2013年10月28日

持つべきは友。

昨日のメインレースは私の大好きな天皇賞・秋!

思い起こせば、初めて東京競馬場に行ったのもカンパニーの秋天だったし、2度目の府中遠征もブエナビスタの秋天と、偶然とはいえ、何だかとっても個人的に縁のあるレース。私がもしも死んでしまう時、忌の際で「あの判定は長すぎる…(パタリ)」と言いたくなるくらい、ウオッカの秋天は黒目がどこかへ行ってしまったもんだ。嗚呼、名勝負。

秋天は一流の古馬が参戦するので、日本ダービーの時に抱く母心というか、心配を通り越して口から内臓が出そうになることもないし、有馬記念みたいに、中年が時々やってしまうヤケクソ状態になることもない。

天皇賞・秋は、どこかしっとりした大人の雰囲気がするのは私だけでしょうか~。

今年の天皇賞・秋。ちょっぴりさみしいのは、いつも応援している横山典弘騎手がいないこと。オトナの事情もあるでしょうが、やっぱりコディーノに乗ってほしかった。まもなく季節が変わる。ひと冬越えて、雪解けがありますように…。

土曜日の夜。ススキノの競馬Barで、友人が企画した『競馬力向上委員会』というイベントがあり、私も行ってまいりました。

プロの予想家を招いての馬券講座とあって、会場は定員を超える大盛況。私は通称:ガソリンというビールをどんどん給油しながら走る気満々で受講していました。

そこでの総括は1番人気のジェンティルドンナ。休み明けはどうなのかなと思ったが、私も女の端くれ、紅一点で頑張る彼女を応援しないわけにはいきません。強きのジェンティル軸で決定!

へなちょこ馬券ばかりで泣いていた私も、この講座で勇気をもらい、大手を振り、ブーツの踵を鳴らしながら大股で帰宅。当たる気がするだけで、こんなに元気になるものでしょうか。

逃げ馬は来ないとトウケイヘイローを切り、血統が力強い感じのアンコイルドを強襲IN。

エイシンフラッシュの連覇があったらいいなと思いながら馬券にからめました。

最後の最後で友人が激しく押していたジャスタウェイをパドック拝見。

確かにいい感じ。昨夜も「勝つと思うんだけどなー!」と力説していたので、そうかそうかと何だか暗示にかかってしまった。買い!ジェンティル軸から旨味のある馬を数頭流して馬連や3連単はできあがりました。

そして結果はなんと!友人イチオシのジャスタウェイが優勝!しかも、2着のジェンティルに4馬身差の強い強い勝ち方!!!私の馬連馬券もギリギリの所で救われることに(涙)ありがとう!K山氏!

友だちというのは本当に心強い。こちらが黙っていても、私の何かを察して連絡をしてくれたり、いい話、ためになることを無償の愛で教えてくれる。ここで友情と愛情をくっつけて、友愛とか書いちゃうと違う話になりそうなので、それはしないでおくが、私にとって友だちはかけがえのない大切な宝物であることは確かだ。お互いの距離感をしっかり保ち、元気であることを確認しながら一緒に走れる楽しさは、友だちと呼べるひととじゃないと味わえない。たとえ放馬しても、そこで無視して何周も走らせるのではなく、「そろそろ3周目だけど?」と何周まわったか数えてあげるような、そんな間柄が理想だな。あれ、話が変な方向へ。

この友人には、日頃の感謝をこめて何かをお返ししたい気持ちもあるけれど、今の私には何にもなくてスミマセン。

Dscf1204 (ぼくたちは仲良し。互いを見守りながら同じ方向をみています)

 

 

 

今日の札幌はお天気だけど、がっかりするくらい寒い。

枯葉が盛大に舞っている。冬が来るというだけでもうヤリキレナイ。

容赦ない寒空に、人恋しくなる気持ちを抑えきれず夜間放牧(単なる飲み屋まわり)に出かけることも多くなりそうだけど、その時はこの友だちに声をかけてみよう。

「…ところで、今度のエリザベスの買い目は?」

「姉さん!たまには自分で考えてよ!」

ついうっかりこんな会話になりそうだ。

友だち関係に馬券予想のショートカット行為は審議ですね(冷や汗)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上坂さんこんばんは♪
私もジャスタくん勝っちゃうぞ!派でした。持つべき物は友達てずね。
あの末脚と言うか鬼脚は凄い!
ハーツ父さんもきっと喜んでいるかしら私も嬉しくて息子が勝った気分でおります(^-^)早速ギャロップ買いました!
そしたら上坂さんのエッセイが載ってた後でゆっくり読みまぁ~す(^-^)/

ジャスタウェイは、パドックで
ハミをカチャカチャとうるさいくらいに噛んでました。
普段のパドックでそんな仕草みせないのに
遊んでるのかと思いましたけど、
もしかしたらあれがサインだったのかも。

ハーツ産駒の初G1。
お父さんもG1なかなか勝てない善戦ホースでしたね。
初めて勝ったG1が有馬記念で、ディープ撃破。
今回、2着のジェンティルはディープ産駒。
レースは違えども、歴史は繰り返したのかな?

コメントありがとうございます。
ハーツ産駒G1初めてなんですね。
末脚が凄い仔が多くウィンバリアシオンもそうでした。ジャパンCで復帰と聞きましたが楽しみです。
ディープの仔を破って圧勝する。
馬の世界奥深いですね。

てるみさん>ジャスタ強かったですねー!びっくりしました!確かにパドックは落ち着いていて、解説のひとも「とてもいいですね!」を連発!友人の力強い押しもあって買えましたよ~。ギャロップもたまに書いておりますのでよろしくお願いします(*´-`*)

しょうさん>ジャスタのパドックはいつもより大きく見えました~。ハミカチャは気合乗りのサインだったのかもしれませんね♪父ハーツ担当の厩務員さんを知っているのですが、きっとものすごーくこの日を待っていて大喜びしていると思いますよ!ディープの仔を負かすのはハーツの仔!という構図も今後大いにありそうですね!

コメントを投稿する

絵文字を挿入

コメントは管理者が公開を承認するまで反映されませんのでご了承ください。

競馬女子部 コメント投稿規約

  • (1)コメント投稿は、ご利用者ご自身の責任において行われるものとします。ご利用者がコメント投稿した情報は、ご利用者自らがその内容について責任を負うものとします。
  • (2)公益社団法人日本軽種馬協会(以下「本協会」)はご利用者に対し、コメントの掲載内容(他のご利用者が提供する情報を含みます)についていかなる保証も負わないものとします。そのため、掲載コメントによりご利用者が被害を被ったとしても、本協会はご利用者に対して賠償する義務を一切持ちません。
  • (3)コメント投稿は、本協会が選別した上で本ブログに掲載されるものとし、必ずしも投稿のすべてが掲載されるわけではなく、また掲載されるまでにはお時間をいただきます。投稿内容の一部を本協会が編集・追記・削除した上で掲載される場合があります。
  • (4)コメント投稿が実際に掲載された場合でも、ご利用者に対する本協会からの謝礼等はございませんので予めご了承ください。

以上

上坂由香

出身地
北海道札幌市
職種
エッセイスト

詳細を見る