2024年04月15日

富里市に行ってきたとみ~

今回は、富里市からこんにちは。

最近日高を飛び出してばかりです・・・苦笑

3月にも一度訪れたのですが、今回も「コジュウチョウサン」として今大人気のエピとその母であるクロエに会いに行ってきました。

Dsc08459前回は2頭をおめかしさせてもらいました🎀

Dsc08463メンコがとってもお似合いです!

※エピとクロエが過ごす牧場は、見学不可となっております。様々なイベントに参加しますので、楽しみにしていてくださいね!

先日行なわれた第2回富里スモールジャンプの様子を、SNSで拝見した方も多いのではないでしょうか?
その様子が中山馬主協会さまのYoutubeにアップされています👇


YouTube: 富里スモールジャンプを特別取材!!

このイベントはかなり「ふりきって」います!笑
調教VTRもそうですがスポーツ紙さながらの新聞も作り、更にはジョッキーをはじめ実況アナウンサーや豪華ゲストが揃うという…。
話を聞いた時にちょっと笑ってしまいました。

「真剣にふざける」というのはこういうことなんだなと。
そして、集まった人たちは「ただ、馬を愛している」という…、とても純粋な理由しかないのです。

当日その場で観戦したかったのですが予定が合わず。
わずかではありますが協賛させていただきました。
馬と一緒に楽しむことができるイベントが増えていくと、全国各地を訪れるきっかけになるので楽しみです。

実は、2頭に会いにくるまで富里市についての全く知識がなく…。
訪れるまで「馬のまち」ということを知りませんでした。(ごめんなさい🙇)
馬をとおして町を知ることができるのは、とても幸せなことだなと最近思います。

そして、「スイカのまち」としても有名な富里市!
毎年6月に行なわれる『富里スイカロードレース大会』がとても気になります。
給水所でスイカが配られたり、賞品がスイカだったり。
馬とスイカを絡めたイベントも出来そうだなぁ・・・、と勝手に想像してしまいました。

公式マスコットキャラクターのとみちゃんはSNSで発信もしています。
是非チェックしてみてくださいね。
いずれ馬に乗るとみちゃんの姿が見られるかもしれませんね!(無茶ぶりですね💦)

とみちゃん【富里市公式】 (@103_tomichan) / X (twitter.com)

Unnamed_45

役場前のポストの癖が…、素晴らしいです✨

Twitter:一般社団法人umanowa

Instagram:一般社団法人umanowa

Youtube:馬産地ひだかの馬房から

2024年04月08日

マイネルレーニアのサードライフ

今回は長沼町から、こんにちは。

岩手のことを書こうと思っていたのですが・・・。
1ヶ月まるまる岩手の話題になってしまいそうだったので、今回は違う馬のお話しをしたいと思います。

雪道ペーパードライバーの私は、しばらく車での遠出を控えておりました。
雪解けが進みそろそろ活動しよう!と、今回はマオイホースパークさんへ行ってきました。

到着すると、2頭の馬が練習場に放牧されていました。
冬毛がまだ抜けきっていないマイネルレーニアが、入口で帰りたそうにたたずんでいました。

Dsc08764
他の馬たちとのコミュニケーションを放牧地で試してみたとのことですが、馬に興味がないようで、今は1頭の若馬と放牧されています。(馬の社会の中では、あまり強くはないそうです・・・)
でも、1頭だと淋しがり、かなり大きな声で嘶くそうで。苦笑
以前マイネルスケルツィが過ごしていた馬房で、夜は過ごしています。

この日は放牧地の前に数匹の猫たちがまどろんでいました。

Dsc08768
猫を引き寄せるのんびりとした雰囲気を、レーニアが醸し出しているのかもしれません。
ちなみに、犬はあまり得意ではないとのこと・・・。

マオイホースパークさんで過ごす、マイネルレーニアの動画が公開中です👇


YouTube: マイネルレーニア

今年で20歳になりましたが、いつまでものんびりと馬生を過ごしてほしいですね。

Dsc08760

Twitter:一般社団法人umanowa

Instagram:一般社団法人umanowa

Youtube:馬産地ひだかの馬房から

2024年04月01日

チャグチャグ馬コを学ぶ②

今回も岩手から、こんにちは。

前回は「チャグチャグ馬コ」についてのおおまかな紹介でしたが、今回は岩手で出会った人のお話し(part1)をしたいと思います。

盛岡市交流推進部観光課の職員の方が、新たな「ご縁」を繋いでくださいました。
チャグチャグ馬コ同行会滝沢支部の鈴木学さんです。
南部盛岡チャグチャグ馬コ同好会は盛岡市・滝沢市・矢巾町の3つから成り立ち、毎年お祭りの行進行事に参加しています。

鈴木さんは数十年前に盛岡競馬場で厩務員として働いていた経歴の持ち主。
現在は障がい者施設を開所し、農福連携(農業と福祉)の活動を行なっています。

Dsc08740写真が…ブレてしまいました🙇

数年前にひょんなことから重種馬を自分で飼うようになり、現在は2頭の重種と1頭のポニーを繋養しているとのこと。
馬に対する思いを淡々とでも熱く!語る鈴木さんとの会話はとても楽しく、気づけば1時間半ほど経っていました。ちなみに2022年にはチャグチャグ馬コでフランス遠征にも行っております👇


YouTube: チャグチャグ馬コinフランス

やはり「馬」が共通の話題になると、何時間でも飽きません!笑
岩手の優しい語り方にも心がホッコリしました。
その中で「鈴木さんの馬に会ってみたい!」と突然のお願いを快諾してくださり、次の日の朝に早速厩舎を見学させていただきました。

元は牛舎だったところに間仕切りを入れ、そこにはおりょうさんと鈴(りん)ちゃんの名付けられた馬たちが朝飼いを食べていました。

Dsc08741おりょうさん

Dsc08739 鈴ちゃん

朝飼い中は写真を撮ろうとするものではないですね…💦
性格はとても温厚で、鈴ちゃんはかなりの食いしん坊とのこと。
現在2頭のお腹には赤ちゃんがおり、5月頃出産予定です。
今年のチャグチャグ馬コ時は、親仔で参加する姿を見られるかもしれません。

チャグチャグ馬コのお祭りは年に1度のみ。
お祭りで活躍する以外にも、地元の子ども達や観光客などにチャグチャグ馬コに親しんでもらえる取組みを鈴木さんたちは行なっています。
田植えの時期には水田で馬にゴムチューブを轢かせて、子ども達がチューブに乗って楽しむそう。
私もぜひ体験して泥んこになってみたいです!笑

年々減少する馬の頭数や後継者不足——。
色々な課題はあるかもしれませんが、馬の魅力を伝えるのをあきらめないで続けること。
そして、人を動かす最も大切な部分は「馬を愛する」ことなのだと。

まだまだ紹介したい岩手のあたたかい人たちについては、また次週書きたいと思います。(たぶんあと2週は書いてしまいそう...です。)

Twitter:一般社団法人umanowa

Instagram:一般社団法人umanowa

Youtube:馬産地ひだかの馬房から

2024年03月25日

チャグチャグ馬コを学ぶ①

今回は岩手から、こんにちは。

日本にはさまざまな馬文化がありますが、そのうちのひとつ「チャグチャグ馬コ」に何故か惹かれるものを感じていました。
6月の第2土曜日に行なわれるお祭りを前に、チャグチャグ馬コに関わる人たちに直接話をうかがってみたく、岩手行き(1泊2日)を勢いで決めました。
今回は初日に巡った箇所を紹介していきます。

私が「チャグチャグ!」とずっと騒いでいたのを見兼ねてか、ある方が盛岡市交流推進部観光課に直接連絡を取って下さったのも岩手行きを決断した理由のひとつでした。

そして、今回観光課の職員の方々にチャグチャグ馬コの旅をアテンドしていただきました。(優しすぎます…😭)

はじめに訪れたのは、ゴール地点となる『盛岡八幡宮』です。

Unnamed_50
ここでは流鏑馬も毎年行なわれているとのこと。
境内には、沢山の合格祈願の絵馬と厄除けのひょうたんが吊り下げられていました。

神馬も祀られていたのですが、よく見ると仔馬が寄り添っています。

Unnamed_51
岩手ならでは…と、チャグチャグ馬コの映像で仔馬が母馬に付いて歩く姿を思い出しました。

ちなみにチャグチャグ馬コがどんなお祭りかといいますと、
毎年6月第2土曜日に滝沢市の蒼前神社から盛岡市の八幡宮まで14キロの道のりを馬を曳いて行進するお祭りです。
毎年22万人近くが行進を見に訪れるそうで、馬のお祭りでこんなに人が集まるお祭りはなかなかないかと思います。

次に訪れたのは、出発地点となる『鬼越蒼前神社』です。

Unnamed_52
神社に祀られている蒼前様に愛馬の無病息災を祈願してから、行列は出発します。
神馬が祀られている横には、地元の子ども達が描いたチャグチャグ馬コの絵馬が置いてありました。

Unnamed_53
古くは江戸時代から蒼前様に参拝する風習があり、それが少しずつ形を変えて、今のお祭りになっていったそうです。
現在は元旦も馬と共に参拝を行なっているとのこと。

その後、修学旅行生の立ち寄り先となっている『盛岡てづくり村』内にある南部曲り家の見学へ。

Unnamed_54
この曲り家は江戸時代後期に建てられたとのこと。
なんと言っても特徴は「馬にいつでも目が届くように」作られた主屋と馬屋が続いている建て方。
馬と一緒に暮らしてみたいと思ったことがある方なら、一度は憧れた家屋ではないでしょうか。

Unnamed_55
農耕馬として共に働く馬を、大切な家族の一員として考えていたからこその自然な流れの家屋だなと感じました。

最後にてづくり工房ゾーン内のみちのく工房さんの中に入ってみると、素敵な郷土玩具がずらりと並んでいました。どの商品も色鮮やかに塗られており、見ているだけでワクワクします。Unnamed_57
手作り用のチャグチャグ馬コを購入したので、完成したらアップしたいと思います。

この工房は職人の方がお亡くなりになり、今年いっぱいで閉店してしまうとのこと。
今はどの産業や文化でもですが、後継者不足が1番の課題です。
伝えて繋いでいくのは、時間と人が必要な根気のいることだと弊社の日頃の活動からも感じていますが、どの地域でも大変なのだとあらためて感じました。

Unnamed_56
まだまだ紹介したいことがあるのですが、長くなるのと仕事が立て込んでいるのでまた次週に続きます。

Unnamed_58

チャグチャグ馬コの装束も展示してありました!

Twitter:一般社団法人umanowa

Instagram:一般社団法人umanowa

Youtube:馬産地ひだかの馬房から

2024年03月18日

阪神競馬場へ!

新ひだか町から、こんにちは。

週末は数年ぶりに阪神競馬場へ遠征してきました🏇
2年前の宝塚記念ぶりです。
競馬場に足を踏み入れる瞬間は、毎回胸が高鳴ります。

この日は午後からあいにくの雨模様でした。
パドックの方へ足を運ぶと、誘導馬となったシロニイが後方で誘導をしておりました!

Dsc08639
その他、ホウオウジョルノ

Dsc08690
ちょっとバタバタしておりまして、その他の誘導馬の写真を撮れず・・・。
阪神大賞典には注目馬が多数出走しておりました。
最近は競馬をゆっくり観る時間がなかったので、久しぶりの観戦に力が入りました。

今年は何度競馬場に足を運べるかなぁ・・・と。
中央競馬場は福島・新潟にはまだ一度も行ったことがありません。
中央競馬10場制覇まであと少しです!
地方競馬も目指せ全場制覇です!!


先週末は沢山の方々に弊社グッズをご購入いただき、感謝の気持ちでいっぱいです。
3月最終週のショップOPENに向けて現在準備中ですので、今しばらくお待ちください。

今週末はある馬文化に触れるために、また遠征に行ってきます✈

Twitter:一般社団法人umanowa

Instagram:一般社団法人umanowa

Youtube:馬産地ひだかの馬房から

2024年03月11日

メロディーレーンペナント販売

新ひだか町から、こんにちは。
日高はまだまだ朝晩は寒く、一度来た春が足踏みしているような状態です。

先週末にメロディーレーンペナントを発売しました!

Img_0924

…なのですが。
今週末の阪神大賞典の登録を見送ることになったようです。
発送作業をしている際に知って驚きましたが、大事にはいたらないとのことで…。
心底ホッとしました。
また元気な姿を見られる日を楽しみに待ちたいと思います。

昨年末にもペナントを作成しましたが、今回はまた雰囲気が違い可愛らしいデザインとなっています。

Photoroom_20240304_165843

背景は勝負服カラーの水色と白で淡い雰囲気に。
上のイラストは前走の万葉ステークスのゴール前、
下はメーヴェ一族が描かれています。

ペナントの中で、可愛いが大渋滞しています!

毎回色々な馬に撮影協力していただいていますが(いつもありがとうございます😭)、今回はメロディーレーンの半妹メーヴェの2023です。

Dsc08539

姉に引けを取らない可愛いらしさ溢れる馬です。
これからどんな風に成長するか、とっても楽しみな一頭です。

ペナントは再販予定ですので、販売日が決まりましたら弊社SNSでお知らせいたしますね。

Twitter:一般社団法人umanowa

Instagram:一般社団法人umanowa

Youtube:馬産地ひだかの馬房から

2024年03月04日

ひだかうまキッズ探検隊2023修了式

新ひだか町から、こんにちは。

新ひだか町教育委員会が主催する今年度で7年目となる「ひだかうまキッズ探検隊」。
2月末にプログラムの締めくくりとなる修了式が行われました。
今年は全10回にわたり、軽種馬に関する様々な施設を訪れました。

002
教育長より修了証授与のあと、子ども達がひだかうまキッズ探検隊での思い出を一人ずつ発表。
・札幌競馬場の芝を走ったことImg_8941
・ホッカイドウ競馬でのキャンプ

3l5a8246
・ゴールドシップに会えたこと

3l5a6816
・引退競走馬に会えたこと

3l5a0164
・BTCでシミュレーターに乗ったこと

3l5a7765

その中で「馬と競馬の楽しさを伝えられるホースマンになりたいです」と、発表する子も。

子ども達の思い出に残ったことは、十人十色でした。
毎年ですが涙をこらえるのに必死です・・・・・・。

この事業は馬産地だからこそ出来る事業なので、地域に根付くことを願うばかりです。
いつも子ども達の受け入れにご協力いただいている、軽種馬関係者の皆さまに感謝いたします。

来年度はどんな子ども達と探検に行けるか、今からとても楽しみです。

001

※メロディーレーンの新グッズは、今週3月9日(土)に販売予定です。

Twitter:一般社団法人umanowa

Instagram:一般社団法人umanowa

Youtube:馬産地ひだかの馬房から

2024年02月26日

馬産地の人づくり

新ひだか町から、こんにちは。
相変わらず、バタバタな日々を過ごしております。

現在新ひだか町教育委員会では「馬産地の人づくり」として、馬を活用した様々な事業に取り組んでおります。
弊社はその事業に携わらせていただいています。

数年前からうまレターに事業内容を紹介しております。
2/1に発行されたうまレター2月号に今年度の小学校授業での取組みが掲載されております。

うまレターの表紙はもちろんのこと、一番はじめのページの一言が毎月の楽しみでもあります。
Unnamed_1
今回は8-9ページの見開きに掲載されております。

Unnamed
バックナンバーは全国のWINSや競馬場に設置されておりますので、是非お手にとってご覧いただけると幸いです。

今年で7年目となった「ひだかうまキッズ探検隊」の修了式が今週行なわれるので、その準備に追われております。
来場される皆さまに1年の振り返りをスライドで見てもらおうと作成中なのですが、1回目から10回目までの子ども達の成長過程を、写真を通してあらためて実感しました。
馬産地だからこその事業がこの町に根付くことを目標に、これからも活動を続けていきたいと思います。

Twitter:一般社団法人umanowa

Instagram:一般社団法人umanowa

Youtube:馬産地ひだかの馬房から

2024年02月19日

猫と馬

新ひだか町から、こんにちは。

2月22日は猫の日🐱ですね。

今まで様々な牧場を取材させていただきましたが、馬と猫との写真や動画を撮影することは以外とよくあります。
今回は馬と猫の写真をいくつかご紹介します。
(以前載せているのもあります)

まずはネコパンチの看板猫のメト
今年はじめに撮影した写真です。

Dsc08114
次はウマ娘に新登場したトランセンドと猫
ジャックはもういません…。涙

Dsc07773

トランセンドの放牧地はきゅう舎前なので、猫たちの通り道やくつろぎ場所でもあります。

Dsc03574

最近ブログの更新が遅れることが多く、申し訳ございません。
様々な事業に追われております・・・。
馬産地日高ではお産シーズンが始まり、サンシャインパドックや放牧地では親仔の姿が見られるようになりました。
今は牧場撮影が難しいシーズンなので、お産シーズンが落ち着いた頃にまた撮影にいけたらと思います。

Twitter:一般社団法人umanowa

Instagram:一般社団法人umanowa

Youtube:馬産地ひだかの馬房から

2024年02月12日

2024年静内地区種牡馬展示会

新ひだか町から、こんにちは。

先週は種牡馬展示会ウィークでした。
全てではないのですがいくつか行ってきました。

その中でも静内地区は期待の種牡馬が各種馬場にスタッドインし、これから種付業務が行なわれます。

JBBAの新種牡馬はシャープアステカ。
2歳の総合サイアーランキングでも勝馬数で北米1位となっている期待の種牡馬です。

Img_7321
個人的には、今年23歳のバゴが元気そうだったのが嬉しかったです。

Img_7507
レックススタッドは3頭の新種牡馬がはじめにお披露目されました。
その中でも注目馬は、有馬記念と引退式で多くの感動を与えてくれたタイトルホルダー。

Img_7673
スタッドイン時よりだいぶ馬体が大きくなっている気がしました。
今シーズンの種付け業務を無事に乗り切ってほしいです。

最近パレスマリス産駒の活躍が目立つので、ストラクターも個人的に気になります。

Img_7781
アロースタッドは5頭の新種牡馬がお披露目されました。
調教師やジョッキーも来場され、携わった馬たちを温かいまなざしで見守っていました。

パンサラッサImg_7609_01
ユニコーンライオン

Img_7596
ファストフォースImg_7567_01
カフェファラオ

Img_7536_01
テーオーケインズ

Img_7550_01
今回来場者に配布されたスタリオンブックが入ったバッグを、弊社で制作させていただきました。

Dsc08414
このバッグは、株式会社ジェイエスのスタッフさんのアイデアが詰め込まれたデザインとなっております。
アロースタッドの春夏秋冬が描かれています。
看板猫たちも登場し、とても可愛い仕上がりとなっています。イラストを描いたキックボードさんは、イメージを掴むためにアロースタッドを視察してくれました。

Dsc08397
そんなバッグとスタリオンブックをセットにして、2月18日(日)20時より弊社ショップで販売します。
初めての試みなのでちょっとドキドキしております。
ARROW STUD トートバッグ・スタリオンブックセット | umanowa
是非お手にとって、アロー愛を深めてくださいね!

こちらは非売品なのですが、5頭の新種牡馬のイラストが描かれたマグカップも制作しました。
とても素敵なグッズとなりました。

Unnamed_43

Unnamed_44

Twitter:一般社団法人umanowa

Instagram:一般社団法人umanowa

Youtube:馬産地ひだかの馬房から

2024年02月05日

お花を贈るということ

新ひだか町から、こんにちは。

1月30日(火)はマイネルダビテの命日でした。
この世を去ってから3度目の冬・・・です。
月日が過ぎるのが年々早くなっているような気がします。

部屋のデスクの横にはダビテの写真が飾ってあります。
毎回ではないですが「いってきます」と写真に声をかける日もあります。
ちょっと怖いかもしれませんが・・・苦笑

あんなに悲しかったのに、月日が経つと逆にいつもそばにいる気がしてしまいます。
何だか不思議です。

今年のお花は、お花屋さんが三石のアネモネを使ってアレンジしてくれました。
配達が完了するとお花屋さんから画像が届くのですが、いつも幸せな気持ちになります。


会社を立ち上げてから、お花を贈ることが本当に増えました。
馬の勝利で贈ることがやはり一番嬉しいですが、
最期に感謝の思いを伝えるツールとしてもお花を贈ることが自分にとって大切なことです。

些細な日常の中でも自分へも花を贈り飾りたいなと思う、今日この頃です。

先日のumanowaグッズの販売では沢山の皆さまにご購入いただき、本当にありがとうございました。
2月中旬からまたumanowaショップ再開です。

Twitter:一般社団法人umanowa

Instagram:一般社団法人umanowa

Youtube:馬産地ひだかの馬房から

2024年01月29日

ネコ×ネコパンチ!

今回も新冠町から、こんにちは。

種牡馬のスタッドインについて続けて書いていますが、ある引退馬を昨年末に撮影しました。

メイショウドトウやメトをはじめ賑やかな女子チームがいるノーザンレイクさんに、ネコパンチが東京競馬場乗馬センターよりはるばる移動してきました。

到着当日は他の方に撮影をお願いしたのですが、動画を見てみると辺りをキョロキョロ見回しはしていましたが落ち着いているな…が第一印象でした。

クリスマス前に放牧地で過ごす様子をあらためて撮影に行きましたが、やはり落ち着いています。

Dsc08106
看板猫のメトとの絡みもありましたが、鼻先で優しく匂いを確認(猫吸い?!)していました。
川越さんに手入れしてもらう際も、じっとしていて気持ちよさそうにしていました。

Dsc08114
そんなネコパンチの様子は↓から是非ご覧ください。


YouTube: ネコパンチ

そして、こちらの本もオススメです🐴🐈
メトが普段どんな風に牧場で過ごしているのかを垣間見れる素敵な本です。

Unnamed_33

Twitter:一般社団法人umanowa

Instagram:一般社団法人umanowa

Youtube:馬産地ひだかの馬房から

2024年01月22日

続々とスタッドイン③

今回は新冠町から、こんにちは。

しばらく続いておりますが・・・
今回でひとまずいったんスタッドインについては終了です。

1月13日(土)の早朝、ビッグレッドファームにダノンザキッドがスタッドインしました。
まだスラッとした見た目ですが、体高もあり顔も美形だな・・・が第1印象でした。

Dsc08363
「歩様も軽くて早いですし、動けば大きさを感じさせないよい馬。新馬戦の持ったままでの快勝が印象的でした。今までG1ひとつしか勝てていないのが不思議なくらいです。ハーツクライはコスモバルクのライバルでもあったので、その後継馬がビッグレッドファームにくることになったのは、別の嬉しさもあります。まずは無事に長く種牡馬として活躍してほしいですね。」と蛯名MG。

到着時の様子はこちらからご覧下さい。


YouTube: ダノンザキッド スタッドイン

どの種牡馬も、ベストの状態で展示会に挑んでほしいです。

Twitter:一般社団法人umanowa

Instagram:一般社団法人umanowa

Youtube:馬産地ひだかの馬房から

2024年01月15日

続々とスタッドイン②

新ひだか町から、こんにちは。

前回のブログでも書きましたが、馬産地日高に続々と種牡馬がスタッドインしています。
1月9日(火)夕方には、中山競馬場で引退式を終えたパンサラッサがアロースタッドにスタッドインしました。

Dsc08348
かなり雪が降っている中、パンサラッサがふるさと日高に帰ってきました。
池田元厩務員がずっと帯同して北の大地に共に到着。
出迎えには生産牧場の木村秀則さんも駆けつけました。
お二人とも無事にスタッドインしたことを、本当に喜んでいました。

Dsc08316
お二人からパンサラッサにメッセージをいただいたのですが、木村秀則さんが「天皇賞秋のレースは、100回見ていたら1回ぐらい勝つのではないかと思って・・・」と言っていた言葉が印象に残っています。

スタッドインの様子やお二人のメッセージは、下記からご覧下さい。


YouTube: パンサラッサ スタッドイン


どの種牡馬も、ベストの状態で展示会に挑んでほしいです。

Twitter:一般社団法人umanowa

Instagram:一般社団法人umanowa

Youtube:馬産地ひだかの馬房から

2024年01月08日

続々とスタッドイン①

新ひだか町から、こんにちは。

年明け1回目のブログです。
本年も宜しくお願いいたします。
2024年も馬産地日高で見て感じたことをお届けしていきたいと思います。

昨年活躍した競走馬が引退し、続々とスタッドインする時期になりました。
今年は暖冬かな…と思っていましたが、年明けから雪が降り始め、やはり冬はきちんとやってくるのだなと⛄️

前回のブログでも書いたタイトルホルダーが、1月6日の朝にレックススタッドに到着しました。
到着時には、岡田スタッドのスタッフさんも駆けつけていました。

Dsc08213
放牧地にいる種牡馬が嘶き始めると、それに応えるように元気に嘶いたタイトルホルダー。

これから試験種付や様々な検査をし、種付けシーズンを迎えます。
今は亡きドゥラメンテの血を継ぐタイトルホルダーは、馬産地日高の期待を背負っていますが、無事に初シーズンを乗り越えてほしいです。

Dsc08211
スタッドインの様子は、こちらをご覧ください↓


YouTube: タイトルホルダー スタッドイン

そして、タイトルホルダーマフラータオルの再販を1月末に予定しております。
再販はフルカラープリント仕様となります。
今回の地震で被害に遭われた地域に、この収益の一部を寄付する予定です。

復興までは長い道のりかと思いますが、自分に出来ることを考えながら日々祈っています。


Twitter:一般社団法人umanowa

Instagram:一般社団法人umanowa

Youtube:馬産地ひだかの馬房から

2023年12月25日

今年も馬に感謝!

新ひだか町から、こんにちは。

年末のビッグレースである有馬記念、多くの方がご覧になっていたことと思います。
色々な思いが込み上げてきますが「感動」の一言しか出てきません。

ファンファーレと共に54,000人の歓声が地響きのように響きわたり、高揚するあの感覚はやはり現地に行かないと味わえないですよね。

実は、今回タイトルホルダーのラストランを見届けに有馬記念を観戦してきました。

Dsc08197
12月頭に急遽飛行機のチケットと宿をとり、仕事もバタバタの状態で中山競馬場に向かいました。(商品発送を何件か羽田空港でしました…。)

強豪揃いのレースでしたので、無事に走り終えてくれたら…の思いだけでした。
スタートし、以前のような抜き出るスピード感はなかったものの、最終コーナーを曲がり直線途中まで「もしかして、もしかすると!」と見せ場を作ったタイトルホルダー。

ラストランを見ることが出来て、本当によかったです!

Dsc08199
レース後に、岡田スタッドグループ代表岡田牧雄氏にファンの皆さまへメッセージをいただきました。

タイトルホルダーを今まで応援して下さった皆さまへ

有馬記念の歓声と引退式を大勢のファンが見届けてくれている光景を見て、あらためて皆さんに愛されている馬だと胸が熱くなりました。
ファンの皆さまには、感謝しかありません。
「これは勝てる!」と一瞬夢を見る走りでした。
タイトルホルダーには次の大切な仕事がありますが、その仔たちに有馬記念優勝の夢を託したいと思います。
馬産地日高に貢献する馬になってくれたら嬉しいです。


有馬記念観戦は十何年ぶりだったそうで、普段はあまり現地観戦することのない岡田氏がボソッと「たまに競馬場に行くのもいいもんだね…。」と言ったのが印象的でした。


Unnamed_32

今回は有馬記念ギリギリにタオルを発売することを決め、特急便で制作しないとレースに間に合うように皆さまにお届け出来ないことになってしまい…。
岡田牧雄氏がファンの皆さまのためにと、サポートしてくださいました。

数量限定でしか販売出来なかったので、再販を1月末に予定しております。
フルカラーの方がキレイに色が出るので、再販はフルカラープリント仕様となります。

今年は今まで生きてきた中で1番忙しいと言っても過言ではないくらい、目まぐるしい1年でした。
来年はもう少しのんびりと、時には立ち止まって活動していきたいです。

いつも支えて下さる馬と人に感謝して、来年も馬で充実した一年となりますように…


Twitter:一般社団法人umanowa

Instagram:一般社団法人umanowa

Youtube:馬産地ひだかの馬房から

2023年12月18日

いよいよラストラン!

新ひだか町から、こんにちは。

今週末はいよいよ有馬記念ですね!
年末でもっとも熱くなるレース、皆さまそれぞれ思い入れのある馬がいることと思います。

弊社はやはりタイトルホルダーです🐴

今年の夏は日高の子ども達がタイトルホルダーに対面する企画を実施することが出来ました。あの時の子ども達の嬉しそうな顔は、今でも忘れられません。

そして、今回沢山仕事を抱え込んでいたのでどうしようか何度も迷いましたが、結局グッズを急遽制作することとなりました。

Titile04
これは余談なのですが…
急遽決めたので特急便で作ったところ、かなり割高になってしまいました。
そこでサポートして下さったのが、岡田スタッド代表岡田牧雄氏でした。
はじめは「中山競馬場でファンに配ったらよいんじゃないか?!」と言い出したので、さすがに有馬記念の当日にそんなことをしたら混乱が起きます!と言いましたが💦苦笑

そんな思いが込められたマフラータオルです。(現在は完売しております)

多くのファンとの繋がりを与えてくれたタイトルホルダーに“ありがとう”を伝えたいです。


Twitter:一般社団法人umanowa

Instagram:一般社団法人umanowa

Youtube:馬産地ひだかの馬房から

2023年12月11日

完売御礼!

新ひだか町から、こんにちは。

先週末にユーバーレーベンペナントを販売しました🐴🚩
人気馬なのはうまカルフェスで実感していたので、なるべく多くの方にお届けしたいと思って準備をしていたのですが…。
あっという間に完売してしまいました。
買いそびれてしまった方は、申し訳ございません。

父ゴールドシップ、半兄に今も現役のマイネルファンロンがいることもあり、このファミリーは本当に多くの皆さまに愛されているのだなと。

昨年度ではありますが、ひだかうまキッズ探検隊が対面している動画がありますのでこちらも是非ご覧ください。


YouTube: ひだかうまキッズ探検隊2022第2回目~現役競走馬に会おう!~2022/07/16

【お知らせ】
ユーバーレーベンペナントは、12/15(金)20:00より再販予定です🐴🚩


Twitter:一般社団法人umanowa

Instagram:一般社団法人umanowa

Youtube:馬産地ひだかの馬房から

2023年12月04日

イルミネーションな季節

今回は札幌から、こんにちは。

北海道は雪はまだ積もっていませんが、朝晩の空気はほっぺたがピリピリとする冷たさです。

さて、サッポロホワイトイルミネーションが今年も11/22より始まりました。

Img_7067_2
必ず見に行くのが、大通6丁目会場。
JRA札幌競馬場が協賛している会場なので、もちろんイルミネーションは「馬」🐴✨

煌めきの「エメラルド・フォレスト」です。

Img_7059
そして、余談ではありますが…
この日は公益財団法人軽種馬育成調教センターの会議があり、この度役員理事に選出されました。
自分としては、何が出来るかまだ分からないところもあります。
ひだかうまキッズ探検隊の活動を通じて繋がったご縁でもありますので、役員として尽力していきたいと思っています。

懇親会後に遠方から訪れた評議員の皆さんと、イルミネーションの前で記念撮影📷

Img_7062
「競馬女子部に載せてよいからね!」と言って下さったので…。笑

大通り会場は12/25までとなっておりますので、中心部を訪れた際には是非見てみて下さいね!

Img_7066

【お知らせ】
ユーバーレーベンペナントは、12/8(金)20:00より販売予定です🐴🚩


Twitter:一般社団法人umanowa

Instagram:一般社団法人umanowa

Youtube:馬産地ひだかの馬房から

2023年11月27日

ただ、逃げるのみ!(パ)

新ひだか町から、こんにちは。

ジャパンカップ、皆さん現地やTVでご覧になっていたことと思います。
出走した全ての馬たち、本当に素晴らしかったですね!
見どころ満載でしたし、感動しました・・・。
また語り継がれる名レースのひとつになりましたね。

さて、圧倒的な逃げを見せてくれたパンサラッサ。
実は今年夏前にマフラータオルを販売しましたが、すぐに完売。


両面印刷でタオル制作にかなり時間がかかることから、中々再販に踏み切れずにおりました。
そして、やっと動き出し12月中旬過ぎに再販することとなりました。
数量限定となってしまうことをご了承ください。

ジャパンカップのパドックで、関係者の皆様がタオルを持参して応援してくださっていたことをSNSで拝見しビックリ!!
ファンの方々以外にも応援のツールのひとつとして使用して頂き、本当に嬉しく思います。

またいつかそんなグッズが作れたら、とても幸せです。

Twitter:一般社団法人umanowa

Instagram:一般社団法人umanowa

Youtube:馬産地ひだかの馬房から

2023年11月20日

馬産地から心に響くメッセージ100

新ひだか町から、こんにちは。

先日出先から事務所に戻ると、ポストに1冊の本が入っていました。

Unnamed_29
全国の競馬場やWINSに設置されている、フリーマガジンのうまレター。
中央競馬や地方競馬の情報、馬産地での取材の様子が掲載されています。

表紙をめくると、馬産地の風景と共に届く毎月のメッセージ。
「今月はどんな言葉が書いてあるのかな・・・」とページをめくるのが、楽しみのひとつになっています。

Unnamed_30
今回、そのメッセージが書籍になったとのことで、編集長がポストに入れてくださいました。

編集長の浜近さんとの出会いは、私がまだ地域おこし協力隊の任期中。
馬産地での活動をより多くの方に知ってもらうにはどうしたらよいかと、考えていたときでした。
それ以降、色々な相談にのってくれたり、グッズ制作のお仕事でもご一緒する機会が増えました。

一見普通のおじさん(浜近さん、ごめんなさい)なのですが、毎月届くメッセージはとても繊細で、時にはロマンチック。
月末の入稿締切りに追われているからこそ、絞り出される言葉なのかもしれないです。

以前、どんな風にメッセージを毎月書いているのかを質問したことがありました。
「先に三方さんの写真を見て、何となくその時降ってきたことをパッと書く」とおっしゃっていました。
それを何十年も続けていることを、本当に尊敬します。

Unnamed_31
メッセージの中でよく目にするのが、「感謝と夢」という言葉です。
馬や馬を通して出会った人たちへの感謝と、自身のまだ見ぬ夢に向かってコツコツと毎月うまレターを作り上げているのだなと…。

こちらよりネットで購入が可能です。
Umaletter Photo&Poem 馬産地から心に響くメッセージ100 | Umaletter Book Store
是非お手にとってご覧いただけたら嬉しいです。

Twitter:一般社団法人umanowa

Instagram:一般社団法人umanowa

Youtube:馬産地ひだかの馬房から

2023年11月13日

新グッズ販売に向けて

新ひだか町から、こんにちは。

先週末には、ちらっと空から初雪が舞い降りました。
今年の秋は特に短かったように思います。

うまカルフェスを何とか無事に終えましたが、相変わらずバタバタしています。
現在は協力していただいた皆さんのところに、お礼をお伝えしにまわっています。
そこで色々お話しした際に「声をかけてくれてありがとう」と、感謝の言葉をいただくこともありました。
こちらが感謝と反省をしなくてはいけないのですが、本当にありがたいです。

そして、大変お待たせしてしまいました。
会場内に飾っていたユーバーレーベンのペナントを、12月上旬に販売出来ることとなりました🐴✨


うまカルフェスに来場するユーバーレーベンの馬房に飾るために制作したペナントでした。
…が、イラストが上がってきた時に「グッズになれば、絶対素敵っ!」と思い、小さいサイズも試しに制作。

Unnamed_28

当日、ファンの方々の反応を見たビッグレッドファームさんが、販売を快諾して下さいました!
弊社にとってはとても嬉しい出来事でした。


Imgp6566

<ユーバーレーベンとペナント>

うまカルフェスでも販売した下記のグッズも、ショップにて同時販売予定です。
缶バッジ
クリアファイル
ミニタオル

楽しみにしていて下さいね!

Twitter:一般社団法人umanowa

Instagram:一般社団法人umanowa

Youtube:馬産地ひだかの馬房から

2023年11月06日

チャリティーオークションの裏側

新ひだか町から、こんにちは。

先日行なわれたうまカルフェスin新ひだかの様子を少しずつお伝えしていきます。

メイン会場が盛り上がったプログラムのひとつが、チャリティーオークションでした。
オーナー様をはじめ軽種馬関係者のご好意により集まった全16セットを出品することになりました。

下が出品された品の一部です。

S__21520427
<ナカヤマフェスタの頭絡とネームプレート>

S__21520413
<タイトルホルダー有馬記念ゼッケン>

S__23814148
<矢作厩舎ドバイワールドカップセット>

かなり豪華な品が事務所に届き、当日まで保管することに正直ヒヤヒヤしていました・・・。

オークションを行なう場所がHBA北海道市場ということもあり、来場者の皆さんに普段のセリの様子を少しでも味わっていただけたらとスタッフの皆さんがいつも以上に張り切ってくださいました。
前日のリハーサルでは商品の見せ方やスタッフの配置を確認。
スタッフの皆さんが進行する上で、さまざまな工夫をしてくださる姿に感動しました・・・。
更に前入りした角居勝彦元調教師が、サンビスタのぬいぐるみにサインしてくださるサプライズも!


Youtubeに当日の様子を公開しておりますので、今回うまカルフェスに来られなかった方は是非ご覧になっていただけたら嬉しいです。


YouTube: 『うまカルフェスin新ひだか』~チャリティーオークション~

オークションの収益金は総額1,851,000円となり、NPO認定法人引退馬協会様にその日のうちにお渡しすることができました。

多くの人たちの協力があって、皆さんが喜んでくれるイベントが出来たこと。
そして、それが引退馬に繋がっていくこと。

ひとつひとつが繋がっていった結果が、馬にたどり着くことを本当に嬉しく思います。

Twitter:一般社団法人umanowa

Instagram:一般社団法人umanowa

Youtube:馬産地ひだかの馬房から

2023年10月30日

うまカルフェスin新ひだか、無事終了!

新ひだか町から、こんにちは。

10月28日(土)HBA北海道市場にて「うまカルフェスin新ひだか」が開催🐴🎪

Umacul_flyer_front_2朝から夕方まで馬に関する13のプログラムが行なわれ、全国から訪れた多くの馬好きの方達で賑わっていました。

一つ一つのプログラムを取り上げていきたいのですが、とっても長くなってしまうのでまた機会をみてご紹介していきたいと思います。

Imgp7023<大人気だった札幌まちばしゃのダイちゃん>

初めてのイベントということもあり、来場者の皆さまには不憫な思いをさせてしまうことも多々あったと思います。
「大きな事故やケガ人なく、無事に終える」ことが今回の目標でした。
目標は達成しましたが、成功という言葉はないと思っています。

Imgp6566<ユーバーレーベンの展示>

終わったからよかった!ではなく「次はここをこうした方がもっと来場者の皆さんが楽しめるのではないか。」と課題や今後改善したい点が、イベント当日から次々と出てきました。

皆さまからいただいた意見や自身が感じたことが、次回への糧になると思っております。

次回の開催は現時点では未定ですが、馬産地で様々な馬文化にふれる機会を続けていけるような体制をコツコツと作り上げていきたいと思います。

3l5a9816<チャリティーオークションは大盛況でした!>

新ひだか町に移住して7年という節目に、このようなイベントに関わらせていただいたことが本当に嬉しく感謝の気持ちでいっぱいです。

関わっていただいた全ての皆様に感謝いたします。

Twitter:一般社団法人umanowa

Instagram:一般社団法人umanowa

Youtube:馬産地ひだかの馬房から

2023年10月16日

マイネルレーニア、新天地へ!

今回は長沼町から、こんにちは。
北海道は少しずつ木々が紅葉し始めてきました。
短い秋を思う存分楽しみたいものです🍂

今年のJRA札幌競馬開催で誘導馬を引退した、マイネルレーニア。
最終日の引退の際には、素敵に着飾って最後の誘導を行なっていました。
場内の温かい拍手に包まれながら、ターフを去りました。

Dsc07336<今年の誘導の様子>

ひだかうまキッズ探検隊が開催終了翌週に札幌競馬場を探検した際、マイネルレーニアが登場しました。
その際に、ふるさとである岡田スタッド代表岡田牧雄氏とオーナーであるビッグレッドファーム蛯名GMが長年の活躍を称えに急遽会いに来て下さいました!
最後にみんなで撮影した記念写真が、口取り写真のような思い出に残る1枚となりました📷✨

401
ファンの皆さんをはじめ、本当に多くの方に愛された馬だったのだなと実感する場面でした。

そして、10月12日(木)に第3の馬生を送る新天地となるマオイホースパークへ移動🐴🚚

私が到着した時には、すでに洗い場に繋がれてボーっとしているレーニアの姿がありました。
とても今日やってきたとは思えないくらい、その場に馴染んでおりました。

Unnamed_19
他の馬と少しだけ顔合わせをした際も怒ったりすることもなく、どちらかというと地面に生えている青草に夢中でした。苦笑

Unnamed_20

馬房に入ってからしばらくすると、思い出したかのように嘶いていました。
環境に慣れるまで少し時間はかかるかもしれませんが、新たな仲間と一緒にのんびりと過ごしてほしいなと思います。

また会いに行くからね、レーニア。

Twitter:一般社団法人umanowa

Instagram:一般社団法人umanowa

Youtube:馬産地ひだかの馬房から

2023年10月02日

大井競馬場でPRイベント!

新ひだか町から、こんにちは。

今週10月5日(木)は大井競馬場へ行ってきます!
この日はレディースプレリュード🏇✨
と、言ってもレース観戦ではございません。

「ホッカイドウ競馬×馬産地日高PRイベント」のブースに出店します!

ホッカイドウ競馬&馬産地日高PRイベント | イベント | TCKガイド | 東京シティ競馬 : TOKYO CITY KEIBA

弊社のグッズ販売させていただくのですが、他にも日高管内の特産品や馬グッズがズラリと並ぶ予定です。
さらに先着1,000名さまには日高昆布のプレゼントもございます。

大井競馬場にご来場の際には、是非ブースに遊びに来てくださいね☺
お待ちしております。

Twitter:一般社団法人umanowa

Instagram:一般社団法人umanowa

Youtube:馬産地ひだかの馬房から

2023年09月25日

門別競馬場でキャンプ

今回も日高町から、こんにちは。

北海道軽種馬振興公社さまからご招待いただき、9月23~24日の1泊2日でひだかうまキッズ探検隊のみんなと門別競馬場へキャンプに行ってきました⛺✨

3l5a8108
実は4年ぶりとなるひだかうまキッズ探検隊キャンプ。
立派なテントと寝袋、名物のジンギスカンや朝食までご用意していただき、至れり尽くせりの内容でした!

競馬場で体験したプログラムも盛りだくさん。
坂路コース見学をはじめ、スターター体験やウニモグがけん引するハローに乗ってダートコースを周りました。
競馬の裏側にはさまざまな仕事があり、携わる人がいるからこそ安全に公平に競馬が行われることを直接見て感じられる貴重な機会でした。

3l5a8149<坂路コースを駆け上がるうまキッズたち>
3l5a8233<ダートコースを1周>

その後は「ホッカイドウ競馬クイズ」が行われ、子どもたちは門別競馬場に更に詳しくなったようでした。

夕食前には、ホッカイドウ競馬のジョッキー8名が登場!
チーム対抗でジェスチャーゲームを実施し、はじめはジョッキーと距離感があった子ども達も徐々に打ち解け、ジンギスカンを食べ終えた後は気づいたら鬼ごっこをしていました。笑

3l5a8323

<ジョッキーの皆さんと記念撮影>

自分の持ち物やTシャツにサインをもらっている子もいました。
子ども達のコミュニケーション能力が素晴らしいです👏✨

3l5a8394<ジョッキーとのじゃんけん大会>

寝る前は焚き火を囲み、子ども達とゆっくり話すことが出来ました。
普段と違い焚き火があると、深い話が出来るのは不思議なものです。

3l5a8484
子ども達だけのテントにワクワクし過ぎて、中々寝付けない子も多く、しかも4時前に起床…。苦笑
おかげで朝調教を見ることが出来ました🏇

あっという間のキャンプでしたが、今回ご協力いただきました北海道軽種馬振興公社の皆さまをはじめ、ジョッキーの皆さんに感謝いたします。

また、来年も是非呼んで下さい!笑
私はキャンプ後しばらく疲れが取れず、体力の衰えを痛感しました…🤣

Twitter:一般社団法人umanowa

Instagram:一般社団法人umanowa

Youtube:馬産地ひだかの馬房から

2023年09月18日

馬産地日高ならでは!の学校授業

今回は日高町から、こんにちは。

夏競馬も終わり、秋競馬もスタートしましたね。
北海道は朝晩はひんやりとしていますが、まだ例年になく湿度が高いです。

現在、学校で馬について学んでもらう活動を新ひだか町で行なっていますが、今回は日高町の学校授業に協力をさせていただきました。

日高町富川小学校3年生は総合的な学習の時間で「馬」について学び、10月中旬の学習発表会でまとめを発表するとのこと。
以前新ひだか町にいた先生より連絡があり、授業のコーディネートをさせていただきました。

今回見学にご協力いただいたのは、先日の京成杯AHで勝利したソウルフラッシュの故郷である下河辺牧場さんです。
打合せで初めて伺った際、牧場の規模に驚きました!
繁殖牝馬は140頭ほどおり、中期~後期育成も行なっている総合牧場です。

Dsc07558

はじめに誕生した仔馬が競走馬として送り出されるまでの映像を見せていただきました。
その後、親仔の馬を見学。
登場したのはなんと!16年桜花賞馬のアユサンでした🐴✨Dsc07544

<アユサン親仔>

間近で見る馬の大きさに、子ども達は驚いていました。
1歳と現役競走馬も見学し、馬房の外から顔を出す馬たちに草やり体験もしました。
最後に普段馬たちがトレーニングを行なっている坂路コースを、馬の気持ちになってみんなで駈け上がりました。フカフカのウッドチップは少し走りにくそうでしたが、とても楽しそうでした。
その時の様子はこちらをご覧ください👇

今回牧場内を案内して下さった下河辺隆行さんは「馬産地で暮らす子のほとんどは、生産牧場を見る機会がありません。授業をとおして、軽種馬産業にふれ興味を持ってくれたら嬉しいです。そして、その中から馬の世界を目指す子が出てきたらよいですね。」と、これからの軽種馬産業を支える人材を育てることにとても意欲的でした。
Dsc07543

<下河辺牧場・下河辺隆行さん>

授業にご協力いただき、感謝の気持ちでいっぱいです。


そして、これからも学校と軽種馬産業をつなぐ活動を続けていくくとが、自分の出来ることであり使命だなと感じる今日この頃です。

Twitter:一般社団法人umanowa

Instagram:一般社団法人umanowa

Youtube:馬産地ひだかの馬房から

2023年09月11日

うまカルフェスin新ひだか①

新ひだか町から、こんにちは。

以前ご紹介しましたが、現在は新ひだか町主催「うまカルフェスin新ひだか」という、馬のイベントの準備に追われています。

チラシとポスターが地方競馬や中央競馬(中山・東京・阪神)に設置されています。是非お手にとってご覧下さい!

Umacul_flyer_front

Umacul_flyer_back
うまレターさんにも広告が掲載されております(8・9月号)
おそらく10月号にも掲載されます!

Yahoo!ニュースでも取り上げていただきました。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b63dede90f8ecfd5a024bbafab0d8293065fa693

ゲストの方をはじめ馬たちが本当に豪華とお伝えしましたが、9月中旬には各プログラムの詳細が新ひだか町のHPに公開されるのでこまめにチェックしていただけたらと思います。

Twitter:一般社団法人umanowa

Instagram:一般社団法人umanowa

Youtube:馬産地ひだかの馬房から

2023年09月04日

ひだかフェアに参加しました!

札幌競馬場から、こんにちは。

札幌競馬最終週はひだかフェアに出店させていただきました🏇✨

出店が決まったのが実は火曜日で、そこからバタバタと準備に追われ…。
日高振興局の皆さんのサポートもあり、umanowaとしての初出店が何とか実現できました。

ひだかフェア初日ーー
開門直後から「ひだかファン」の皆さまが沢山訪れて下さいました!
沢山用意したお守りが初日であっという間に、残り数個になってしまいました💦

S__20774934
今回はグッズの販売というよりは、普段umanowaショップをご利用いただいた皆さまに直接お礼を伝えることが目的でした。
東京から千葉から名古屋から…と、メロディーレーンTシャツを着用してフェアにわざわざ来て下さったのは本当に嬉しかったです!
ありがとうございました。

S__20774931

<Tシャツをアレンジして、オシャレな着こなしを見せてくれたファンも!>


2日目もお昼前には各町の人気商品が売り切れてしまっていました。
競馬ファンの皆さまにとって、馬産地日高は特別な場所なのだとイベントを通して体感しました。

メロディーレーンはレース結果は及ばずでしたが、パドックではファンの皆さんから小さな歓声が上がっていました!
久しぶりに元気な姿を見れて、無事に完走してくれて本当によかったです🐴✨

S__20774935
1年に数回はこのようなイベントにこれからも出店して、皆さまに会いに行けたらなぁと思っています。
次回は10月に大井競馬場に行く予定です。
今からとても楽しみです!

Twitter:一般社団法人umanowa

Instagram:一般社団法人umanowa

Youtube:馬産地ひだかの馬房から

2023年08月28日

慌ただしい日々

新ひだか町から、こんにちは。

現在非常に慌ただしい毎日を過ごしています。
新ひだか町主催「うまカルフェスin新ひだか」という、馬のイベントの準備に携わっています。

チラシとポスターがやっと完成し、現在うまレターをはじめ全国の競馬場などに設置していただいています。

Umacul_flyer_front

チラシのイラストは🛴(キックボード)さんが描いてくれました!
朝から夕方まで、イベントが盛りだくさんなので賑やかな「馬の文化祭」をイメージして作成しました。

Umacul_flyer_back ゲストの方をはじめ馬たちが本当に豪華です🐴✨
このイベントを通して、さまざまな馬文化に触れていただけたら嬉しいです。

詳細はこれから順次ご紹介していきます。

Twitter:一般社団法人umanowa

Instagram:一般社団法人umanowa

Youtube:馬産地ひだかの馬房から

2023年08月21日

たまには馬以外のことも…

新ひだか町から、こんにちは。
北海道の夏には、もうクーラーが必須なくらい寝苦しい夜が続いております。

ちなみに我が家にはもちろんクーラーなどはなく…、夜中に何度も起きてしまいます。

涼しい日高の夏はどこへ行ってしまったのでしょうか。
放牧地にいる馬たちも木陰の下にいる風景をよく目にします。

今回は馬とは全く関係のないことではございますが、1日だけ夏らしい遊びをしてきました!

Unnamed

小型船に乗って、海を満喫してきました✨
シークルーズは実は初めての経験です。

小樽マリーナから出発し、ウニなどの海産物で有名な積丹・美国方面へ行ってきました。

Unnamed_1

海から見える景色と、思った以上の船の揺れにずっと興奮しっぱなしでした。
そして、日焼け止めの塗りが足りなかったらしく、ガツンと日焼けというかヤケドをしてしまい…。
数日後から皮が剥けてきてしまいました💦
歳をとってからこんなに日焼けしてしまったことを反省。

シークルーズの後は、海水浴場に行き数年ぶりに海で泳ぎました。
子どもの頃は感じなかったのですが、海で泳ぐと体がすっきりします。
浄化されるような感覚です。

毎年海水浴をしたい!という、ささやかな目標が出来ました。
日々の仕事に追われていると、ささやかなことを実現させることが尊く大切だなと感じる今日この頃です。

Unnamed_3

Twitter:一般社団法人umanowa

Instagram:一般社団法人umanowa

Youtube:馬産地ひだかの馬房から

2023年08月14日

Youtube動画、是非ご覧ください

新ひだか町から、こんにちは。
毎日が暑すぎて北海道の夏とは思えないくらいの猛暑が続いております。

先日のタイトルホルダーと子ども達が対面するイベントについて、SNS上で多くの方たちからの反響が沢山あり驚きました。

3l5a7296_2

特に多かったのは、
「日高の小学生になりたい!」
という反応でした。笑

他には・・・・・・
「気持ちは小学生なのだけど」
「生まれ変わったら日高の小学生になりたい!」など、読んでいていてクスッと笑ってしまいました。(笑ってしまいゴメンナサイ)

馬産地日高で子ども達が馬について学ぶ活動が、周知されてきたなぁと感じる事が増えて嬉しい限りです。
いつも活動に協力して下さる軽種馬関係者さまをはじめ、応援して下さるファンの皆様に感謝いたします。

そのイベントの様子が弊社YoutubeとHBC競馬部Youtubeで公開されています👇


YouTube: タイトルホルダーに会いに行こう!2023.07.31

HBC競馬部さんはいつも取材に来て下さり、活動を客観的に見る事が出来て大変貴重です✨


YouTube: 【最新】タイトルホルダー情報!岡田牧雄代表「〇〇を勝ったら引退する」

イベントの様子はもちろんなのですが、向かう道中の車内での子ども達のクイズが難しくて面白いのです。
ひだかうまキッズ探検隊実施の際の車内も、いつもこのような感じです。笑

これから秋にかけて、イベントが多く忙しい時期でもあります。
毎回安全に楽しく終える事が出来るよう、準備をしっかりと行なっていきたいと思います💪

Twitter:一般社団法人umanowa

Instagram:一般社団法人umanowa

Youtube:馬産地ひだかの馬房から

2023年08月07日

夏休みの思い出は、タイトルホルダー!

新ひだか町から、こんにちは。
先日初めて自主企画事業を実施しました。

その企画は…なんと!
「タイトルホルダーに会いに行こう!🐴」です。

Photo
初めての企画にも関わらず、豪華な内容だったのでSNSでの告知を見た方はビックリされたことと思います。
夏休みの忘れられない思い出になればと思い、岡田スタッドグループ様にご協力をお願いしました。

無事に出来るかどうか、子ども達が喜んでくれるのかどうか・・・。
新ひだか町教育委員会主催のひだかうまキッズ探検隊の時に感じる緊張とはまた少し違ったドキドキがありました。

今回は日高管内から17名の子ども達が参加。
自己紹介の際に好きな馬もしくは食べ物を教えてもらったのですが、タイトルホルダー以外にも下記の馬名が。
ディーマジェスティー
イクイノックス
フランケル
スペシャルウィーク
シュヴァルグラン など
毎週の競馬チェックはもちろん、新種牡馬のチェックなどもしていそうな子ども達もいました。笑

ノルマンディーファームに到着すると、岡田牧雄氏が出迎えて下さいました。
施設見学は坂路を駆けあがるところからスタート。
しかも、岡田牧雄氏も一緒になって走ってくれました(途中までですが)。
一生見ることが出来ない光景だなぁ…、と私は後ろから眺めていました。笑
子ども達の体力は凄まじいものがあり、坂路の途中からではありましたが頂上まで一気に駆けあがる子もいました。
気分はまさに競走馬(育成馬)です🏇✨

3l5a7156

その後、念願のタイトルホルダーとご対面。
以前撮影した際に洗い場にいると大人しかったこともあり、洗い場で見学をしました。

3l5a7224
タイトルホルダーが1歳の時から調教を担当している福井さんが、子ども達に特徴について沢山お話しして下さいました。
一昨年戻って来た時に比べると、馬自体が柔らかくなっているとのこと。特徴的な顔の模様も、子ども達は間近で観察しスケッチしました。

その後、タイトルホルダーはウォーキングやポーズも堂々と披露!
一昨年よりかなり落ち着いていたので、精神的な成長面も垣間見ることが出来ました。

3l5a7273

(軸とか色々のツッコミはご容赦願います…🙇)

最後は記念撮影📷✨
後ろに憧れのG1馬がいるとなると、気になって仕方なかったと思います。
現役のタイトルホルダーに次はいつ会えるか分からないですが、次走の応援に今まで以上に力が入るに違いありません。3l5a7296_2

実は、タイトルホルダー以外にも色々な馬に会わせていただきました。
最後に岡田スタッドに移動し、サウンドトゥルーとご対面🐴✨
弊社がどうしても子ども達に会って欲しかった馬でもあります。

3l5a7346

イベントの様子はYoutubeで公開予定ですが、サウンドトゥルーのことを話す牧雄さんの言葉が印象的でした。
人が大好きで、ちょっぴり淋しがりのサウンドトゥルー。
子ども達はしばしの間、馬とのふれあいを楽しんでいました。3l5a7402

あっという間に終わったイベントでしたが、子ども達にとって忘れられない夏休みの思い出になってくれればと思います。
そして、軽種馬産業はもちろんですが、馬自体を身近に感じ好きになるイベントをいずれは全国の子ども達向けに実施出来たらと思います。

関係機関の協力があってこそ実現できる企画です。
保護者の皆さまのご協力も感謝いたします。
そして、今回の企画をSNSで広めていただいた競馬ファンの皆さまにも感謝いたします。

猛暑が続いておりますので、夏バテや夏風邪にはお気を付けください🎐🍧

Twitter:一般社団法人umanowa

Instagram:一般社団法人umanowa

Youtube:馬産地ひだかの馬房から

2023年07月31日

メロディーレーンTシャツ販売中です

新ひだか町から、こんにちは。

7月30日(日)12:00よりメロディーレーンTシャツを販売しております。
メロディーレーンTシャツ【LA COETコラボ】 | umanowa

P7286032
通常Tシャツを作る時は、既製のTシャツにプリントするのが主流ですが、オンリーワンのオリジナルを作ってみたかったので一からTシャツをつくりました。

福岡の馬が大好きなアパレルLA COETさんにお願いして、生地の厚さ襟・袖・身幅など細かい部分を相談して決めました

今回のイラストも🛴さんにお願いしました。
いつも素敵なイラストを描いて下さるので、デザイン案を見るのがいつも楽しみです。
競馬場ではもちろんなのですが、普段の生活でもさりげなく着用していただきたかったのでイラストデザインもシンプルなものにしました。

Dsc07084
今週末の札幌日経OPは出走はまだ確定しておりませんが、出走になった際には現地に応援に行きたいと思っています。
そして、Tシャツを着ている人がどのくらいいるかチェックするのが今からとても楽しみです!

Dsc02103
猛暑が続いておりますが、皆さん夏バテにはお気を付けて競馬を夏を!楽しんで下さいね。

Twitter:一般社団法人umanowa

Instagram:一般社団法人umanowa

Youtube:馬産地ひだかの馬房から

2023年07月24日

元気でね、マイネルスケルツィ

新ひだか町から、こんにちは。

以前に何度か記事で書いたマイネルスケルツィ。
マイネルスケルツィに会いに | 糸井いくみ | 競馬女子部 (jbis.or.jp)

マイネルスケルツィに会いに② | 糸井いくみ | 競馬女子部 (jbis.or.jp)


7月22日(土)の早朝に亡くなったと、マオイホースパークさんから連絡がありました。
突然の訃報に驚きましたし、今もまだ放牧地にいるような気がしてなりません。

前日までは普段と変わらず元気に過ごしていたとのこと。
夜9時に一度馬房を見に行った時は、馬房でのんびり過ごすいつものスケルツィがあったそうです。
翌朝に厩舎の扉を開け作業を行なおうとしたところ、馬房で横たわるスケルツィの姿が・・・。
馬房内で苦しんだ形跡もなかったので、本当に突然のお別れだったようです。

Twitterにスケルツィの訃報を載せたところ、多くの方々から別れを惜しむメッセージが届きました。


本当に沢山のファンの皆さんに愛された馬だったのだな・・・と実感しました。

食に割とうるさかったスケルツィでしたが、食べるのはマイペース。
ビートパルプが最近の好物だったようです。
ビートパルプを他の馬たちに給餌する際、馬房からアピールするスケルツィの顔が見られないことが一番淋しいとマオイのスタッフさんは話していました。

お空で大好物のビートパルプを食べて、のんびりと過ごしてね。

Dsc06053

Twitter:一般社団法人umanowa

Instagram:一般社団法人umanowa

Youtube:馬産地ひだかの馬房から

2023年07月17日

ミックファイア号、優勝おめでとう!

新ひだか町から、こんにちは。
先日大井競馬場で行なわれたジャパンダートダービー🏇
本当に感動しました!!!
ミックファイア号、優勝おめでとうございます🐴✨

ミックファイアは、新ひだか町豊畑の高橋ファームの生産馬。
新ひだか町に住んでいるので、やはり新ひだか町産駒の優勝は嬉しいものです。

翌日、高橋ファームさんに取材に伺いました。
まだ記事は編集中なのですが、とっても内容の濃い取材となりました。
従業員の皆さんは外国人の方がほとんどです。
言葉の壁はあるとのことですが、自分たちから自主的に動いて作業をしてくれるのでとても助かると、高橋ファーム高橋政弘代表はおっしゃっていました。

ジャパンダートダービーの当日も従業員の皆さんは事務所のTVでミックファイアを応援していたとのこと。ゴール後は、スタッフの皆さんがそれぞれの母国のお祝いの踊りを踊って大盛り上がりだったそうです。

F052grakaiewyx

送って頂いた写真からも、皆さんの仲の良さが伝わってきます。

「今はまずゆっくりと休んでもらって、中央競馬の古馬たちにどこまで通用するかは分かりませんが“ダートと言えばミックファイア!”と言われるような馬になっていってほしいですね。」と高橋政弘代表は今後の夢を語ってくださいました。

これからはチャレンジャーとして、また圧倒的な走りを見せてほしいです!

Twitter:一般社団法人umanowa

Instagram:一般社団法人umanowa

Youtube:馬産地ひだかの馬房から

2023年07月10日

マフラータオル完売御礼!

新ひだか町から、こんにちは。
先週末に販売したパンサラッサマフラータオル ステッカーSETは、無事に完売いたしました。

01

画像はパンサラッサの母、ミスペンバリー母さんです!
撮影協力いただきました、木村秀則牧場さまありがとうございました。

10

この言葉に決まるまで、かなり悩みました・・・


沢山の皆様にご購入いただき、感謝の気持ちでいっぱいです!
競馬場で首にかけている人をお見かけしたら、思わず声をかけてしまいそうです。笑

週末は何人もの方たちに発送のお手伝いをお願いして、何とか発送作業を終えることが出来ました。仕事をしていると「一人では本当に何も出来ないのだな・・・」と、いつも実感します。そして誰かと一緒にお仕事をするというのは、更に仕事が楽しくなる瞬間でもあります。

これからも馬から繋がる人とのご縁を楽しみに、また新たな事に挑戦していきたいと思います。

7月末~8月上旬のあいだにまた新商品を発売する予定です。
また詳細が決定しましたら、告知したいと思います。
楽しみにしていて下さいね!

Twitter:一般社団法人umanowa

Instagram:一般社団法人umanowa

Youtube:馬産地ひだかの馬房から

2023年06月26日

ひだかうまキッズ探検隊1回目

新ひだか町から、こんにちは。

週末はひだかうまキッズ探検隊の1回目でした。
毎年うまキッズの初回は、新ひだか町の町有施設であるライディングヒルズ静内で行ないます。

今回は馬とのコミュニケーションをより楽しめるよう、バライティに富んだコースを馬に乗って歩くプログラムをスタッフさんが考えて下さいました。

Dsc06749
常歩で発進・停止、スラロームや細い直線を歩き、輪投げとシュートに挑戦するコースです。

新ひだか町で暮らす子ども達は、幼稚園や保育園の頃に曳き馬を一度は体験をしている子たちがほとんど。
現在も小学校の授業で各学年が年に1度はライディングヒルズ静内を訪れ、馬に関する授業を受けてます。
馬産地だから馬に乗れる子が多いのでは…?と思う方が多いかもしれませんが、日高管内の乗馬人口は年々減ってきているように思います。
だからこそ、今回は馬に乗る楽しさを子ども達が感じてくれたらという思いもありました。

今回登場したのは3頭のポニー

Dsc06745 七一郎🐴

Dsc06747ビワハヤヒコ🐴

Dsc06746 チョコタン🐴


先日場内に設置された看板にも描かれています。
まさにライディングヒルズ静内の“顔”です!

Dsc06791

コースを1人2周したのですが、途中で1人で馬を操作する子も。
馬上での子ども達の表情は、いつにも増してキラキラ輝いていました。

乗馬体験の後は、感謝の気持ちを込めて馬たちの手入れをしました。
子ども達に色々なところを触られても、微動だにせず穏やかな表情のポニーたち。
お腹に耳を当てて、お腹の音を聴いている子ども達もいました。

Unnamed_7

馬とのふれあいの時間は、子ども達にとって癒しの時間になったのではないかなと思います。

「ずっとここにいたいなぁ…。」
「また馬に乗りたいなぁ…。」
と言っている子もいて、とても嬉しい気持ちになりました。

これからの探検を通して、馬との色々な関わり方を自分たちで見つけてほしいなと思います。

Dsc06798

Twitter:一般社団法人umanowa

Instagram:一般社団法人umanowa

Youtube:馬産地ひだかの馬房から

2023年06月19日

札幌まちばしゃ、スタートです!

今回は札幌から、こんにちは。

いつも記事は馬産地日高のことが中心ですが、最近出会った素敵な重種馬を今回は紹介したいと思います。
6/20(火)より、札幌中心部での馬車をひくことになったキタノダイナミック号こと「ダイちゃん」です🐴

Dsc06574
ダイちゃんはばんえい競馬で活躍していた重種馬。
現在は株式会社SSSスリーエスさんで繋養されており、毎日訓練に励んでいます。
食いしん坊でとっても穏やかな馬です。
普段は江別の牧場で「こきんた」というどさんこと2頭で仲良く過ごしています。

Unnamed_17

御者(馬車を操作する)の石川さんは、かつては重種馬の生産牧場を営んでいました。
現在は趣味?でポニーやどさんこを育て調教を行なっており、北海道開拓の村での御者としても活躍しています。
お話し好きで、とても楽しい方です。(画像のお顔が切れてしまい、ゴメンナサイ💦)

Unnamed_18

6/12(月)に馬車の試走を行なうとのことで、実際に乗せていただきました。
札幌ファクトリー赤レンガ前をスタートし、ホテルニューオータニが面する道路を大通り公園へ向かって進んでいきます。
そして、二条市場前を通過し、石狩街道からスタート地点まで戻る約80分ほどのコースです。

馬車は9名乗りで屋根も付いていますので、雨の心配もありません。
道中は街中を歩く方たちが「可愛い〜!」と声援を送ったり、スマホを向ける方も沢山いらっしゃいました。

Dsc06584
6月中はキャンペーン価格で乗車出来ますので、機会がございましたら是非ダイちゃんに会いに行って下さいね!

株式会社SSS(スリーエス)


試走の様子が「うまレターネットで牧場見学」にアップされています。
こちらも是非ご覧下さい👇


YouTube: 札幌まちばしゃ~キタノダイナミック(だいちゃん)

現在は馬車の車体もリニューアルされ、更に素敵な馬車になっています!

Twitter:一般社団法人umanowa

Instagram:一般社団法人umanowa

Youtube:馬産地ひだかの馬房から

2023年06月05日

うまキッズとの顔合わせ

新ひだか町から、こんにちは。
今年度もひだかうまキッズ探検隊がスタートします🐴

2023a5

今年で7年目となる新ひだか町主催のこの事業。
地域おこし協力隊として新ひだか町に来て、ふと思いついた事業がここまで続いたのに正直自分でも驚いています。

今年度から小学校が6校から4校に減り、年々少子化を感じております。
そんな中で今年は18名の子ども達が集まってくれました。

3l5a5946

毎年楽しみにしているのが、子ども達の描く名札です。
馬はもちろん自分の好きなものを楽しそうに描く子ども達の姿が、とっても可愛いのです!
この子達とこれからどんな思い出が作れるのかな・・・と、ワクワクしてきます。

3l5a5890

そして、初年度より子ども達にバインダーをプレゼントして下さっているのがAEON静内店さんです。
軽種馬関係機関はもちろんなのですが、地元企業も協力して下さっています。
余談ではありますが、今年は緑色のバインダーが人気でした。

第1回目の探検は6月下旬です。
今年もまたYoutubeなどに探検の様子を配信しますので、是非ご覧下さい。

Twitter:一般社団法人umanowa

Instagram:一般社団法人umanowa

Youtube:馬産地ひだかの馬房から

2023年05月29日

G1馬の休息

新ひだか町から、こんにちは。
うまレターネットで牧場見学にて、現在休養中のタイトルホルダーが公開されています🐴


YouTube: タイトルホルダー~北海道で休養中

岡田スタッド代表岡田牧雄氏をはじめ、ノルマンディーファームの皆様のご理解とご協力によって公開することが出来ました。

今回の動画を撮影するにあたって、しばらくの間悩みました。

天皇賞・春での競走中止
今回の東京優駿での出来事
ファンの皆さんに近況を伝えたい気持ち
タイトルホルダー陣営の皆さんの思い

色々な方の思いや受け取り方を考えると、動画を発信してよいものなのかどうかと考えてしまいました。
発信したものに対して、それを見た人全てが同じように捉えることなどありません。
私自身気持ちが揺らぐことが多いので「何を伝えたいのか」が途中でブレテしまい、何度も迷いながら編集しました。

ファンの皆さんが知っているタイトルホルダーは、競馬場で懸命に走る姿。
だからこそ、故郷に戻り日高の大自然の中でのんびり過ごすありのままの見ていただきたいと思い編集しました。

Unnamed
通常育成場での放牧は、サンシャインパドック(小さな放牧地)で行なわれます。
「サラブレッドは心身共に繊細な生き物だから、ストレスが多い。1年に1回くらいは昼夜放牧で一度リセットして、立て直す必要がある。」と岡田牧雄氏は取材の際によく話しています。
軽種馬関係者の中には、このように広い放牧地で現役馬を放牧することに驚かれる方もいると思います。

Unnamed_1
“強い馬づくり”の正解が何かは携わっていない故に分からないのですが、“強い馬をつくる”上での1つの方法なのだろうと思います。

現在育成場のスタッフの皆さんは、いつも以上に大変な部分もあるかと思います。
しかし、タイトルホルダーはあまり物事に動じず、放牧地でもどっしりとしているとのことです。

現在、育成場には馬主様やクラブ所有の2歳馬をはじめ、現役馬や休養馬など何十頭もの馬たちが過ごしています。
一般見学は行なっておりません。
ですので、タイトルホルダー補給は動画で是非して下さいね!

Unnamed_2
またタイミングがあえば、タイトルホルダーの近況をお知らせ出来たらと思います。

Twitter:一般社団法人umanowa

Instagram:一般社団法人umanowa

Youtube:馬産地ひだかの馬房から

2023年05月22日

マイネルスケルツィに会いに②

今回は長沼町から、こんにちは。
以前何度かブログに書いたマイネルスケルツィに、久しぶりに会いに行ってきました🐴✨

Dsc06057
「相変わらず元気にしているなぁ~!」と思ったのですが、今年2月頃にマイネルスケルツィが大変な日々を過ごしていたと聞いてビックリしてしまいました。

2月に内腿に血腫が出来てしまい、取り除くオペを行ないました。
血腫の量も多く、相当痛みもあったようです。
除去後に今度は反対の肢の蹄の状態が悪くなり、動き回ることが出来ず大変だったとのこと。

それでも生命力が強かったのでしょう、現在は速歩の時に跛行が見られることもありますが、日中は1頭で放牧されてリハビリに励んでいます。

「結構気が強いタイプなので、本調子になるまではしばらくは1頭でのんびり過ごしてもらいます。」とのこと。
すぐ横の放牧地にいる他の馬たちを、ずっと見つめていました。

Dsc06056
「食べるものの好き嫌いがハッキリしているのですが、がっつく感じではないんです。でも、案外食べるのはゆっくり(遅い…?!)なんですよね。」とスタッフさんはマイネルスケルツィの独特なこだわりに対して苦笑いしてました。

Dsc06053
王子様?おぼっちゃま?気質な馬なのかもしれませんね。
以前に比べると少しおっとりした気がしますが、相変わらずのイケメンです。

昨年マオイホースパークに移動してから、沢山のファンの方々が会いに来て下さったそう。

今年で20歳ーー。
まだまだ馬生をゆっくり楽しんでほしいので、これからもマイペースを貫きながらも無茶せずにのんびり過ごしてほしいです。

Dsc06054

Twitter:一般社団法人umanowa

Instagram:一般社団法人umanowa

Youtube:馬産地ひだかの馬房から

2023年05月15日

サウンドトゥルーお誕生日おめでとう!

新ひだか町から、こんにちは。
馬産地の放牧地は親仔の姿があちこちで見られる季節となりました。

5月15日にサウンドトゥルーが13歳のお誕生日を迎えました。

Dsc06020

ファンの方々からプレゼントが届いたので早速お披露目!
…したのですが、サウンドトゥルーは陽気で人懐っこいところもありますが、かなり繊細で大げさに驚くところがあり。(そこが彼のチャームポイントでもあります)

Dsc06000
生牧草の箱を見てビクっとし、次はダンボールの匂いに驚いて…となかなか慎重でした。汗
急遽スタッフさんにお手伝いしていただき、やっと草だと認識するとダンボールに顔を突っ込んでほおばっていました。

Dsc06007

岩塩のプレゼントにも、慎重に慎重を重ね近づいていき…。
岩塩の味に目覚めたのは、夕方過ぎた頃だったそうです。

Dsc06014
2年前にサウンドトゥルーが帰ってきてから、彼の明るさに救われることが多々ありました。人を見つけると駆け寄ってきたり、リアクションが大袈裟だったり、食いしん坊で太りやすかったり。
全てが思わずクスッと笑ってしまう、マイネルダビテとはまた違った存在です。

これからも沢山の人を笑顔にしてくれる存在でいてほしいです。
そして、いつまでも元気に!

Dsc05419
いつも沢山の幸せを与えてくれて、本当にありがとう。

Twitter:一般社団法人umanowa

Instagram:一般社団法人umanowa

Youtube:馬産地ひだかの馬房から

2023年05月08日

馬の絵本にハマるGW

新ひだか町から、こんにちは。
前回も馬の絵本のお話しについて書いたのですが、連休中は何冊か絵本を購入し読んでいました。
ハマるととことんハマるタイプです。

前回の馬を洗って・・・に続いて購入したのがこちら👇

Unnamed

「ホシコ――星をもつ馬」
加藤多一 文
早川重章 絵

名前から何となく想像つくかもしれませんが、流星が星のカタチをした馬のおはなしです。
戦争で失われた命の中には、馬の命もあります。
多一さんの書物は戦争について書かれたものが多いのですが、還ってくることのなかった馬についてもどうしても書き残しておきたかったとのこと。

もうひとつは、こちら👇

Unnamed_1

「はるふぶき」
加藤多一 文
小林豊 絵

こちらは他書に比べると絵の割合が多く、森の中を馬が橇を曳く描写が躍動感に溢れています。
それでも1行だけ、伝えたい事を盛り込んでいるのが多一さんらしいなと私は感じました。

どの絵本も最後のページ上にある言葉たちは数少なめですが、存在感がありすぎてしばしボォーっと思いを巡らせることが多かったです。

絵本を読むということは、答えを探すのではなく「想像」を膨らませていく作業なのだなとあらためて感じたGWでした。

Twitter:一般社団法人umanowa

Instagram:一般社団法人umanowa

Youtube:馬産地ひだかの馬房から

2023年05月01日

馬を洗って・・・との出会い

新ひだか町から、こんにちは。
皆さん、GWを楽しんでいらっしゃいますか?
北海道はやっと「ポカポカ日和だなぁ~」と日中に感じるようになりました。

現在は溜め込んでいた仕事を慌ててやっているところですが、素敵な本との出会いがあり仕事をする手が止まってしまいました。
その本がこちら👇

S__17285147
馬を洗って・・・
加藤多一 文
池田良二 版画

先日他界した加藤多一さんの本ですが、友人の父でもあります。
直接お会いしたことはないのですが、最近周りの人から多一さんの著書をいただく機会が立て続けにあり、これは私にとって読むべきタイミングなのだと言われている気がしてページをめくりました。

多一さんの馬と兄の記憶、
昔の人達の馬との生活、
戦争、

最終章の3行は、読み返す毎にその時によって感じ方が変わる魔法がかかった3行です。
他のページも使う言葉や表現は少なめでシンプルなのに、的確。
ひらがなの使い方も絶妙な余白があり、久しぶりにガツンとくる本でした。

これから少しずつ他書も読み進めたいです。

今回の天皇賞・春は現地観戦に行ったので書きたかったのですが、何を書いたらよいか整理がつかないのでまた違う機会に振り返りたいと思います。
タイトルホルダーという馬は競走馬としてはもちろんのこと、種牡馬としても軽種馬関係者の期待を背負う存在なのだと実感しました。

また元気なタイトルホルダーに会える日を待ち続けたいなと思います。

S__17285148

Twitter:一般社団法人umanowa

Instagram:一般社団法人umanowa

Youtube:馬産地ひだかの馬房から

2023年04月24日

しずない桜まつり

新ひだか町から、こんにちは。
第60回しずない桜まつりが4月24日(月)からはじまりました🌸
その様子をお伝えしたく、ブログの更新が遅くなったことをお許しください。

今回は60回目ということもあり、今までに無かった様々なイベントが、桜まつり期間中に行なわれています。
その中の1つ、桜のトンネル会場でのポニーふれあいのお手伝いをしてきました。

Dsc05855
4/25・26(雨で中止)・29・30日の10:00~15:00まで、チェリーフィールズさんのポニーが皆さんをお出迎えしております。
・リンゴ15歳(牝)

Dsc05850

・マリア14歳(牝)

Dsc05835

4/25のふれあい初日は先着50名で用意したにんじんカップは1時間以内に売り切れ、来場者の方々はポニーの「にんじん、ちょーだい!」の愛くるしい顔にノックアウトされていました。笑

11:30からと13:30からの30分間はポニーと桜の撮影会を行ないました🐴✨
桜をバックに馬と撮った写真は、馬産地での貴重な思い出になりますね。
皆さんの笑顔がとっても素敵でした!

会場内を少しだけ歩いてみると、ちょうど高所作業車に乗る体験イベントが行なわれていましたのでチャレンジすることにしました。
実は、わたくし高所恐怖症でして・・・💦
景色を楽しむというよりは、ひたすらカメラに集中して「もっと高く上がれますよ!」の係員さんの一声に「もう降ります」と即答してしまいました。苦笑

Dsc05881
このイベントは24・25日のみだったので、是非来年もやってほしいなと思いました。

今週は天候が悪い日も多く、おそらく今週末で桜シーズンはほぼ終わりではないかなと思います。
馬産地の春を体感できた1日でした🌸⛰✨

Dsc05878

Twitter:一般社団法人umanowa

Instagram:一般社団法人umanowa

Youtube:馬産地ひだかの馬房から

2023年04月17日

新ひだか町の馬(ば)えスポット!

新ひだか町から、こんにちは。
今年の桜の開花は、例年に比べると1週間以上早いです!
札幌はすでにあちこちで開花しています🌸
それなのに10℃を下回る寒さは、体にこたえます。

新ひだか町の二十間道路桜並木を車で走ってみましたが、蕾がだいぶ大きくなっており今週末には開花しそうです。

01
今年のしずない桜まつりは、4/23(月)〜30(日)です。
毎年渋滞になりますので、いらっしゃる方は安全運転でお越しください🚗💨

第60回しずない桜まつり

ご紹介が遅くなってしまいましたが、新ひだか町に新たな馬(ば)えスポットが先月完成しました!
株式会社出口組土場(静内神森、国道71号線)の前に、全長66m・高さ3mの巨大で長〜い馬のイラスト。

Dsc05445
このイラストを描いたのは、新ひだか町サポート大使でもあるおがわじゅりさん。

「以前は童話の中に出てくるキャラクターのイラストでしたが、やはり馬産地なので馬を目当てに訪れる方や町民の皆さんに喜んでほしいと思いました。馬の親仔や放牧地で馬の群れが過ごす様子など、馬産地で見られる何気ない風景を盛り込んだのがこだわりです。」と出口直沖代表。

Dsc05438
見に行かれた際には、このイラスト内に馬が何頭いるか是非数えてみて下さいね🐴🐴✨

ご覧いただく場合は、道路向かいにある神森会館(静内神森58-1)に駐車可能ですのでご利用ください。

Twitter:一般社団法人umanowa

Instagram:一般社団法人umanowa

Youtube:馬産地ひだかの馬房から

2023年04月10日

静農の仔馬が生まれました!

新ひだか町から、こんにちは。
いよいよクラシックがスタートしましたね。
今年の3歳馬の活躍が楽しみです!
そして、サンタアニタダービーに出走したマンダリンヒーローの走りにしびれました🏇✨
地方馬の今後の活躍も目が離せないです。

4月2日(日)に北海道静内農業高等学校のナリタトップスターの23(牡・鹿毛、父:アニマルキングダム)が無事に生まれました🐴✨
予定日からは3日ほど遅れましたが、母子ともに健康です。
Dsc05734
撮影に行った日はあいにくの雨でしたが、馬房の中で母馬に見守られながら、のんびりと過ごしていました。
しばらくすると立ち上がり、乳を飲んだり母馬のまわりをぴょこぴょこと動きまわり元気いっぱいに過ごす姿が何とも愛らしかったです。

Dsc05738
これから主に2年生が中心となって繁殖について学びながら、お世話をしていくことになります。
今はサンシャインパドックへ放牧の際に、仔馬の保持の仕方を先生に教えてもらいながら放牧を行なっているそう。
「仔馬が人を信頼し良い関係を築いていけるよう、お世話をしていきたい」と生徒たちは仔馬の誕生をとても喜んでいました。

Dsc05755
仔馬と生徒のこれからの成長が楽しみです。

Twitter:一般社団法人umanowa

Instagram:一般社団法人umanowa

Youtube:馬産地ひだかの馬房から

2023年04月03日

誕生の知らせ

新ひだか町から、こんにちは。
馬産地日高もだいぶ暖かくなってきており、木々の蕾が少しずつ膨らみはじめています。

今時期の生産牧場は出産シーズンの真っ只中。
サンシャインパドックや放牧地で親仔が見られるようになりました。

先日、いつも取材に協力いただいている岡田スタッド岡田牧雄代表から「メーヴェの仔が生まれたよ。」と連絡がありました。
すでに様子を見に行った後にも関わらず、撮影にお付き合いいただきました。
いつもご協力頂き本当にありがたいです・・・。

サンシャインパドックでスヤスヤ眠っていた仔馬を起こしていただき、急いで撮影がスタート。

Fsyqoq9akaenlsl
メーヴェの23(2023.03.28生まれ)
母:メーヴェ
父:ベンバトル
「ビロードのような毛艶で、とっても立派な仔だよね」と牧雄さんもとても嬉しそうでした。

Fsyui3paaai0kon
その様子がyoutubeに公開されていますので、是非ご覧下さい👇


YouTube: メロディーレーン&タイトルホルダーの妹が生まれました!

これからも健やかに育ってくれることを願うばかりです。

Twitter:一般社団法人umanowa

Instagram:一般社団法人umanowa

Youtube:馬産地ひだかの馬房から

糸井いくみ

職種
一般社団法人umanowa(うまのわ)代表

詳細を見る

最新の記事

記事一覧

注目のコンテンツ!

  • ニコニコチャンネル
  • JBIS-Searchフォトギャラリー
  •  名馬フォトギャラリー

アーカイブ