2015年06月01日

東京よくばりツアーゆる回顧。

とある牧場主から「あんたは立派な牧場のオカミになれる」といわれるほど、早起きが大得意の私は、当たり前のようになんなく4時頃起きて、朝イチの飛行機に乗り込みイザ東京へ。

どうしてもしなければいけないことが3つありました。

①まずは第82回日本ダービーの馬券を買う。

②競馬博物館で「伝説の騎手・前田長吉の生涯」で展示されている長吉さんの遺品に寄りそう。

③最後に世田谷の馬事公苑へ移動して愛馬トウショウシロッコに会う。

と、いう少年野球でもやらないトリプルヘッダー(息子の時1度あったが、3試合目は泣きが入った)。しかも最終便で帰るという日帰り弾丸ツアーです。そんな忙し目なことは誰もしないだろうと思っていたら、おりました。空港でスクリーンヒーローが大好きなS嬢と遭遇!「日帰り?ぷぷ!オナージ!」

にんげん、やってやれないことはないんですねー!

私は今年のダービーを「祭」のキーワードとともに参戦です。なんたってサブちゃんのキタサンブラック。東京競馬場で即興の『祭』が聴きたいじゃありませんか!

母父がサクラバクシンオーということで、距離の心配はありましたが、ここ最近は、たとえ短距離馬の配合があっても、中距離レースで活躍する馬もいることからノープロブレム。問題ないとみました…が!スタートからいい感じに先行して、祭のイントロが流れ出すと同時に、最後の直線も伸びて伸びて、もうひと伸び!というところで、誰ですか?コメートですか?お尻を向けて進路をカット。電源オフ!これにはさすがにブラックもショックを受けたようで、ずるずると後退。祭の熱唱はおあずけになりました。ダービーより200m少ない宝塚記念などの舞台もご用意できますが、サブちゃん、いかがでしょう?

結果は

2冠を達成したドゥラメンテ。皐月賞の時と比べてはいけないと思うほど、馬が成長して強さが際立っていましたね。正統派の競馬はリアルスティールの得意技でしたが、ダービーはドゥラがそれをみごとにやってのけました。「うまい競馬」の看板を取り上げられたリアルは、最初が後ろ過ぎたのか、はたまた最後疲れたのか、私の軸馬は4着。やはりといった感じです。どうも私は福永ジョッキーと相性が悪い。悪いってもんじゃない。最悪ですよ。生涯絶対に出会ってはいけないタイプの男なのでしょうか。男はピリッと辛い柿の種みたいなおめめでなくてはいけません。ね!典さん!あ?10着?これはいくらなんでもヤキですね…。

――――――――――――

競馬博物館に展示されている前田長吉騎手の遺品は、どれをみても、ある日突然、時が止まってしまったんだなと思うほど、とても状態がよいまま保管されていたようで、遺品とは言い難い、耳をすませば「さぁ、行こう」と、競馬に向かう長吉さんの声が聞こえてきそうなものばかりでした。

その中でも一番強く心がひきつけられ、微かなメッセージを発しているように感じたのは、「前田」と名前が刻まれたステッキです。クリフジはとても強い馬だったので、このステッキで彼女の馬体を打つことはなかったかもしれませんが、手綱と一緒に握りしめるステッキの中に、長吉さんの『気』が入り込んでいたのかもしれません。

「長吉さんにとって、騎手になれた嬉しい証がステッキを持つことだったのかな」

これはあくまで、私の個人的な妄想のひとつですが、こうだったのかな、ああだったのかもしれないと、向き合った相手の気持ちを察することを忘れたくないですね。

遺品の傍に寄りそうことで、みるひとそれぞれが様々なことを感じとれる気がします。そういった意味でも、魂の宿らないレプリカではなく、本物のよさ、本物だけが発信できるエネルギーやメッセージを、ふんわりと受信できた特別展でした。

今月28日まで開催されていますので、ぜひお運びください。

――――――――――――

いつもお世話になっている友人と一緒に、馬事公苑に移動して、騎馬隊にいるトウショウシロッコに会ってきました。1年ぶりの再会です。担当の方がかわり、ご挨拶もかねておりました。

「ひとにこびない、自分をちゃんと持ってる馬ですね」

そう言ってくれたのは、シロッコを担当している副隊長さんです。日頃の生活態度や仕事ぶり、健康状態まで「本当に申し分ありませんよ。手間のかからない素晴らしい馬です」

入隊する時にかけてあげた紫色の無口も、まだまだ艶があり、その色から「シロッコですか?」と、声をかけられることも多いそうです。今年12歳。夏は強い方だったので、東京の猛烈な暑さにも負けないで頑張ってくれることでしょう。

日本一美しい男泣き。

どうしてだろう。

ミルコは、他の誰よりも涙が似合う。

2015 撮影・提供:山口ひろし氏

レースの後の月曜日。上坂さんの「おさらい」コメント!いつもとても楽しみに読ませていただいています。
日帰り弾丸ツアー!おつかれさまでした。
私も神戸から日帰り札幌競馬場!ってのをやったことありますあります!(やればできる。行こうと思えば近いぞ!神戸と北海道!!)
充実の一日でしたね。
上坂さんのブログを読んで、いつもお馬さんとかかわる人間のドラマを思い胸が熱くなります。
次の日曜日は安田記念。またどんなドラマがあるのか…私の馬券は当たるのか!?
「おさらい」コメント楽しみにしています(*^_^*)


cbbさん、こんばんは!お読みいただきありがとうございます!なかなか内容の濃い1日でした!私のブログは「おさらい」と言えるのか、どうなのか、とても心配な要素をはらんでいますが、どうでしょうか!馬券もさっぱり当たらず、困っておりまーす!
来週もお楽しみに!(本当か!w)

コメントを投稿する

絵文字を挿入

コメントは管理者が公開を承認するまで反映されませんのでご了承ください。

競馬女子部 コメント投稿規約

  • (1)コメント投稿は、ご利用者ご自身の責任において行われるものとします。ご利用者がコメント投稿した情報は、ご利用者自らがその内容について責任を負うものとします。
  • (2)公益社団法人日本軽種馬協会(以下「本協会」)はご利用者に対し、コメントの掲載内容(他のご利用者が提供する情報を含みます)についていかなる保証も負わないものとします。そのため、掲載コメントによりご利用者が被害を被ったとしても、本協会はご利用者に対して賠償する義務を一切持ちません。
  • (3)コメント投稿は、本協会が選別した上で本ブログに掲載されるものとし、必ずしも投稿のすべてが掲載されるわけではなく、また掲載されるまでにはお時間をいただきます。投稿内容の一部を本協会が編集・追記・削除した上で掲載される場合があります。
  • (4)コメント投稿が実際に掲載された場合でも、ご利用者に対する本協会からの謝礼等はございませんので予めご了承ください。

以上

上坂由香

出身地
北海道札幌市
職種
エッセイスト

詳細を見る