2020年04月02日

今日この頃。

 4月2日に船橋競馬場で行われた牝馬のダートグレード競走マリーンカップは、矢野貴之騎手騎乗の5番人気サルサディオーネ(大井・堀厩舎<小林>)が、逃げ切り勝ちを収めました。

 サルサディオーネのお母さんは2002年の東京プリンセス賞馬サルサクイーン。

Photo_4

 サルサディオーネ自身、中央時代は惜しくも重賞レースに手が届きませんでしたが、南関東に来てからは報知グランプリカップを勝ち、今度はダートグレード競走も制しました。すごい、すごい、すごい!おめでとうございます。

 新型コロナウィルスの影響で、引き続き無観客競馬として行われています。馬券は電話・インターネットで購入できるので、コースはもちろんのこと通常通りに明るいのですが、パドック・スタンドはかなり寂しい。

Photo

Photo_3

地元馬が中央馬を打ち破る瞬間も地元ファンにはとてもうれしことで、この瞬間を、南関東競馬ファンの皆さんと喜びを分かち合いたかったなぁと、しんみりしてしまいました。

とは言っても、何より、競馬が行われているということに感謝しながら、これからもずっとずっと続いていけるように、自分たちができることをしっかりやっていきたいなと思う今日この頃です。

コメントを投稿する

絵文字を挿入

コメントは管理者が公開を承認するまで反映されませんのでご了承ください。

競馬女子部 コメント投稿規約

  • (1)コメント投稿は、ご利用者ご自身の責任において行われるものとします。ご利用者がコメント投稿した情報は、ご利用者自らがその内容について責任を負うものとします。
  • (2)公益社団法人日本軽種馬協会(以下「本協会」)はご利用者に対し、コメントの掲載内容(他のご利用者が提供する情報を含みます)についていかなる保証も負わないものとします。そのため、掲載コメントによりご利用者が被害を被ったとしても、本協会はご利用者に対して賠償する義務を一切持ちません。
  • (3)コメント投稿は、本協会が選別した上で本ブログに掲載されるものとし、必ずしも投稿のすべてが掲載されるわけではなく、また掲載されるまでにはお時間をいただきます。投稿内容の一部を本協会が編集・追記・削除した上で掲載される場合があります。
  • (4)コメント投稿が実際に掲載された場合でも、ご利用者に対する本協会からの謝礼等はございませんので予めご了承ください。

以上

高橋華代子

職種
南関東競馬リポーター

詳細を見る

最新の記事

記事一覧