2019年06月11日

フリオーソ産駒・ヒカリオーソ 東京ダービー(SI)優勝

shine6月5日に行われた東京ダービー(SI)shine

 

令和最初の南関東競馬ダービー馬の座を射止めたのは、
フリオーソ産駒の牡馬・ヒカリオーソ(川崎 岩本厩舎)でした。

 

「ダービージョッキーになれてめちゃくちゃ嬉しいです。
スムーズなレースをさせようと思っていましたが、
ペースも落ち着いて折り合いもついていました。
最後まで頑張って走ってくれました」
と語ったのは、初コンビを組んだ山崎誠士騎手。

4l6a1781  

前走 京浜盃で鼻出血を発症。

そこから立て直ししてのダービー制覇
ヒカリオーソの自力の高さを改めて感じさせる内容でした。

 

2007年の東京ダービー(SI)では、クビ差の2着だったフリオーソ。

父が果たせなかった夢を、産駒が果たす・・・confident

父と同じく、ヒカリオーソも南関東競馬生え抜きというのもドラマチックです。

 

4l6a1853

山崎誠士騎手の父・山崎尋美調教師も元ジョッキー。
こちらもまた、父が果たせなかった夢を、息子が果たしました。

4l6a1835

余談ですが、
山崎誠士騎手、34歳(7月で35歳)。

ツルツル美肌が揃うジョッキーの中でも、特にツルツル。

なんとも羨ましいですshine

コメントを投稿する

絵文字を挿入

コメントは管理者が公開を承認するまで反映されませんのでご了承ください。

競馬女子部 コメント投稿規約

  • (1)コメント投稿は、ご利用者ご自身の責任において行われるものとします。ご利用者がコメント投稿した情報は、ご利用者自らがその内容について責任を負うものとします。
  • (2)公益社団法人日本軽種馬協会(以下「本協会」)はご利用者に対し、コメントの掲載内容(他のご利用者が提供する情報を含みます)についていかなる保証も負わないものとします。そのため、掲載コメントによりご利用者が被害を被ったとしても、本協会はご利用者に対して賠償する義務を一切持ちません。
  • (3)コメント投稿は、本協会が選別した上で本ブログに掲載されるものとし、必ずしも投稿のすべてが掲載されるわけではなく、また掲載されるまでにはお時間をいただきます。投稿内容の一部を本協会が編集・追記・削除した上で掲載される場合があります。
  • (4)コメント投稿が実際に掲載された場合でも、ご利用者に対する本協会からの謝礼等はございませんので予めご了承ください。

以上

阿部典子

職種
ライター&フォトグラファー

詳細を見る

最新の記事

記事一覧