2021年01月07日

浦和馬たちの快進撃。

 今年もどうぞよろしくお願いします。

 去年、ゴールドカップを勝って有終の美を飾ったブルドッグボスの話題を書かせて頂きましたが、

 それ以降、浦和馬たちが重賞レースで勝ちまくっているのです。

 ゴールドカップを優勝したブルドッグボス(浦和・小久保厩舎)↓

Photo

 東京シンデレラマイル ダノンレジーナ(浦和・小久保厩舎)↓

Photo_2

 東京2歳優駿牝馬 ケラススヴィア(浦和・小久保厩舎)↓Photo_3

 報知オールスターカップ タービランス(浦和・水野厩舎)↓Photo_4

 ニューイヤーカップ トランセンデンス(浦和・小久保厩舎)↓

Photo_5

 ダートグレード競走の東京大賞典をのぞけば、南関東の重賞レースを浦和馬たちが連続勝利を飾っているんです。

 1つ勝つのも大変なことなのに、ここまで連続して勝ち続けるというのもすごいこと。

 私の記憶の中で、浦和馬たちがここまで重賞を勝ちまくっているのは初めてのような気がします。

 浦和馬たちから引き続き目が離せませんね!

 さて、新型コロナウイルス感染拡大防止により、

 南関東競馬は再び無観客競馬になりました。

 お客様のいない競馬開催は新年からとても寂しい光景でしたが、

 今は自分ができることを粛々とやっていこうと思います。

 皆さんも、体調には十分気をつけてくださいね!

 

コメントを投稿する

絵文字を挿入

コメントは管理者が公開を承認するまで反映されませんのでご了承ください。

競馬女子部 コメント投稿規約

  • (1)コメント投稿は、ご利用者ご自身の責任において行われるものとします。ご利用者がコメント投稿した情報は、ご利用者自らがその内容について責任を負うものとします。
  • (2)公益社団法人日本軽種馬協会(以下「本協会」)はご利用者に対し、コメントの掲載内容(他のご利用者が提供する情報を含みます)についていかなる保証も負わないものとします。そのため、掲載コメントによりご利用者が被害を被ったとしても、本協会はご利用者に対して賠償する義務を一切持ちません。
  • (3)コメント投稿は、本協会が選別した上で本ブログに掲載されるものとし、必ずしも投稿のすべてが掲載されるわけではなく、また掲載されるまでにはお時間をいただきます。投稿内容の一部を本協会が編集・追記・削除した上で掲載される場合があります。
  • (4)コメント投稿が実際に掲載された場合でも、ご利用者に対する本協会からの謝礼等はございませんので予めご了承ください。

以上

高橋華代子

職種
南関東競馬リポーター

詳細を見る

最新の記事

記事一覧

アーカイブ