2020年09月29日

美しい「砂」

競馬場では時々「砂」の入れ替えをするのですが、

入れ替え中のちょっと珍しい写真を発掘しました。

撮影:2015年8月  船橋競馬場

Img_7559

能力調教試験が行われる朝の写真で、向かって左側に少し砂が残っています。


この時、調教や試験は内馬場(写真右側に少しだけ見えるコース)で行われていました。

砂の入れ替えが終わった最初の開催。

あいにく雨が多い開催だった記憶がありますが、少しの晴れ間にパチリcamera

Img_8121

第4コーナー付近から直線、ゴール前方向を見るイメージです。

砂のふかふかさらさら感が伝わるといいのですがhappy01

この砂は、掘ったままではなく、納入業者さんがきれいに磨いているそうです。

これからの季節、陽射しの色が濃くなって
夕方のレースの時には砂はこんなかんじにキラキラすることもshine

ここを馬たちが駆けて行く・・・
ナイター開催、地方競馬ならではの美しい風景だなぁと思いますshine

Cre19ygviaaftw4

なお、砂の入れ替えを行った際には、主催者からお知らせがあるようです。

主催者HPへリンク(2019年)

コメントを投稿する

絵文字を挿入

コメントは管理者が公開を承認するまで反映されませんのでご了承ください。

競馬女子部 コメント投稿規約

  • (1)コメント投稿は、ご利用者ご自身の責任において行われるものとします。ご利用者がコメント投稿した情報は、ご利用者自らがその内容について責任を負うものとします。
  • (2)公益社団法人日本軽種馬協会(以下「本協会」)はご利用者に対し、コメントの掲載内容(他のご利用者が提供する情報を含みます)についていかなる保証も負わないものとします。そのため、掲載コメントによりご利用者が被害を被ったとしても、本協会はご利用者に対して賠償する義務を一切持ちません。
  • (3)コメント投稿は、本協会が選別した上で本ブログに掲載されるものとし、必ずしも投稿のすべてが掲載されるわけではなく、また掲載されるまでにはお時間をいただきます。投稿内容の一部を本協会が編集・追記・削除した上で掲載される場合があります。
  • (4)コメント投稿が実際に掲載された場合でも、ご利用者に対する本協会からの謝礼等はございませんので予めご了承ください。

以上

阿部典子

職種
ライター&フォトグラファー

詳細を見る

最新の記事

記事一覧

アーカイブ