2014年06月23日

荒れて楽しい函館競馬。

しつこかった蝦夷梅雨も(今時エゾって!何だかな~)

函館開催を待っていたかのようにみごと晴れました!

今朝は朝晩の気温差のせいか、道南方面は深い濃霧に包まれていたとの情報もありましたが、メインの時間にはキラッキラの太陽が顔を出してくれたようです。

今日は朝から盛大に布団カバーなどの大物を洗濯して、いきなりの達成感!世界のシフは、物干し竿にリズムよく並んだ洗濯物の、風にたなびく光景をみるだけで、かなりの幸福感にひたれます。安いもんですね!

お安いといえば、ツイッターに流れる今日のメイン「函館スプリントS」の情報もそう。朝から素敵な予想が無料で満載でした。

「ストレイトガールが断然よさそうだ」

「いやいや、頭は危ないぞ」

・・・。

どっち!

毎朝、必ず何かしらをつぶやく競馬仲間のジュリーさんを発見し、ツイッターでコソコソ開始~。

Tui

相変わらず買い目の決まらない私は、半ばヤケクソで「クリスマスの複勝か…いやガルボで」と宣言!

潮風の直撃を受けた重苦しい洋芝の函館。若馬より、中堅どころからベテランに勝ってほしいシルバー舞台です。そして、こう言っちゃなんですが、忘れた頃にやって来るのが、ガルボの持ち味!!先にクリスマスとツイートしたのは、斤量が一番軽い(50kg)というだけという、まったくのテケトーちゃん。

そのテケトーと盆と正月が一緒に来てしまった函館スプリントステーーーーーークス!

何となくめずらしい『様似町生まれ』のガルボがきましたー!競馬女子部、高村さんチの馬!!やりましたね~!

マンハッタンカフェ父ちゃん、そして様似町の皆さんおめでとうございます~。

いつもいい加減な私の水晶玉は、今日に限ってガラス玉じゃなかったご様子。けれど、買っていたのはどちらも弱気な複勝という、かわいらしいオチがついております(涙)占い師に転身しようかな(小声)

実に2年ぶりの勝利で波乱を呼んだガルボ。7歳にしていい仕事をしました。

クビ差2着はローブティサージュ。そしてアタマ差でクリスマスと、3連単は87万円台の大波乱!最近どうも、荒れる競馬が楽しくってしかたがない私。高配当を手にできなくても、夢は一緒に見ることができますからね。現場にいた函館の皆さんも、さぞかしシビレたことでしょう。

私たち競馬ファンのジレンマは、1番人気はもちろん買っているから来てほしい、でも、そこをぐるりと変えて、2桁オッズも絡んでくれたらな~と夢をみます。さらにベテランが頑張って馬券になると、これもまた中年世代はうれしいもの。ガルボは一番重い58kgを背負っての勝利ですから、よく頑張った!エライ!というしかありませんね。札幌でも走ってくれるかな?待ってますよ~。

さて、危篤だった私のPATちゃんも息をふきかえし、生体反応が出たところで、先日久しぶりに遊びに行ってきたノーザンホースパークのお話を。

ごらんください、この上品なまなざし。

Wind_web

撮影:RINOT氏

日本近代競馬の結晶ディープインパクトのご聖母さまであるウインドインハーヘア。

御年23歳の彼女は、長年のママさんライフを終え、パーク内で功労馬として繋養されています。

同じパドックにいる半血種の仔馬ラッセルくんと寄り添いながら過ごす姿は母子そのもの。

馬房も一緒のようでした。

春にお腹を痛めて生んだ仔たちは、夏が過ぎると離乳の時期になり、ウインドママもディープやブラックタイドなどの仔たちを見送ってきました。それはきっと、何度経験しても慣れることはなかったと思います。

この日はいくぶんあたたかな日でした。

功労馬になっても、こころがざわめくのでしょうか。

風の様子で季節を感じ「もうじき、本格的な夏が来てしまう…」と思っているのか、何やらひどく落ち着きません。私の得意としている馬の好きな低い声で話かけても歩き続けたまま。

ラッセルは健気に、ウインドのすぐ後ろをついてゆきます。

青草をちぎってウインドに差し出すと、近寄ってきてくれました。

「大丈夫。もうこの仔とは、離れ離れにならないよ」

「安心していいんだからね」

そんな言葉をかけた時のワンショット。

鼻先をひとなで。

来月は、ウインドの暮らすパドックの前で、子どもたちと一緒に歩いたセレクトセールが行われます。自分の仔に値段がつくなんて、どんな気持ちなのだろう…と、ふと思ったりして。

「ママ、長い間ありがとうね」

馬にも感情があると思っている私は、ウインドにお礼を。

これからは、ここで、また皆さんに愛されながら、長生きしてほしいと思います。

 

由香さんこんばんは。

札幌競馬場は、何回も行ったことありますけど
函館競馬場行ったことないです(´・ω・`)
以前行った仲間からは、
朝は市場で朝御飯それから競馬場へなんて聞いてから
益々行きたくなってます。
ただ、日程が合わない(ノ_<。)

函館競馬場と言えば、芝千二の時に見える
洋服の青山が有名ですね。
あっ、全然関係ありませんね。(笑)

ウインドインハーヘア素敵な写真ですね。
こういう写真撮ってみたいもんです♪

しょうさん、こんばんは♪
私も函館競馬場はグランドオープンの日に1度だけしか行ったことがないんですよ~。また行きたいなーと思っていますが、なんせ遠くて。老犬がいまして、泊まりがなかなか難しくなっています。
今年は7月26日に札幌グランドオープンですね!
本州からも友人たちがわんさか押し寄せる予定になってます。
函館も札幌も洋芝なので、馬によっては好き嫌いがはっきりと出ますね。
それもまた競馬の楽しさかもしれません♪
ウインド、素敵でしょう。
みとれてしまいました。
会いにいってあげてくださいね!

ゆかさん!今記事よませていただきました。
兎に角てんやわんや!の1週間でした。

コメントを投稿する

絵文字を挿入

コメントは管理者が公開を承認するまで反映されませんのでご了承ください。

競馬女子部 コメント投稿規約

  • (1)コメント投稿は、ご利用者ご自身の責任において行われるものとします。ご利用者がコメント投稿した情報は、ご利用者自らがその内容について責任を負うものとします。
  • (2)公益社団法人日本軽種馬協会(以下「本協会」)はご利用者に対し、コメントの掲載内容(他のご利用者が提供する情報を含みます)についていかなる保証も負わないものとします。そのため、掲載コメントによりご利用者が被害を被ったとしても、本協会はご利用者に対して賠償する義務を一切持ちません。
  • (3)コメント投稿は、本協会が選別した上で本ブログに掲載されるものとし、必ずしも投稿のすべてが掲載されるわけではなく、また掲載されるまでにはお時間をいただきます。投稿内容の一部を本協会が編集・追記・削除した上で掲載される場合があります。
  • (4)コメント投稿が実際に掲載された場合でも、ご利用者に対する本協会からの謝礼等はございませんので予めご了承ください。

以上

上坂由香

出身地
北海道札幌市
職種
エッセイスト

詳細を見る

最新の記事

記事一覧