2013年09月23日

愛馬の日。

絵に描いたような秋晴れになりました!

「絶好の馬日和!」「馬を愛でよう」「写真をいっぱい撮ろうね」と、仲良し3人組の思いはひとつ!

安平町にある社台スタリオンまでドライブへ。

そして今日は、馬全般を愛する私たちが忘れちゃいけない愛馬の日でもあります。

愛馬の日?なんすかそれは?とお思いの方はコチラ↓

日本中央競馬会の馬事公苑が、乗馬への関心を高めてもらうために1969年(昭和44年)に設けたもので、1940年(昭和15年)のこの日に、東京・世田谷区内に騎手を育成、馬術の訓練などを行なう馬事公苑が開苑したことや、動物愛護週間の中の祝日「秋分の日」にあたることからこの日としたそうです。(ウィキ調べ)

愛馬の日発祥の地となった馬事公苑では、さまざまなイベントやポニーショー、日本の伝統文化である流鏑馬などが行われたようですね。

競馬と同様に、乗馬というスポーツも、日本ではまだまだメジャーな立ち位置ではないのですが、馬に乗り、馬と戯れる楽しさを知っている私を含めた乗馬経験者たちが、もっと積極的に乗馬の良さを発信しなければと思いました。

今日行ってきた社台スタリオンでも、愛馬の日と連休最終日ということもあり、たくさんの競馬ファンが集まっていました。

見学場パドックはほんの少し模様替えをしたらしく、先日亡くなったトウカイテイオーが長く使っていた入口手前にはメイショウサムソン、その奥にタニノギムレット、2番目にはキンシャサノキセキ、その奥は変わらずクロフネ。3番目のパドックにはディープブリランテ、4番目はその父ディープインパクト、5番目にシンボリクリスエスが入っています。

相変わらずのんきに草を食みながら、気持ちのいい秋の風を楽しんでいるようでした…がっ!

Photo
ディープ父ちゃん、いきなり走る!!!!それにつられて息子ブリランテも負けじと激走!!!

ディープインパクト専属の警備員赤坂さんによると、2~3日に1度、何かを思い出したかのように、突然爆走するそうです。そうなると、隣にいるブリランテも黙ってはいません。

血の気の多い親子(?)は柵越しに競馬を始め、何度か往復した後に、父ディープ疲れてが白旗。今年も260頭以上の「仕事」をこなしたお父ちゃんは、少々お疲れ気味なのでしょうか。若き息子の勝利となるそうです。その間、ほかの父ちゃんたちは「また始まったよ」と、半ば呆れながら静観を決め込みますが、その気持ちの中に「親子で走れていいな」という思いもちょっぴりあったりして。

親子のほほえましい様子も、お天気のいい日は早朝から昼過ぎの2時まで見学することができますよ~。

思いっ切り走って遊んだあとの、穏やかな表情にも出会えます。競走馬でも、こうして2ショットに収まる環境で暮らせるのは、この父子だけかもしれませんね。(奥が息子、手前が父)

Photo_2
日本の競馬界を支えてきたサンデーサイレンス最大の後継者であるディープインパクトですが、その息子ディープブリランテも、新種牡馬としては好成績の種付け頭数となり、さすがダービー馬といったところですね。

のほほん~としていますが、あなたたちは大切な競馬界の宝なんですよ~。自覚してくださーいw

走り過ぎてケガをしないようにしてくださいね。

コメントを投稿する

絵文字を挿入

コメントは管理者が公開を承認するまで反映されませんのでご了承ください。

競馬女子部 コメント投稿規約

  • (1)コメント投稿は、ご利用者ご自身の責任において行われるものとします。ご利用者がコメント投稿した情報は、ご利用者自らがその内容について責任を負うものとします。
  • (2)公益社団法人日本軽種馬協会(以下「本協会」)はご利用者に対し、コメントの掲載内容(他のご利用者が提供する情報を含みます)についていかなる保証も負わないものとします。そのため、掲載コメントによりご利用者が被害を被ったとしても、本協会はご利用者に対して賠償する義務を一切持ちません。
  • (3)コメント投稿は、本協会が選別した上で本ブログに掲載されるものとし、必ずしも投稿のすべてが掲載されるわけではなく、また掲載されるまでにはお時間をいただきます。投稿内容の一部を本協会が編集・追記・削除した上で掲載される場合があります。
  • (4)コメント投稿が実際に掲載された場合でも、ご利用者に対する本協会からの謝礼等はございませんので予めご了承ください。

以上

上坂由香

出身地
北海道札幌市
職種
エッセイスト

詳細を見る