2013年11月28日

日韓交流競走 in 大井

9月には韓国のソウル競馬場で韓日交流競走が行われ、トーセンアーチャーが勝利を収めましたが、10月26日(火)には大井競馬場で日韓交流競走インタラクションカップが開催されました。

韓国からは3頭が出走。

まずは、唯一の韓国内国産馬である4歳の女の仔、フルムーンパーティ

P1030681

デビュー以来4戦4勝という実績を持つ3歳の女の仔、フライトップクイン

P1030683

そして、9月の韓日交流競走ではハイペースの中、前々で競馬をして2着に粘ったワッツヴィレッジ

P1030685

日本からは、韓国に遠征した、トーセンアーチャーやファイナルスコアーのほか、昨年の東京シンデレラマイルの優勝馬ミヤサンキューティ、サンタアニタトロフィー優勝のゴーディー

そして、私のコラムの推奨馬セントマーチなどが出走!

3

P1030668

レースはスタート直後から韓国馬たちが飛ばしての、ハイペース。

記者席で観ていましたが、ほかの記者たちからも「韓国馬速い!」とどよめきが起こっていました。

しかし、最後の直線を向いてもバテることなく逃げ切ったのはハナに立っていたワッツヴィレッジでした!

馬券は、セントマーチ軸で外してしまいましたが・・・

4

勝ったソ・スンウン騎手の誇らしげなガッツポーズには感動しました。

(記者席にいたため、写真がなくてすみません)

競馬には国を超える感動があるので、これからも、このような外国との交流競走が行われてほしいです。

コメントを投稿する

絵文字を挿入

コメントは管理者が公開を承認するまで反映されませんのでご了承ください。

競馬女子部 コメント投稿規約

  • (1)コメント投稿は、ご利用者ご自身の責任において行われるものとします。ご利用者がコメント投稿した情報は、ご利用者自らがその内容について責任を負うものとします。
  • (2)公益社団法人日本軽種馬協会(以下「本協会」)はご利用者に対し、コメントの掲載内容(他のご利用者が提供する情報を含みます)についていかなる保証も負わないものとします。そのため、掲載コメントによりご利用者が被害を被ったとしても、本協会はご利用者に対して賠償する義務を一切持ちません。
  • (3)コメント投稿は、本協会が選別した上で本ブログに掲載されるものとし、必ずしも投稿のすべてが掲載されるわけではなく、また掲載されるまでにはお時間をいただきます。投稿内容の一部を本協会が編集・追記・削除した上で掲載される場合があります。
  • (4)コメント投稿が実際に掲載された場合でも、ご利用者に対する本協会からの謝礼等はございませんので予めご了承ください。

以上

豊岡加奈子

出身地
北海道函館市
職種
競馬記者

詳細を見る

最新の記事

記事一覧

アーカイブ