2021年06月14日

初夏、子育ての季節

新ひだか町から、こんにちは。

札幌競馬はじまりましたね🐴🏆✨
ここ数日一気に暑くなり、いよいよ夏が来たなぁと感じます。

放牧地での撮影も定期的に行なっておりますが、日の出がどんどん早くなっています。                              
蝉の鳴き声も聞こえてくるようになりました。(虫も増えてきましたが...)
放牧地で四季を感じる時間はなんとも贅沢です。

最近見かけるのはキタキツネの親子です。

Dsc03606

子ぎつね達が懸命に母乳を飲んでいます。
ちなみに「お母さん、狩りでもしてきたのかな…?」と画像を拡大してみたら、咥えていたのは軍手でした。

ネロとキツネの親子、個人的にお気に入りの1枚です。

Dsc00279

部屋の窓から見える放牧地でも、キタキツネの親子が走り回っていました。
放牧地のそばは子育てに最適なのでしょうか?!

親子が共に過ごすのはほんの数カ月、子離れの際は子どもを突然威嚇したり噛んだりして巣穴から追い払うと読んだことがあります。
野生動物が厳しい環境で生き抜く為の儀式なのでしょう...。

厩舎の軒先を見上げると、ツバメやスズメも子育てに励んでいます。
生産牧場では、親子も1歳も昼夜放牧がすでに始まっています。

動物たちがすくすくと成長するのが初夏なのだと実感します。

そして、先週お知らせした「日々、サウンドトゥルー」。
沢山の方々にご視聴いただきありがとうございます(^^)

感謝のコメントも沢山いただきました。
仕事というのは「ありがとう」のやりとりだなと思っています。
動画を通して、これからも皆さんにありがとうをお届けしていきたいです。

Facebook:一般社団法人umanowa

Twitter:一般社団法人umanowa

Instagram:一般社団法人umanowa

Youtube:馬産地ひだかの馬房から

その他:新ひだかUゆう生活

コメントを投稿する

絵文字を挿入

コメントは管理者が公開を承認するまで反映されませんのでご了承ください。

競馬女子部 コメント投稿規約

  • (1)コメント投稿は、ご利用者ご自身の責任において行われるものとします。ご利用者がコメント投稿した情報は、ご利用者自らがその内容について責任を負うものとします。
  • (2)公益社団法人日本軽種馬協会(以下「本協会」)はご利用者に対し、コメントの掲載内容(他のご利用者が提供する情報を含みます)についていかなる保証も負わないものとします。そのため、掲載コメントによりご利用者が被害を被ったとしても、本協会はご利用者に対して賠償する義務を一切持ちません。
  • (3)コメント投稿は、本協会が選別した上で本ブログに掲載されるものとし、必ずしも投稿のすべてが掲載されるわけではなく、また掲載されるまでにはお時間をいただきます。投稿内容の一部を本協会が編集・追記・削除した上で掲載される場合があります。
  • (4)コメント投稿が実際に掲載された場合でも、ご利用者に対する本協会からの謝礼等はございませんので予めご了承ください。

以上

糸井いくみ

職種
一般社団法人umanowa(うまのわ)代表

詳細を見る

最新の記事

記事一覧

アーカイブ