2015年06月15日

たった1頭のポニーから。

6月に入った今年の北海道は、すっきりした軽い晴れ間と、時に盛大な雨降りの日を順序よく交互に繰り返し、「さぁて、今日はどっちにしようかな~」みたいな気ままぶり。

どうやらこのまま適当な感じで、夏に向かってゆくようです。

13日の土曜日。雨!本州の方にはIターン移住地としても人気のある白老町に行ってまいりました。

苫小牧市から国道36号線を南へゆくと、右手に小さな無人駅の社台駅があり、そのすぐ裏手にあるホースガーデンしらおいさんで、芦毛のポニー(ファラベラ種)ポケット号のお誕生会です。

友人の運営する里親の会主催ということもあり、私はお手伝いとして参加させていただきました。

北半球生まれの馬のほとんどは、2月から6月あたりまでの春生まれですが、ポケットは6月3日が誕生日。無事に5歳になりました。そんな若い馬が余生牧場に?

経緯は2年ほど前にさかのぼります。

当初、雪深い冬期間のみのお預かりで繋養するはずでしたが、残念ながら突然(でも馬の世界ではよくあること)ポケットのオーナーが不在になってしまいました。

仔馬1頭、どうにか生きる道はないものか、ホースガーデン場長である谷裕介氏が、当場に自馬を預けている会田郁子さんに相談を持ちかけ、すぐさま検討されたのち『ポケット里親の会』が設立されました。この迅速な対応で、ポケットは命拾いをしたのです。

馬もひとも、心豊かに生きてゆくことができるすべてのスタートになりました。

今では日本全国に30名の里親さんがいるアイドルホースになり、とても幸せに暮らしています。

ポケットはポニーの中でもひときわ小柄なファラベラ種ですが、元競走馬たちと一緒に放牧されていることもあって、ひとたびかけっこが始まれば、高速回転のフルピッチ走法でサラブレッドを猛追!

負けるもんか!と走り回る姿は、1990年代に一世を風靡した競馬漫画「みどりのマキバオー」の実写映画のようです(原作者のつの丸先生、白老にマキバオーいますよ~)。

小さな生き物や動物が楽しそうに暮らしている様子をみていると、ついさっきまで悶々としていた辛さが、やけにちっぽけなものに感じてばかばかしくなったり、元気も出れば勇気も出る。なぜだか涙腺までやわらかく緩んで、少しずつ溜っていた心の澱みがきれいに洗い流されていくような気がします。ひょっとすると、知らないうちにホースセラピーされちゃってるのかもしれませんね。

この日、ポケットのお誕生会に参加した馬友さんは13人。遠いところは岡山県、奈良県、名古屋市などなど、1頭のポニーが集めたとは思えないほどの全国シェアです。ポケットが縁で会うことができた馬友さんたちでBBQを囲み、思い思いの馬愛を語りながら楽しいひとときを過ごすことができました。

それにしても何の祭りで血が踊るのか。だいの大人がポニー1頭のために、飛行機に乗ってやって来るというこの情熱!私なんて、お通夜だけ出て、告別式をスルーして白老ですからね(小声)

ポケットは、とてつもない引力と魅力を兼ね備えた馬であることは間違いなさそうです。

こうした民間レベルの活動がトレンドとなり、ひょっとして、あと10年もたたないうちに「一家に1頭、愛馬のある暮らし」が当たり前の世の中になるかもしれませんよ~\(^o^)/

―――――――――――――

一口会員を募って馬を繋養する取り組みは、引退馬協会さんをはじめとして、全国の余生牧場が主体となって里親会を作ることが多く、元競走馬はもちろん、乗馬やポニーなどの馬たちも、一口わずか1000円~3000円ほどの費用で馬らしく生きることが可能な時代になりました。

ホースガーデンしらおいの谷氏は、札幌龍谷高校馬術部出身。その後競走馬の育成に携わった経験の中で「馬が余生をまっとうできない悲しい現状」を知り奮起。20代の若さで白老町社台に余生牧場を作り、すべての作業をたったひとりでこなしています。

牧場にはポケットのほかに、1992年朝日杯3歳S優勝、1992年最優秀2歳牡馬に選ばれたエルウェーウィンや、1997年中山大障害(秋)1着のケイティタイガーをはじめ、2006年福島2歳Sで2着だったアルシラートなどの余生馬たちが繋養されています。

谷氏指導による乗馬教室や、観光ひき馬も好評です。ポケットは牧場に来た頃、ポニー特有の頑固さやワガママが目立つ馬でヤンチャ坊主だったそうですが、経験豊富な谷氏が根気よく調教し直して、現在の優しくてかわいいポケットに生まれ変わったそうです。

これからもこうした里親会が増えて、馬たちが安心して余生を過ごせますように。

11130130_1616119655268547_691949728

全国からたくさんのファンが会いに来てくれるポケット。

写真提供:ポケット里親の会

11637865_1639219056291940_493766145

ポケットはちゃんとわかっています。皆さんがいてくれるから、こうして生きていられると。そのお礼にこの乱入!「にんじんちょーだい♡」愛嬌たっぷりです!

写真提供:会田郁子氏

11391594_450877178417982_1424829526

ポケット里親の会とチームホースガーデンの皆さん。奈良県からお越しのMさまが繰り広げる爆裂トークで大盛り上がり。冷たい霧雨もなんのその、笑顔が満開になりました。

写真提供:Miyuki Torikoshiさま

ポケットが暮らすホースガsーデンしらおいさんのお問い合わせは

コチラまで→https://uma-furusato.com/i_search/detail_farm/_id_58594 (競走馬のふるさと案内所)

日本に散らばってるポッケの里親さん、そして関係者、ポッケのファン。
この日は、皆さん色々な思いを胸に集結しました。
本当にこんな機会が、持てて良かったと思います。

ポッケは、マイペースでしたが、他の馬たちもとても幸せそうでした。
谷さんのお陰ですね。気になるお馬さんも居ましたので。
これから北海道に来る機会が、増えそうです。

他の里親さんもこれで一安心ですね。

奈良のMより

alex.mineさん~~
奈良のM嬢として特別出演させていただきました!
お誕生会は本当に楽しかったですよね!
待っている馬がいる、この喜びは
仕事を頑張る励みにもなると思うんです~♪
またぜひお越しくださいね!待ってますよー!

ポケットかわいいですね。偶然みかけました。
男の子ですか?女の子ですか?
15年前くらいに1年間預かっていた悠ちゃんと言う名前の子に似ています。私は


ポケット可愛いですね。
昔、1年くらい預かって世話をしていた悠ちゃんと言う男の子に似ています。種馬になるまでの間預かってて、北海道旭川に戻っていった馬でした。今は、売られてしまい、どこに行ったか分からなくなっています。
偶然ポケットを見て思い出してしまいました。


コメントを投稿する

絵文字を挿入

コメントは管理者が公開を承認するまで反映されませんのでご了承ください。

競馬女子部 コメント投稿規約

  • (1)コメント投稿は、ご利用者ご自身の責任において行われるものとします。ご利用者がコメント投稿した情報は、ご利用者自らがその内容について責任を負うものとします。
  • (2)公益社団法人日本軽種馬協会(以下「本協会」)はご利用者に対し、コメントの掲載内容(他のご利用者が提供する情報を含みます)についていかなる保証も負わないものとします。そのため、掲載コメントによりご利用者が被害を被ったとしても、本協会はご利用者に対して賠償する義務を一切持ちません。
  • (3)コメント投稿は、本協会が選別した上で本ブログに掲載されるものとし、必ずしも投稿のすべてが掲載されるわけではなく、また掲載されるまでにはお時間をいただきます。投稿内容の一部を本協会が編集・追記・削除した上で掲載される場合があります。
  • (4)コメント投稿が実際に掲載された場合でも、ご利用者に対する本協会からの謝礼等はございませんので予めご了承ください。

以上

上坂由香

出身地
北海道札幌市
職種
エッセイスト

詳細を見る

最新の記事

記事一覧