井の月岡厩舎所属です。(もう1頭は中央デビューのグラスフレイバー)

 マルタフレイバー↓

Photo

 こちらは去年最初にデビューしたポルトフレイバー↓

Photo_2 

 ブリーズフレイバーのお子様たちが、

 一緒の空間で過ごしているのがたまらんのです(*^-^*)

 

2019年11月28日

埼玉県産品ショップに行かれましたか?

 皆さんは、浦和競馬場にある埼玉県産品ショップに行かれたことはありますか?正門から入って道なりに進んでいくと左手にあります。

Photo

 ここは、浦和競馬場の騎手たちのグッズはもちろんのこと、埼玉県のグルメやお酒なども販売しているので、埼玉を満喫するのにとてもいい場所です。お土産を渡すにもいいですよ♪

Photo_2

 浦和競馬場の新マスコット・ウラワールのマグカップも限定100名様に販売中です

Photo_3

 JBCの肩掛けをつけたパカパカコバトンも。

Photo_4

 お馬さん関連グッズは、いつ見てもハッピーな気持ちにさせてもらえますね(*^-^*)

2019年11月21日

東京メガイルミがすごい!

 皆さんは、東京メガイルミってご存じですか?

 昨年から大井競馬場で始まったイルミネーション。

 関東最大級の広大な光の祭典で、

 競馬が好きな人も、競馬に全く興味のない人も、お年を召した方も、お子様も、

 日本人も、外国の方も、

 それぞれの立場で楽しめるイルミネーションなのです。

Photo

わたしは時間がない時だったので1時間で回ったのですが、

見るところがいっぱいありすぎて、全く足りませんでした(^-^;

競馬に興味がない人も十分に楽しめますが、

やはり、競馬場で行っているイルミネーションということで、

ちょこちょこお馬さんが出てくるのは、競馬ファンには楽しいです。

Photo_2

Photo_3

とにかく、この東京メガイルミはすごい(笑)。

言葉と写真ではなかなか伝えられないので、ぜひ現地での鑑賞をお勧めします。

詳細は東京メガイルミのホームページをご覧くださいね。

週末には、ミニチュアホースなどの触れ合いもあるようですよ。

2019年11月14日

クリスマスツリーと今週のお馬さん

 ハロウィンが終わった途端に、

 11月に入ったらクリスマスムードですよね(^-^;

 いろんな所で、もうクリスマスだなぁと思っていたら、

 大井競馬場のLウイング1階のchampionsTCK前にもクリスマスツリーが!!!

Photo

Photo_3

こういうのが、競馬場にあるクリスマスツリーっていう感じで、いいですよね♪

Photo_2

 これからいろんなクリスマスツリーを見るのが楽しみです。

 さて、今週のお馬さん(*^-^*)

 女傑ジーナフォンテンの息子さんカジノフォンテン(船橋・山下厩舎)です。ジーナお母さんの現在の最高傑作と言っても過言ではないほどの逸材。

 まだまだこれからの馬と言われながらも素質の高さでクラシックを走り、放牧休養に出てひと夏越してからの初戦が、圧巻の勝ちっぷりでした。

 張田昂騎手を背に、ノーステッキでの大差勝ちですよ。

 やっぱり、ゆかりのある仔の活躍はたまりません(^^)/

Photo_4

 手前にいるのがカジノフォンテン、すごくきれいな馬です。

 隣のお馬さんもひょっこり覗いてくれました(*^-^*)

 

2019年11月07日

かわいいグッズと今週のお馬さん。

 先日、船橋競馬場で初めて行われた相馬野馬追甲冑競馬の実演。その時にグッズ発売なども行われていました。

Photo

たくさんの野馬追関連のグッズ↓

Photo_2

 このタオルが超かわいかったので即ゲット。早々に売り切れていました。

Photo_4

このかわいいタオルは、楽天生命パークでも福島関連のイベントの時にも発売されていて、たまたま野球を見に行っていた私は、ひとめぼれして即ゲット。その時もすぐに品切れていたようでした。今回も馬好きな知人のお土産にゲットできてよかったです。

ネットでも販売されているようですよ。こちら

Stable0349さんのおしゃれでセンス抜群のかわいい手作りのお品もありました。

Photo_3

 Stable0349さんは川崎競馬場の元調教師の娘さん。生まれも育ちも小向トレーニングセンター。10年ほど前に、お父様の出身地でもある福島県南相馬市にお引越しをされました。子供の頃から相馬野馬追に出陣し、馬と共に育ってきた方です。

 Stable0349という店名の由来は、Stableは厩舎から。0349は東日本大震災で犠牲になってしまった愛馬のお誕生日とのこと。

 お土産になるような馬グッズが少ないこともあり、馬好きの人たちのために、「あったらいいなを形に」馬グッズ制作を始めたそうです。

 Stable0349さんのインスタはこちらですよ。グッズや活動などがご覧いただけます。

 馬グッズはハッピーな気持ちにしてくれますね。

 さて、今週のお馬さんコーナー。

 今週は何と言っても、JBCスプリントを制したブルドッグボスのスッピン顔です。

Photo_5

地方所属馬3頭目のJBC制覇。厩舎にいる時からオーラたっぷりのお馬さん。

脚元の不安から復活をとげての大舞台で頂点へ。

本当におめでとうございます!!!

2019年10月31日

ハッピーハロウィン!

 今日、10月31日はハロウィン🎃

 前回もハロウィン🎃の話題をお伝えしましたが、

 今日もちなんだことを少し触れますね。

 コスプレメンコでもお馴染み、浦和の工藤伸輔調教師。

 お馬さんたちのハロウィン飾り以外に、

 自身でもハロウィン🎃のネクタイを締めているところを発見!

Photo

アップにさせてもらいました。

かわいい(*^-^*)

Photo_2

 

 突然ですが、コーナーを設けようと思います(笑)。

 ~今週のお馬さん~

 ファンシーアップ、大井・荒山厩舎、2歳牡馬。

 お兄ちゃんには金盃の勝ち馬ジャルディーノがいる血統。

Photo_3

 北海道と大井で走り、デビューから負けなしの2連勝中です。

 おでこに富士山のようなマークがあることでも話題になっているお馬さんなんです

 縁起がいいな(*^-^*)

2019年10月24日

中越琉世騎手、ハロウィンの話題。

 プロ野球の世界では日本シリーズが終わりオフシーズンに入りました。

 今度はドラフトで新加入する選手やFAで移籍などをする選手の話題など、通称ストーブリーグも盛り上がってきます。

 今年、ヤクルトのドラフト1位に指名された星稜高校の奥川恭伸投手。

 甲子園でもめちゃめちゃ人気がありました。

 テレビを見ていて、誰かに似ていると思っていたところ……。

 川崎の中越琉世(なかごしりゅうせい)騎手の目元に似ている、と。

 いや、中越騎手はこう見えて21歳なので、

 奥川投手が中越騎手に似ていらっしゃるのですね(*^-^*)

Photo

 中越騎手、普段はこんなに愛くるしいですが、レースに乗っている時は豪快に追ってきて迫力満点ですよぉ♪

 さて、10月31日のハロウィンに向けて、 南関競馬も華やかになってきました。

 お馴染み川崎競馬場名物のコスプレ誘導馬さんたちも、ハロウィン仕様↓

Photo_2

 誘導馬さんがつけている装飾のひとつに、馬かぼちゃ↓

Photo_3

 馬かぼちゃファンのわたし。

 1年にこの時期しか会えないので、テンション上がります(^-^;

 

2019年10月17日

趣味の部屋(笑)

 突然ですが、わたしはお馬さんの前髪が好きです(笑)。

 競馬を知った頃、全部同じように見えていたお馬さんですが、

 だんだんに、お馬さんは姿かたちも性格も、全く違うことを知りました。

 そして、人間と同じようにお馬さんたちにも、

 それぞれにドラマがあって馬生があることも知りました。

 で!ここからが趣味の部屋(笑)。

 お馬さんの前髪もそれぞれなんですよね。

 量が少ない仔もいれば、量が多い仔もいれば、

 猫っ毛のようにサラサラの仔もいれば、

 剛毛で縮れ毛の仔もいる……。

 個人的に、お馬さんの前髪を見るのが大好きです。

 馬房にいる時、みんなほとんどがスッピン顔で過ごしているので、

 (たまに、外の工事の音がうるさい時などはメンコをつけている仔もいます)

 馬房で取材をさせて頂く時は、まずお馬さんの前髪に目がいってしまう(^-^;

 例えば、

 ノンコノユメは前髪チョコッとタイプ(^^)

Photo

 キングニミッツは前髪もりもりのサラサラ系(^^)

Photo_2

 お馬さんたちは前髪ひとつ取っても全く違うのでおもしろいです。

 これからも自分のライフワーク的になっている(おい、笑)、

 お馬さんの前髪の話題もお届けできたらいいなぁと思います。

 

2019年10月10日

JBC浦和が近づいてきました。

 11月4日に浦和競馬場で初めて行われるJBCまで、1か月が切りました。

 場内も様々なところが変わっていて、そういう部分を探っていくのも楽しい時期。

 新しい2号スタンドになって、まだこれまでの浦和競馬場とは雰囲気がちと違いますが、

 これから月日が流れていって、これが普通の浦和競馬場の姿になっていくのでしょうね。

Photo

 このスタンドの中で、お馴染みの黄色いカレーなども食べられますよ(*^-^*)

 南関4競馬場では、JBC競走をPRする共同イベントのJBC Fan Fun dayが始まりました。

 詳細はこちら

 浦和競馬場の埼玉新聞栄冠賞時から始まって、

 大井、川崎、船橋、11月4日当日と行われる企画。

 その中のひとつに、おがわじゅりさんのパネルがど~んとありました。

 その一部↓

Photo_2

 地方からは、過去のJBC勝ち馬フジノウェーブ、ララベル。

 短距離界の現在の総大将キタサンミカヅキの3頭が描かれていました。

 南関のお馬さんのおがわじゅりさんのイラスト、とても新鮮です!

 この日は原稿書きなどもあってあまりゆっくり見られなかったので、

 今度の大井開催にでもまたゆっくり拝見したいです。

 

2019年10月03日

藤田菜七子騎手、おめでとうございます。

 皆さんもご存じのように、大井競馬場で行われた東京盃で、藤田菜七子騎手が騎乗した1番人気コパノキッキング(中央・村山明厩舎)が逃げ切り勝ち。藤田騎手にとって念願の重賞初制覇を飾りました。キッキングにとっては3つ目のタイトル。

Photo

 1レースの時点でお客様の数の多さに驚いてしまいましたが、去年よりもお客様の数もグーンとアップしていて、売上も東京盃レコードになったそうです。マスコミの数の多さも通常のダートグレード競走以上でした。

 「すごくホッとした気持ちととてもうれしい気持ちです。どういう乗り方をするかは最後の最後まで悩みましたが、ゲートを出たら主張していこうと、いいリズムで競馬ができたんじゃないかなと思います。

 大井の直線がこんなに長く感じたのは初めてです。続けて乗せて頂いたオーナーさんや調教師の先生、厩務員さん、ファンの方、たくさんの方に感謝したいと思います。今後も一鞍一鞍大事に乗って、次の1勝を目指して頑張っていきます」(藤田騎手)。

Photo_2

 女性騎手にとって初めてのダートグレード競走制覇。

Photo_3

 藤田菜七子騎手、これからもどんな歴史を作っていくのでしょうか。おめでとうございました!

2019年09月26日

かわいい仔

 最近ごひいきのかわいい仔は、

 ハングリーハート(船橋・出川厩舎)という、

 アッミラーレ産駒の4歳の男の子です。

 ほんと、かわいいのですよ(*^。^*)

 お写真を撮る時は、こんな感じで必ずポーズを撮ってくれて、

Photo

 お食事をもりもり食べている時でも、

 人の気配がすると、お顔をスリスリしようと近づいてきてくれます。

 担当厩務員さんに聞いても、

 馬房の中では、ほんと大人しくて、

 常にお顔をスリスリしてくるような、とても懐っこい馬だそうです。

 甘噛みをするようなところも一切ないそうで、

 こんな懐っこい牡馬は初めてと言っていました。

 ほんと、やばいレベルのかわいさです(^^)

 そんなハングリーが、先日のレースで1年2か月ぶりに勝ったので、

 わたしもうれしかったです。

 そういう時に限って、別件の用事で船橋競馬場へ行っていないという(涙)。

 レース後、「おめでとう」と伝えに行ってきました。

Photo_2

 相変わらず懐っこくて愛らしいハングリー

 もともとの性格はもちろんのことですが、

 これまでハングリーが出会ってきた方たちも、

 素敵で優しい方たちばかりだったんだろうなぁと。

 人間が大好きな馬なんだろうなぁと、

 ハングリーを見ていると感じます。

 これからも健康に幸せに過ごしながら、

 長い現役生活を送れるように頑張って欲しいです。

 

2019年09月19日

とある日の朝。

 レースに出る華やかなシーンは一瞬で、

 ほとんどが毎朝の調教の積み重ね。

 

 大井競馬場のとある日の朝。

 前にこのコラムでもご紹介した、きぃちゃん厩務員を見つけました。

Photo

 絵になるなぁ~☆

 きぃちゃん、カッコいい~!

 朝の調教は、元騎手で現在は調教師や厩務員をしている皆さんの、

 馬に乗っている姿も見られるから新鮮です。

 この時は、松浦裕之調教師を発見~!

Photo_2

 レース中は毎日おしゃれな帽子をかぶっていらっしゃるので、

 チェックしてみてくださいね。

 そしてそして、的場文男騎手も発見!!!

Photo_3

 9月7日で63歳になった、国内歴代で一番勝っている大井の帝王。

 これからもずっと見せて頂きたい光景です。

 

 関係者の皆さん、雨の日も風の日も暑い日も寒い日も、いつもお疲れ様です。

2019年09月12日

騎手試験に合格した騎手候補生たち。

 いろんなメディアで紹介されていますが、

 先日、地方競馬教養センター第98期騎手候補生の修了記者会見が浦和競馬場で行われました。

 この期は4名が合格!

 まずは制服姿から、向かって左から、

 佐賀デビューの金山昇馬(かなやましょうま)騎手候補生(所属 佐賀・池田忠好厩舎)。東京都練馬区出身の17歳。騎手を目指した理由は、活躍をして親孝行をしたいと思ったから。

 浦和デビューの中島良美(なかしまよしみ)騎手候補生(所属 浦和・平山真希厩舎)。大阪府吹田市出身の20歳。騎手を目指したのは、お姉さんに子供の頃に競馬場へ連れていってもらい、騎手を見てカッコイイと思ったことから。

 岩手デビューの関本玲花(せきもとれいか)騎手候補生(所属 岩手・関本浩司厩舎)。岩手県奥州市出身の19歳。子供の頃から騎手だったお父さんが馬に乗っている姿を見るなどし、自然に騎手になりたいと思うようになったそうです。

 名古屋からデビューする浅野晧大(あさのこうだい)騎手候補生(所属 名古屋・今津博之厩舎)。岐阜県羽鳥市の18歳。騎手を目指したのは、子供の頃にお父さんから競馬場へ連れていってもらい、騎手に姿に憧れたから。

Photo

勝負服に着替えると……。

皆さん、すごく似合いますね!

Photo_2

 全国で女性騎手が活躍していますが、南関東では女性騎手がいませんでした。。。中島騎手候補生の師匠になる平山調教師が騎手を引退したのは2011年5月31日だったので、約8年4か月ぶりに南関東に女性騎手が誕生することになります。

 中島騎手候補生がデビューするのは、10月7日からの浦和開催になる予定です。南関に関わる者にとっても楽しみでなりません!

 これから大変な世界に進んでくる騎手候補生の皆さん。騎手になりたかったというこの時の気持ちを大切にしながら、各地でトップを目指して無事に頑張って欲しいですね!

 

2019年09月05日

東京ダービー馬ヒカリオーソの馬房で。

 川崎競馬場のS1レース・戸塚記念は、山崎誠士騎手騎乗の1番人気ヒカリオーソ(川崎・岩本厩舎)が逃げ切り勝ちを収めました。これで4つ目のタイトルを獲得。

 東京ダービー以来の勝利となりましたが、さらにパワーアップしたかのような走りでしたね。

 そんなヒカリオーソは、川崎所属馬たちがお住いの小向トレーニングセンターで過ごしています。川崎競馬場から車で5、6分のところ。

 ここから、馬運車なども出入りしています。

Photo_2

Photo_3

 東京ダービー馬ヒカリオーソがいましたぁ!

 担当の小林厩務員から乾草をもらって、ムシャムシャムシャ。

Photo_4

 3歳最初の頃は、馬場入りするのもひと苦労なくらいにうるさいところがあったそうですが、最近ではそれがなくなって、調教でもだいぶ落ち着いてきたそうです。

 カイバ食いもよくなって、走ることにも集中してきて、大人になってきたのかなというお話しをされていましたよ。

Photo

 今後については未定ということですが、フリオーソお父さんもどんどん強くなっていったように、ヒカリオーソのこれからも楽しみです!

 やはり、見続けてきた馬の子供が活躍してくれることも、競馬の醍醐味ですね(*^_^*)

2019年08月29日

うまたせ!とウマタセーヌだぁ!

 皆さんは、大井競馬場のマスコット・うまたせ!とウマタセーヌはご存知ですか?

 大井競馬場を盛り上げるために、暑い日も寒い日も、お客様と触れ合いながら、

 頑張ってお仕事をしています!

 こういう着ぐるみさんたちは、

 バッタリ会えるとうれしいですよね(^^)/

 重賞前に、Lウイング1階のchampionsTCK前あたりでよくお会いするような。。。

 ここで、ファンの方たちは一緒に写真を撮ってもらったりしていますよ。

 いつも思うんですが、ウマタセーヌさんは女子力高いまつげをしていらっしゃいます( *´艸`)

Photo

 関係者エリアでは、こういう姿でいることも多いような↓

 これは、お仕事をさぼって座っている訳ではなくて。。。

Photo_2

 お馬さんたちが、うまたせとウマタセーヌの姿を見てびっくりしないように、

 なるべく目立たないように、小さくなってジ~ッとしているんですよ。

 ファンに楽しませてくている着ぐるみさんたちも、

 こういう配慮をしながらお仕事されているんですね!

 という、今日はうまたせ!とウマタセーヌの裏話でした(*'▽')

2019年08月22日

浦和競馬場開場70周年記念誌をご存知ですか?

 昨年、開場70周年だった浦和競馬場。

 今年の11月4日にはJBCが行われるので、

 今は場内のいろんなところが変わっています。

 逆に、こういう変化を楽しめるのは、今だけの貴重な時間。

 先日、浦和競馬場開場70周年記念誌が発売されました。

 伝統のある競馬場の、これまでの歴史がたっぷりつまっている1冊です。

 70周年にちなんで、本の価格も700円+税。

 非常に読み応えのある本ですよ。

Photo

 浦和競馬場の中にある埼玉県産品ショップや、通販サイトamazonでの発売も行っているそうです。

Photo_2

 ここはいろんな埼玉土産も販売していますよ。見ているのもすごく楽しいです。

 浦和開催中以外にも場外発売でもオープンしているそうです。

2019年08月15日

酷暑が続いています。。。

 南関東も酷暑が続いています。。。

 今年?大流行しているミニ扇風機を、わたしも購入しました。

 やっぱり、楽天ゴールデンイーグルスのものを(^^;

 普通のミニ扇風機よりもお高くて、楽天価格で3000円もしたのですが、

 でもでも、本当に便利。

 電車の中でも周りに迷惑がかからないように自分だけに向けて使えるし、

 こうやって平坦なところに置いても使えるので、原稿を書く時などにもいいです。

Photo

 パソコンで3時間充電をして9時間も使えるので、外出中は困らない感じ。

Photo_2

 厩舎地区を歩く時はホント暑いのですが、これを利用しながら乗り切っています。

 厩舎に入らせてもらっちゃえば、今は冷房が入っている厩舎がとても多いので、

 取材させて頂く側も涼しくて助かっています(^^;

 こんなに便利なものだから、電車の中を見渡しても使っている人が多いのですね。

 

 船橋競馬場の誘導馬チャラオがひまわりの装いをしていました。

 ひまわりは大好きなお花なので目がいっちゃう。

 こういうアイディアや作っているのは、騎乗者のののかちゃんなのですよ。

 すごいです!

Photo_3

Photo_4

 

 酷暑ももう少しかな……。何とか乗り切りたいですね。

 

2019年08月08日

暑い熱い夏。

 突然ですが、競馬サークルには野球ファンが多いです。

 わたしは東北楽天ゴールデンイーグルス好きなのですが、

 取材中もよく野球の話しになります。

 野球の話しになると止まらなくなるので大変です(^^;

 今年はセ・パともに大混戦で、

 最後までホント面白くなりそう。

 先日、プラチナカップでノブワイルド(浦和・小久保厩舎)とのコンビで優勝し、

 自身にとってデビューから21年目で重賞初制覇を飾った浦和の橋本直哉騎手。

 橋本騎手は埼玉県出身で、

 子供の頃から西武ライオンズの熱烈ファンだったそうです。

 そんな橋本騎手が重賞を制した時。馬主様の勝負服で写真をパチリ。

 撮影通常バージョン↓

 

Photo

実は、カメラの設定が勝手に変わっていた???みたいで、
あとで確認したらいろんな橋本騎手が撮れていました(笑)


Photo_2

Photo_3

 


Photo_4

アイドルちっくみたいな(*^_^*)

今のカメラの機能ってすごいなぁと思いながら、

今度はお馬さんたちの撮影で使ってみたいと思います。

橋本騎手、出演?!ありがとうございました。

2019年08月01日

キャプテンキングのお顔(*^_^*)

 今年のJBCスプリントを大目標にしているキャプテンキング(大井・的場厩舎)。

 現在は秋に向けて厩舎で緩めずに調整中です。

 厩舎は冷房が効いているので、心地よい空間で毎日過ごしていますよ。

 いつもカメラ目線がお得意のキャプテンキングと、

 お隣からひょっこり覗いているのは仲間入りをしたばかりのジュンカムイ。↓

Photo

 イケメン厩務員さんとしても巷で囁かれている橋本厩務員とキングの2ショット。

 橋本厩務員の腕をパクパク甘噛みしているキングのパンパンのあごっぱり。

 迫力たっぷりでホントすごい(*^_^*)

Photo_2

 

 写真をアップ!触ったつもりになって堪能してください。なでなでしたくなっちゃいますね(^^;

Photo_3

2019年07月25日

ロイヤルパンプさんのお顔がぁ~(*^_^*)

 今週取材をしていて一番驚いたのは、

 ロイヤルパンプ(大井・荒山厩舎<小林>)のお顔が迫力たっぷりなこと。

Photo_2

 あごっぱりがパンパンで、いかにもカイバを食べそうな感じ。

 担当の千吉良厩務員のお話しでも、

 口に入るものは何でも食べちゃうような食欲旺盛タイプで、

 追い切りやレースの後はより食いつきがよくなるそうですよ。

 すごいな(^^;

 でも、わたしも体が疲れ切っている時に焼肉を食べたくなったり、

 めちゃめちゃ暑い夏場に食欲が倍増するので、

 気持ちが少しわかるような(^^;

 このほっぺたパンパンがたまらな~い(*^_^*)

Photo_3

 パドック中につけるメンコも、特大サイズなんですって!

 今は7月31日の大井競馬場で実施するサンタアニタトロフィーに向けて調整中です。

2019年07月18日

シマウマのシマオの仔がシマシマ!

 以前、ここでもご紹介したシマウマのシマオ。

 北海道のスターファームさんで暮らしています。

 シマオ↓

Photo

 そんなシマオのお子様が誕生したことはお伝えしたのですが、

 残念ながら1頭目のお子様は亡くなってしまったそうなんです。

 改めて、生き物の難しさを痛感します。

 その後、シマオの2頭目のお子様が誕生!!!

 父がシマウマのシマオ、母はハフリンガー種のエクウス(通称マルコ)との間に生まれた男の子。

 シマウマとウマの仔は、ゾースと呼ばれているのですね。

 「ゾースが生まれたのは日本初になるのでしょうか?将来は乗馬などを教えていって親しんでもらいたいです」と田村場長。

 日本初なのか?そうではないのか?ご存知の方はご一報を。

 こちらには、南関の宝馬だったナイキアディライトも種牡馬として過ごしていて、その関係で田村場長とお話しをさせて頂くようになりました。

 だいぶ前からシマウマの子供を誕生させたいというようなお話しをされていたので、田村場長の悲願でもあります。

 この後にはさらにシマオの仔が1頭誕生予定ということですよ。このままスクスク育って欲しいですね。

 ちなみに、シマウマシマオのファミリーというYouTubeで、今回生まれたお子様の動画をご覧頂くことができます。ほんと、シマシマなの……。すごい!!!

2019年07月11日

かわいい仔

 南関東クラシック3冠目のジャパンダートダービーが終わり、2019年南関東クラシック戦線も全て終了しました。

 これからは未来のクラシック候補生を探さなくては!!!

 南関東では、浦和、大井、川崎、船橋と、新馬戦は今年度の早い時期から行われています。

 先日の川崎競馬場で行われた新馬戦では、かわいい仔を発見しました。

 エマントナン(川崎・鈴木厩舎)という2歳の男の子。父トビーズコーナー、母フェアーシャトル、母父タイキシャトルという血統の2歳牡馬。

Photo

装鞍所で見ていた時からキュ~トな仔だなぁと思っていたのですが、栗毛も特徴的ですし、前髪がパッツン系でとてもチャーミング。

気分的にモヤモヤしていた時だったのですが、この仔のお顔を見たらホッコリさせてもらいました(*'▽')

 そして、こちらはホイップミルク(川崎・田島厩舎)という2歳の女の子。名前から連想させるように、毛色も明るい芦毛さん。体も372キロの小柄な仔。

Photo_2

父がアンライバルド、母はホワイトドレス、母父がクロフネ。

今を時めく伊藤裕人騎手が騎乗しましたよ。乗っていても、とてもかわいい仔なんだそうです(^^)

Photo_3

新馬戦、新しい出会いがあってワクワクします!

2019年07月04日

シマウマのシマオのお子様が誕生!

 北海道のスターファームさんでは、シマウマのシマオが過ごしています。

Photo

そんなシマオのお子様が、今朝8時15分頃に誕生したそうです!

父がシマウマのシマオ、母は日本乗系種のアムゼル06との間に生まれた男の子。

田村場長さんは、「ウマ科同士でのシマウマの仔は日本初かもしれませんね。将来は乗馬などを教えていって親しんでもらいたいです」というお話しをされていました。

シマウマは気も荒く、ならすまでにも時間がかかったそうで、約2年半の歳月をかけてやっとお子様が誕生し、田村場長の悲願でもあったそうですよ。

このままスクスク育って欲しいですね!

この後さらにシマオの仔は2頭誕生予定ということです。

いろ~んな馬の世界がありますね(*'▽')

2019年06月27日

続・小林牧場。

  ダート競馬上半期の総決算・帝王賞が終わりました。

 優勝はダミアン・レーン騎手がエスコートをしたオメガパフューム(中央・安田翔伍厩舎)でした。おめでとうございます!

 南関勢で掲示板にのったのは、中央からの移籍初戦だったノンコノユメ(真島大輔騎手、大井・荒山厩舎<小林>)が3着、大井生え抜き馬モジアナフレイバー(繁田健一騎手、大井・福永厩舎<小林>)が5着でした。

 2頭がお住まいなのは、前回もご紹介した千葉県印西市にある小林牧場です。

Photo

 こちらはノンコノユメのお食事シーンですよ。ノンコは前髪薄めのタイプ(*^_^*) お顔にはあどけなさが残っていて、7歳には見えません。。。

Photo_2

 移籍初戦で、今回は陣営も手探りの部分もあったでしょうが、それでいてこのパフォーマンス。これからがとっても楽しみです。

 荒山調教師、真島騎手、担当の横山厩務員、調教パートナーの青柳厩務員と言えば、JBCレディスクラシックを優勝したララベルを手掛けた皆さんですよ。

 ノンコノユメとモジアナフレイバーは同じ敷地にお住いのご近所さん同士。

 こちらはモジアナフレイバー。午後の日課は、こうやって脚元を冷やすことだそうで、日々のケアも大切な世界ですね。


Photo_3

 モジアナはあごっぱりがパンパンタイプで丸顔さん(*^_^*) 

 モジアナの曾祖母はパテントリークリア。NHKマイルカップ初代チャンピオンのタイキフォーチュンの母なんですよ。

 フォーチュンがきっかけでこの世界に入っているわたしですが、あのNHKマイルカップから23年も経っていることにびっくり。

 モジアナは東京大賞典の時より、オメガパフュームから1秒も時計をつめましたよ。これからの成長が楽しみです。

 ということで、このノンコノユメとモジアナフレイバーは小林牧場から大井競馬場の馬運車は、2頭並んで仲良くきたそうです。想像するだけで豪華すぎますね(*^_^*)

 

2019年06月20日

素敵な光景です(*^_^*)

 今日は小林牧場取材のワンシーンを♪

 厩舎は2つに分かれているのですが、

 写真はその1つの厩舎地区から、馬場に向かう時の光景です。

 小林牧場は千葉県印西市にあって、自然に囲まれた緑豊かな場所にあります。

Photo

 こんな雰囲気たっぷりの場所を通って、

 毎朝トレーニングを積んでいるのは、

 優駿スプリントトライアルの有力候補の1頭アジュディカグラ(大井・田中厩舎<小林>)です。

 父は偉大なる南関東の宝馬アジュディミツオー。

 ミツオー産駒はまだ南関東で重賞を勝っていないだけに、

 そこに一番近い位置にいるのがアジュディカグラと言っても過言ではありません。

 お父さんは草食動物だけど肉食ちっくの代表格でしたが、

 息子は肉食系ではないそうですよ(*^_^*)

Photo_2

 東京ダービーは南関東の宝馬だったフリオーソ産駒のヒカリオーソが優勝。

 優駿スプリントトライアルは……。

 血のロマンを楽しませて頂いている今年の南関東3歳戦です。

2019年06月13日

ブーちゃんとえみちゃん。

 6月13日川崎10レースで、

 山林堂信彦騎手が手綱を取った1番人気ブースター(川崎・佐藤博紀厩舎)が逃げ切り勝ちを収め、

 南関東移籍後7連勝を決めました(通算9連勝)。

Photo_2

 ブースターを担当しているのは、成瀬永美厩務員。

 えみちゃんは自分で調教にも乗っているという、

 カッコかわいい厩務員さんなのです。

 レース前↓

Photo

レース後↓

Photo_3

 今回のブースターは約4か月の休養明けで、

 まだまだ途上の中でのこの強さは、

 今後が非常に楽しみになった一戦とも言えるでしょう。

 厩舎でのブースターは、

 ブーちゃん、ブー助というような愛称で呼ばれているそうですよ(*^_^*)

 ブーちゃん&えみちゃんコンビ、

 これからの活躍を期待しています。

 おめでとうございました!

2019年06月06日

天使のようなお馬さんグッズ

 かわいいお馬さんグッズが大好きな人も多いと思います!

 わたしもお馬さんグッズは大好きで、

 最近は野球の楽天グッズも大好きで(笑)、

 コラボをして愛用しています(*'▽')

 川崎競馬場で出店している大人かわいいうまグッズでもお馴染みの

 みぷらすさんで、かわいいお馬さんグッズを見つけました。

 うまんまさんの「馬とお花のダンス丸巾着」

Photo_2

 お馬さんのこの表情が天使で癒される~☆

Photo

Photo_3

 わたしは自慢ではありませんが、子供の頃から不器用で、

 家庭科の時間に針に糸が通せなくて居残りさせられるなどの数々の経験があるので、

 こんな素敵なお品を手作りできちゃううまんまさんは神のようなお方です

 以前、この業界の偉大な先輩にプレゼントして頂いたお品があって、

 こちらのパソコンケース↓


Photo_4

Photo_5

 わたしがこの世界に入るきっかけになったタイキフォーチュンが、

 的場文男騎手の勝負服を着ているというたまらないコラボ(*'▽')

 これは偉大な先輩のアイディアなんですが、

 うまんまさんの手作りなんです。

 いろんなものを刺繍できちゃううまんまさんすごいです。

 うまんまさんのツイッターはこちら

 ということで、来週から始まる川崎開催も、

 みぷらすさんの大人かわいいうまグッズは、

 11日から13日までスパーキングルームでオープンするそうです。

 その中で、うまんまさんの天使のような作品が出されるそうですよ~☆

2019年05月30日

313キロのバジガクモミジ、能力試験合格!

 以前このコラムでもご紹介させて頂いた、かわいい体のサイズをしているバジガクモミジ(大井・久保田厩舎)。

 1回目の能力試験は残念ながら不合格になってしまいましたが、2回目の能力試験は見事合格し、デビューする権利を手にすることができました。

 この日の馬体重は313キロです。

 レースでもコンビを組む予定で、調教パートナーの松﨑正泰騎手を背に、ゲートの中に1分間入り続けて、800m54秒1で駆けて(56秒まで)、合格基準をクリア。

 写真はゴール前の様子です。内にいるのがモミジちゃん。ちいちゃくて隠れちゃっているので矢印をつけました(^^;

Photo

Photo_2

 能力試験の動画は、大井競馬場のYouTubeでも見ることができますよ。

 「真面目に一生懸命走ってくれる馬なので、最後まで頑張ってくれました。前回よりもスタートはちゃんと切れて、走るスピードも増してきたので、立派に進歩してくれていますよ。体が小さいこと以外は、他の馬たちと何も変わりはありません。合格することができて本当によかったです」と、胸をなでおろしていた松﨑騎手。

 このまま無事にいけば、バジガクモミジは6月7日に大井競馬場で実施される新馬戦でデビュー予定です。

 競走馬として生まれてきた以上、デビューする権利を得ることができて本当によかったです。おめでとうございます!

 写真ではあまり伝えられないかもしれませんが、モミジちゃんを実際見ると、めちゃめちゃかわいいサイズで、ホントびっくりしますよ!

 

2019年05月23日

お馬さんのマスキングテープ

 競馬ファンにはお馬さんグッズが好きな方も多いと思います。

 川崎競馬場では、大人かわいい馬グッズでお馴染みの『うま雑貨 みぷらす』さんが出店しています(出店日は川崎競馬のホームページでご確認ください)。

Photo

 いろんな種類のお馬さんグッズがあって、いつも楽しませてもらっています。

 そんな中、みぷらすさんにはマスキングテープの種類がいっぱいあって驚きますよ。

Photo_2

 その一部ですけど、めちゃめちゃ楽しくなってきます(*'▽')

Photo_5

Photo_3
Photo_4

 今は世間一般でもマスキングテープの種類ってすごく多いですが、お馬さん関連のマスキングテープは、みぷらすさんがナンバー1じゃないかしら?!

 そう思ってしまうくらいに種類が豊富です。

 ノートや手帳などの文房具や持ち合わせている雑貨などを自分流に飾ったり、お部屋のインテリアなどにも使うことができるマスキングテープ。お馬さんのマスキングテープで彩るのも、お馬さん好きにはワクワクしてきますね!

 みぷらすさんはこの週末の東京競馬場にも出店するそうですよ。もし興味のある方は覗いてみてはいかがでしょうか(*^_^*)

2019年05月16日

☆池田優子厩務員☆

 先週に続きまして、今週も女性厩務員さんのお話しを。

 南関の重賞レースで最もお顔を見る女性厩務員さんは、浦和の小久保智厩舎に所属している池田優子厩務員。

 多くの重賞を制していて、東京ダービーも毎年送り出してくる常連さんです。担当馬のアンサンブルライフはNARグランプリ2歳最優秀牡馬を受賞。

 アンサンブルライフと↓

Photo

 池田厩務員は岐阜県出身。職安で仕事を探していた時に、笠松競馬場で厩務員募集の告知を見つけ、馬に乗ってみたいという何気ない思いもあったので、23歳の時にこの世界へ入ったそうです。

 その後、笠松競馬場から浦和競馬場へ。

 最初は戸惑ったという男社会ですが、今では全く動じない精神力も身についているそうですよ。

 非常に愛らしく若々しいルックスですが、厩務員としてはすでにベテラン。「周りのみんなも助けてくれるのでありがたいです。体が続く限りはこの世界でずっと働きたいです」(池田厩務員)。

 NARグランプリを受賞した時の池田厩務員。こんなに細くてキュートですが、お仕事をしているときはバリバリと力持ち(*'▽')

Photo_2

2019年05月09日

ぱるたんときぃちゃん

  4月9日の大井のレースで、バジガクパルフェ(通称ぱるたん)が小林拓未騎手とのコンビで勝利を挙げました。ぱるたんは北海道、名古屋で走り、その後は長きに渡って大井で走ってきましたが、移籍後初勝利。

 レース数日後、ぱるたんの所を尋ねてみました。

 ぱるたんと、きぃちゃんこと岡崎厩務員。きぃちゃんが調教をつけているお馬さんでもあるのです。

Photo

 東京都出身のきぃちゃんは、そもそもは渋谷の広告代理店で人事の仕事をしていたOLさんでした。

 どうして、厩務員の道へ?

 中央競馬のテレビ中継を見たことがきっかけで、大井競馬場にも行くようになり、東京モノレールの大井競馬場駅から厩舎地区は丸見えなので、その光景を見て、この仕事をやりたい!と、思いつきと勢いで23歳からスタートしたそうです。

 担当のお馬さんたちとすごく仲良しさん(*^_^*)

 あ、食べられちゃった?!(^^;

Photo_2

 大丈夫でした(笑)。


Photo_3

 6歳の女の子ぱるたんは、脚元がとても丈夫でほぼ毎開催のように走り続けているそうです。これもぱるたんの持って生まれた体質と関係者のケアによるものでしょう。

 ぱるたんは、愛嬌たっぷりでかわいい仔。周りの人たちからもかわいがってもらっているそうです。


Photo_4

 これからも、ぱるたん&きぃちゃんのチャーミングコンビの活躍を期待しております!

 

 なお、きぃちゃんは23歳から厩務員のお仕事を始めましたが、わたしもやってみたい!という方がいましたら、どうやったらなれるのか?南関競馬には、浦和競馬場、大井競馬場、川崎競馬場、船橋競馬場の4競馬場がありますので、問い合わせてみてください。

 南関競馬には女性の厩務員さんたち結構いらっしゃいますよ!

 

2019年05月02日

ちいちゃい仔たちが頑張っています!

 4月26日に大井競馬場で行われた2歳能力試験に、ちいちゃい仔たちが登場しました。

 チュラレディー(大井・赤嶺厩舎)は336キロです。

 お父さんはメイショウボーラー、お母さんがバラッドレディ、母父はムーンバラッドという血統の2歳牝馬。

 最初の能力試験はゲートから出ずに不合格になってしまったそうですが、今回はちゃんと出て力強い走りで無事に合格しました。

 藤本現暉騎手を背にしたチュラレディー↓

Photo

 336キロのチュラレディーでも十分にちいちゃいのですが、

 この日はさらに20キロほどもちいちゃい仔が登場しました。

 なんと、310キロ!!!バジガクモミジ(大井・久保田厩舎)です。

 お父さんはキングズベスト、お母さんがヴィルヌーヴ、母父はディープインパクトという血統の2歳牝馬。

 松﨑正泰騎手を背に一生懸命頑張って走っていたのですが、基準時計よりも遅くなってしまい、

 残念ながら不合格。

 また次回チャレンジするそうです。

Photo_2

Photo_3

デビューするためにはこの能力試験に合格しなくてはならないので、

次回こそは何とか合格しますように~!

2019年04月25日

小林牧場へ

 先日、取材で小林牧場へ行ってきました。

 小林牧場とは、千葉県印西市にある大井競馬場の分厩舎。

 自然に囲まれた場所にあります。

 大井競馬場から車で1時間半くらい?

 厩舎地区が広がっていて、ここで朝のトレーニングなどが行われています。

 小林牧場の桜並木は非常に有名ですが、今は新緑の季節になりました。

Photo

 かわりに、こんなにきれいなお花が咲いていて、観光客もたくさんいました。

Photo_2

 ピンクと緑、青空のコントラストも素敵。

Photo

 小林牧場は馬たちが生活するのにとてもいい環境と言われていますが、人間もしかり。

 ここに来ると、人間も短期のリフレッシュ放牧に出た気分です。

Photo_3

 お馬さんたちもまったりと(^^)

2019年04月18日

カッコかわいい騎手候補生!

 浦和所属馬たちがお住いの野田トレーニングセンターに行ってきました!

 4月30日から始まる浦和開催に向けて一生懸命トレーニング中~☆

Photo

 その中に……。

Photo_2

 地方競馬の教養センター98期生の1人、中島良美(なかしまよしみ)騎手候補生を発見!

 現在、浦和競馬場研修で来ているのです。

 順調にいけば10月デビュー予定。

 南関の女性騎手は平山真希調教師引退以降いないので、

 中島騎手候補生がデビューした際は、

 久しぶりに南関に女性騎手が誕生することになります。

 所属も平山厩舎なので、それも運命的ですよね。

Photo_3

 中島騎手候補生は大阪出身の20歳。

 小学校3年生の時、15歳上のお姉ちゃんに競馬場へ連れていってもらい、そこから騎手になりたいと思うようになったそうです。

 男子はもちろん女子人気も高くなりそうなカッコかわいい中島騎手候補生。

 南関の人気者になって欲しい!

 デビューする日が今から待ち遠しいです。このまま無事に!

2019年04月11日

南関東は大井開催中です♪

 木曜日を担当しています南関東の高橋華代子です。

 実はずっとガラケー派だったのですが、最近になりスマホに替えました。

 こんなに便利なものだったの?!と、今さらですがとても新鮮な日々でして、

 スマホでこういうスタートシーンも撮れちゃうということにびっくりです(笑)。

Photo_2

 でも、まだ使いこなしてなくて四苦八苦しておりますが、

 使えこなせるようになったら楽しい世界でしょうね。

 アナログ人間なものですいません(^^;

 さて、南関東は大井開催中です。

 この開催では、大井から新人騎手がデビューしました。

 大木天翔(おおきかける)騎手です。

 千葉県出身の19歳。

 大井の三坂盛雄厩舎<小林分厩舎)所属。

 この時期の新人騎手は、みんなマルコメ頭がとっても初々しいです(^^)


Photo

 地方競馬の騎手たちは、デビューする際に自分の勝負服を決めますが、

 大木騎手は胴赤黒縦じま、そで赤・白星散らし。

 これは親に決めてもらったそうで、

 赤は自分が好きな色と縁起もいいということと、

 自分の腕で白く勝ち星を重ねていきたいという意味合いがあるそうです。

 目標にする騎手は自厩舎の兄弟子でもある御神本訓史騎手。

 ファンに期待される騎手になりたいそうです!!!

 大木天翔(おおきかける)騎手、覚えてください(*^_^*)

2019年04月05日

こちらでは初めまして、高橋華代子です。

 こちらでは初めまして、高橋華代子です。

 私は南関競馬(浦和、大井、川崎、船橋)が主戦場なので、

 南関のどこかの競馬場や厩舎地区などで日々過ごしています。

 遡ると、NHKマイルカップ初代チャンピオンのタイキフォーチュンがきっかけで、

 馬の世界に魅了され、上京しました。

 そもそもは中央競馬しか知らなかった私ですが、

 東京MXテレビの東京シティ競馬中継のリポーターを縁あって手掛けることになり、

 そこから南関競馬にどっぷりはまり、早いもので20年……。

 馬の世界は本当に難しくて、だからこそ奥が深くて新鮮で、

 時間が過ぎるのは早いなぁと実感しています。

 さて、話題は変わりますが、関東も桜の季節ですcherryblossomcherryblossomcherryblossom

 競馬場でもきれいに咲いていますよ(*^_^*)

 先日の浦和競馬場の誘導馬さんたち↓

 

Photo_3

 現在は川崎開催中で、川崎競馬場の誘導馬さんたちは2バージョン。

 昼間の時間帯↓

Photo_4

Photo_5

 夜の時間帯↓


Photo_6


Photo_7

 南関4場とも、誘導馬さんたちはそれぞれに個性があるので、見ていると楽しいです!

 これから南関のいろんな話題をお届けしていこうと思っていますので、

 どうぞよろしくお願いしますnote

高橋華代子

職種
南関東競馬リポーター

詳細を見る