2021年04月08日

JpnⅠ馬カジノフォンテン強かった!

 今日、船橋競馬場で行われた京成盃グランドマイラーズは、

 張田昂騎手が手綱を取った1番人気カジノフォンテンが逃げ切り勝ちを収めました。

 今回は2キロ軽かったタービランスも2番手から食い下がって詰め寄りましたが、

 最後はクビ差退けました。

 勝ちタイムは1600m1分38秒1(良)で、過去23回の歴史で2番目に速い時計。

 Photo_2

 大目標がこの後のかしわ記念になるので、

 まだ途上であることは厩舎サイドも公言していますが、

 それでいてのこのパフォーマンスはさすがの走りでした。

 JpnⅠ馬の意地とプライド。

 かしわ記念が楽しみです!

Photo_3

 

 厩舎にいる時のカジノフォンテン↓

Photo

 JpnⅠ馬という目で見るからかな?!

 いや、それだけではない風格を感じさせるようになりました。

コメントを投稿する

絵文字を挿入

コメントは管理者が公開を承認するまで反映されませんのでご了承ください。

競馬女子部 コメント投稿規約

  • (1)コメント投稿は、ご利用者ご自身の責任において行われるものとします。ご利用者がコメント投稿した情報は、ご利用者自らがその内容について責任を負うものとします。
  • (2)公益社団法人日本軽種馬協会(以下「本協会」)はご利用者に対し、コメントの掲載内容(他のご利用者が提供する情報を含みます)についていかなる保証も負わないものとします。そのため、掲載コメントによりご利用者が被害を被ったとしても、本協会はご利用者に対して賠償する義務を一切持ちません。
  • (3)コメント投稿は、本協会が選別した上で本ブログに掲載されるものとし、必ずしも投稿のすべてが掲載されるわけではなく、また掲載されるまでにはお時間をいただきます。投稿内容の一部を本協会が編集・追記・削除した上で掲載される場合があります。
  • (4)コメント投稿が実際に掲載された場合でも、ご利用者に対する本協会からの謝礼等はございませんので予めご了承ください。

以上

高橋華代子

職種
南関東競馬リポーター

詳細を見る

最新の記事

記事一覧

アーカイブ