2019年02月13日

『世界で一番美しい馬の図鑑』

horseみなさまこんにちは、河合紗希子です。

寒い毎日が続きますが、体調崩されたりしていないでしょうか。
私はここのところちょっとバタバタ続きで、体は元気だけれど頭がかなりのオーバーヒート気味ですcoldsweats01

今年はインプットを増やす年にしたい!という意気込みで、元日から映画を1日1作品観るようにしたり、読書量を意識して増やすようにしているのですが…うーん、こんなときは文字が全く頭に入ってこないものですね。
そんなときは、アタマではなくて感覚的に体に染み込むようなものを選んでリラックス!

今日の一冊はこちらにしましたshine

1539e31df0a94eab8d42fe11e4aca17b
carouselpony世界で一番美しい馬の図鑑
 タムシン・ピッケラル
 川岸史(訳)
 アストリッド・ハリソン(写真)

Amazonはこちら
https://www.amazon.co.jp/dp/4767823153/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_BoczCbH2ANP5S


2017年度JRA賞馬事文化賞の受賞作!

いつもお世話になっている方が
dog「河合さんこういう本好きかと思って!」
とお誕生日プレゼントとしてくださったのですが、私、袋をあけて開口一番
cat「すきですっっlovelylovelylovely!!!」
と即答でした(笑)。

「図鑑」と銘打ってあるとおり、世界中の馬が美しい写真と詳しい文章で紹介されています。

この本を手にして何よりびっくりしたのが、馬ってこんなにたくさんの種類がいたのか!!!ということ。
競馬場に通うようになって、乗馬センターや開催イベントなどでサラブレッド以外にも色々な種類の馬がいるのだなということは知識として増えてはいたものの、この本でとりあげられているのはなんと80種を超える馬たち!

それぞれ馬体の特徴などの情報はもちろん分布地域や歴史なども詳しく記されており、読みごたえは抜群です。

そしてそして…!
写真がめちゃめちゃ美しいのです!!!

情報を得る本としてではなく、写真集としてページをめくっていくだけでも充実感たっぷりのひとときを過ごすことができます。

今日みたいな頭オーバーヒートの夜は、紅茶でも淹れてゆっくりと美しい馬の世界に浸ることにしましょうかconfidentshine
週末のフェブラリーステークスに向けて体勢をととのえようと思いますupup


ではではみなさま、今週も素敵な競馬ライフをclover


----------------------------*

horse個人BlogやTwitterもつれづれなるままに運営ちゅうです。

Twitter … @sakkomaru
Instagram … photogreenforest
個人Blog … Evening proimrose

コメントを投稿する

絵文字を挿入

コメントは管理者が公開を承認するまで反映されませんのでご了承ください。

競馬女子部 コメント投稿規約

  • (1)コメント投稿は、ご利用者ご自身の責任において行われるものとします。ご利用者がコメント投稿した情報は、ご利用者自らがその内容について責任を負うものとします。
  • (2)公益社団法人日本軽種馬協会(以下「本協会」)はご利用者に対し、コメントの掲載内容(他のご利用者が提供する情報を含みます)についていかなる保証も負わないものとします。そのため、掲載コメントによりご利用者が被害を被ったとしても、本協会はご利用者に対して賠償する義務を一切持ちません。
  • (3)コメント投稿は、本協会が選別した上で本ブログに掲載されるものとし、必ずしも投稿のすべてが掲載されるわけではなく、また掲載されるまでにはお時間をいただきます。投稿内容の一部を本協会が編集・追記・削除した上で掲載される場合があります。
  • (4)コメント投稿が実際に掲載された場合でも、ご利用者に対する本協会からの謝礼等はございませんので予めご了承ください。

以上

河合紗希子

職種
声優・ナレーター

詳細を見る

最新の記事

記事一覧