2022年05月16日

五感が刺激された遠征

東京競馬場から、こんにちは🏇!

先週末は3年ぶりに東京競馬場へG1観戦に行ってきました。
ちなみに前回観戦したのは、2019年ジャパンC。
現在も新型コロナウィルスの影響により、いつでもどこでも自由に行けるという訳ではないので、どこへ行くにも考えてしまいます。

でも、見に行くことが出来て本当によかったです。

今回の遠征は「五感が刺激される旅」でした。
馬を見ることはもちろんGI独特の空気感や歓声、東京競馬場の雰囲気などにずっとワクワクしっぱなし!

土曜日の朝は富士山が雲海の間から顔を出しており、久しぶりに見る富士山にテンションが上がりました。

Dsc01157

場内を歩くと見れられるあちこちで咲くバラがとても素敵でした。
ウオッカ像周辺の黄色いバラや、庭園に咲き乱れる赤いバラがとてもキレイでうっとり。
Dsc01255
その他、前回の遠征で気に入ったかすうどんとモカソフトクリーム。
他に牛すじ丼やG1焼き、フライドチキンなどなど。
東京競馬場の食を多いに楽しみました!

S__14786656
もちろん、今回の遠征は「馬」がメインです。
まずは、レーシングプログラムで出走馬の生産牧場をチェック。
今まで取材させて頂いた牧場さんの馬や、新ひだか町をはじめとする日高産駒を1~12Rまでチェックします。
知っている繁殖の名を発見した時は、気分が上がり応援に力が入ります。
馬産地に移住しなければ、このような見方をしなかったと思います。
馬名を見ると色々な方々の顔が浮かび、心がポカポカしてきます。

初めて東京競馬場にある「ホースプレビュー」に行きましたが、色々な場所で馬を見ることが出来るのは楽しいですね。

あと誘導馬が好きなので、毎レースの馬場入場撮影に夢中でした!
鬣や尻尾のチェックも欠かせません。
ヴィクトリアマイルの際のドレス誘導はとても素敵でした。

Dsc01534
土曜日曜のメインレースは、観客の皆さんの温かな拍手にジーン……。
特にデアリングタクトが馬場入場した際、実況アナウンスの「おかえりなさい」で大きな拍手が巻き起こった際はちょっと泣きそうになりました。

Dsc01526
今回の一番の目的は、何度か取材させていただいたデアリングタクトの復帰戦を応援することでした。
彼女の走る姿を現地で見ることで、彼女の強さと応援するファンの方々の思いを直に感じることが出来て感無量でした。

次回は宝塚記念を見に行けたらよいなぁ、と。

競馬場しか行かない弾丸ツアーでしたが、馬の親仔がいる景色を眺めることが出来る馬産地日高に帰ってくると何とも感慨深いものがあります。
北海道と遠く離れてはいますが、馬産地と競馬場は広い空の下で繋がっているんだと感じる旅となりました。

Dsc01608_2

Facebook:一般社団法人umanowa

Twitter:一般社団法人umanowa

Instagram:一般社団法人umanowa

Youtube:馬産地ひだかの馬房から

コメントを投稿する

絵文字を挿入

コメントは管理者が公開を承認するまで反映されませんのでご了承ください。

競馬女子部 コメント投稿規約

  • (1)コメント投稿は、ご利用者ご自身の責任において行われるものとします。ご利用者がコメント投稿した情報は、ご利用者自らがその内容について責任を負うものとします。
  • (2)公益社団法人日本軽種馬協会(以下「本協会」)はご利用者に対し、コメントの掲載内容(他のご利用者が提供する情報を含みます)についていかなる保証も負わないものとします。そのため、掲載コメントによりご利用者が被害を被ったとしても、本協会はご利用者に対して賠償する義務を一切持ちません。
  • (3)コメント投稿は、本協会が選別した上で本ブログに掲載されるものとし、必ずしも投稿のすべてが掲載されるわけではなく、また掲載されるまでにはお時間をいただきます。投稿内容の一部を本協会が編集・追記・削除した上で掲載される場合があります。
  • (4)コメント投稿が実際に掲載された場合でも、ご利用者に対する本協会からの謝礼等はございませんので予めご了承ください。

以上

糸井いくみ

職種
一般社団法人umanowa(うまのわ)代表

詳細を見る

最新の記事

記事一覧

アーカイブ