2015年06月23日

ボンネビルレコード

仕事柄、PC内の写真の数が増える一方なので、時々古いものから整理していますcamera

でも、どうしても馬の写真は削除しづらいbearing

ちょっとした表情の違いや、鼻を寄せてくるあの感触などなど思い出しては「うん、これはまだ取っておこう」と(笑)

血統を調べているうちに「あ、この仔のおばあちゃん、当歳時代に会ったことあったな」とか
「お兄ちゃんは華やかな毛色で目立ってたなぁ」なんて、
過去の写真をひっぱり出すことも多々。
調べているうちにどんどん時間が経ってしまったりもします。

今回はコレ。
東京競馬場に行った時に、「そういえば10年くらい前って工事中?」なんて思ってひっぱりだしました。
2005051401
2005年5月の東京競馬場flair

どこから撮ったんだっけ・・・忘れました・・・sweat02

今の時期の東京競馬場は緑いっぱいで場内の散策も楽しいですねshine

Img_3308 

さて、24日(水)は帝王賞(JpnI)shine
現在大井競馬場で誘導馬としてお仕事しているボンちゃんことボンネビルレコードは2007年のこのレースの覇者shine
2012年の東京大賞典(JpnI)をラストランに、誘導馬へ転身しましたshine

写真を見直していたら、2013年2月、とっても印象的なシーンがありましたよhappy01

雪が舞う中で誘導馬としてのおけいこしているボンちゃんshine

_mg_0971

_mg_0979 

_mg_0997 

_mg_1000

あれから2年4カ月。
今では誘導馬としても多くのファンを魅了中shine

東京プリンセス賞で、後輩女子な牝馬さんたちをしっかりエスコートするボンちゃんheart02

_mg_5830_2 

帝王賞といえば、フリオーソshine

そして、クラブ会報の取材でも関わったゴルトブリッツも思い出深いですconfidentshine

OL時代、会社が終わった後、みんなで待ち合わせてレース観戦したのも帝王賞でした。

競馬は大切にしたいいろいろな思い出を作ってくれますねshine

写真を整理する手がまた止まりそうですcoldsweats01shine

典子さん、こんばんわ。

ボンちゃんといえば的場文男。
確立されてましたからね。
馬券でもたくさんお世話になりました。(笑)

今はいつでも大井に行けばボンちゃんに会えますし
何といっても大井の主ですから(笑)

しょうさん、こんにちは。
そうですねhappy01
ボンちゃんといえば的場文男騎手shineshine
今も大井でボンちゃんに会えるのは嬉しいですね。
周回する馬を見守るように誘導馬の馬房で待機している姿もなんだかいいなぁと思いますhappy01

コメントを投稿する

絵文字を挿入

コメントは管理者が公開を承認するまで反映されませんのでご了承ください。

競馬女子部 コメント投稿規約

  • (1)コメント投稿は、ご利用者ご自身の責任において行われるものとします。ご利用者がコメント投稿した情報は、ご利用者自らがその内容について責任を負うものとします。
  • (2)公益社団法人日本軽種馬協会(以下「本協会」)はご利用者に対し、コメントの掲載内容(他のご利用者が提供する情報を含みます)についていかなる保証も負わないものとします。そのため、掲載コメントによりご利用者が被害を被ったとしても、本協会はご利用者に対して賠償する義務を一切持ちません。
  • (3)コメント投稿は、本協会が選別した上で本ブログに掲載されるものとし、必ずしも投稿のすべてが掲載されるわけではなく、また掲載されるまでにはお時間をいただきます。投稿内容の一部を本協会が編集・追記・削除した上で掲載される場合があります。
  • (4)コメント投稿が実際に掲載された場合でも、ご利用者に対する本協会からの謝礼等はございませんので予めご了承ください。

以上

阿部典子

職種
ライター&フォトグラファー

詳細を見る

アーカイブ