2020年10月01日

いろんな出会い。

 南関東競馬でも、浦和、大井、川崎、船橋と、

 毎開催ごとに新馬戦が行われています。

 まだまだ幼くてかわいらしい2歳馬たち、

 生まれてくることはもちろん、デビューすることも大変な世界で、

 無事にこの日を迎えられたいうことが、本当にすばらしいですね

 10月1日の船橋競馬場の新馬戦では、

 川島正太郎騎手が手綱を取ったチュラウェーブ(船橋・山下厩舎)が優勝しました。

 2歳の男の子。

 まだ黒っぽいですが芦毛なので、

 そこは船橋のミューチャリー先輩に似ていますね(^^;

Photo

 チュラウェーブのお父さんは中央と北海道で走った新種牡馬クリーンエコロジー。

 南関東の産駒初勝利。

 母がルヴィロンザ。

 祖母がヒシナイルで、お姉ちゃんはあのヒシアマゾンという血統です。

 ヒシアマゾン好きだったのでたまりません(*^-^*)

Photo_2

 この角度だと、芦毛さんに見えますね(*^^)v

 2番手から3コーナーでは先頭に立って、最後は2着馬に5馬身差。

 タイムが1000m1分00秒5(やや重)というのもすばらしい!

 南関東競馬では12月いっぱいまで新馬戦が行われていきますが、

 いろんな出会いがあって楽しいですね。

コメントを投稿する

絵文字を挿入

コメントは管理者が公開を承認するまで反映されませんのでご了承ください。

競馬女子部 コメント投稿規約

  • (1)コメント投稿は、ご利用者ご自身の責任において行われるものとします。ご利用者がコメント投稿した情報は、ご利用者自らがその内容について責任を負うものとします。
  • (2)公益社団法人日本軽種馬協会(以下「本協会」)はご利用者に対し、コメントの掲載内容(他のご利用者が提供する情報を含みます)についていかなる保証も負わないものとします。そのため、掲載コメントによりご利用者が被害を被ったとしても、本協会はご利用者に対して賠償する義務を一切持ちません。
  • (3)コメント投稿は、本協会が選別した上で本ブログに掲載されるものとし、必ずしも投稿のすべてが掲載されるわけではなく、また掲載されるまでにはお時間をいただきます。投稿内容の一部を本協会が編集・追記・削除した上で掲載される場合があります。
  • (4)コメント投稿が実際に掲載された場合でも、ご利用者に対する本協会からの謝礼等はございませんので予めご了承ください。

以上

高橋華代子

職種
南関東競馬リポーター

詳細を見る

最新の記事

記事一覧

アーカイブ