2020年01月14日

中央も地方も!懐かしいあの馬たち!

少し前のことになりますが、
昨年の11月1日、船橋競馬場にとって初めてとなる相馬野馬追甲冑競馬が開催されました。

 

元競走馬が出場することでも知られている相馬野馬追。

今回は、2012年のホープフルステークスの勝ち馬・サトノネプチューンや、
2011年のガーベラ賞の勝ち馬・レッドストラーダの姿もありました。

 

夕陽を背にしたドラマチックな写真が撮れましたhappy01shine

 

「熊野権現」の旗 サトノネプチューンshine

_mg_7825

朱地白三石(しゅじしろさんごく)の旗はダンスパフォーマー
現役時代は門別→大井で活躍しました。
2014年に大井のベガ賞を勝っていますが、
父方のおばあちゃんの馬名と同じレースを勝ったことになりますね。

_mg_7811

 

凛々しいshineレッドストラーダshine

_mg_7838

こちらは南関東重賞ウイナーのジャルディーノ
現役時代、馬場入り後に立ち止まって他馬たちを見送るような仕草でもファンに愛されました。

_mg_7907

歴史好きとしても嬉しい光景でした。_mg_7890  

 

人と馬とが文化を大切にしながら創り上げている相馬野馬追。

武者の方々の衣装の柄も、
縁起物のフクロウ(不苦労)や、
後ろに下がらず前にしか飛ばない勝ち虫トンボなどがあしらわれ、
ひとつひとつに文化や想いが灯っていることにも感動しました。

何よりも、家族そのものの馬と人の姿がconfidentclover

相馬野馬追は、2011年の東日本大震災や、
先の台風で、多くの被害を受けてしまったとのこと・・・

相馬野馬追執行委員会の公式サイトはこちらから

公式サイトを拝見したのですが、
平将門の軍事練習が起源とされているのですね!
将門は兵として集めた農民を農作業の繁忙期には家に帰すなど、
農民を大事にしたことでも知られている武将だったと、何かで知ったことがありましたconfident

今年も、レースはもちろん、競馬に息づく文化や人の想い、歴史にも
注目して勉強していきたいと思いますconfidenthorse

 

コメントを投稿する

絵文字を挿入

コメントは管理者が公開を承認するまで反映されませんのでご了承ください。

競馬女子部 コメント投稿規約

  • (1)コメント投稿は、ご利用者ご自身の責任において行われるものとします。ご利用者がコメント投稿した情報は、ご利用者自らがその内容について責任を負うものとします。
  • (2)公益社団法人日本軽種馬協会(以下「本協会」)はご利用者に対し、コメントの掲載内容(他のご利用者が提供する情報を含みます)についていかなる保証も負わないものとします。そのため、掲載コメントによりご利用者が被害を被ったとしても、本協会はご利用者に対して賠償する義務を一切持ちません。
  • (3)コメント投稿は、本協会が選別した上で本ブログに掲載されるものとし、必ずしも投稿のすべてが掲載されるわけではなく、また掲載されるまでにはお時間をいただきます。投稿内容の一部を本協会が編集・追記・削除した上で掲載される場合があります。
  • (4)コメント投稿が実際に掲載された場合でも、ご利用者に対する本協会からの謝礼等はございませんので予めご了承ください。

以上

阿部典子

職種
ライター&フォトグラファー

詳細を見る