2022年02月10日

2日続けての重賞勝ち。

 南関東競馬は大井開催中ですが、

 9日の金盃と10日の雲取賞は、

 船橋の川島正一厩舎と御神本訓史騎手のタッグで重賞2連勝!!!

 金盃はフレッチャビアンカが差し切り勝ちを収め、

 これで通算6つ目のタイトルを獲得(南関東では2つ目)。

 フレッチャビアンカの父は芝の短距離で大活躍したキンシャサノキセキ。

 その息子フレッチャビアンカが制した金盃は距離2600m戦で争われ、

 現在の国内最長距離ダート重賞としても知られています。

 これも血統の面白いところですね。

Photo

Photo_2

 10日に実施した3歳重賞の雲取賞は、

 南関東クラシック戦線に向けても非常に重要な一戦になるトライアルレース。

 ホッカイドウ競馬からの移籍緒戦だったシャルフジンが逃げ切り勝ちを収めました。

 これで2つ目の重賞制覇。

 昨年の東京ダービー馬アランバローズと同じヘニーヒューズ産駒です。

 勝ちタイムが1800m1分51秒7(やや重)。

 今年で4回目の重賞レースですが、抜けて速い時計です。

 速い時計が出る馬場状態だったとは言え、すばらしいですね。

Photo_3

Photo_4

 永遠の少年に思っていた御神本騎手も41歳。

 騎手たちは若く見えるので、御神本騎手も全く見えませんね(^^;

 2日続けて魅せてくれた大井競馬場のダート重賞でした。

 

コメントを投稿する

絵文字を挿入

コメントは管理者が公開を承認するまで反映されませんのでご了承ください。

競馬女子部 コメント投稿規約

  • (1)コメント投稿は、ご利用者ご自身の責任において行われるものとします。ご利用者がコメント投稿した情報は、ご利用者自らがその内容について責任を負うものとします。
  • (2)公益社団法人日本軽種馬協会(以下「本協会」)はご利用者に対し、コメントの掲載内容(他のご利用者が提供する情報を含みます)についていかなる保証も負わないものとします。そのため、掲載コメントによりご利用者が被害を被ったとしても、本協会はご利用者に対して賠償する義務を一切持ちません。
  • (3)コメント投稿は、本協会が選別した上で本ブログに掲載されるものとし、必ずしも投稿のすべてが掲載されるわけではなく、また掲載されるまでにはお時間をいただきます。投稿内容の一部を本協会が編集・追記・削除した上で掲載される場合があります。
  • (4)コメント投稿が実際に掲載された場合でも、ご利用者に対する本協会からの謝礼等はございませんので予めご了承ください。

以上

高橋華代子

職種
南関東競馬リポーター

詳細を見る

最新の記事

記事一覧

アーカイブ