2013年10月29日

会員制高級スポーツクラブ

 

さて今日は、私が日頃通っている高級スポーツクラブ・・・・・・・

 

ではなくsign01馬のスイミングプールをちょっとだけ紹介ですhappy01

 

 

 

Img_4004


北馬場のスタンド前に、馬のスイミングプールがありますsnowboard

 Img_4805

ちょっとわかりにくいですが・・・・

円形プール、直線プール、馴致用のプール、ウォータートレッドミルがありますscissors

 

 

 

 

 

 

 

↓  ↓  ↓   これはウォータートレッドミルdash

285767_285173528245374_153459464_n

523473_241708319258562_185454347_n


ここで、だいたい10~15分くらい歩かせますrun

↓  ↓  ↓   直線プールsweat01

深さは3mくらい?あるらしい。。。。

Img_4005 
必死で泳いでおります・・・

Img_4809

プールに入る前と、入ったあとは、ここの洗い場で体を流しますsign03

温泉入る前に体を洗うのは、マナーですからねspa(人間界の話)

Img_4807


この日は空いていましたが、追い切り後の木曜日などは、激混みdash

ゆっくり洗ってられませんsweat02

 

Img_4806

棚には各厩舎のバケツが置いてあり、消毒液やタオルなどが置いてありますnote

お風呂屋さんみたいでしょ(笑)

 

 

Img_4808

空調も一年中適温になっていて(特に冬は温かいheart01)馬が快適に利用できるようになっていますup

プール利用馬は、脚元に不安のある馬が多いように思われがちですが、トモの強化のためや、調教だけでは絞りきれない馬、追い切り後の運動、競馬明けの運動、2歳馬の馴致など、さまざまな理由で利用されますpaper

 

ゲート練習が悪い馬などは、プール馴致することでゲートも大丈夫になる馬もいたり・・・

 

狭くて深い水に入るのは、馬も最初は恐怖だと思います。

人との信頼関係も大事になってきますsweat01

普通ではありえない環境にさらすことで、精神的に大人になることも期待できますnote

 

馴致では、ゲートくらいの幅の、水の入っていないプールを通り抜けることから始まり、慣れたところで、馬がプールに入っている状態のまま、下の方から水を入れていくんですcoldsweats01

 

しかしここでは、馬の球節あたりまでしか水を入れませんdanger

だいたい20センチくらいでしょうか・・・・

 

 

そこで慣れて、大丈夫そうなら、いきなり3mの直線プールに入れちゃうんですよsign03

 

幼児用のプールで水に慣れたら、いきなりシンクロナイズドスイミングのプールに入るようなもんですよbearing

 

けど意外とみんな泳げるんですねsmile

 

 

泳ぎがうまい馬も、下手な馬もいますけれどsweat02

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

馬はどこを撫でたら気持ちいいですか?

といった質問をよく受けますhappy02

 

 

 

馬によって、触られたくない場所はさまざまですが、ほぼ共通の気持ちいいスポットは↓

 

 

 

Img_4804

ここ ↑ (鬣の終わりあたり、き甲あたり)と・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

ここ ↓ (しっぽの付け根あたり)

 

Img_4803

自分で掻きにくいところはやはり気持ちいいんですねheart04

 

 ただ中にはお尻触られたら蹴る子もいますので、ココ触る場合は本人(本馬)の許可を得てくださいねdanger

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


なんだか毎度恒例となりました、ハミ紹介kissmark

 

 

今日はこの2つご紹介eye

 

 

 

 

Img_4810

リングビット
 一般的によく使われているので、見たことある方も多いハズsign03

主に、左右にモタれる馬、ハミ受けの良くない馬、真直性がなくフラフラしたり、まっすぐ走らない馬などに使われますdash

 

乗馬では使いませんね、使ってる人は見たことないですsweat01

真っすぐ走らせるのが大事な競走馬と、小さな回転運動を求められる乗馬では用途が違うことが理由にあると思いますhorse

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Img_4817


トライアビット

 形は似ていますが、普通の水勒ハミに、リングビットのような完全に円形のリングではなく、上が水平になっているリングがついています。

ハミ身、ハミ環とは小さなリングで繋がっているので、リングが回ることなく、棒ハミと似たような、馬の口に均等に力が加わるようになるので、行きたがる馬をリラックスさせることを期待できるハミらしいですww

私は使ったことがないですが、使った人に聞いたところ、普通のリングビットより抑えが効くようですear

 

 

 

 

 

 

 

Img_4824

下~か~ら~note   万~次~郎~note

 

 

プールで泳ぐ馬の姿なんて
なかなかお目にかかれませんけど、
中には浮き輪をしたお馬さんもいたり?(笑)Σ(゜Д゜)
いたら、写真撮りたいなヾ(´▽`*)ゝ
その馬達によって色んな効果がありそうですね。

よくパドックで北村宏騎手や松岡騎手が
騎乗する前に騎乗馬の鼻面をポンと叩いてから
騎乗するのを見かけます。
あれも馬にとっては気持ちいいでしょうね。
後、横山典騎手が返し馬行く前に
馬を落ち着かせるために馬の鬣を撫でる姿をよくみます。
どれも馬にとってはリラックス出来そうですね。

快適な環境で過ごせるのなら、馬にとっては高級スポーツクラブのようなものかもしれませんねhappy01
僕は泳げないので、プールはただの地獄ですがng
泳ぎの巧拙と走る・走らないって何か関係性があるんでしょうかね?catface
レースではさっぱり走らないのに、プール調教だけは超一流ってのも面白そう。
関係者にとっては何もありがたくないかもしれませんがsweat01

ハミ紹介、恒例企画にしていただいてありがとうございますsmile

しょうさんへ

乗る前に鼻筋をポンポンするのは、よろしくね♪( ´▽`)の挨拶、乗りながら首やお尻をポンポンするのは愛撫で、よしよし怖くないよ。や、いい子だねー。です^_^

ブログに書いた気持ちいいポイントというのは、撫でるというより、掻いてあげると気持ちいいところですね。人間も、背中かいてもらうと気持ちいいじゃないですか(≧∇≦)

虚空さんへ


そうですねぇ、プールが上手ければ走るとか、そういうのはないと思うのですが、走らないけどプールが上手な子ってのはいますね(笑)
あと、前脚だけで泳ぐ馬や、トモだけで泳ぐ馬もいます…

よく温水プールでオバちゃん達が歩いてるの見ますが、馬もプールに入るのですね。水の中は負荷がかかるので走ってるのとは又違ったトレーニングになるんでしょうね!?実際に馬のプール見てみたいな(^人^)

じゅんじさんへ

オバちゃんたちと要は同じですね(笑)
馬のプールは、流れがついているのでキツイと思いますよ((((;゚Д゚)))))))

コメントを投稿する

絵文字を挿入

コメントは管理者が公開を承認するまで反映されませんのでご了承ください。

競馬女子部 コメント投稿規約

  • (1)コメント投稿は、ご利用者ご自身の責任において行われるものとします。ご利用者がコメント投稿した情報は、ご利用者自らがその内容について責任を負うものとします。
  • (2)公益社団法人日本軽種馬協会(以下「本協会」)はご利用者に対し、コメントの掲載内容(他のご利用者が提供する情報を含みます)についていかなる保証も負わないものとします。そのため、掲載コメントによりご利用者が被害を被ったとしても、本協会はご利用者に対して賠償する義務を一切持ちません。
  • (3)コメント投稿は、本協会が選別した上で本ブログに掲載されるものとし、必ずしも投稿のすべてが掲載されるわけではなく、また掲載されるまでにはお時間をいただきます。投稿内容の一部を本協会が編集・追記・削除した上で掲載される場合があります。
  • (4)コメント投稿が実際に掲載された場合でも、ご利用者に対する本協会からの謝礼等はございませんので予めご了承ください。

以上

伊藤春菜

出身地
群馬県
職種
持ち乗り調教助手

詳細を見る

最新の記事

記事一覧

アーカイブ