2020年02月20日

フェブラリーSが近づいてきました!

 今年は南関東競馬から、頼もしい3頭がフェブラリーSに挑戦することになりました。

 ノンコノユメ(大井・荒山厩舎<小林>)↓

Photo

 モジアナフレイバー(大井・福永厩舎<小林>)↓

Photo_2

 ミューチャリー(船橋・矢野厩舎)↓

Photo_3

 ノンコノユメは中央時代にフェブラリーSを優勝し、この条件は相性抜群!南関東に移籍後は中央馬を相手とでも馬券圏内を外すことがない安定感で、久しぶりに中央の舞台にお里帰りをします。

 南関東生え抜きの星モジアナフレイバー。南部杯は初物尽くしの中、勝負所でかなり大外を回りながらも、優勝馬から0.6秒差の4着。今回のフェブラリーSに向けても、結果的には大きな経験だったことは陣営も言っています。

 ミューチャリーは昨年の羽田盃馬。ジャパンダートダービーではあのクリソベリルから0.6秒差の3着となり、騎乗次第ではもっとやれたことを、コンビを組んだ御神本訓史騎手も振り返っています。ミューチャリーの切れ味が炸裂するか?!

 ノンコは実績のある舞台ですが、モジアナフレイバーとミューチャリーは初舞台。とは言っても、マイル戦になることは2頭ともプラス材料で、ワクワクする挑戦です。 

 3頭ともいい仕上がりで出走させられそうということは陣営からも伺っていますが、あとは悔いのない走りをして、無事にいい結果がついてくることを祈っています。

 

コメントを投稿する

絵文字を挿入

コメントは管理者が公開を承認するまで反映されませんのでご了承ください。

競馬女子部 コメント投稿規約

  • (1)コメント投稿は、ご利用者ご自身の責任において行われるものとします。ご利用者がコメント投稿した情報は、ご利用者自らがその内容について責任を負うものとします。
  • (2)公益社団法人日本軽種馬協会(以下「本協会」)はご利用者に対し、コメントの掲載内容(他のご利用者が提供する情報を含みます)についていかなる保証も負わないものとします。そのため、掲載コメントによりご利用者が被害を被ったとしても、本協会はご利用者に対して賠償する義務を一切持ちません。
  • (3)コメント投稿は、本協会が選別した上で本ブログに掲載されるものとし、必ずしも投稿のすべてが掲載されるわけではなく、また掲載されるまでにはお時間をいただきます。投稿内容の一部を本協会が編集・追記・削除した上で掲載される場合があります。
  • (4)コメント投稿が実際に掲載された場合でも、ご利用者に対する本協会からの謝礼等はございませんので予めご了承ください。

以上

高橋華代子

職種
南関東競馬リポーター

詳細を見る

最新の記事

記事一覧

アーカイブ