2022年04月07日

川崎競馬場のルーキーたち。

 新年度が始まり、

 南関東競馬では8名の新人騎手がデビューします。

 南関東から、これほど多くの騎手が一気にデビューするのは、最近では記憶にありません。

 まずは先陣切って、

 川崎競馬場から3人のルーキーがデビューしました。

 あいうえお順で、

 小林捺花(コバヤシナツカ)騎手Photo

 新原周馬(にいはらしゅうま)騎手Photo_2

 野畑凌(のばたりょう)騎手Photo_3

 3人がデビューした4月4日は嵐のような天気で、馬場も田んぼ状態の不良馬場。そんな中でも果敢にデビューし無事に走り抜きました。

Photo_4

 これからどんな騎手に育っていくのか非常に楽しみですね。何より怪我には気をつけて、それぞれのペースで立派な騎手になってください!

コメントを投稿する

絵文字を挿入

コメントは管理者が公開を承認するまで反映されませんのでご了承ください。

競馬女子部 コメント投稿規約

  • (1)コメント投稿は、ご利用者ご自身の責任において行われるものとします。ご利用者がコメント投稿した情報は、ご利用者自らがその内容について責任を負うものとします。
  • (2)公益社団法人日本軽種馬協会(以下「本協会」)はご利用者に対し、コメントの掲載内容(他のご利用者が提供する情報を含みます)についていかなる保証も負わないものとします。そのため、掲載コメントによりご利用者が被害を被ったとしても、本協会はご利用者に対して賠償する義務を一切持ちません。
  • (3)コメント投稿は、本協会が選別した上で本ブログに掲載されるものとし、必ずしも投稿のすべてが掲載されるわけではなく、また掲載されるまでにはお時間をいただきます。投稿内容の一部を本協会が編集・追記・削除した上で掲載される場合があります。
  • (4)コメント投稿が実際に掲載された場合でも、ご利用者に対する本協会からの謝礼等はございませんので予めご了承ください。

以上

高橋華代子

職種
南関東競馬リポーター

詳細を見る

最新の記事

記事一覧

アーカイブ